| PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

2021年とは何ですか


それはおののき
遠のき
見違えるように蘇ってくる

それはさておき
時の証しに持たされた一万べんの宝を
食いつぶすことのないよう

それはイノチに燃え
花を咲かせ、食いつぶす

何から何まで与えても
宝の持ちぐされになろう

ユカタン半島に見え隠れる
十字架の畑に並ぶいかづちのシルシ

花にも実にもならぬものを
育てても無駄であろう

時とところの間に置いた
神の一万べんの宝
食いつぶすことも忍ばせることも
どちらにしろ名利につきる

ハンドル切り損ねて
真っ逆さまに落ちる
地獄の道

道行く先に
閻魔大王が立つのか
女神が立つのか
それとも行方知れずの神々が立つのか
見切り発車にならぬよう

谷底に咲いた百合の花
神のえんから切り離された
回時限の花

回転しながら昇りゆく龍のように
手と足を切り離し

・・・

昇りつめるとそこに穴がある
電気の火花のようにそれは放射し続け
地球のありかを知ることができよう

地球がまあるいか、四角いか、半分なのか
誰も知ることのないありかを
知ることができる

2021とはそんな年である
拍手喝采お手のもの
我、海底深く沈むもの


2021年2月12日 18:12


| チャネリング詩・伝言 | 23:34 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

再掲:「伝言237」「2020年とは何ですか」


「伝言237」
http://cocorofeel.blog119.fc2.com/blog-entry-20115.html

しゅるりんてん
抜け落ちる

「2020年とは何ですか」
http://cocorofeel.blog119.fc2.com/blog-entry-20362.html

しゅるりんてん 抜け落ちる
てんつくてん
てんが尽きたら もう後がなかろう
取り戻せよ






| チャネリング詩・伝言 | 01:16 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「伝言247」


天高く馬肥ゆる秋
はしばみ
はじらい
ものともせず
駆け抜ける天下のイバラ道
行きつ戻りつしながら
我が子の頬を打ち
慈しみの中に見え隠れする
禍の地道天
天下の回り道に
イバラを敷きつめた者よ
出てござれ
天が動かざるを得ないとき
それは足かせになり
機能せず
天の兆しに炎をあてがい
溶かした過去を型にする
そのようなことを企む連中がいることは
すでにわかっている

てにはにおえに
馬を天まで上げよ
そこからだ

走らせよ
馬を走らせよ
天を駆け抜ける馬よ
飛び立てよ

花よ手向けよ
天のいかづちに
花を手向けよ

夜には滴となって
落ちてこよう
受け止める器を
用意せよ

2020年10月1日(木)) 13:34



| チャネリング詩・伝言 | 23:16 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

再再掲:「安倍さんとは何ですか」


それは各々の中にあり
消えてゆくものであり
とうかい(倒壊?)するものである
にぎにぎしくみえても
それははかなき夢であり
それはとうていかなわぬこと
故にもてはやされ、カンキされる
彼のどうのこうのというよりも
それは日本であるが故に
日本ではないこと
故に幻を追い求めつづける
ところどころに雨を降らし
雷をおとすように
汚れまみれになりながら
笛を吹く人
故に人は見間違い
ほんろうされる

人が自らのイノチを生きることをするならば
こんな事態にはならなかったであろう
故に人は見間違い、ホンロウされる
人は人をみて何をみるか
何を学ぶか
人のフリみて我が身の何をみるか
彼の揚げ足取るよりも
己の立ち姿を鏡にうつしてみよ
はじからはじまで
鏡にうつすことができるか
鏡の割れ目に何がうつるか
くもった鏡では何もみえぬぞ
ひとりひとりに持たせた鏡に
何をうつすか、何をみるかは
おのおのの自由である
神は見事にハタライたものしか
みむきもしない
みごとにハタラかず
表ばかりにとらわれて
水の中でもがく足の動きもみえず
それで人と云えようか
人は人にして人にあらず
神は神にて神にあらず

大きなものが動くぞ
いし(石?)が動くぞ
故に足元をかため
自由に動きまわれるよう
カラダと心を養えよ


2013/04/30 (火)


| チャネリング詩・伝言 | 13:18 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「伝言246」


アヌかく語りき

赤い星の天下人
とてつもなく大きく見え
小さく見え
燃え盛る花火のごとく

アヌのイキザシに似せた
天下人の生き殺し

埋めても埋めても
埋めきらず

天が動くと地が動く
地が弾けると、天が泣き叫ぶ
そういうことだ

ときところ置き違えて
はたまた色を差し違えて
狂い続ける
月から落とした
涙の穴に
埋めて埋め
埋め尽くす
天下人の成れの果て
そこから這い上がり
はいずり回るもの
一本足で立つものに
見事にはかられた
そこの人よ
よおく聞きなされ
そこにはもう天は無い
あるのは這いずり回った軌跡のみ
ぐるぐる回転させて
見事に放り投げよ
天の青写真
生き写しのようであり
赤の他人
見事にハメられた
スメラガミコト
てんきりてん
つかの間の栄華よ
てんつくてん
天が尽きるまで
一本足で立ち続けよ
ハッケヨイノコッタ
切り返し
切り崩し
下手投げ
足元の砂粒にすくわれぬよう

2020年8月18日(火) 16:54


| チャネリング詩・伝言 | 22:56 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「伝言224」「伝言225」「伝言226」


未公開になっていた一年前の伝言三つの公開です。

///////

「伝言224」

アヌの伝言

カタカムナ
ソラニモロケセ
行方知れず
ときどきの祈りに似て非なり
神のイキザシに見合うもののみ
採用される
足踏みするものには任せることはできない
命の限り尽くすものにはそれ相応の果報があろう
神の位置から飛び立てば
そこに見えるは遥か彼方の赤い星
イキザシ キザシ ヌケザシ
神の型にはまらん
切り崩しご用意なされ
その時 その場に見合ったものに
なりなされ

2019年5月10日(金)19:17


「伝言225」

タカマガハラのあけそめし
一に二に三に四に五に
溶けて混じり合う
手に花たずさえて
アヌの伝言を届ける君の頬に
ぬかるんだ喜びが束の間訪れる
これでもかと言わんばかりに
はねつけて抱きしめる
撤回ぞよ、撤回、撤回
君にはまだハタライてもらわなくてはならず
時に刃を研ぎ澄まし
時に心穏やかに
過ごしながらしばらくの間待ちなされ
てんつくてん
てんてんと連なるアヌの星
星より生まれたものたちに行き交うことがあれば
額の印を見せよ

2019年7月21日 (日)17:42


「伝言226」

時としてそれは折々の季節の中にあり
見間違うほどの輝きとともに石に砕け散り
見事に返り咲く
そのことの大切さを見間違えば
甚だしいことになるであろう
ときの時どころに住まう住人の生き証しに似た
誓いを立てられ流されてゆく
一旦取り違えたものも渋々放さなくてはならないこともあろう
だからといってそれは神と神とのイキチガイに見えても
尚一層のハタラキがあろう
見よう見真似で生きてきたものの
それは人間でありながら人間ではない
ときの中にイキザシを見れば自ずとわかるであろう
そのところ取り違いされぬよう申し伝えおく

2019年8月4日(日) 17:31



| チャネリング詩・伝言 | 22:09 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

業務連絡


伝言227」で告知した
伝言224、225、226の公開を忘れていました。
書き写しできたら公開します。

| チャネリング詩・伝言 | 15:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「伝言245」


ハメルンの笛吹き
どんきほーてのように
人を操り弄ぶ
ひっくり返しながら世界を思うがままに
しようと企む連中のワナにはまってはならず
ならず者の生き血を吸わされ
葬り去られる

息とイキの違い
風に乗ってやって来た人々のイノチの証を
並べ立て、そこから印をつけ
舟に乗せて運び、朽ち果てたそこの人よ

ハンドル切り違えて砂漠に突っ込ませ
そびえ立つ城を作らせたそこの民よ

そこぬけ、いきぬけ、てんかのてん
てんどうてん、下がり続けてもうあとはない

2020年7月12日(日)18:55


公開が遅くなりました、
一ヶ月前の伝言です。

「どんきほーて」が気になって調べましたが、
伝言のようなことは見つかりませんでした。
謎です。

「伝言243」は未公開ですが、
時期が来たら公開します。


| チャネリング詩・伝言 | 16:19 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「伝言244」


花より先に咲け
天から回り道
抜け道
てんてん天下の回り道
ほっと束の間
次に用意された
至難の技
くぐり抜けられるか
持ちこたえられるか
時とところ置き違えて
はきちがえて
ナンボのものよ
いきり立つことをせず
見届けよ
それしかなかろう
中の道
中道、下道、天下の回り道
それいけどんどん、はやしたてよ
てんてん天下の走り道よ
底抜け、底上げ
とっくに出来上がっている

6月29日(月)17:42


下道は外道のことかと思うのですが、
ノートの下道にしておきます。




| チャネリング詩・伝言 | 23:40 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「伝言242」


神のあしきり
神の投げ出し
神のあぶり出し

勢いづくその仲間内の
片割れに我、見間違うばかり
はかりごとわけもなく
勢いづいて
我、戸惑うばかり
我にその端をつかませ
投げ出し、神に見合うものを
呼び出し、それはなかんづく
炎のようであろう

かんから抜け出し、火を点け
振り回しながら進みゆくものよ
一網打尽にせずとも
それはヒをみる勢い
かねてから用意させてある者に
かからせよ
時はすでに過ぎ去り
もうこれしかなかろう
反転、返せよ

2020年5月17日(月)17:02






| チャネリング詩・伝言 | 22:42 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT