| PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

梶川さんが作ったテンセグリティは美しい その2


梶川さんが作ったテンセグリティは美しいの続きです。

写真でも動画でも違いは一目瞭然。

Gerald de Jong@fluxe

Bouncing Brass Bubble #Tensegrity
https://twitter.com/fluxe/status/1390669336751321089


梶川泰司@synergetics_jp
https://twitter.com/synergetics_jp

張力調整でモデルを机に置いた時の6本の圧縮材の相互接触は解決された。しかし垂直・水平方向でのテンセグリティの直径が未だ等しくないのは素材重量が張力を超えているからか、張力調整しても張力材が徐々に伸びている可能性がある。テンセグリティ制作の精度は航空機エンジニアリングに匹敵する。

aaE0_T2OSVgAElc2C.jpg
https://twitter.com/fluxe/status/1390669336751321089


Gerald de Jong@fluxe

返信先: @synergetics_jpさん
To make vertical and horizontal diameter equal in gravity I would have to choose one orientation, and tighten the structure accordingly. This particular tension material has excellent behavior over time. Many months, high tension, no noticeable stretch. Dyneema.


梶川泰司@synergetics_jp

確かにダイニーマの場合は、その伸度は僅かだから構造はより安定するが、テンセグリティ球では赤道付近の張力がもっとも上昇し、極領域が緩んで楕球になりやすい。しかし、この問題を解決しても張力材の長さの変化によって固有の回転対称性が失われる。これらは超軽量化と張力調整の技法に含まれる。



冒頭で紹介したGeraldさんがテンセグリティをバウンドさせている動画
https://twitter.com/fluxe/status/1390669336751321089



梶川さんがテンセグリティを叩きつけるように落下させている動画
https://twitter.com/synergetics_jp/status/1391506568051527681

この二つを比較してください。
全く違いますよね。
梶川さんのテンセグリティは振動している。
全体が震えている。

音の出る動画では振動音・共鳴音が聞こえていましたよね。

梶川泰司@synergetics_jp

航空機やF1の設計と制作のように、自重と強度剛性との戦いから共鳴テンセグリティの性能が決まる。テンセグリティほどその重力との戦いが繊細で激しいものはないだろう。張力調整が完全になればなるほど、テンセグリティの共鳴音はより美しくなる。微風にさえ鋭敏に反応するシンメトリーは気楽だ。

https://twitter.com/synergetics_jp/status/1391667311090700290

圧縮材が270本で直径90cmのこの共鳴テンセグリティの重量は900g。私は張力調整のために重量増加の原因となるターンバックルは使用しない。別の新たな張力調整方法によって張力材の長さの対称性は厳密に維持されるので、テンセグリティ球の変形は生じない。テンセグリティの超軽量化は最重要課題だ。

テンセグリティのデザインとは何か。それは構造の邪魔になるものをすべて取り除く作業である。自然が構造を形成するプロセスを追跡することに他ならない。自然の形態の模倣ではなく、掘り下げて自然の先験的な高みへ至る稀有な方法に違いない。半球テンセグリティの自律性は未知を超えた自然だ。

aaE1D21SjVUAAp5Jf.jpg

重力によるテンセグリティ球の変形は超軽量化の技術によって遠ざけられる。その技法なくしてテンセグリティの直径は拡大できない。テンセグリティには「移動する生活器」のための原型となる存在論がつきまとう。長い気候変動期に耐えるための。

世界にはある場所にしか生まれないものがある。1981年のバックミンスター・フラー研究所には美しい270本のテンセグリティがあった。数学的無限性の物質化が再現されたのは、シナジェティクスとデザインサイエンスが合流した場所だった。未知を超えた自然が、シナジーを物質化する場所を選んだのだ。

事実と真実には、決定的に重ならないズレがある。事実というどんな部分からも推測できない真実が生まれた時、幻想よりも現実が素晴らしいと感じる。その場所はかつて桃源郷と呼ばれていた。無為自然という自然のオートマチズムは、統合されたテクノロジーとしてやってくる。




| 未分類 | 15:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

記事の引用を一旦保留にしました。


中身を精査しないといけないので以下の記事を一旦保留にしました。

>1.000人を超える弁護士と10.000人を超える医療専門家たちがWHO、CDCを訴える

| 未分類 | 13:38 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

梶川さんが作ったテンセグリティは美しい


テンセグリティのことがわからない人でも
梶川さんが作ったテンセグリティが美しいとわかる。
原理だから結果的に美しくなる。

梶川さん制作の世界初の270本のテンセグリティ
aaElNXGIyVMAA2sPq.jpg


お二人のやりとりをまとめてみました。

Gerald de Jong@fluxe
https://twitter.com/fluxe

Spherical #Tensegrity. Brass Bubble. Prefab tension. Just tightened up for the first time.

aaE0tngrlX0AYyjK7.jpg


梶川泰司@synergetics_jp
https://twitter.com/synergetics_jp

圧縮材に真鍮パイプが選ばれたのは、そのパイプ両端のボルトの回転によって圧縮材の長さを可変させて、優れた張力調整機能が形成できるからだ。完成モデルを両手で支持しているのは、重い金属の圧縮材の自重からテンセグリティ球の変形が始まったからだろう。映像を90度回転すれば変形度が見える。


Gerald de Jong@fluxe

返信先: @synergetics_jpさん
ほら、お母さん! 手がない。

aaE0u-HorWYAA2j0s.jpg


梶川泰司@synergetics_jp

机に置かれたテンセグリティの底面付近の圧縮材の何組かが自重によって互いに接触しているなら、外力分散のための振動数は低下する。テンセグリティの本質的機能は圧縮材の不連続性にあり、それ故に共鳴するテンセグリティを美的に感じる。しかし目的が美的なオブジェであるなら誰も問題にしない。


Gerald de Jong@fluxe

返信先: @synergetics_jpさん
今では6本のバーだけが表面に触れています、そして私はそれをよりきつくし続けます。

aaE0yADYLXMAITWUC.jpg


梶川泰司@synergetics_jp

最後の6本の圧縮材が完全に互いに非接触になるには、高抗張力材の伸度が決定する。120本の真鍮パイプと240組のボルト&ナットからなるターンバックルの自重に耐えるための。




| 未分類 | 11:26 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

フラワーオブライフ


フラワーオブライフに生命に関するあらゆることが
隠されているということなのかしら。

Miracle Splash@miracle_358

DNAの断面図=フラワーオブライフ
とは恐れ入った

https://twitter.com/neko_cream_pan/status/1389560885044125699
aaE0i2QjzUUAE8JyW.jpg
aaE0i2QjzVoAEeXbB.jpg





| 未分類 | 22:18 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お昼頃にマネキン見つけた


インチキコロナ患者。
医療もメディアもみんなグル。

今出先なのでまた夜に写真アップします。
マネキンに気づいて写真消されてなきゃ良いけど。



| 未分類 | 17:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「宇宙の永遠に生きた鏡である」


美しい言葉ですね。
「宇宙の永遠に生きた鏡である」

Shinya Watanabe 渡辺真也@curatorshinya

モナド(単子)としての人間は「宇宙の永遠に生きた鏡である」とするライプニッツの言葉は、とても美しい。これを「私」にとっての外部とは、内部の現れ(=表象Vorstellung)だと捉えて、内外の一致を量子論と上手く絡めれば、ライプニッツの予定調和とユングのシンクロニシティが一致するだろう。

アインシュタインはチューリッヒで研究をしていた頃、しばしばユングと昼食を食べながら、長い議論をしていたそうだ。アインシュタインがユングに与えた影響は強烈なものがあったそうで、これがユングのシンクロニシティ論誕生のきっかけになったという。

デカルトが直交座標系を思いついたドイツ南部の街ウルムに、アインシュタインは生まれた。ウルムの名は英雄ジークフリートが竜(リンドウルム)を退治したことから名付けられたけれど、この二人は竜に象徴される混沌に対する秩序、つまり平滑空間の条里化を運命づけられていたのではないか。


2007年に書いた「モノ、モナド

私もウルムの語源はシュメール語だと思います。
ウルムはウルからでしょう。
ウル、ウリム、ウルク・・・ウルム。

ラク単[ラクに単語を!TOEIC・独・仏・伊・西・露語の語源学習を応援。サンスクリット語も子午線・経線のある地球]@EasyWordPower

返信先: @curatorshinyaさん
ウルムの語源はシュメール語では?

Shinya Watanabe 渡辺真也@curatorshinya

可能性はありますね。ちなみにリンドウルムのLindは美しい女性を意味する名前Lindaの起源です。私はLindenbaum=菩提樹とも何か関係があると考えています。

ラク単[ラクに単語を!TOEIC・独・仏・伊・西・露語の語源学習を応援。サンスクリット語も子午線・経線のある地球]@EasyWordPower

Lind の語源はゲルマン祖語まで判明してますね。フレキシブル、柔軟っていう意味。ラテン語 lentum も親戚。イタリア語では lento ゆっくり。

リンドウルムが竜(リュウ)ですか。そうすると、古代漢語の語源も関係ありそうですね。古代漢語って、じつは印欧祖語と深い関係があるんです。

aaiFV3Z3mY.jpg
古代漢語と印欧祖語の関係|古代中国語の意外な姿!
http://easywordpower.org/multilingual/oldchinese-pie/

Shinya Watanabe 渡辺真也@curatorshinya

書家の齊藤五十二さんは、ノルウェーやスウェーデンのロックカービングに中国語の原型となる二輪車の表記を見つけて、ヨーロッパが漢字を採用する可能性があったと述べて、私も多摩美のロックカービング展にて扱わせて頂きました。


二輪車か。。。


| 未分類 | 22:16 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

説明一転…空自、流出泡消火剤にPFOS含有認める、国指針の128倍


米軍より自衛隊の方がタチが悪いと、繰り返し言ってきたことが今回も証明された。泡消火剤にPFOSが含まれているなんて100%わかっていたくせに、すっとぼけて、動かせない証拠を突きつけられて1ヵ月以上かけてようやく認めると言う情けない自衛隊。米軍はいつか出ていくけど、自衛隊は永遠に沖縄に居続けるんですよ。米軍ばかりに目を奪われて居る間に、自衛隊基地がどんどん増えて、私はこれを第二次琉球処分と考えます。

f6c2428a4655588d031b02cbdbb2fb42.jpg
説明一転…空自、流出泡消火剤にPFOS含有認める 国指針の128倍 幕僚長謝罪「多くの方に不安」
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1300770.html

美しい辺野古の海だって、こんなことになってしまって、ここも自衛隊が使うようになるんですよ。だから必死なんです。

山岡俊介@yama03024

「アサ芸砲」で河井事件黒幕説の次は、二階幹事長に沖縄・辺野古の工事反社利権疑惑浮上。有料記事部分にチャート図、反社が関わる証拠の「覚書」転載。やはり辺野古工事の利権も本土(やまとんちゅ)の利権の草刈り場で、この件も長崎の会社が。

河井事件の次は――二階幹事長も関わる!? 辺野古工事反社利権
https://access-journal.jp/57674

辺野古の埋め立てには地元「琉球セメンン」の岩ズリが多く使用されているが、株主の宇部セメントの関係で安倍前首相(山口県)、それに二階派で同じく山口の河村氏、古賀誠の名も出ている。ともかく異様な高値で琉球セメントの岩ズリが納入されているとの地元評。

aaExivm4-UYAIo5Kq.jpg


沖縄タイムス辺野古・高江取材班@times_henoko

4月8日午前11時55分、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前では、新基地建設に反対する市民ら約50人が座り込み、「違法工事やめろ」「新基地建設させないぞ」とシュプレヒコールをしています。#沖縄 #辺野古

aaEya40k5VIAEHl2z.jpg


米軍機が入学式中も飛行、那覇では読み上げ中断…要請届かず
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1300864.html

沖縄戦遺骨の発見場所など視察 県議ら、糸満の土砂採掘予定鉱山で
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1300959.html
aalarge-6c629e734002c92df0296aec667020ed.jpg

仁尾淳史@atsushi_mic

本日辺野古新基地建設に使う土砂搬入で南部の土砂を使わない意見書の議決で否決した豊見城市役所前で抗議と署名を集めるための座り込みをしている金城氏のインタビュー
「昨日までで1100筆の署名が集まった」
そして公務終わりで駆けつけた山川豊見城市長「過去を学んで未来にどう繋げるかが大事」

https://twitter.com/atsushi_mic/status/1380101970766098433

今日の沖縄県議会の議員視察に同行した伐採業者の永山氏が照屋守之 沖縄県議会議員に説明している場面
そして本日の土木環境委員会では永山氏は「辺野古新基地に使う事は100%ない」というがこの発言は明日参考人として呼ばれる遺骨収集ボランティアの具志堅隆松氏の主張と大きく食い違う発言である

https://twitter.com/atsushi_mic/status/1380104848499077121



///////

10年前に漂着した体長4.8メートルの死骸、実は貴重な発見だった 骨格標本を展示
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/732530
aaVsoWBbao.jpg

「とっくりそっくり」蜂の巣びっくり 洗濯ひもにぶら下がり
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1300917.html
aaf27929256376237485b9348a650a729c.jpg

「数年に一度の大きさ」380キロ巨大クロマグロ 那覇・泊漁港に
https://ryukyushimpo.jp/photo/entry-1300921.html
aa8adecc5174ff464920daa4631e66c457.jpg

でかい。こんな大きなの釣れたら嬉しいだろうな。

普天間高校生が愛する「点心」の謎に迫った 中華風丼弁当の誕生秘話、店主はどんな人?
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1297875.html
aa8b2d88a712c7236636c2d0c6aa176df7.jpg

///////

ウィリアム・アダムズ『琉球諸島航海日誌』(1614~15年)

琉球史マンガbot@mangaryukyu

ウィリアム・アダムズ『琉球諸島航海日誌』(1614~15年)は那覇滞在中にかかった諸々の経費を細かく書いていて、当時の琉球の物や労働の値段が具体的にわかる貴重な史料。例えば25人の1日の労賃は25000gen(銭、ジン)、木炭5袋分は2000gen、町の大工3人の日当3000genなど。

包装用の8束のわら代6400gen、引網を作る水夫の飲物代30000gen、海へ水を運ぶのに要した6隻のカヌー代、3日の経費30000gen、2つの引網作りの材料を首里から運ぶために雇った27人の労賃27000genなど。

ここからわかるのは、17世紀初頭の那覇において貨幣による経済が相当程度、発達していたということだ。この史料は驚くべき内容で、日本史では当たり前のように見えるかもしれないが、史料がきわめて少ない古琉球直後の賃金や値段について、ここまで具体的に記述してある史料は他にはない




| 未分類 | 23:38 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

頭痛とテンセグリティ


梶川さんのテンセグリティは共鳴するでしょ。
頭蓋骨の構造ががテンセグリティなら
頭痛は共鳴なんじゃないかな。

ふとこんなことを思った。

| 未分類 | 16:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

| 未分類 | 20:06 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

以下の写真とツイートを追記しました。


これは後ほど削除するのでコメントは入れないでください。

<追記>
aaEtIAhMrUwAsQmTU.jpg

世界銀行300人委員会(もうすぐ崩壊)@someone5963
ミャンマーのクーデターで捕獲されたスーチーは、知ってるとは思うけど、もちろん、CIAエージェント。黄金の三角地帯利権をキープするための工作員。




| 未分類 | 23:28 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT