2008年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年07月

| PAGE-SELECT |




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

とんでもない荒れ模様


科学者が事前に地震や気象警告を出すのは
実験がらみと考えてもいいかも知れない
やるせない気分


http://pds.exblog.jp/pds/1/200806/03/62/b0086362_23483116.jpg',100,75,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
中国の地震の前に観測された彩雲じゃない地震雲(川の形)が
カリフォルニアとシアトルで観測された
より多くの地震が来ていることを示唆するかもしれない
このような目撃例は、以前大きい地震の前に起こりましたと

地震雲のニュースが海外で報道されるなんて珍しい
例の彩雲のビデオも二つ紹介されてた
以前国内でパイロットによって写真を撮られたこの雲と同じもの
http://pds.exblog.jp/pds/1/200806/03/62/b0086362_23465295.jpg',320,239,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

YouTubeで画像みつけた
http://jp.youtube.com/watch?v=NPLLeJKStAo

中国 火曜日正午現在24時間で171の余震
5月12日からは合計10,068の余震
家を失った500万人に食物と避難所を手に入れるために救援者は困難に直面
医師は、まだ病院で何万人もの人を助けるために闘っている

フィリピン 南ブトゥアン市で月曜日に2つの地震

韓国 土曜日の夕方にJeju島の近くで4.2
30年で最も大きな地震に人々は飛び上がり心配している
高層のアパートがおよそ5秒の間揺れ、よろめきながら通りを歩く一部の人々

この前のアイスランドの6.1の地震で建物に損害、かなりの揺れだったと

ガラパゴス諸島 火山、溶岩を噴出、10年振りの噴火
モントセラト スーフリエールヒルズ火山の溶岩ドーム崩れる

先週警告があったインドネシアの高波
人工高波?と書いたけど予想通り発生し数千人が避難

実験効果?

ニカラグア ハリケーン「アルマ」で約25,000人避難
ホンジュラス。コスタリカも洪水


http://pds.exblog.jp/pds/1/200806/04/62/b0086362_0243196.jpg',250,133,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
ドミニカ共和国 熱帯波で雨と強い突風
木と電柱と電話ボックスをなぎ倒し大きな被害
100万人が住む都市はエネルギーなしですごした

土曜日にハリケーンアーサーが発生
ひどい雨は、エルサルバドル(グアテマラ)、南東メキシコ

■実験効果か、米国 異常な天気
実験の影響で、北米と中米に大きな地殻変動をもたらすとあったので要注意
ネバダはアンカーの地、南米にもアンカーがあるので南米も大変
ヨーロッパは実験地だから、内容によっては大きく影響が出ると思う

カンザス州の広い地域でソフトボールサイズのひょう
最もひどく襲われる地域の多くは地方だが一部で大きなコミュニティも
月曜の朝から昼まで続いたひょうで大きな被害
通常一つに嵐で怒るのに複数の嵐で発生した非常に珍しいこと
およそ90回の竜巻が数日間に発生

マンハッタンのダウンタウンと空港でも野球ボールサイズのひょう
車と建物に損害
「あなたは、損害がない車両を見つけるのが困難でしょう。
車両の98パーセントのフロントガラスが割れました、
すべての車両は、表面に損傷を受けました」
南東マンハッタン、アルマ、メルバーン湖領域でも野球ボールサイズのあられ
Readingは野球ボールとゴルフボールサイズ

ツインシティーズ 5月31日に激しい雷雨、竜巻でサイレンが鳴り響く
あられ、強風、大雨、深さ2インチのあられをシャベルで掃除
ひょうは四方八方から来て木から葉と小さな枝をはぎ取り
多くの花と農作物も破壊された

嵐のセルがメープル・グローヴ、ミネアポリス、イーガン、アップルバレーを通り抜けた


http://pds.exblog.jp/pds/1/200806/04/62/b0086362_0563879.jpg',320,162,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

http://pds.exblog.jp/pds/1/200806/04/62/b0086362_0565469.jpg',320,92,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
高圧のアリゾナ州ユマで
5月22日にかつてない異常な低圧記録、空前の29.33"
近くのラスベガスでも5月最も低圧29.27インチ
太平洋NWからNWアリゾナ、南ネバダ"を覆った季節はずれの低圧システムの結果
サクラメントでも1949年の5月の29.50を破る29.36インチの低圧


http://pds.exblog.jp/pds/1/200806/04/62/b0086362_0343264.jpg',190,126,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
昨夜の記事のインディアナポリスのトルネード(竜巻)の写真

ユーゴー(ミネソタ)の浴室で不思議な現象がみられた
トルネードは家の中に手を伸ばし、指を伸ばすかのように
食器棚にある一つのガラスのコップだけを粉々にした
他のものには一切手を触れずに
そしてトイレットペーパーのロールを解き、裂くことなく
調理台で新聞のように広げ、次に流し台で丹精に巻き戻した
まるでポルターガイストのように

何人かの犠牲者にとって、竜巻はほとんど芸術的に見える
1ヤードの広さに4個のステーキナイフを正方形の形に突き刺した
刃は下に向きまるでミニストーンヘンジのように約3インチ土に突き刺さっている

葉だけがきれいにもぎとられ果物だけが残ったり

150ポンドのストーブが台所の壁から引き裂かれたのに
数フィート離れた壁の数オンスの重さの画はそのまま残っていた
屋根がはがれソファーをひっくり返った居間では
キャットフードと水の皿がそのまま、穀物もそのままボールの中にあった

サウスダコタ 記録的な雨
ネバダ 普段は乾いているのに並外れた異常な雨
東部ネブラスカのプラットとミズーリ川、最高水位


http://pds.exblog.jp/pds/1/200806/04/62/b0086362_040732.jpg',200,150,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
アラスカ フェアバンクス5月から奇妙な天気続き
5月の大部分はあられ、ひょう、低い温度

カナダ 2005年にカルガリーで起きた100年に一度の洪水がすぐにも再燃の予想

■ヨーロッパも大荒れ
英国 南西イングランドの全域で突然の豪雨、洪水、何百もの家が損害
北イタリア 洪水で非常事態宣言
ベルギー、イギリス、フランス、ドイツは大雨、泥流で4人が死亡
トリノでも泥流、各地で道路や学校が閉鎖されたり
ベルギーでは泥と洪水で家屋が車が流されたり
ドイツでは、豪雨とひょうで大きな損害

コルシカ島でも60年ぶりの洪水と泥流

■南米
コロンビア 豪雨・洪水で16人死亡
国の大きな川、カウカ川とマグダレーナ川が氾濫
国の32のうちの27の地域の100,000人以上に影響を及ぼした
10,000以上の家を壊し国の農業中核地帯の多くの収穫が滅ぼされた
「収穫のすべてがなくなります、パパイアがすぐに枯れます、
そして、バナナ農園の再生にはために時間がかかります。」
Baranquillaの北部都市では、洪水に流されないよう街灯と木に自動車を結び付けた
雨は更に強まり6月中旬まで継続すると警告

続報
救助隊は、地すべりで不明の24人を発見
コロンビアの都市の貧困山腹地区で20の家が飲み込まれた
まだ2人不明、16人怪我、4月中旬から豪雨

■アジア
中国 上海の夏は非常に暑くなると予報官が言う

北インド地方 低温、特に夕方時間に気温が低下、冬のクロゼットを再び開いている
この数日間に記録された温度は標準温度以下の4度
過去に記憶がない奇妙な気候だと、このまま続けば稲田収穫に大きな損害

インドの唯一のツンドラが天候異変で縁にある
ラダックの大雨からの始まり、夏はより熱くなり、
今15,000フィートにイナゴがいて牧草地の草が消えている
皮肉にも今年、地域は20年で最も厳しい冬に遭遇した
予想外の過剰な水、暑さと雪で家、と収穫と牛を失った


http://pds.exblog.jp/pds/1/200806/04/62/b0086362_0542798.jpg',200,286,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
スリランカ 集中豪雨、洪水、地すべり、16人が死亡、1億5000万人以上が避難


http://pds.exblog.jp/pds/1/200806/04/62/b0086362_0551476.jpg',285,214,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
オーストラリア サンシャインコーストで大雨、洪水、地すべり


■アフリカ
http://pds.exblog.jp/pds/1/200806/04/62/b0086362_2054946.jpg',100,66,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
エチオピア 洪水で25人が死亡、Jijigaの町では200の家が流された
シエラレオネ 長い干ばつの後に猛烈な嵐で大きな被害、損害の総量は数え切れない


http://pds.exblog.jp/pds/1/200806/04/62/b0086362_0533095.jpg',320,267,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
イラク、シリアの三日月地帯の水不足
イラク人の農業者は2007年より最大51%、シリアは38%少ない収穫予想
イランにも忍び寄る
http://earthobservatory.nasa.gov/NaturalHazards/shownh.php3?img_id=14868

| 未分類 | 20:12 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

透明な最強の武器


http://pds.exblog.jp/pds/1/200806/03/62/b0086362_14271225.jpg',329,263,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

この画像、例の私の夢日記の空の巨大な渦の眼に似てる


月に大型ハドロン衝突型加速器(LHC )を置く話があるらしい
月へのHAARP照射実験はこれに関係ありそう
月で観測されている過去2年半で100回の爆発、
確か音もあったはず、ぶ~んの音かな、こうなってくると意味深

みんなグルだね
実験なんてどうせ軍事に生かすのは目に見えてることだし

欧州合同素粒子原子核研究機構(CERN)
大型ハドロン衝突型加速器(LHC )に関するブログ(英語)
http://www.notepad.ch/blogs/

このブログからの引用

CERNの管理者、Aymarへ6つの質問
①なぜ、CERNは科学者が自由に率直に意見を述べることを許しませんか?
②なぜ、CERNはRossler博士、Baldev博士、
Hassanuddinその他の者との公の議論を提案しませんか?
③なぜ、ごくわずかなメディア報道と、ここ数週間にネットで多くの関心がありますか?
④なぜ、CERNは『危険』を感知する0.1%の科学者を『変人、気狂い』と呼びますか?
⑤なぜ、遅いLSAGの安全報告ですか?なぜ、匿名ですか?同輩がチェックしたのですか?
⑥あなた(Robert M. Aymar)は、安全報告が調査される前に本当にこれを始めたいですか?


この6つの質問だけで凄く伝わってくる
ハワイでの訴訟があったからこそほんの少しメディアで報道されたけど
あれがなければ皆無に近かったんだと思う

どっちが『変人、気狂い』なのよ、と言いたくなる


http://pds.exblog.jp/pds/1/200806/03/62/b0086362_19322089.jpg',160,137,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
LHCで作られる極小ブラックホール生成実験の概念図だそう

ケムは電磁波を通りやすくするものと昨日書いたけど
”何かから守る”ためのケムもまだ持続しています

90年代によく、透明な惑星がそのうち姿を現すといってきたけど
今やってる一連の実験は透明な武器だね

宇宙エネルギー、化学実験、軍事実験、HAARP、GWEN、ケム
これらをどうすり合わせていくかな
今回の中国の地震を起こした化学実験は
複数の軍事施設、HAARPと共にしていることを考えれば
8月に行われるブラックホールの実験だって単独でやるとは考え難い
真の目的は最強の兵器を作ることなんだからね
だからこそ、莫大なお金を遣える

タントラとこういった実験が私には重なって仕方ない
魔術で地震起こすぞと脅しながら、実は実験で起こしてたりするんじゃない?

昨日のサイトのリンク先に大型ハドロン衝突型加速器の説明があったので
まとめながら書いていきます

http://pds.exblog.jp/pds/1/200806/03/62/b0086362_19342760.jpg',320,265,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


さて、宇宙の始まりの秘密を解くために
ビッグバン後の一瞬の状況を再現するために使われる
大型ハドロン衝突型加速器は最大で最も高価な科学実験機
スイスとフランスの境界に沿ったアルペン山麓の丘の下
地下100メートルに埋設される新しい粒子加速器、
全周27.3 キロメートル、高さ最高で12階建て
20億キログラムの重さで1兆度以上の温度を発生する

トンネルは列車を走り抜けることが出来るほどの大きさで
地表までリフトで2分

7月から開始、今は準備中(詳細は不確か)8月にスイッチON

その後起こることは世界観を変えるかも知れないといわれている
大部分の専門家はすべての基本構成要素を明らかにすると信じてるが
少数の人間はそれが惑星を破壊することを恐れている

ブラックホールに地球のすべての生命が飲み込まれると
まるで黙示録シナリオのようだと
安全性が確立していないと
実験で生まれる多くの極小ブラックホールが融合して大きくなり
地球が壊滅する可能性があると
スイッチの停止を求めてハワイで訴訟が起こされた
いくらかのプレスが報道した

CERNは、短時間で消滅し深刻な影響が出る可能性は無いとしている
普通はこういうだろうね

http://pds.exblog.jp/pds/1/200806/03/62/b0086362_1932571.jpg',320,214,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


素粒子は、光速の近い速さになるまで粒子を加速する強力な磁石のリングに
並ぶ、そして螺線形を描き、各粒子は互いに壊れるまで
一周27.3キロメートルのリングを1秒11,245回のペースで競争しながら走り回る
そして彼らの構成要素になって莫大な量のエネルギーと残骸を放出する
極小のブラックホールの誕生

最後に素粒子を正面衝突させるみたいなんだけど
http://pds.exblog.jp/pds/1/200806/03/62/b0086362_19335592.jpg',320,211,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
この二つの機械向かい合ってる、これでするのかな?違う?

これらの衝突によって生じる温度は何と太陽の中心の100,000倍の熱さだって

「我々は、見えることができなかった新しい種類の物質を見るつもりだと
「それが世界の終わりを引き起こすことがありえるという考えは、おかしい。」と
と、フランク・クローズ教授(オックスフォード大学の粒子物理学者)は言う

だけど絶対起きないとも言えないよね
世界の終わりまで行かなくても
温度だけで考えても太陽の中心の100,000倍の温度
それを地下で発生させて何もないなんてありえない
見えない莫大な量のエネルギーを考えたら生命に影響がないなんてありえない

全てを飲み込み尽きるまで食べ続けるといわれるブラックホール
(そうじゃないという考えもある)
極小だから地球を飲み込むはずはないと言うことは
もしかして実験に立ち会った人たちや地下の部屋だけ飲み込まれる?
失敗して地下が爆発する?

謎の大停電とか起きそうな気もする

子供のころ遊んだ虫眼鏡
太陽の光を集めて火を点ける
あれを想像した
小さいから安心だという理論はおかしい
小さいからこそ力を凝縮するということがあるでしょ

ローレンツのバタフライ効果の言葉もあるしね

理論的に考えれば
ブラックホールはできないか、あるいはすぐに蒸発するかなんだろうけれど
でもね、3次元のこの世界の背後を考えればどうなるかわからない
隠れた次元の世界を知ってるからこそ実験をするんじゃないの
理論はあくまでも理論

http://pds.exblog.jp/pds/1/200806/03/62/b0086362_1938023.jpg',239,320,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


月のひつじさんがコメントで教えてくれたスケジュール表のようなものに
http://sylvainw.home.cern.ch/sylvainw/planning-follow-up/Schedule.pdf

『私も見方がわからないけれど、4月の半ばからガラッと変わっているので、
そこから何か特別なことが行われ始めたのかなと。
特に5月の半ば頃、中国の地震があったときでしょうか。
そこから、「Beam commissioning to 7 TeV」になってます。
これが8月の半ばまでありますね。
ということは、人工ブラックホールの準備かも知れません。
いっぱいになったところでスイッチONかな?』

こう返事した
今日検索してたらウィキペディアに「7TeV」があった
7TeVというのは光速に近いスピードのことなのかもしれないね

CERNで実験が始まってから
世界の気象の変化が大きくなってると予想、いいえ、確信
調べれるといいね

大型ハドロン衝突型加速器
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
陽子ビームを7TeVまで加速し、正面衝突させることによって、これまでにない高エネルギーでの素粒子反応を起こすことができる。 CERNが建設し、2000年に実験を終了したLarge Electoron-Positron Collider (LEP) の地下トンネル(全周 27 km)に、陽子-陽子衝突のための加速器を新たに設置して建設。

陽子ビームの衝突点には、地下100メートルの地点に6階建てのビルに相当する観測点4箇所に観測装置5台を設置し、高エネルギー物理現象から生じる粒子を観測する。これまでLEPでは、標準モデルの検証実験が行われてきたが、LHCではより精度の高い標準モデルの検証を行う。大統一理論(超対称性理論)を実験的に検証することが長期的な目的である。

LHCで用いる陽子ビームの安定性をシミュレーションする目的でBOINCを基盤としたLHC@home[1]プロジェクトを2004年から開始している。

| CERN・J-PARC・KEK・カミオカンデ | 14:25 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |