2008年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年12月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

神社は朝鮮半島から来たの? その6


http://pds.exblog.jp/pds/1/200811/16/62/b0086362_10592697.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
昨日の空


日本の中の天日槍

天日槍とは

・・・近江は非常に天日槍の遺跡が濃厚なので、書いてありますけれども、天日槍のその重要性についてはほとんどふれておりません。十数年、各地を歩いてみますと、この天日槍という存在が大変なものであるということがだんだんとわかってまいりました。

たとえば伊勢神宮です。・・・伊勢には韓鋏という地名もあります。・・・だんだんたどっていきましたら、これの発祥の地は丹後なんです。・・・そこに籠神社というのがあります。

これは伊勢神宮の元である。ここは天日槍文化圏といってよいところなんです。つまり、丹波、丹後、三丹地方といいまして、この辺は天日槍の文化の非常に濃厚な地帯である。

その籠神社をいつき祭ったのが、天日槍族という言葉をこれから言いますけれども、天日槍族を出石人(いずしびと)ともいいまして、それが建てたのが伊勢神宮であるということをはっきり書いている人もいます。

天日槍はレジュメにも書きましたように、「日本書紀」では「天日槍」と書く。「古事記」では「天日矛」と書きます。これをどちらも新羅の王子ということにしております。けれども、決してそれは新羅の王子などという個人ではなくて、これは新羅系渡来集団の象徴のようなものである。つまり、天日槍というのは人間の名前ではないんです。


古代日本の中の天日槍

これは新羅から渡来した矛や剣で神を祭る集団の象徴のようなものであるということは、直木幸次郎さんも「兵庫県史」の第一巻に書いております。新羅人は太陽を祭ったわけです。いわば天日槍(矛)とは、そのための道具なんです。

・・・水谷慶一さんの本によりますと、太陽を祭るのに「とじ」という言葉がでてきます。そのことをるる説明しておりまして、これを呉音では「つげ」というのだそうです。

「つげ」という地名は関東にもありますし、関西にもいくらでもある。・・・・・そんな具合に新羅人は太陽神を祭った。太陽神と同時に祖先を祭った。そこから神社が発生するということになるわけです。

まず第一に、「古事記」の中に日本の国の初めのことがどう書いてあるか。いわゆる天孫降臨です。・・・

「かれにここに天津の日子番の邇邇芸の命の石位を離れ、天の八重たな雲を押し分けて、稜威の道別き道別きて、天の浮橋にうきじまり、そり足して、筑紫の日向の高千穂のくじふる嶺に天降りましき」

ニニギノミコトとは、いうところの天照大神の孫ですが、天照大神が孫を日本の土地に天から下すわけです。そして、ニニギノミコトが高千穂の峰に天降る。そこで「此地は韓国に向ひ、笠沙の御前を真来通りて、朝日の直刺す国、夕日の日照る国なり。故(かれ)、此地は甚吉き地。」というのです。

つまり、この地は韓国に向かっているとして、「古事記」には韓国と書いてあります。ほかには「唐」という字にしたり、「辛」に直したりしておりますけれども、ここにははっきりと韓国と書いてあります。

そして「此地は韓国に向ひ、笠沙の御前を真来通りて、朝日の直刺す国、夕日の日照る国なり。故」、「古事記」なんか読むと、「故」と書いて「かれ」といいます。それであるから、この韓国に向かっているところはよいところである。この「かれ」というのは「ゆえ」でいいのに、どうして「かれ」なのか。

これは明治時代ですけれども、東大の宮崎道三郎さんが出した「日本法制史の研究上における朝鮮語の価値」という論文があります。それによりますと、「故(かれ)」というのは朝鮮語なんです。これは今でも朝鮮語で「故(コ)」といいます。それであるから、それゆえにというのを、「クルン故(コ)ロ」あるいは「故(コ)ロ」ともいいます。・・・・

それはともかくとして、では、そこは一体どこかという問題です。という前に・・・・・この「くじふる嶺」というのはどこから来たかということです。

たとえば、この本は天皇家の三笠宮崇仁殿下の編集した本で「日本のあけぼの」という本です。この中に、大和朝廷の創立者はだれかという項目がありまして、そこにこういうふうに書かれています。

「天孫ニニギノミコトがイツトモノオを従え、三種の神器をたずさえて、高千穂のクシフルの峰、またはソホルの峰に降下したという日本の開国神話は、天神がその子に、三種の神器をもち、三神を伴って、山上の檀という木のかたわらに降下させ、朝鮮の国を開いたという檀君神話や、六加耶国の祖が」、ここに加耶というのが出てきますが、これは天日槍と重要な関係がありますから、覚えておいてください。「六加耶国の祖がキシという峰に天降ったという古代朝鮮の建国神話とまったく同系統のもので、クシフルのクシはキシと、ソホリは朝鮮語で都を意味するソフまたはソフリと同一語である」うんぬん。

つまり、「クシフルのキシ」というのは、これを朝鮮語で「クジ」といいます。金海の飛行場から近いところですが、加耶へ行きますと、これは加羅とも言ったわけです。

・・・そもそも、韓国の韓という字を書いて、「から」と読んでいるのはここから来ているんです。これは朝鮮語でも「カラ」、日本後でも「から」です。これは現代朝鮮語で「クジポン」といいますが、「クシフル」はここから来たんです。これは六加耶国の祖、駕洛国、すなわち加耶・加羅国を開いた首露王というのです。これがそこへ天降ったということになっています。クジポンというのは、その伝説の降った峰なんです。行ってみましたら、小さな、ちょうど大和三山のうちの天香久山みたいな山です。

・・・また、詳しくお読みになりたい方は、平凡社から「日本語の歴史」という本が出ております。・・・この「日本語の歴史」第一巻は「民族の言葉の誕生」というものです。」・・・

要するに、この「古事記」の読み方は、ここに言う韓国はもちろん南朝鮮のことで、そこは天つ神、ちまり天孫の故郷と解することが文章にかなった最も自然な読み方であるということを言ってるわけです。先ほどの三笠宮の編纂した本に書かれていることと同じ事を言ってるんです。

そして、さらに続けて、「天孫降臨が海北(南朝鮮)から筑紫へ渡ることを意味していたと見ることができる」「大和朝廷の天皇家の祖先たちは、海を渡って南朝鮮から北九州へ渡来し、そこを日本における最初の拠点としたのであろう」「南朝鮮から北九州へに渡った外来民族は、何代か後に畿内に進出した。これが神武東征伝説に反映していることはいうまでもない」と書いている。

つまり、林屋辰三郎さんが、天日槍の渡来伝説は神武東征伝説と全く同一のものであるといっているのと同じことを、ここでも言っているわけです。神武東征伝説というのは、そのことを伝説化したものであるといってるんです。

そこで、こにいう「任那」について言っておきます。・・・・・

これは朝鮮語でいいますと、「任那(ニムナ)」というんです。これは主(あるじ)の国、または君主の国という意味です。日本という国号ができるのは、七世紀に入ってからですから、近江朝になってからです。・・・にもかかわらず、それ以前にどうして日本という言葉があったのか。ということで否定されておりますけれども、しかし、「古事記」や「日本書紀」は後に書かれたものです。八世紀にできたものですから、その時、現にある名前をもってつけても、別に不思議はない。

ですから、任那日本府を、「日本書紀」に書かれているとおりに文字とおりに考えるからいけないのです。・・・・・

加耶の中に安耶(あや)という小さな国があった。この安耶を安羅(あら)ともいい、安那(あな)ともいうわけです。・・・朝鮮語では、ラ、ヤ、ナというのは容易に転訛し合う言葉なんです。・・・

もう一つ例をあげますと、いちばん有名な神様に、大国主命があるでしょう。・・・中にこういう名前もあります。大穴持命。この穴というのは安那、ここから来ているんです。そうすると、大国主命にもなるでしょう。


加耶諸国の重要性

それでは天日槍というのはどこから来たかということです。ここで日本の天孫降臨のニニギノミコトのあれとダブるわけですけれども、ぼくは新羅・加耶系といっておりますが、・・・・朝鮮では高句麗・百済・新羅の「三国史記」という本がありますけれども、これは本当は「四国史記」でなければいけないんです。加耶諸国というのは、・・・・もっと広かったんです。・・・非常に古くて、しかも日本とは最も密接な関係があるところです。

・・・いま韓国では加耶開発十ヵ年計画というのをやっております。そこから出土品がいろいろ出ています。そういう出土品と合わせて、今後、日本の国の成り立ちと加耶というのが非常に大きな問題になって浮かび上がってくるはずです。・・・

この加耶にはほかにまた多羅という国もあったんです。・・・「たたら」というのがあります。製鉄のふいごでしょう。要するに、天日槍集団というのは農耕文化を持ってきたものなんです。農耕文化というものは鉄文化です。多羅という国が最終的に滅びるまでには、国を挙げて日本にやってくるんです。

・・・・・その「続日本紀」の772年、・・・そこにはっきり書かれていますけれども、大和の高市郡は漢(あや)氏が全人口の八、九割を占めていた。漢字の漢を書くものだから、厄介なんですが、これは安耶(あや)なんです。・・・つまり、百済に制圧されていた安耶。そこから彼らは十七の県の人夫を引き連れて飛鳥に来て、今来(いまき)に郡(こおり)をつくった。これが高市郡です。

・・・今来というのは、後からやって来たものということで、初めは「来」という字でしたが、後に「木」という字に変えるんです。・・・

これは百済・安耶系の今来です。今来というからには古来(ふるき)がなければばらない。・・・当然、古来があるわけです。これを上田正昭氏などは「古渡り」といってます。これから話をする天日槍は、その古来なんです。

・・・やはり、新羅、加耶が日本の建国にとっては最も中心的な存在になる。

つづく

| 未分類 | 11:00 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

神社は朝鮮半島から来たの? その5


量が多いのでかなりとばしますが興味がある人は本で読んで下さい。

http://pds.exblog.jp/pds/1/200811/15/62/b0086362_16244098.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>



長野の「高句麗」

とにかく、文献とそういう考古学的事実とがピタッと一致するところ、これは畿内のほうでもいろいろありますけれども、それがいちばん一致するのが長野県なのです。これは驚くべきことです。

ここは全体として高句麗系のものが非常に強いところです。たとえば、上田市の近くにも駒形神社だと、いろいろありますが、JR線に篠ノ井という駅があります。この篠ノ井はどこから来たか。・・・・・

名字は、朝鮮人は二百いくつしかありません。中国人もそんなにないそうです。しかし、日本人の姓は数十万です。・・・時々、とてつもない名字をみることがあります。全くあれが名字かいなと思うのもあります。これは、基本的には地名から出たものです。

朝鮮も今は金さん、朴さん、李さんとなりますけれども、昔は、たとえば「日本書紀」を見ましても、百済が滅びてやってきた人の中に、鬼室集斯とか沙宅紹明とか、二字姓になっている。これはもとはみな地名です。沙宅というところが、今でも全羅道にあります。地名が姓の始まりです。中国の影響を受けて、朝鮮は一字姓の金さん、李さん、朴さんとなりますが、しかし、全体がそういう姓をもつようになるのは、本当は高麗時代になってからです。

日本では、いわゆる士族以外はみな姓がなかったわけです。・・・・・だいたい地名から始まるわけです。

地名はその歴史の化石であるという言葉があります。・・・谷川健一さんが主宰している日本地名研究所が川崎にありますが、京都にも今度、地名研究所がができたそうです。古い地名を保存する。地名は歴史の化石ですから、非常に大事なんです。

・・・ある時、松本かどこかの古本屋に入ったら、・・・・の「近世信濃文化史」という本がありました。

・・・「信濃二千六百年史」で栗岩氏は、「積石塚とは封土の代わりに石塊を用いて高く築きあげた塚のことであって・・・・明治末年師であった鳥居博士から・・・方面の高句麗の古郡一帯の古墳が皆積石塚であることを聞いた時に、我らの故郷にも三韓中の最奥地方の文化が流れているのを・・・」

どうして、朝鮮半島北部のものが信濃にあるのか、と奇異の感をもったというのです。だれでももちます。ぼくももちました。そして、つづけてこうあります。

「・・・南北四里内外、更科、高井両群にわたって、実に一千箇に近いものを数え得るのである。殊にその中央部にあたる更科郡北端の大室集落の如きは現在百戸内外の集落地籍に二百六十内外の存在を数えるのである。」

と述べているが、この積石塚の分布は南は小県、北は下高井郡の瑞穂におよび、さらに西は上水内郡の旭山、?山から下水内郡の長峯丘陵に及んでいる。これらについては、記録には何も伝えられていないから分明を欠くが、相当多数の帰化人のおったことだけは否定することはできない。

・・・長野市、飯山市、須坂市、中野市、更埴市、上田市などとなっている。そこに千以上を数える高句麗系の積石塚古墳がある、というわけです。

いま松本市に須々岐神社があります。松本市が長野県の中心であるか、あるいは長野市が中心であるか、いろいろな議論がありまして、今でも松本が信濃国の中心地であったという意見が濃厚です。なぜかというと、長野は善光寺によって開かれた町で、これは百済系です。後から来た者たちの、その門前町として開かれたのが長野市です。それから、須々岐は同時に鈴木でもあるわけです。・・・

平安時代に入ると、日本の朝廷が安定した。安泰となったために、自分たちは日本人になる、そのために日本人らしい姓をたまわりたいと天皇に願い出たわけです。それでそういう姓をもらったという記録です。・・・しかし、姓をもらったりするのは、選ばれた連中、いわば支配層の人々です。下層の人々は全く姓がない。姓のない人はもっとたくさんいたはずです。

これを読んで、ぼくらはどういうことを考えるか。一、続日本書紀 延暦八年とは、西暦789年であり、二、日本後紀 延暦十六年は797年であり、三、日本後紀 延暦十八年は実に799年であります。これでわれわれがわかることは、篠ノ井は高句麗から渡来していた前部秋足等の改姓名であり、その居住地であったということである。

799年というと、平安時代です。・・・それまで高句麗から来た人々は、つまり平安時代まで下部とか前部とか後部とか、高句麗にあった官職名を姓にしていた。かれらはみな向こうの貴族だった。それを姓にしていたということです。これは驚くべきことです。

なぜ驚くべきことかというと、高句麗は668年に滅びています。伽耶は562年に、真っ先に滅びますけれども、次は百済が滅びます。・・・朝鮮にはもう高句麗はないんです。統一新羅しかない。・・・・・にもかかわらず、彼らは日本の屋根といわれる信濃国に住んで、しかも799年に至るまで、高句麗の官職名を彼らの姓にしていたという事実を、皆さんはどう思いますか。

つまり、極端にいうと、信濃国は高句麗国だったんです。朝鮮では、もうとっくに高句麗はないんです。にもかかわらず、信濃では高句麗がまだ生きていたわけです。そしてそれがたくさんの古墳をつくり、それを残しているのです。彼らが五世紀からそこに住んでいたという事実は、驚くべきことです。

また、これがどうひろがっていくかといいますと、甲斐、山梨のほうに広がっていきます。山梨県には北巨摩郡、中巨摩郡、南巨摩郡がありますが、これはみなそうです。

・・・・・

「恐ろしくなった」-これはどういう意味かおわかりでしょう。文献を見たら、奈良の都はもう終わって、京都に都は移っているわけです。その時まで、甲斐国だけでも190人からの百済人が、自分たちの故国の、つまり朝鮮半島における姓や官職名をそのまま使っていた。これは山梨だけではありません。全国至るところ同じです。森浩一さんが恐ろしくなったというのは、そういう意味です。


東京・埼玉の「高句麗」

駿河は静岡県、甲斐は山梨県、上総、下総は千葉県、常陸は茨城県、下野は栃木県です。・・・ここにいた高麗人1799人をもって高麗郡をつくった。・・・平野だけは恵まれていますけれども、荒無地です。そこを開拓するために、駿河や甲斐などに住んでいた高麗人を集めたわけです。

これは今来、あとから来た者たちなんです。・・・

弥生時代以来、だんだんと人口が増えて、国家ができて、許可を得ないでは勝手にいけない。初めきたものはどこにでも住んで、おれの土地だといえば、それまでだった。勝手に住んだわけです。ところが、今度は朝廷から統制される。それであちこちに配置されたのです。

ところが、先に来た新羅系、百済系、高句麗系はほぼ日本人化しているんです。もう数百年たっていますから、土着化して、いわば、日本人になっている。

その土着化した者と、あとから来た者とが悶着を起こしてしようがない。そこで、あとから来た者を一箇所に集めて、おまえらはここへ行って開拓しろということで、高麗郡が置かれたのです。そして、それの指導者として、誰を選んだかというと、さきほどの大磯を中心にしていた若光を連れてきて、高麗郡大領にした。つまり、郡長にしたわけです。この人はなかなか人徳のある人だったらしいです。・・・


九州の「朝鮮」

・・・高句麗系の渡来人に的を絞ってみただけで、こうなるんです。そこへ更に新羅系だ、百済系だ、伽耶系だといことになりますと、これはもう大変です。

つむじ曲がりがいて、稲作は中国の江南からだとかいう。そうかもしれませんが、そうだったとしても、それはまず朝鮮に入って、それが変容してこちらへ入ってくる。なぜならば、朝鮮は、その遺跡から、西暦紀元前7、8世紀には稲作が行われていたことが明らかです。

日本の場合には、紀元前二百年の弥生時代からです。数百年の差がある。そうすると、別に不思議ではない。入ってくることは自然なんです。

・・・須恵器というのがあります。須恵器は朝鮮から工人が来てつくった。それも皇国史観でいうと、捕虜かなにかとして連れてこられたことになっていますが、そんなことはありません。

それから、・・・九州などで出土する伽耶製の土器のことを陶質土器といっています。豪族に随伴してきた工人がこちらに来て土器をつくりますけれども、それらが来る時に持ってきたものなんです。

・・・北部九州というのは、古代朝鮮からみると、まるで朝鮮そのものです。

知名なんかもそうです。加也山とか、あるいは芥屋(けや)というのがある。これは伽耶です。・・・それからまた熊本に行きましたら、年をとった人は「はい」ということを「ネー」と言うんだそうです。「ネー」というのは朝鮮語の「はい」ということです。・・・

それから鹿児島に行くと、ふるいのことを「チェ」と言う。これも朝鮮語そのものです。びっくりしました。こういう具合に、九州はとくに、朝鮮が非常に濃厚に残っています。


日本人の祖先考

日本の原始・古代は縄文時代、弥生時代、古墳時代と続きます。それで、縄文人こそは日本人の祖先であると、よく言われます。弥生時代以後は、みな朝鮮渡来がいやだとすると、先ほどみた高麗郡の加藤さんや阿部さんなんか、どうしたらいいか、わからなくなります。そういう論理でいくと、これは高句麗系の渡来だということがはっきりしているのです。

ところで、その縄文時代は人口がどのくらいあったと思いますか。日本人類学界がおととし百周年を迎えて、それを記念した「人類学」という大判の本が出ました。・・・池田次郎氏の「日本人起源論の100年」をみると、そのことがこう書かれています。

・・・・・要するに、先住民の縄文人であるアイヌは、日本人の直接の先祖ではないといってるわけですが、だいたい、縄文時代の縄文人というのは、この日本列島にどれくらいいたのか。・・・

そして、最も最新の方法を駆使した小山さんの調査結果をみると、弥生時代まで八千年続いた縄文時代の総人口は、中期が二十六万一千三百と一番多く、それが晩期になると、新たな寒冷の気候のため、七万五千八百になっています。・・・

それだ弥生時代になると、日本の人口は急に五十九万四千九百になります。・・・鳥居龍蔵がいったように「朝鮮半島から弥生文化とともに」たくさんの渡来があったからです。その渡来は古墳時代とともにさらにどんどん増えて、奈良時代には六百万近くになります。こんなふうに、人口のうえでも歴史的な交替があった。

われわれはこのような人口の推移という角度からも、学際というんでしょうか、あるいは考古学、あるいは文献ばかりではなしに、人類学のほうからも総合して見ると、古代のことがよくわかると思います。


人種と民族

・・・渡来人をみんな「帰化人」にしてしまっている。帰化というのはそこに国があって、そこの戸籍に編貫されることを言うわけです。弥生時代からかれらがやってきて、国家をつくったのです。それを帰化人というのは何としてもおかしいわけです。

よく「新撰姓氏録」が持ち出されます。それをみると、帰化人が約三分の二だと、学者がいいます。というのは、神別、皇別、諸審となっていて、三分の二は諸審です。これだけみても渡来人のほうが多いわけですが、これが学者たちのいう「帰化人」です。神別というのは神様。それから出て、天皇になったものが皇別。それならば、この神様はどこから来たのですか。天から降ったわけでも地からわいたわけでもない。田名部雄一氏の「犬から探る古代日本人の謎」をみるとそのことがこう書かれています。

”万多親王の作った「新撰姓氏録」(815)によれば、そのころ存在していた氏は、皇別、神別、諸審(渡来人)に分けられ、氏の三分の二は渡来人が占めている。このことは、氏のある支配層がほとんど渡来人で占められていたことを示している。しかもこのとき渡来人のものと区別された以外の三分の一を占める氏も、おそらくごく早い時期の渡来人(弥生人)の子孫のものであり、縄文人の子孫ではないと推定される”    

要するに、それらが日本人、日本民族となったのです。民族は、その風土における歴史的時間の積み重ねによって形成されるもので、初めからあったのではない。われわれはそのように変容したものにすぎないのです。

日本の中の高句麗文化を見ましても、ちょうど同じことが言えます。先ほどいいましたように、高麗神社ひとつ見ましても、高麗氏から出た阿部さんや加藤さん、吉川さんや金子さん、これは完全な日本人です。もちろん、高麗さんもそうです。そういう具合に考えるべきであって、皇国史観みたいに初めから大和民族があって、どうのこうのというものではないということです。  (1987年6月24日)

つづく

| 未分類 | 16:32 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

神社は朝鮮半島から来たの? その4


http://pds.exblog.jp/pds/1/200811/15/62/b0086362_1352977.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


「日本の中の高句麗文化」

「高麗(こま)」のもつ意味

日本の中の高句麗文化ということですが、高句麗の場合、いや、朝鮮半島全体にしましても、もともとツングースとか、北から移ってきたものです。「三国史記」の「新羅本紀」などを見ましても、やはり、高句麗から来ているのです。伽耶にしてもそうですし、百済ももちろんです。ですから、高句麗は非常に基本的なものになっているわけです。

李朝の前、十世紀から始まる統一新羅以後の高麗時代が約五百年近く続きます。・・・・・古代日本では高句麗のことを高麗(こま)といい、それが後には朝鮮全体をさす名称ともなりました。高麗というのは非常に重要な意味を持っています。たとえば、神社に行きますと・・・・・コマ犬がいます。だいたいみな「狛」という字を当てておりますけれども、地方に行きますと「高麗犬」と書いているところもあります。・・・・・そこでまずコマということですが、コマのもとはクマです。クマは、高句麗ばかりではなく、古代韓国のトーテムといいましょうか、朝鮮に檀君神話というものがある。これは日本の天孫降臨神話とも非常に関係があります。簡単にいいますと、これも天から降りてくるというこういうものです。

・・・・それで、熊は聖なるものということになり、これは日本語では熊というのですが、朝鮮語ではコム(熊)といいます。そして、このコムはなまって日本の神様のカム(神)になります。神様という言葉がこれからきているわけです。現代表記ではカミですけれども、本当はカムなんです。だから、「かんながらの道」と言いますが。本当は「かむながらの道」です。

日本には熊野とか熊野神社というのがあちこちにありますね。有名なのは伊勢の向こうの三重県に熊野があります。この野は、古代ではヌと読んだ。そして、これは中島利一郎さんの「日本地名学研究」によりますと、古代日本では野は国土という意味も持ったそうです。そうだとすると、熊野はコムナラ、カムの国ということにもなるわけです。

朝鮮でもこのコムはカムとなり、カムナム、すなわち「神の木」ということにもなる。大木に神様が依りつくというのは、今でもありますね。そして、この神の木が日本語ではカムナビ(神奈備)になる。つまり神体山になるわけです。大和の三輪三山はご承知のように、本殿がなくて、裏の三輪山が神体になっています。これをカムナビといいます。これはカムナムから来ているのです。

神社は、いま朝鮮ではほとんどなくなりましたが、ダンモク(堂木)というのが残っています。神の依代としてのこれは、まだ残っています。みなさんは韓国の慶州に行かれて、感恩寺に行ったことがある方があるかもしれませんが、廃寺の跡に大きな石塔が立っています。有名な海中稜のある近くです。感恩寺は以前は神国寺といって、その名残の大きな木が一本立っています。これは日本語では槐で、朝鮮語ではキモクという堂木です。そこにしめ縄が張られています。これが朝鮮における神社の名残です。つまり、これがカムナム、神の木です。日本でいう神の依代です。


日本全国に分布する「高句麗」

こういうふうに高句麗のクマだけでも、日本の神話、日本の神宮を考える場合、非常に大きな意味を持っているのです。

高句麗は日本全国至るところに分布しています。・・・北九州に高句麗ということだった「高麗」というろころがあり、また「百済」や「新羅」もあった。「加耶」もありますけれども、加耶は非常に早くやってきたので、新羅の影に隠れるようになります。

・・・・・高句麗文化はいちばん濃厚なのはやはり畿内です。その次が関東、甲信越となります。畿内ではまず河内、河内は北河内、中河内、南河内とありますけれども、北河内、つまり今の枚方市あたりはみんな百済です。近くに秦というところがあって、新羅・加耶系も混じっていますが、こちらの百済は660年に百済が滅んでからやってきた人たちが住んだところです。

中河内はほとんどみな高句麗です・・・ 

次は京都、つまり山城国です。・・・木津川は、「日本書紀」の崇神天皇の条で見ると、もとは輪韓(わから)川です。輪は接頭語ですから、韓川です。これはまた山代川ともなっています。

・・・これが大和から京都に向かってきて、それが北上して、・・・東山山麓にある法観寺、八坂寺となり、そして八坂神社となります。八坂神社は全国に分社もたくさんありますけれども、まず思い出されるのは日本三大祭の一つといわれる祇園祭です。その神社の近くに、いまも八坂寺の塔が残っています。

・・・由緒書きというのはほとんどみな、マユツバですよ。・・・しかし、よく見るとおもしろいんです。「文は人なり」という言葉がありますけれども、・・・ごまかしても、どこかチョロッと本音が出る。・・・・

それで、必ずもらってみることにしますが、八坂神社に行ったときももらいました。そしたら、その由緒書きにこう書いてあるんです。

・・・略・・・

さらに、林屋辰三郎さんの岩波新書の「京都」という本にはこう書かれています。

・・・略・・・

簡単にいいますと、八坂神社の初めは、高句麗から来た氏族の祖神を祭った。・・・祇園祭も、最初は高句麗系渡来氏族によるその神社の祭りから始まったものです。このように、東の八坂神社は高句麗系で、西のほうは新羅系です。京都というところは非常におもしろいところで、百済系ももちろんあります。のちには今来の神も入ってきます。平野神社なんかがそうです。

このように関西にも高句麗系など、古代朝鮮から渡来したものたちが残した遺跡が色濃く残っていますが、これはどちらから来たかというと・・・いちばん大きな入り口は九州の博多湾です。もう一つは北陸の敦賀湾です。もちろん、それだけではありませんけれども、畿内あたりに展開した高句麗系渡来人、この二つの湾から入ったものもありますが、どちらかというと、北陸の日本海沿岸から入ったもののほうが多いように思われます。たとえば、新潟沿岸からあたりからもたくさん入ってきています。潮流の関係でそうなったようです。

ぼくはずっと全国を歩きながら、いちばん驚いたのは長野県です。長野県は日本の尾根といわれるところです。そこに、なんと高句麗の連中がたくさん来ている。しかも、非常に古くからです。

われわれは古墳遺跡を見る場合、考古学的事実、つまり古墳があって、・・・・・問題は、その古墳から何が出土するかということです。・・・・・

・・・ここでついでに言っておきますが、韓国のソウルで出ている六月二十八日付(1987年)「朝鮮日報」を見ると、「日本で韓半島型櫛目紋土器が大量に出土した」というんです。これはBC三千年のものだと大きく出ていますが、まだ日本の新聞には出ていません。

古代史を勉強するうえでは、大阪や九州で発行されている新聞を見ないと困ることがあるんです。たとえば、天皇家に関係あるものは、東京あたりでも新聞に大きく出ます。たとえば聖徳太子のことがこの前、大きく出ました。そういうふうに大きく出ますけれども、天皇家に関係ないものはあまり出ないんです。おそらく、これは九州の新聞に出たかと思いますが、何しろBC三千年ですから、今から五千年前です。そうすると、朝鮮の檀君というのも全くの神話と言い切れないということになります。いま韓国では論争が起こっています。檀君時代をどうみるか、・・・まだ続いているようです。

つづく

| 未分類 | 13:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

無敵の剣


今朝の夢

前方の足元あたりに四角い何か乗り物らしきものがある
その向こうに黄色い色のプラスチック?で出来たような剣が二本見える
勾玉を長く引き伸ばしたような、不思議な形の剣

私の右後ろには二人の男性がいる

私が腕を前方に伸ばすと
(確か背後の男性にそうしなさいと言われた)

剣が宙を移動し、私のそばまでやってきて手の中にピタッと収まった
”無敵の剣”という感覚があった

剣は全部で四本あるらしい
あと残りの二本の剣を入れて合計四本で
目の前にある乗り物の車輪にもなるらしい
それで自由自在に瞬時に空間を移動できるみたい

| 未分類 | 23:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

神社は朝鮮半島から来たの? その3


http://pds.exblog.jp/pds/1/200811/14/62/b0086362_1312790.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>



続きです。

古代史はおもしろい

神社についてさきほど分社ということを言いましたが、これがあるために日本の歴史がたいへんわかりよくなっているのです。高柳光寿さんだったと思いますが、古代、中世は神社は独立国だったと言ってます。共同体の中心は神社だったのです。昔は国家はないんです。国家もなければ、民族もない。だから日本人もなければ朝鮮人もなかったのです。ただの人間です。彼らが朝鮮から渡来してきて、一つの集落を作ります。そうするとまず精神的よりどころとして、首長が死ぬと、それを祭って神社をつくる。その神社を中心に共同体の集落が動く。

しかも神社は精神的なよりどころであったばかりか、兵馬の権をも持ったのです。祭祀権を持つということは、兵場の権をも行使したのです。だから共同体の独立国だったのです。朝鮮では今でも長男が祭祀権を持ちます。・・・特に日本の昔は祭祀権を持つ者が兵馬の権をも行使したわけです。

そうやって神社の集落、共同体が大きくなります。大きくなると分家が行われます。今は土地を買って移るためには、一坪百万円だ、東京なら千万円だみたいなことですが、そのころはそうではない。行って住めば、それで良かったのです。別に地主も何もなかった。行って縄を張って、ここだと言えばいい。そこに神社を勧請して、住めばいい。そういう具合にしたものですから、神社があちこちに広がっていきます。

日本の皇国史観の歴史によると、神功皇后ということで紹介しましたが、古代日本は任那日本府を置いて四世紀から六世紀に渡って朝鮮半島南部を支配したということになっています。

たとえばローマがイギリスを支配した。これは文献がなくても遺物・遺跡でわかります。では、日本の大和朝廷が二百年にわたって南部朝鮮に任那日本府を置いて支配したのならば、ぼくの言う「朝鮮の中の日本文化」がなくてはならない。ところがこれは一つもありません。

1910年に朝鮮を併合して、いわゆる「日韓併合」が行われたときに、日本の一流の学者と大きな予算をつぎ込んで、任那日本府を探そうというので一生懸命探したのですが、なかったのです。

しかも日本は近代になって36年間朝鮮を植民地支配しました。これは間違いのない事実です。また秀吉の話も事実です。36年間に何かを残した。行ったら、残っていました。刺身という言葉です。これは朝鮮語になっています。下駄という言葉も残っています。あるいは弁当という言葉もあります。わずか36年でこういう具合に残しています。二百年ならもっと残しているはずですが、ない。

・・・・・だからといって、ここで注意して欲しいのは、僕は朝鮮人と日本人を同じものだと言おうとしているのではない。違ったものです。人種と民族は別物だということです。

人種と民族を混同するところから、誤解が起こりやすいのです。よく人種的差別をするなと言います。朝鮮人を差別するなということですが、これは民族差別であって、人種差別ではない。人種はかわらないのです。同じ顔でしょう。ぼくが道を歩いていても、日本人か朝鮮人かわかりません。つまり人種は別ではない。しかし、民族は別です。

民族というのは、初めから民族があったわけではない。・・・・・

ですから奈良時代まではおそらく高句麗系、新羅系、百済系というのが明白にあって、対立していたと思うんです。それが千数百年の間になくなった。

つまり民族というものは、その風土における歴史の積み重ねによって形成されるものである。・・・だから民族というのは近代的な概念です。国家、国境、民族というものと、人種は別物です。

民族的にはわれわれははっきり違います。・・・初めに大和朝廷ありき、というのはうそっぱちです。朝鮮もそうです。朝鮮民族も徐々に歴史的に形成されたものです。これをわれわれは理解する必要がある。それ以前は人間時代というのでしょうか。まったくの平等といいますか、入国管理庁もなければ、パスポートもなかった。自由に行ったり来たりしていた。そういうことをわれわれは知っておく必要がある。そういう目でわれわれは現代をも見る必要があるのではないか。


聴衆の質問に答えて

・・・ぼくの証拠は日本の学者が書いたもの以外にあげないことにしているんです。そういう本を書いても、すべて日本の学者以外のものは引用しません。韓国の学者も北朝鮮の学者も研究しています。ずいぶんあるのですが、それらは引用しないことにしています。日本の学者、文学者の書いたものを読んで、実地にそこへ行って見て、ということをやっています。

・・・金多遂というのが新羅から従者をたくさん連れてやってきます。「日本書紀」に書いてありますが、きらびやかにやって来ます。これをつまり人質だと言ってるわけです。大変な人質があったものです。従者を連れてきた人質なんて、考えられません。それが後の天武ではないかという人がいますが、ぼくはちょっと違うと思います。

・・・伊勢神宮は金沢庄三郎氏がはっきり書いているように、伊勢とか宇佐のイ、ウというのは接頭語です。勢はソです。伊勢に行くと韓神山というのがあって、そこに韓神神社があります。今は小さい祠になっていますが、伊勢神宮はそこから始まるのです。

その韓神山は禰宜を祭った山です。禰宜というのは朝鮮語のネク、魂という意味です。そういうことで韓神山が伊勢にあるというのは、面白いでしょう。

もう一つ言語ですが、日本で一番権威がある地名辞典は富山房から出ている吉田東伍博士の「大日本地名辞書」だと思いますが・・・

去年になってやっと総論を開いてみると、「地名原義論」というのですが、こうあります。「上古には、日本語と韓国は、同語同言の人民たり、各自にその法俗を異にしたるにせよ、語言の根源においては、理論上まったく同一に帰せられる。この際の異動の論は、もっぱら転訛の程度いかんというにあらん。すなわち転訛の差異が、両国の差異を示すにすぎざりけん。もしそれ、両国ともに古言を保守して、転訛なき名詞のあるあらば、古今同名というを得ん。されば、本邦古言の考証は、多く韓語によりて資益せらる」と、つまり古代は同じ言葉だったというのです。

ぼくはこれ以前から疑問に思ったのは、天智朝(近江朝)に数千人の人々が百済からくるでしょう。百済が滅びてから、高官がたくさん入ってきて、文部大臣兼国立大総長みたいなものになる。国務大臣にもなる。それらが、一体どういう言葉をしゃべったかということです。通訳付きの大臣というのは、どう考えてもおかしい。

その時代まではほとんどは同じ言葉ではなかったかと思います。なぜならばドイツで最近、労働者の語(?)を調査した論文が発表されましたが、なんと5、6百語です。そうすると古代は百もあれば用が足りた。

・・・・・もう一つ、面白いことがあるんですが、朝鮮カボチャと日本カボチャは違うんです。ぼくは数年前にやっと朝鮮カボチャの種を手に入れて庭に植えたんです。いいカボチャができまして、非常においしく食べたのです。さらにそのカボチャの種をとって、翌年植えたら、ちょっと違うカボチャができました。三年目、四年目になると日本カボチャになってしまった(笑)これにはびっくりしました。

人間も変わるのです。・・・・・そういう具合に二代、三代ですでに顔が変わります。カボチャばかりではない(笑)。そのように言葉もどんどん変わるものだということです。(1982年5月17日)

つづく

| 未分類 | 13:13 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

神社は朝鮮半島から来たの? その2


http://pds.exblog.jp/pds/1/200811/14/62/b0086362_10371367.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

                        旧「Earth Blue & Moon Cafe」


金達寿さんの本の書き写しの続きです。


関東に見る高句麗・新羅・百済系

先ほど秦氏の八幡様が全国にたくさん広がったと言いましたが、神社が広がるということは、それを祭った氏子が広がるということになります。その例として、話は関東にやってきます。

今朝の読売新聞を開いてみますと、一面に浅草三社祭に二百八十五万人、・・・という記事が載っています。この三社祭の祭神がまさか朝鮮渡来系とは、皆さん思ってないでしょう。・・・

どうしてそんなことを言うかというと、浅草寺は百済仏です。まあ仏教は公然と仏教伝来がありますし、浅草寺の秘仏が百済仏であり、長野善光寺もそれであるということは、かなり広く知られています。

それよりも三社の祭神がどうして朝鮮渡来の神様なのか。「東京都の歴史散歩」という文庫本を見るとよくわかります。・・・・・日本書紀には685年から760年の間に六回、渡来してきた百済、新羅、高句麗の僧俗男女多数を武蔵野国に置く記事がある。とくに716年には高麗郡、また758年には新羅郡が新設される。・・・」

つまり浅草三社の神様というのは、浅草寺の仏像が漁をしたときに網に引っ掛かったという伝説になっていますが、その人間は土師直中知、檜前浜成、同竹成である。・・・

土師中知という土師氏も百済系です。今の羽曳野市、「近つ飛鳥」の河内のほうの飛鳥に行きますと飛鳥戸神社というのがあって、百済の混伎王(こんきおう)を祭る神社があります。みな百済系の渡来人ですが、これを祭るのが浅草三社です。・・・これを知ったら、二百八十五万人も行かないかも知れません(笑)。

そして高麗郡は池袋からすぐです。・・・まず飯能ですが、ハンナラという言葉のなまったものだそうです。・・・ナラとは朝鮮語で国ということだと言いましたね。

奈良もそうです。

飯能はハンナラ、韓国ということだそうです。・・・今でも高麗という駅があります。・・・・・高麗神社は今でも栄えていますが、戦時中から非常に栄えた神社です。・・・高麗神社におまいりすると、戦地に行っても弾に当たらないというんです。・・・そればかりか、どういうわけか偉い人がたくさんおまいりする。何とかの宮様とか、ある新聞にでていましたが、検事が事件が迷宮入りになると高麗神社におまいりする(笑)。

この高麗神社の宮司は今でも高麗氏で五十九代目です。そして分社が武蔵の国に約百三十ほど広がっています。あるところでは白髭神社になっており、あるところでは大宮神社、あるところでは広瀬神社というふうに名を変えていますが、高麗神社の分社です。

ここで一つの問題は白髭神社です。白髭神社は全国至るところにあります。早い話が浅草に白髭橋、白髭神社があります。浅草の白髭神社は由緒書きを見ますと、近江の白髭神社を勧請したものです。

琵琶湖に行きますと、デパートの高島屋が興った高島郡に大きな白髭神社があります。比良山地がありますが、この比良も本当は新羅だったのです。関西に行くと質屋のことをなんと言うかご存知ですか。ヒチヤと言うんです。シがヒになるんです。・・・・・僕が一番悩んだのが、高麗神社の分社に白髭神社があることです。

ぼくは日本全国をほぼ歩いていまして、白髭神社はどう見ても新羅系の渡来氏族が祭った神社です。なのに高麗神社の分社に白髭神社があるのはどういうわけか、

・・・その澄雄さん(*五十九代目の宮司)の話でチラッと、そこに高麗神社が祭られる前に白髭神社があった。それが衰微して、その上に高麗神社が重なったものです。・・・つまり猿田彦と一緒に祭っているんです。高麗若光と今でも。猿田彦は白髭神社の神様です。日本で言う国つ神です。

白髭神社が退化して、そこに高麗神社がかぶさって出来た。・・・そういう具合にしてできたということを、ひとつ理解しておいて欲しいと思います。

高麗神社にまいりますと、系図をみせてくれます。ただし、副本です。・・・系図のことを朝鮮では「族譜」と書きます。「ジョクポ」と言います。・・・この系図が鎌倉の中期の1259年に焼けてしまって、しかも高句麗から彼らが渡来したときに持ってきたものが、全部一緒に焼けてしまう。

系図が焼けてしまったので、高麗宗家から出た枝族の有力者が集まってそれを再編集します。朝鮮でも族譜を二十年ごとくらいに宗家に集まって再確認、再編成するんです。・・・

その時に集まった記録が残っています。これは非常に貴重なものですが、高麗、高麗井、駒井、井上、新、神田、新井、丘登、岡登、岡上、本所、和田、吉川、大野、加藤、福泉、小谷野、阿部、中山、武藤、芝木の各氏が集まって、系図を再編集しています。

「千七百九十九人の高麗人をもって高麗郡を置く」ということが、「続日本紀」にはっきり出ています。716年に高麗郡が健郡されるわけですが、その長の分かれたものだけでも、鎌倉中期の1259年までにこれだけあります。今にしてみれば、その分族がさらにどのくらい分かれたか、わからないです。

高麗家から分かれたものとしては、一番有力なものが金子氏です。八高線に金子という駅がありますが、ここが彼らの本拠地だったのです。高麗から分かれた分家ですが、これがだんだん広がって、もと狛江郷の調布のほうまで広がってきます。

・・・ここは昔、狛江郷と言いまして非常に広い範囲にわたっていた。井の頭公園までずっと狛江郷だった。江戸時代末期までは狛江百塚と言われて古墳のたくさんあったところです。

・・・この亀塚古墳を戦後になって、国学院大学の大場磐雄氏らが発掘しました。典型的な高句麗の古墳です。

今はけもの偏になって高麗を狛江にしていますが、いろいろな遺跡がまだたくさん残っています。・・・こういう具合に高句麗系は川崎のほうまでずっと広がりますが、高麗神社の高麗さんはどこから上陸したかというと、大磯です。

・・・今でも毎年7月18日にお祭りが行われていまして、高麗の若光がそこから上陸するという神事です。ここに高句麗の連中が上陸して、一方は埼玉県の武蔵野に広がってくる。一方は箱根のほうに広がって、箱根権現になります。箱根に駒ケ岳というのがありますが、あれは馬の駒ではない。元は高句麗のコマです。・・・・・箱根権現、箱根神社です。・・大磯の高麗神社の分社です。

しかもそこからさらに広がって、熱海に行って伊豆山神社になります。

・・・ところが、そうしてしばらくたったら、山形県に寒河江(さがえ)市というところがあって・・・

ところがなんとなく気になって、寒河江がどうして朝鮮語なんだろうと思っていたところ、ちょうど丹波基二氏の「地名」という本が出ました。・・・そして「寒川」というところを開いてみたんです。そうしたら、「朝鮮語のサガ(私の家、社などの意味)から来る。朝鮮渡来人の集落があった。寒川神社はその兵神」と書いてありました。要するに、寒川神社は朝鮮からの渡来人が自分たちの祖神を祭った神社だというわけです。

・・・これは高句麗の連中が来る前に祭られた神社です。行ってみて、古墳などの状況から、そうわかりました。そこでまたかぶさったのです。

しかも一方に秦野というところがあります。小京都ともいいます。ここに行きますと、祇園という地名もあれば、賀茂という地名もあります。大秦野という駅もあります。そこには新羅・加耶系の秦氏族も来ている。

そればかりか、池袋から東上線に乗ってみますと、志木というところがあります。これは新羅がなまったものです。しかも途中に白子というところがあります。これは新羅の連中が居住したところです。

白というのは、神社では白山神社というのがほうぼうにあります。とくに愛知県や岐阜県には数百あります。新潟その他全国にまたがってあります。これも本当は白山比?神社です。

埼玉県に白子、志木があって、新羅郡から新座(にいくら)になった。神奈川県では高座(たかくら)郡ですが、これは高句麗です。埼玉は新羅だから新座です、今は新座市になり・・・

しかも群馬に行きますと、もっと濃厚です。吉井というところがあって、「続日本紀」をみると、百五十八家が吉井連(よしいのむらじ)という姓をもらうんです。甘楽郡といえば、日本でいちばん蚕のとれるところですが、元は韓郡です。鏡川がありますが、これも韓川だったのです。

吉井というのはどういうところからきたのか知りませんが、新羅系の連中は吉井連という姓をもらうわけです。

栃木県にいきますと、那須国造碑というのがあります。これも新羅です。こういうふうに関東だけでもたいへん濃厚に遺跡を残していまして、大和や関東の遺跡をみるだけでも、高句麗系、新羅系、百済系がまんべんなくあり、九州に行くともっと濃厚です。

ただ、非常に薄いのが北海道です。東北まではまんべんなく、先ほど八、九割までが渡来人だと言いましたが、これは日本全国どこでも当てはまります。

つづく

| 未分類 | 10:50 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

土星のオーロラ


カメラ持ってなかったので写真は撮れなかったけれど
昇ったばかりの月が、驚くほど大きくて空から落ちそうだった


http://pds.exblog.jp/pds/1/200811/13/62/b0086362_237667.jpg',320,270,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

土星のオーロラ

| 未分類 | 23:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

神社は朝鮮半島から来たの? その1


http://pds.exblog.jp/pds/1/200811/13/62/b0086362_17142484.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

                        旧「Earth Blue & Moon Cafe」


久しぶりの朝鮮半島です。

金達寿氏の
「日本の中の百済・高句麗・新羅」
「日本の中の高句麗文化」
「日本の中の天日槍」
より一部抜粋書き写しましたので、ご自分の判断でお読みください。


「日本の中の百済・高句麗・新羅」

日本と朝鮮とのつながり

・・・ところがそうではない。新井白石が言ってるように、上代のことは漢字にとらわれてはならない。音が大事なんです。朝鮮も新羅時代にできた「リト」がありまして、これは朝鮮語を書き表すために漢字を借りて用いていたものです。・・・万葉仮名が朝鮮のリトに当たるものです。万葉仮名は表音文字です。

任那については後でちょっとしゃべりたいと思いますが、加耶諸国のなかに安羅(あら)という国があったのです。日本では安羅と書いていますが、阿羅とも書きます。朝鮮の古代を理解していただくうえに、これは非常に重要な要素をなしています。

安羅は阿耶、阿那ともなります。これは同じ意味で、安羅とも言い、阿耶とも言い、阿那とも言うということです。これは日本の古代史を見るうえで、あるいは古代の地名などを見るうえで非常に大切なことですから、覚えておいて欲しいのです。

羅、耶、那というのはどういう意味かといいますと、朝鮮語の国土という意味です。大国主命は大穴持命とも書きます。・・・大穴は阿那、つまり大きな国、大国主命と後に翻訳されるわけです。

滋賀県の近江の草津市に行きますと、穴村というところがあります。今は草津市穴ですが、昔は穴村と言ったんです。・・・・・ここに行きますと安羅神社というのがあります。今の若い人たちはヤスラ神社とも言ってますが、元はアラ(安羅)神社です。

王仁三郎の穴太村を想起

この神社は、新羅の皇子とされている天日槍(あめのひぼこ)を祭る神社です。これは今でもはっきりそう書かれてあります。日本ではっきり書かれているのは珍しいのです。・・・・・

この安羅は阿羅ということです。だから近江に行くと穴太衆とか、高穴穂の宮というのがあります。吾名(あな)とか色々字を変えますが、そういう地名が近江にはたくさん残っています。

我々が日本の古代史を知るためには、加耶の国というのは非常に大きな要素になっていきます。

先ほど言った任那ですが、どうして「みまな」と読むのでしょうか。僕は子供のころから疑問に思ったのは、先ほどの神功皇后に出てきた王仁です。これをどうして「わに」と読むのですか。あるいは、百済をどうして「くだら」と読むか。日本語で「ひゃくさい」だし、朝鮮語では「パクチェ」です。どうして「くだら」と言うのか。

もっと卑近なところでは、石上玄一郎という作家がいまして、大和に石上神宮があります。これはどうして「いそのかみ」ですか。「いしがみ」か「いしうえ」でもいいのに。そのように任那がいったいどうして「みまな」かということです。

これは先ほどの鮎貝房之進氏の「雑考」にも出ているように、簡単にいいますと任那、那は先ほどの国土の意味だと言いましたが、任那の任は主、主君の国という意味です。

・・・今度は秦氏について見ましょう。大宝二年(702年)の戸籍台帳が残っていまして、それを見ると豊前の国の人口の9割以上が秦氏族です。・・・宇佐八幡宮、八幡信仰はここから起こりました。・・・

彼らが上陸した北部九州から、田川郡に行くと例の「月が出た」という三池炭鉱の歌で有名な香春(かわら)岳がありまして、そこに香春神社があります。これは新羅からみずから渡ってきたという女神を祭る神社です。

その女神が今度は宇佐にやってきます。香春岳と宇佐と密接な関係がありまして、香春岳の裏には「採銅所」というところが今でもあります。宇佐神宮の神鏡をつくったところです。その宇佐神宮は香春神社と同じ女神が中心です。あとから応神天皇と神宮皇后が併祭されます。

そこから国東半島に出てまいりまして・・・・・比売語曽神社というのがあるんです。これも宇佐神宮と同じ女神です。

そこからにわかに東転して瀬戸内海に入ってきます。・・・呉に亀山神社というのがありますが、これも同じ女神の神社です。


朝鮮から渡ってきた神社

そのようなことで調べてみると、日本の歴史が非常に面白くなってきたんです。こんな面白いものはない。

しかも三品彰英氏がはっきり書いているように、「古事記」「日本書紀」をちゃんと読むためには古代朝鮮語を知らないとだめです。はっきり言いますと、古代朝鮮語で書かれたものです。しかもよくみて見ると、佐久克明氏なども書いていますように、「古事記」は新羅系の渡来人によって書かれ、「日本書紀」は百済系の渡来人によって書かれたものです。

ですから、「古事記」を読んでみると、新羅に対する敵視はあまりないんです。ところが「日本書紀」を見るとがらりと変わります。新羅を蛮国視する。敵視するわけです。そして百済や高句麗はもはやないんです。・・・・・ところがこれが非常に正直なもので、・・・書紀の天智天皇段を開いてみてください。いかにも「日本書紀」は百済系の連中が書いたことがはっきりとわかります。・・・要するに天智朝と百済とは一体のものだったということです。

・・・・・

そういう経過をたどってくるのですが、・・・・「広辞苑」をみますと、ただし、第一版です。第二版ではどういうわけか、それを消しているんです。ぼくなんかがそれを引用したりするからということもあったかと思いますが、一版を見ますと、「韓神の祭り」というのがありまして、そこに上代において二月十一日に行われた宮内省の内にまつられてある韓神社の祭と書いてあります。

二月十一日がどういう日かご存知ですね。今は建国の日と言いますが、昔の紀元節です。つまり上代の二月十一日には、宮中で韓神の祭りが行われた。そればかり神楽というものがあります。宮中神楽です。宮中神楽でない神楽は里神楽と言います。宮中の神楽はどういう神事かといいますと、韓神を招く神事です。

「三島木綿肩(みしまゆう)にとりかけ、われ韓神の韓招(からお)ぎせむや、韓招ぎせむや」という韓神を祭る神事です。何がゆえに宮中で朝鮮の神様を祭るのですか。「延喜式」を見ますと、園韓神の社というのは三社あるんです。宮内省坐園韓神三座(くないしょうにますそのからかみさんざ)というのがそれですが、韓神は百済の神で、宮内省に二社あります。・・・文字から見ると、園というから公園の神様か、花壇の神様か、今の感覚では思っちゃいます。これは一語ではなくて「ソの」という二語です。

つまり新羅を昔はソラボル、ソヤブル、ソナブルと言ったし、ソブルとも言った。・・・ソウルは都という意味です。京都です。・・・・・ソというのは新羅の元号です。

このように新羅系の神であり、百済系の神が二座、宮中に祭られている。このことによって王朝の交代がわかります。中国や朝鮮では、こういう場合は消してしまうんです。日本は実に面白いです。神社もよく残っている。日本人はものの考え方が調和的ですから、捨てないのです。

ぼくは神社というものが嫌いだったんです。戦時中に強制参拝させられましたから。・・・・・ところが戦後になって日本の歴史をだんだん調べているうちに、なんとこの神社が朝鮮から来たものなんです。しかも新羅から来た。これにはまた驚きました。

「三国志」にはっきりと出ていますが、新羅の初代王を赫居世(ヒョクコセ)といい、赫は名で、居世は様というほどの尊称です。この王が亡くなって祖神廟ができたのが西暦紀元五年で、これが487年に「神宮」になります。前川明久氏の「伊勢神宮の祭祀制」をみると、「神宮の称号の起源は新羅の神宮に由来している」というその神宮です。

では、神社の社はどうかと言うと、これは「居世」という尊称からきたコソだったものです。

先ほど、比売許曽(ひめこそ)神社のことを言いましたが、そのコソです。つまり神社は社(こそ)です。伴信友がはっきり書いているように「神社とは古曽のこと」つまり社(やしろ)のことです。・・・・「社」は「こそ」です。社というのは名前ではなくて、尊称です。

そういうことで神社は朝鮮で始まったわけですが、仏教が入ってきます。日本人は物事の考え方が非常に調和的ですが、われわれ朝鮮人は悪く言うとあれかこれか主義で、対決的です。よく言えば論理的です。

そういうふうに神社や神宮は古代朝鮮から渡ってきて、しかも日本ですべて花ひらいている。そればかりかわれわれは今日古代史を知るために、仏閣はもちろんですが、神社が非常に役立っている。

つづく

| 未分類 | 17:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

満月の環天頂アーク

http://pds.exblog.jp/pds/1/200811/12/62/b0086362_19263629.jpg',360,252,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

カナダ(オンタリオ)のカメラマンLauri Kangas氏が撮影した
一ヶ月前の満月時の環天頂アーク(CZA)
民間伝承では霜が降りる月だそうだけど、地震の前兆と考える人もいる
夜にこんなのみたら驚くだろうな

| 未分類 | 19:27 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

せかいのしはいしゃ


http://pds.exblog.jp/pds/1/200811/12/62/b0086362_12221620.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

                             まゆみTシャツ


マヨさんが昨日の「やっぱりユダヤ?」の記事で
「・・・本当の支配者は顔を見せない。
・・・やはり私は英国王室が世界を支配していて、
その下にいくつかの・・・がぶら下がり・・・世界を動かしていると見たい。」

こんなことを書かれてたので私は
「全く同感です。私はかなり昔からそう言ってます。
ただマヨさんと違うのは、英国王室ではなく、
誰もがアッと驚く人だと思ってます。全く予想だにしない人。」
こんな返事を書いた。

そのあとマヨさん「まゆみさん、誰もがアッと驚く人、教えてよ」

そのまま返事しないでいて今朝マヨさん家、覗いたら

「あっと驚く人」はタケシになっていて朝から大笑い。
さすが楽しいマヨさん。
マヨさんにはテレビデビューして欲しいと思う。

実は前ほどでもないけどタケシは苦手なの。
でも仕方ないのでタケシくんを書きましょうか。

とは言っても
「誰もがアッと驚く人」、私もはっきりとはわかりません。

ただ「誰もがアッと驚く人、全く予想だにしない人。」
これだけはわかります。
たとえば世界中の誰もが善人だと思ってる人とか
まったく表に出てこない人とか
え!こんな人が?
そんな人だと思う。

この考え方は昔から変わってない。

そしてこれは、
まゆみ風ぶっ飛びもいいとこなんだけど
本当の支配者はお金や権力が目的ではないと思ってる。
世界は人間の思考や想像を遥かに超えている。
人間は試されている。

またいつか続きを書こうかな。


http://pds.exblog.jp/pds/1/200811/12/62/b0086362_12232511.gif',163,163,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
黒点1008

エクアドルのEl Reventador火山、噴火
コロンビアのMachn火山とNevado de Huila火山も活発

ハリケーン「パロマ」は記録開始の1851年から2番目に強い11月のハリケーン
土曜日にケイマン諸島を襲いキューバでは数百の家が倒壊、50万が避難

南アフリカ(Botshabelo)、インドネシア(北サマリンダ地区)
タイ(Chaiyaphum)、フィリピン、西ケニアなど大雨、洪水で大きな被害

ロシア(サハリン)はサイクロンで非常事態、米ネブラスカ州も氷と雪

http://pds.exblog.jp/pds/1/200811/12/62/b0086362_12264433.jpg',110,73,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
エジプトで4,300年前のピラミッドが発見された

| 未分類 | 12:30 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

やっぱりミニ氷河期 その4


http://pds.exblog.jp/pds/1/200811/11/62/b0086362_2220095.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

                       旧「Earth Blue & Moon Cafe」


昨日の『氷河はアメリカを含む世界中で成長している。』
ちょっとまとめながら思いつくことを書いていきますが、
これは私なりの考えなので皆さんも個々で考えてみてください。


一言で言えば、温暖化はないということみたいです。
二酸化炭素説にしろ太陽説にしろ何とか説にしろね。

アメリカ全体が寒冷化していてオレゴンだけ暖かい場合、
アメリカが温暖化してるとは言わないでしょ。
なのにアメリカは温暖化していると報道され、ほとんどの人が安易に信じ大騒ぎになる。

南極のごく一部の氷河が崩壊しただけで南極が温暖化だと報道する。
南極のほとんどの氷河が逆に増えていることは報道しない。
他でも同じ。

スヴァールバル氷河では1918年にあった氷河が温暖化で2002年に消えてしまったという。
でもこれは1920年代初期にすでに消えていて、しかも温暖化とは全く無関係の自然のもの。

BBSにshigeさんがずっと観察してくれてる北極の氷の画像を載せてくれてるけれど、
今年の夏に北極の周囲の氷が始めて解けた時は大騒ぎになったのに
10月に入って一月で一気に氷が戻っているのは、一切報道されない。
夏頃は私も時々見てたけれど、砕氷船でがんがん砕いて解かしてる雰囲気だった。

要は、ごく一部の解けた氷河だけを大きく取り上げ、報道し、
温暖化だ!二酸化炭素がいけないんだ、減らすんだ!
このままじゃ地球は駄目になってしまう!生存できなくなる!
って大騒ぎさせ、する。

映画も作って、何たら賞も与えて、
子供からお年寄りまでの地道なキャンペーンを繰り広げ、
温暖化の言葉をインプットし、恐怖感を持たせ、何かしらを強制する。
誰でも「温暖化」の言葉を知ってるんじゃないかな。
これって人類規模の広告でしょう。

こうやって騙し、騙されちゃうんでしょうね。

何故そんなに簡単に騙されるかというと、翻訳記事にあったように
私たちが自然の仕組みを全くといっていいほど知らないから。

でも、お抱え学者の発言や情報操作で市民を上手くあしらっている側は
自然の仕組みも人間の仕組みもよく熟知している。

最近の一番の目くらましは
温暖化で氷河が増えるということらしい(笑
多分、氷河が増えている事実がネットで知れ渡ってきて
新たに考え付いたことなんだろうな。

温暖化で冬に気温が上昇し、夏に気温が下がり、
それで氷河が増えると書いてあって
え?え?って感じで、頭が混乱してしまった。
冬に気温が上昇し、夏に気温が下がることを温暖化とは言わないでしょう。
温暖化なら夏は更に暑くなると思うけど。
しかも一部の地域だしね。

あっ、あの人の言い回しに似てる。良く似てる。(個人的な話です。)


前に何度も書いたけれど、
温暖化にするととにかく膨大に儲かるみたいなの。

だからせっせと熱帯低気圧(エルニーニョやラニャーニャもそうじゃないかな)作ったり、
操作して台風やハリケーンにして巨大にするんでしょう。

温暖化対策の名の元で設備など色々変更したものって、
寒冷化になったら逆効果になってしまう。

だいぶ前に書いた
”温暖化のために屋根だったか建物だったかを白くしましょう運動”
あれなんかもそう。
太陽光発電はどうなるんだろう?

夏服とクーラーしか持ってないのに厳冬になったら困るでしょ。


これも前に書いたように
結局自分の感覚を大切にするのが一番なんじゃないかな。
沖縄も越してきた当初より寒くなっているし、特に冬が寒い。
今年の夏は暑い日が少なかったし、台風も減っている。

以前の仕事場の大家さんも
「まゆみさんたちが越してきてから寒くなりましたね」と言ってる。
そうかと思うと、たまに夏の太陽が異常なほど強いときもある。

頭ばかり使わないで
鈍った体の感覚を取り戻して
本来の体のハタラキを取り戻すこと
これが一番かな

地球の声に耳を澄ませて
風や雨や植物や動物と会話して
自然のものと人工のものを見極めていければいいね


とここまで書いてきて

地球はすでにミニ氷河期に入ってるとして・・・
どうして氷河期に入ってると素直に言わないんだろう?
どうして逆の温暖化にしなきゃいけないんだろう?
ただ黙ってるということもできるのに。

単なる金儲けだけとは思えないな。
何かもっと別の理由があるんだろうな。

追伸
でも温暖化ということで
ゴミを減らすとか無駄なエネルギーを使わないとか
普段目を向けないところへ目が向いたり、意識したりとか、
いいことも、もちろんあると思う。

http://pds.exblog.jp/pds/1/200811/11/62/b0086362_22201694.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

                      旧「Earth Blue & Moon Cafe」


今日は雨の中、
久しぶりに歯のクリーニングと
歯茎のマッサージにS先生のところへ出かけてきた。

待合室にニュートンがたくさん置いてあったので一冊借りてきた。
治療が終わってから先生の部屋でしばしおしゃべり。

特殊治療法で体を治すある人(医師かどうかは分からない)の話を聞いた。
その治療法の名前を聞いただけで直感が反応してしまって(初めて)
即座に受けたいなと思ったけれど、東京の方なので無理。
特殊治療者の本はS先生が今読んでる最中なので
また借りて読んでみて、いつかブログに書いてみよう。
とにかく凄い!世の中にはいろんな人がいるもんだ。

| 未分類 | 22:49 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

地震

http://pds.exblog.jp/pds/1/200811/11/62/b0086362_12455578.jpg',100,75,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
中国(青海省)で昨日(10日)、M6.5 深さ10キロ

9日に奈良県吉野付近で(M 3.8)深さ430Kmの深発

あの不思議な雲の翌日だ
浅いのも気になるけれど深いのもね
深いところこからの発振は地球の声のような気がする

吉野は母と何度か出かけた好きな場所
桜咲く義経のお堂の前で母に写真撮ってもらった

| 未分類 | 12:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

やっぱりミニ氷河期 その3

訳しててふと思ったこと二つ

ノルウェー領スヴァールバルに作られた世界種子貯蔵庫は氷河期を見込んで?

CERNの施設って、考えようによっては避難所になるんじゃないかな。
LHCの一周が27キロで、都市がすっぽり入ってしまうほどの大きさでしょ。
地下で長い間生活するわけだから、確か何でもそろってたはず、
施設には確か数千人ほどが滞在できたはず。もっとかな?
変なこと考えますよね、私は。

ちょっと検索してみよう。
CERN(セルン)研究所の案内
http://nucl.phys.s.u-tokyo.ac.jp/torii/physics/CERN.html

オフィスビル、図書館、2つの食堂、銀行、郵便局、売店、
一般展示科学館、宿舎、保健センター、専用消防署などがあるようです。

| 未分類 | 21:35 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

やっぱりミニ氷河期 その2


http://pds.exblog.jp/pds/1/200811/10/62/b0086362_1657947.jpg',320,319,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

南極大陸に地球温暖化はありません
バード極地研究センターの気象学グループのトップ、デイビッド・ブラミッチ(David Bromwich)博士は言う。

ブラミッチ博士はサンフランシスコで開催された今年初めのアメリカ科学振興協会の年次会議で「いま南極大陸で地球温暖化を見るのは難しい。」と報告した。ブラミッチ博士は、IPCCが頼るグローバルなモデルが彼自身の調査結果と対立していることを知った。地球の気候モデルが予想したように、20世紀後半中に南極大陸の温度は上昇しませんでした。私たちは、人間の活動のインパクトを表わす、小さな信号を捜しています。しかし今それを見つけるのは難しいです。」

デイビッド・ブラミッチ博士は、オハイオ州立大学の地理学の部で大気科学の極の研究センターおよびバード極地の気象学グループのトップで、極の気象学に関する国際調査委員会、極のDAAC顧問団の、再分析中の寒帯気候システム・スタディ・ワーキンググループのメンバー、米国科学アカデミー(地球物理学・環境データ委員会)の前のメンバー。多数の書類の著者、共同執筆者。1979年に、ウィスコンシン大学マディソン校から気象学の博士号を授与された。
http://www.iceagenow.com/No_Global_Warming_in_Antarctica.htm


さらに厚くなるグリーンランドの氷冠、
http://www.iceagenow.com/Greenland_Ice_Cap_Growing_Thicker.htm


より厚くなる南極の氷冠
http://www.iceagenow.com/Antarctic_Ice_Cap_Growing_Thicker.htm


2月13日07 グリーンランドの最も大きな氷河のうちの2つの放出率が減速
http://www.iceagenow.com/Glacial_Discharge_Slows.htm


11月28日06 記録的な雪は歴史的な南極小屋を押し潰す
4人の管理者は雪だまりを防ぐために、小屋の周りから85トンの雪をシャベルでかくことに1週間を費やした。
http://www.iceagenow.com/Record_snows_crush_Antarctic_hut.htm


11月8日06 成長する南極氷床-落ちる海面
http://www.iceagenow.com/Antarctic_Ice_sheet_Growing_Sea_Levels_Falling.htm


11月12日06 もう一つの氷山目撃、ニュージーランド
http://www.iceagenow.com/New_Zealand_Iceberg.htm


ニュージーランド海岸に向かって進む大きな氷山
http://www.iceagenow.com/Icebergs_Spotted_Off_New_Zealand_coast.htm


”1年あたり約1000億トンの氷を失うグリーンランド”
それは見出しにに書かれているものです。しかし記事をしっかり読めば、ロスの割合が他の研究よりはるかに低いということを知るでしょう。(半分未満。) 
http://www.iceagenow.com/A_hundred_years_for_sea_levels_to_rise_half_an_inch.htm


http://pds.exblog.jp/pds/1/200811/10/62/b0086362_16562969.jpg',320,266,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

より冷たくなっている南極大陸
NOAAの観測によると1982年から2004年までに南極大陸の広大な面積が冷却したことを示している。
http://www.iceagenow.com/Antarctica_Growing_Colder.htm


我々が教えられているようには溶けていないヒマラヤの氷河
10月17日06 ヒマラヤ氷河は大幅に縮んではいなくて、今後数十年にも消え去ることはない、と中国の科学者Zhang Wenjingは語る。
http://www.iceagenow.com/Himalayan_Glaciers_not_melting.htm


南極は過去150年で5倍速く冷えている、速度を上げている
http://www.iceagenow.com/Antarctic_Cooling_Picks_Up_Speed.htm


より多くの氷河が成長している-「地球温暖化」のために?
9月11日06 パキスタンのUpperインダスBasin川のいくつかの氷河が成長していて、新しい研究は地球温暖化が原因であると示唆する。 ( 氷河は溶けていますか?地球温暖化を非難してください。氷河は成長していますか?地球温暖化を非難してください。)

過去の気象データでは、冬の温度が西ヒマラヤ山脈、カラコルム山脈とヒンズーのKush山脈の地域で上昇しているのを示すが、冬の降雪(氷河になる)は増加している。そして、平均した夏の気温(雪と氷河を溶かす)は低下している。「私たちが見つけた驚異的な結果の1つは夏季の気温の下落傾向でした。」と、デヴィッド・アーチャー(イギリスのニューカースル大学の研究共著者、水学者)は語る。減少する夏の溶融と、より多くの冬の降雪の組み合わせは氷河の成長の原因になるかもしれません、とアーチャーと同僚は気象学会のClimateのJournalで今度言います。
http://www.iceagenow.com/More_Glaciers_Growing.htm

温暖化で氷河が成長する?また新手の手法?


8月24日06 「地球温暖化」で成長する氷河?
http://www.iceagenow.com/Glaciers_Growing_Because_Of_Global_Warming.htm


南極大陸の大きなエリア一帯に積もる氷と雪(2005年5月19日)
7月18日05  南極の氷冠が1年当たり5フィート増加
http://www.iceagenow.com/Antarctic_Ice_Cap_Growing_Thicker.htm


またグリーンランドを見てください、より厚くなっている氷冠
http://www.iceagenow.com/Greenland_Ice_Cap_Growing_Thicker.htm


ニュージーランドの氷河のうち50は成長している
1月12日06 そのうち2つは1週間におよそ1メートル進んでいる。
http://www.iceagenow.com/New_Zealand_Glaciers_Growing.htm


2月3日06  グリーンランド氷河は前進の率が二倍になる
http://www.iceagenow.com/Advance_Doubles.htm


甘言:氷河溶融の大きな嘘の真実
2006年6月5日 世界的氷損失は1年当たり0.05mmの海面上昇と等しい。「その割合で1メートル上昇するにはまる20,000年かかるだろう。」南極大陸は1992~2003年に年当たり450億トンの氷を得た。
http://www.iceagenow.com/Snow_Job.htm


砕氷船はついていくことができない
http://www.iceagenow.com/Ice_Breakers_Cant_Keep_Up.htm


”すばやく離れスケートをする氷河!”
それは、見出しに書かれているものです。あなたが記事をちゃんと読めば、グリーンランドのKangerdlugssuaq氷河が1年あたり12kmを超える驚く割合で進んでいるとわかるだろう。
http://www.iceagenow.com/Glaciers_Skating_Away.htm


http://pds.exblog.jp/pds/1/200811/10/62/b0086362_1745774.jpg',300,200,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

Pio XIおよびモレノ氷河を含む南アメリカのいくつかの氷河は成長している。
チリのPio XI氷河は南半球で最大、モレノ氷河はアルゼンチンで最大の氷河である。ニュースレポートはこれらの巨大な2つの氷河について言及しない。


南極の氷河急増
南極の氷の量は2倍速く進展しています、と最近の科学記事で研究者は語る。ラーセン棚氷に供給する6つの氷の支流のうちの5つが活発に急増する段階に入った。それは明白であると、そしてボイデル、シェーグレン、エッジワース、Bombardier、ドリガルスキー氷河のすべてが急増しているという。2003年3月9日、シアトル・タイムズ。


急増するロシアの氷河
2002年9月20日 巨大なMaili氷河の2200万トン部分が壊れ、急勾配な峡谷で150人を超える人々が死亡、数百人を傷つけ、カミの村に砕け散った。500フィートの氷の壁は6年の間、成長していた。Maili氷河は警報を発するほどの大きさだった。北カフカス山脈のいくつかの氷河のまさに1つである。地域の他の町は進行する氷の壁によって部分的に埋められている。南ロシアのある地方の科学者が、「われわれは新しい素晴らしい氷河時代の始まりを見ているのかもしれません!」と言った。(この情報のための気候学者クリフ・ハリスおよび気象学者ランディー・マンのおかげで。)


より寒くなる南極地方。温度は数十年間下がっている。
www.time.com/time/magazine/article/0,9171,1101030203-411420.00.html


より寒くなるグリーンランド。
http://news.bbc.uk/1/hi/sci/tech/2840137.stm


ロシアは北極圏観測所ボストークを放棄する
2003年3月4日 ロシアは初めて、ボストークでベースを放棄することを強いられる。
http://news.bbc.co.uk/1/hi/sci/tech/2818025.stm


急増するアラスカのハバード氷河
ハバード氷河が非常に急速に進んでいるため、Disenchantment湾からラッセル・フィヨルドが寸断された。結果、生じた氷と砂利ダムは塩水の供給を止め、ラッセルフィヨルドをラッセル湖に変え、そしてYakutatの小さな漁村が危険にさらされた。雪解け水と降雨の淡水が流れ込み続け、ラッセル湖は現在1日に6インチの割合で上昇。湖面がおよそ130フィート上昇、それは近くのSituk川流域にあふれ、そして通常穏やかな流れを氾濫させる。これは世界に通用するサケとニジマス漁を破壊し、Yakutatの経済を損なう。ハバード氷河(長さ73マイル、幅6マイル)は北アメリカで最も大きな潮水氷河。
http://www.usgs.gov/public/press/public_affairs/press_releases/pr1597m.html


ラッセル湖のリアルタイム水位
http://waterdata.usgs.gov/ak/nwis/uv?site_no=15130000&agency_cd=USGS


氷のダムは崩壊します、歴史的な時に第2の最大の氷河の洪水を引き起こす。
http://www.usgs.gov/public/press/public_affairs/press_releases/pr1638m.html


氷河融解の『虚報』
2002年8月22日 「人工地球温暖化がどのように北極氷河を後退させる原因になったかを示す絵が、人々を誤り導いています。」と主要な科学者は語る。

スヴァールバル氷河の2002年と1918年のサイズを比較した絵は、地球温室効果ガスに起因する地球温暖化が北極氷河を溶かす原因になったという警告が含まれた。「それらの断定は非常に紛らわしいと」とノルウェーの氷河学者Ole Humlum教授は語る。「その氷河は1920年代初期にすでに消えていました」「人工地球温暖化とは全く無関係で、自然な温度上昇の結果、消えたのです。」
http://news.telegraph.co.uk/news/main.jhtml?xml=/news/2002/08/17/wglac17.xml


南極上の極端な寒さは、地球温暖化モデルが間違っていることを明らかにする。
オークランド(AFP)2002年9月10日:信じられたより南極がはるかに寒いという発見は地球温暖化を予測するのに用いられるコンピューターモデルの大きな欠点を露出させた。

南極アムンゼンスコット基地の科学者は、コンピュータモデルが示したより華氏36~54度(20~30℃)寒いことを知った。調査結果は、チェスターガードナー、イリノイ大学の電気およびコンピュータエンジニアリングの教授、Weilin Pan、イリノイの博士号を有する学生と米国全国Atmospheric ResearchセンターのRay Roblerらによって、アメリカのGeophysical Union Lettersから調査結果を出版した。


急増するアラスカ氷河
3月17日06-あまり知られていないマクギニス氷河が急増した証拠
http://www.iceagenow.com/McGinnis_Glacier.htm


成長する特定の氷河リスト
http://www.iceagenow.com/List_of_Expanding_Glaciers.htm

| 未分類 | 17:07 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

やっぱりミニ氷河期 その1


ずっと二酸化炭素温暖化説は嘘だと書いてきたけれどこれで最後になりそう?
ぉιょぅさんからの情報で8月にもこんな記事を書いた。

北極の氷は増えている
http://cocorofeel.exblog.jp/9338938
地球はミニ氷河期に向かっているの?
http://cocorofeel.exblog.jp/9344550

そしてかなり前にこんなことを語っている人もいる。
ロシアの天体観測研究所のアブサマトフ研究員が、
「今後太陽の活動停滞が起こり世界中の気温が次第に低下をはじめ、
今後地球はミニ氷河期に突入する可能性が高い」と。

さて本題の
『氷河はアメリカを含む世界中で成長している。』
http://www.iceagenow.com/Growing_Glaciers.htm

を訳してみましたので、間違ってるところがあれば教えてください。
リンクだらけだけで見た目が良くないのでどうしようかなと思ったけれど
貴重な資料なので載せておきます。リンク切れもあえて載せておきます。
全部英語だけど、大切な情報は海外でしか手に入らないから仕方がないかな。


http://pds.exblog.jp/pds/1/200811/10/62/b0086362_16293279.jpg',320,214,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

アラスカの氷河は250年で初めて成長した
10月16日08 氷河の大量の増加をもたらす高い降雪量と冷たい天候。ひどく寒いアラスカの夏は、驚くべき結果をもたらした。記録至上初、氷河は縮むよりはむしろ拡大し始めた。 少なくとも、このような年はもう一つの小氷河期の始まりを示すかもしれない。
http://www.iceagenow.com/Alaskan_Glaciers_Grow_for_First_Time_in_250%20years.htm


南極大陸の多くは過去35年間冷えている
13人の研究者が、1986年から2000年までの温度が十年で平均華氏1.23下がったことを報告した。私達は、ゆがめられたデータを得ていた!たとえば米国全体が冷えていて、オレゴンだけ暖かくなってるとして「米国は温暖化です」といわれ、あなたはそれを信じますか?南極の万年氷は米国面積の2倍も大きい。
http://www.iceagenow.com/Much_of_Antarctica_has_been_cooling_for_%20last_35_years.htm


気候変動のごまかし
今日より少ない1893年の北極の氷
9月14日08 ルイス・ゴードンピューは消える北極の氷を実証するために極へカヤックを漕ごうと試みた。しかしゴールの手前600マイルで厚い氷に遭遇し引き返さなければならなくなった。1893年には北極地方が不凍だったのでノルウェーの調査者は82度以上北の100マイル近くまで探検できた。

菜食主義ヒンズー教徒のRajendra Pachauri博士(国連気象変動政府間パネルの議長)は、自分の目的を達するために、全世界の輸送より牛から排出されるメタンガスのほうが温室効果ガスに多く寄与するという、非常に偏向的な図(数値)を使用しただけでなく、4億頭と言われるインドの神聖な牛については沈黙したままである。この「国連トップの気象学者」は経済学とエンジニアリングの博士号を持っているが、単なる政治局員以外の何者でもない。
http://www.iceagenow.com/Climate_change_chicanery.htm


http://pds.exblog.jp/pds/1/200811/10/62/b0086362_16495778.jpg',320,211,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

アラスカの氷河は、1年未満で3分の1マイル進んでいる
7月17日07 「一年で同じ湾の少なくとも3つの氷河が進みました」とアラスカ・フェアバンクス大学の地球物理学研究所の科学者は語る。
http://www.iceagenow.com/Alaskan_Glaciers_Advance_One_Third_Mile.htm


2007年の同じ時期に北極の氷はほぼ50万平方マイル増加した
7月18日08日 北極の氷の最新情報はアメリカ雪氷データセンターからみることができる。
http://www.iceagenow.com/Arctic_ice_INCREASES_by_nearly_a_half_million_square_miles.htm


発達するカリフォルニア氷河
そう、それで地球温暖化について熱狂的に語ろう。
7月9日08 AP記事は今日、カリフォルニアのシャスタ山の7つの氷河全てが発達していると認めている、記事はそれから、地球温暖化について熱狂的に語り続ける 。
http://www.iceagenow.com/California_Glaciers_Growing.htm


氷河はセント・ヘレンズ火山の大釜の中で成長している
5月15日08日 セント・ヘレンズ火山内部で「予期しない現象は起こっています。氷河は成長しています。それはアメリカで成長している唯一の氷河かもしれません、あるいは恐らく世界で。」「あ~何という嘘だろう!」南を見ればShasta山の全7つの氷河が成長してるし、北を見ればワシントンのニズクオリー氷河が成長してるし、更に北ではワシントンのShuksan山の氷河が成長してるし、西ではニュージーランドの50の全ての氷河が成長している。世界の氷河の90%が発達しているよ。
http://www.iceagenow.com/Glacier_grows_in_cauldron_of_Mt_St_Helens.htm


南極の氷河は海に急増します-火山活動のために?
http://www.iceagenow.com/Antarctic_glaciers_surge_to_ocean.htm


マグマはグリーンランドの氷を溶かすかもしれない?
http://www.iceagenow.com/Magma_May_Be_Melting_Greenland_Ice.htm


地震は南極の氷倒壊を誘発しましたか?
増加し続ける狂気の世界の理性の声。
http://www.iceagenow.com/Did_earthquake_trigger_Antarctic_ice_collapse.htm


消える南極の氷?
3月27日08 「それは自然に生じるイベントです」とハンス・シュルーダーは語る。「それがどれくらい小さいかについて示す地図がここにあります。」
ボブ、僕はCNN.com.に正直うんざりするよ。たった今彼らのホームページ上での彼らの大きな話は、悪化する地球温暖化の結果としての南極大陸の氷の巨大な塊の崩壊。それはまさに彼らがこの物語を最後までやる方法です。しかし惑星は現在、何年にも渡り冷えていると既に立証されている。
http://www.ilovemycarbondioxide.com/Antarctic.html


北極の氷は結局消えていないようだ
最新衛星調査結果では氷は1300万平方kmにまた戻って、結局北極氷は消えていないことが明らかになった。
http://www.iceagenow.com/Arctic_ice_isn't_vanishing_after_all.htm


地球温暖化?新しいデータは氷が戻っていることを示している
2月19日08 ロンドン、デイリー・エクスプレスの2月18日付けの報道はそれを明白に示している。南極大陸の氷が通常より3番目に多くあることを示し、地球温暖化改革運動家に疑問を呈し、地球温暖化を否定する懐疑論者の議論を擁護している。1966年以降、世界中の広範囲の地域が多くの雪で覆われ寒さに耐えている。
http://www.iceagenow.com/Most_snow_cover_since_1966.htm


西グリーンランドの急速冷凍
2月15日08 カナダと南西グリーンランド間の氷は15年で最高レベルに達した。西グリーンランドの大部分で摂氏マイナス30度の寒さ。・・・太陽黒点冬眠は速い結果をもたらしているように見える。
http://www.iceagenow.com/Most_Ice_in_15_Years.htm


あまりにたくさんの氷:飢えている北極グマ
2月16日08 アル・ゴアは、北極グマが生き残るために多くの氷を必要とすると言う。しかし現在、多くの氷がある。あまりにも多い氷の海氷のため北極グマは飢え、町のごみ場で食べ物を探している。
http://www.iceagenow.com/Too_Much_Ice.htm


グリーンランドの温度が急落して氷は戻ります
1月16日08 厳しい一時的寒波の襲来はグリーンランドの全域で猛威をふるっている。西グリーンランドのDisko湾では10年で初めて氷でおおわれたほど温度が大幅に下がった。氷は厚さ50センチ。
http://www.iceagenow.com/Greenland_temps_plummet.htm


記録的な率で凍る北極の氷
12月12日07 10月後半から11月初めの10日間に約58,000平方マイルの氷が出来、新記録を樹立した。
http://www.iceagenow.com/Arctic_Sea_Ice_Freezing_at_Record_Pace.htm


フランスとスイスの氷河は成長している
6月28日07 このニュースは地球物理研究ジャーナルの最近の記事からです。研究はフランスとスイスで6人の科学者によって行われた。 …他の調査結果で、氷河の大量のバランスが温度ではなく降水によって大きくコントロールされるとわかった。
http://www.iceagenow.com/Glaciers_Growing_in_France_and_Switzerland.htm


セント・ヘレンズの火口氷河は1日当たり3フィート進んでいる
6月22日07 - セントへレンズで2004年以来ずっと、地質学者は奇妙なことに火と氷の二分法を見ている。クレーター氷河は世界のどんな氷河にも似ていない。セントへレンズが1980年5月18日に噴火し、その後すぐにクレーター氷河を形成し始めた。火口の縁からの雪、落石、氷で氷河は出来ます。氷河はおよそ40パーセントの岩石と60パーセントの氷です、とUSGS地質学者のウィリー・スコットは言う。

2004年の爆発が新しいドームを押し上げたとき、地質学者は1,300度の溶岩が氷河を溶かすと恐れた。次に何が起こったか、それは科学者を驚かせた。氷河はドームの外側で岩石を冷やし溶岩から離れ、氷河のおよそ10パーセントだけが溶けました、とCarolyn Driedger(USGS水学者)は言った。その代わりにドームは2秒おきに、ピックアップトラック1台分の溶岩によって成長し、氷河を2つの氷堆石に分けた 氷河の岩と土の堆積物 各々をクレーター壁に押しつけて。締め付けることにより、氷河の厚さは倍増し速度も上昇した。
http://www.iceagenow.com/Crater_Glacier.htm


ニュージーランドの最も有名な2つの氷河
フォックスおよびフランツ・ヨーゼフ氷河はまだ進み続けている
http://www.iceagenow.com/Franz_Josef_Glacier.htm


ティム・ボール博士による一般の人々の認識の操作
12月4日07 メディアは北極の氷溶解のアラームを上げたが、彼らは南極の冬の海氷範囲が記録上最も大きいことを報告しなかった。大部分の人々は、自然界の働きを知りません。知識の不足は、簡単に利用され、恐怖が生まれ、さらに強力で巧みなツールになります。北極の氷はその完璧な例である。
http://www.iceagenow.com/Manipulation_of_public_perceptions.htm


9月9日07 記録的な北極氷の溶融レポート(これも虚偽報道)
http://www.iceagenow.com/Reports_of_Record_Arctic_Ice_Melt_Disgracefully_Ignore_History.htm


http://pds.exblog.jp/pds/1/200811/10/62/b0086362_16303861.jpg',213,320,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

モンブランの氷河は縮むことを拒絶する
「モンブランの最も高い氷原上で1905年と2005年に行なわれた測定では小さな厚さの変化を示している。これらはまさに過去100年にわたって気候変動により著しく影響されていないことを示すものである」
http://www.iceagenow.com/Mont_Blanc_Glaciers_Refuse_to_Shrink.htm


縮んでいないヒマラヤの氷河
氷河の専門家は、地球温暖化理論を疑う。2月15日07-「ヒマラヤの縮んでいない氷河。氷河の後退問題は2、3の個人によって扇情的に扱われている」「ヒマラヤ山脈で氷河の溶融を引き起こしているという地球温暖化の主張は間違った仮定に基づきます」と、70歳のライナ(訓練された登山家とスキーの専門家)が言う。インド地質学会のおよそ1ダースの科学者だけが、氷河に取り組んでいます。しかし多くの研究が地上でされていないとき、どのように人は氷河について話すことができるのかと、彼は不思議に思う。
http://www.iceagenow.com/Himalayan_Glaciers_Not_Shrinking.htm


北極海で再凍結が始まる
9月22日07 北極の氷は9月16日の159万から上昇し161万平方マイルをカバーした。
http://www.iceagenow.com/Refreeze_Begins.htm

つづく

| 未分類 | 16:51 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ま~だ翻訳中

やはり、氷河は世界中で成長しているようです。
それをまだ翻訳中なんだけど、凄い量なのでざっと訳してアップしようかと思って
最後にリンクの中を確認しだしたら、内容が濃い、あ~どうしよう。
苦手な英語だから四苦八苦なんだけど、
驚くことが書いてあって、アップせずに一人で読んでるには面白い。

ちょっと、とりえず一つだけ。

新しい研究によれば、温暖化でも氷河が増えるらしいです。
どうも違うようなので一旦消しておきます。

最近、気になってるのが、何度か書いた行過ぎた禁煙ブーム。
そしてまだ思考中で今日はじめて書くけれど
実は海外のサイトで最近見かけるのが温暖化防止のため菜食運動。
菜食は構わないけれど、何か奇妙な流れだなとチェック中だった。
やはり裏があるようです。
今翻訳中の中に出てきた。

菜食主義ヒンズー教徒のRajendra Pachauri博士(国連気象変動政府間パネルの議長)は
自分の目的を達するために、非常に偏向的な図(数値)を使用したとある。
それは、全世界の輸送より牛から排出されるメタンガスのほうが
温室効果ガスに多く寄与するという理由で、菜食を薦めているらしい。
なのに4億頭と言われるインドの神聖な牛については何も触れないんだって。
この「国連トップの気象学者」は経済学とエンジニアリングの博士号を持っているが、
単なる政治局員以外の何者でもないとある。

そうか、こんな理由だったんだね。
他の理由で、しかも個人の判断で始める菜食は賛成だけれど
こんな形で利用されるのはね。

はじめてこのブログを訪れる方へ
私は最初から二酸化炭素温暖化説を嘘だと書いてきています。


昨日まで夏日の陽気だったけれど
気象画像の雲の影響で一気に涼しくなって、ちょっと寒いくらい。

| 未分類 | 23:47 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「松明あかし」


http://pds.exblog.jp/pds/1/200811/08/62/b0086362_23435095.jpg',320,216,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
思わずきれいで記事にしたくなった。(写真は朝日コムから拝借)
福島県須賀川市の五老山(ごろうざん)山頂の 「松明あかし」
伊達政宗に敗れた須賀川城の武者たちの霊を弔う4百年の伝統行事で、
一番大きい松明は長さ10メートル、重さ3トンもあるそう。
巨大松明(たいまつ)は33本ですって。33つながり。

それにしても、きれい。

うん?
もしかして、今日のあの気象画像と関係あるかな?

| 未分類 | 23:52 | comments:28 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

受難続きのハイチ

巨大人工ハリケーンが続いたからだろうか。

■ハイチ 学校が突然崩落、50人死亡 校舎内に700人?
AFP通信などによると、カリブ海の島国ハイチの首都ポルトープランス近郊のペチョンビルで7日午前、幼稚園児から高校生までが通う学校の4階建て校舎が突然崩壊し、少なくとも50人が死亡、85人が負傷した。校舎内には当時、500~700人の児童・生徒や教職員らがいたとの情報があり、犠牲者はさらに増えそうだ。

丘の斜面に位置するコンクリート製の校舎は完全に崩落し、多くの子供らが生き埋めになった。原因は不明だが、8年前にも校舎の一部が崩れたといい、ずさんな建築の疑いが指摘されている。最上階は増築中だった。ハイチに駐留する国連平和維持軍などが救出作業に当たっているが、難航している。がれきに足をはさまれた少年が「お願い、僕の足を切って」と懇願したとの報道もある。

| 未分類 | 23:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

メモ、18時の気象画像


http://pds.exblog.jp/pds/1/200811/08/62/b0086362_1837930.jpg',400,308,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
右上が顔、大きな眼、日本列島から台湾までが身体、龍でもないし、何だろう。

http://pds.exblog.jp/pds/1/200811/08/62/b0086362_22572161.jpg',400,308,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
22時30分の気象画像、口を大きくあけている。フィリピンあたりの玉が大きくなった。

| 未分類 | 18:38 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夢の意味はこれだろうか


http://pds.exblog.jp/pds/1/200811/08/62/b0086362_11354044.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

                        旧「Earth Blue & Moon Cafe」



夢で昨夜早く寝るように言われた理由がわかったような。
天体の動きではなく、人の行動かな。
まあね、人の行動は天体が理由になることも多いので一概にはいえないけれど。

一つはこの前とは別の場所で朝からビルの取り壊しの騒音。
もう一つは夜中近くのメール。

H氏のブログを読まれてる方はご存知だと思いますが
私とH氏のコメントのやり取りをみたNP氏が
H氏のほうに矛盾があると指摘、そこから二人の議論が始まりました。
NP氏に腹を立てたH氏から怒りのメールが私宛に昨夜、二通送られてきた。
かなりお怒りのようです。
(返事してもどうせ噛み合わないのでまだ返事はしていませんが)

私に八つ当たりなんでしょうか。
メールの内容の意味も分からないし言ってることがむちゃくちゃ。
いっそのことメールを公開したい気分。

二通目のメールに、
腹が立つので手作り本を出すのを止めてほしいとまで書いてある。
解散後の本作りに関してはH氏の希望通りに解決したはずなのに、またかという想い。
気が変わりやすいのは知ってるけれどもう解決したでしょ、という理論は氏には通用しません。
手作り本はH氏がネットで検索してみつけそれを氏が一部改良したもの。
しかしその改良方法は一切使用しないでくれとの申し出があり、
そのつもりで編集の準備を始めだしているところです。
手作り本を作るいきさつなんかも本当は全部公開したほうがいいんじゃないかと思う。

一体この世界で何が起きているんだろう。

どんなに立派な理論を学んでも・・・
という部分は、今度カタカムナの時にまとめて書くので一旦削除しました。


・・・・・・

さて
北半球の熱帯低気圧活動は30年で最も低いそうです。
どこが温暖化なんだろう。
前に書いたように、やっぱりミニ氷河期に入ってるらしい。
そのリポートを偶然みつけた。
今日はそれを翻訳してみようかと思う。
アッと驚く情報になりそう。

http://pds.exblog.jp/pds/1/200811/08/62/b0086362_1128377.jpg',100,75,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
インドネシア 金曜日に6.0
バヌアツでは6.4

http://pds.exblog.jp/pds/1/200811/08/62/b0086362_11282489.jpg',106,80,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
LHCが止まって以来はじめての雷のニュース
ウェリントンで一時間に100回の落雷。雷、電光、あられの突然の嵐

ホンジュラス ここ数週間の寒冷前線と激しい雨は600,000人に打撃を与えた
18行政区の一つ以外全ての地域で洪水、道路の80%と8500世帯が破壊された

米 ノースダコタ、サウスダコタ、ワイオミングとネブラスカ
3フィート以上の雪と風、場所によって学校もハイウェイも閉鎖、停電も
(*3フィート = 0.9144 メートル)


英国:あらゆる電子メールとウェブサイト訪問を記録するインターネットブラックボックス
http://www.telegraph.co.uk/news/uknews/3384743/Internet-black-boxes-to-record-every-email-and-website-visit.html

インターネット交通を監視する政府計画の下では、
生データは巨大な中央データベースへ移される前に集められブラックボックスに格納される。

それはすでに抗議を引き起こしている英国でのあらゆる電話、電子メール、
インターネット訪問を綿密に調べる機能を持ちたいという政府の欲求の一層の証拠である。

| 未分類 | 11:04 | comments:15 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おじいと柿と総理大臣


近所の仲良しのおじいとお惣菜やさんの前で
バッタリ出会って手招きするのでそばに行ったら、
鯖の煮たのとじーまみー豆腐のどちらがいいかと尋ねるので、
いくらなんでもおじいに買ってもらうわけにはいかないので断った。
お店の人もお客さんも成り行きをみている。
おじいはどうしても持ってけというので、じーまみー豆腐を買ってもらった。

一緒に家まで帰ろうかと何度言っても、
足が遅いから先に戻って僕の家の前で待っててと言う。
渋柿の渋を取り除いた柿をあげたいからって。
やわらかい柿は好きじゃないと断ってもおじいはどうしても私に食べさせたい。
一旦家に戻り、おじいが戻ってきたころをみはからっておじい家に出かけた。

おじいは冷蔵庫から柿を二つ取り出して硬いほうをくれた。
甘くなってるかどうか食べて、と言う。
「え?ここで食べるの?」
「うん」
「家に持って帰って食べるよ」
「ううん、ここで味見して」
「このままガブリと?」
「うん」
仕方なくガブリとかじったら冷たくて甘くてとっても美味しかった。
「じゃ、帰るね」
「うん、また明日」

家に戻る途中、
前に月下美人をくれた人が「月下美人持っていかない?」と声をかけてきた。
この前の蕁麻疹を思い出してとっさに「今日はいいです」
「あ、そう」

http://pds.exblog.jp/pds/1/200811/07/62/b0086362_1830962.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


この写真の柿がそう。
おじいは前にも書いたけれど病気なの、
いつもチューブをつけていてあまり歩けない。
この前、「何のチューブなの?」と聞いたら、「酸素だよ」って。
肺が悪くて一日7時間、酸素吸入しなきゃいけないそう。
病気で一人暮らしなのにいつも家の中がきれいに整頓されている。
この前、おじいが育てているネギをもらったんだけど、とてもきれいなネギだった。

「何か手伝えることない?何でも言ってね」と何度声をかけても
「ううん、いい、大丈夫」と気丈なおじい。
一人暮らしだからつい気になって声をかけるんだけどいつも断られる。
懲りずに私も毎回声をかける、変な二人。
静かで優しいおじいです。

私が総理大臣だったら、一人暮らしの老人のことを一番に考えたいと思う。

子供の頃よく
大人になったら何になりたいですかと先生に質問されたでしょ。
私は何と答えていたか知ってますか?
知ってるはずはないですよね。

総理大臣なんです。
子供心に総理大臣になれば皆を幸せに出来ると本気で信じていたからなの。
クラスで総理大臣になりたいなんて私だけだった。
子供っていいな。


| 未分類 | 18:46 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ケム多し

http://pds.exblog.jp/pds/1/200811/07/62/b0086362_17592564.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
http://pds.exblog.jp/pds/1/200811/07/62/b0086362_17593517.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
http://pds.exblog.jp/pds/1/200811/07/62/b0086362_17595281.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
http://pds.exblog.jp/pds/1/200811/07/62/b0086362_18003.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

| 未分類 | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今朝夢で

今夜は早めに寝るよう、そっと言われた。
理由を聞いてるうちに目が覚めてしまったけれど、
天体の関係かも知れないな。

| 未分類 | 12:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

そうだよ、空があるよ


http://pds.exblog.jp/pds/1/200811/07/62/b0086362_1275389.jpg',160,98,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

「LHC(大型加速器)で超対称性粒子を発見しようと
凄く頑張ってるようだけど、それはただ一つの方法ではないよ、
僕たちは重力波の観察を通して空で超対称性を見ることができるに違いない。」
英国ランカスター大学の物理学者、Anupam Mazumdar氏はこう語る。(英語)
http://www.physorg.com/news145108222.html

| 未分類 | 12:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

作りやすい熱帯低気圧


LHC実験が止まってから異常気象がパタッと無くなったけれど
代わりに豪雨・洪水が目につくようになってきた。
理由は熱帯低気圧が作りやすいからだろうね。

さて600年で一度といわれるイエメンの大洪水の続報です。
イエメンで洪水なんて、ちょっと考えられないこと。
http://pds.exblog.jp/pds/1/200811/07/62/b0086362_11231090.jpg',320,214,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

600年に一度の非常に珍しいイエメンの熱帯低気圧
先月の23日からの豪雨、洪水により、世界遺産に指定されたシバームの
泥レンガ高層建物群が倒壊の危機にさらされている、とBBSに載せたけれど
その後も洪水は続き、先月27日現在で58人が死亡、20000人が避難所もなく放置、
そして昨夜の配信では68人死亡、ほぼ3,300の家が破壊され、25,000人が避難所に
家、土地、家畜、収穫に大きな損害、最高300,000人が影響を受けた。

http://pds.exblog.jp/pds/1/200811/07/62/b0086362_11264990.jpg',200,140,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

この世界遺産の泥レンガの建築郡はNHK特集で以前みたことがあって
感動してメール配信もしたことがある素晴らしい建物。
確か、「フル」にも関係があったはず。

これが配信です。『昔から建築に興味が』
http://www.mamutan.com/message/05/2005_9/916.html

http://pds.exblog.jp/pds/1/200811/07/62/b0086362_11233330.jpg',160,108,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
世界遺産シバームの建物が倒壊する写真



http://pds.exblog.jp/pds/1/200811/07/62/b0086362_11241850.jpg',160,152,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
今年17回目の大西洋熱帯低気圧「パロマ」、次の24時間にハリケーンになりそうな気配
ハリケーン操作の模様はこちらから
http://cimss.ssec.wisc.edu/tropic/real-time/marti/2008_17L/webManager/mainpage.html

カリブ海の熱帯暴風雨「パロマ」、ハリケーンに成長
キューバやジャマイカ、ケイマン諸島へ直撃恐れ

フィリピン 最大熱帯低気圧でいくつかの地域で暴風雨警報

http://pds.exblog.jp/pds/1/200811/07/62/b0086362_11261682.jpg',160,128,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
南西中国 100年に一度の洪水、地すべりで51人死亡、43人不明
雨は10日間続き、1907年以降最悪の洪水が南寧で発生
雲南では昆明を含む13の都市で豪雨、泥と岩の急流が村を通り抜けた
行政区の北西部では激しい雪の嵐(50センチメートル)
広西では収穫の87,000ヘクタール(215,000エーカー)が壊滅、
直接的な経済損失は7億元(1億ドル)、68の貯水池と107のダムにも損害、
240万以上に影響を与えた。

http://pds.exblog.jp/pds/1/200811/07/62/b0086362_1130315.jpg',160,128,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
ヴェトナムの洪水の犠牲者数が82人に

ニュージーランド南部 先例のない一時的寒波の襲来
めったにない11月の降雪、非常に珍しい積雪

ニュージーランド南部は初夏?

米 ジョージア より脅迫的な干ばつ

世界初の気候変動難民は来年の3月までに
彼らの太平洋の島からパプアニューギニアに移動するだろう

毎年のように深刻な漁業被害を与える大型のエチゼンクラゲが、
今シーズンは日本海上でほとんど目撃されず、「非常に珍しい、
姿を現さない理由が全くわからない」と水産庁は首をかしげているそう。

NY株続落、9000ドル割れ 欧州株も軒並み急落

| 未分類 | 11:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

TAURID流星


http://pds.exblog.jp/pds/1/200811/06/62/b0086362_23521019.jpg',360,234,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
昨夜、スロバキアの首都ブラティスラヴァでみられたTAURID流星
火球は月の四分の一の明るさ、12日くらいまでみえるそう

太陽風が今地球に向かっている

| 未分類 | 23:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三角形かぁ…


10月31日の記事の
『米メイン州(ブースベイハーバー)で火曜(28日)の午後に
湖で発生した謎の急激な約6~7回の大きな波(最高で3.6576 メートル)』
http://pds.exblog.jp/pds/1/200811/06/62/b0086362_174181.jpg',160,122,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

これの続報です。(英語)
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=20601103&sid=abGzDRtCCeCM&refer=us
http://www.boston.com/news/local/maine/articles/2008/11/04/massive_waves_a_mystery_at_maine_harbor/

突然の異常な波で大きな被害になっているみたい。
専門家によると名前がつけられない異常な現象だったとのこと。
この記事では、湾床は渦を巻く泥だらけの水で満たされ
15分で3.6576 メートル上昇し、また退いてまた上昇、三回起きたそう。
見ていた人はこの世の終わりのようだったとか。

http://pds.exblog.jp/pds/1/200811/06/62/b0086362_17415974.jpg',320,183,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

実はこの10月31日の私の記事で
龍さんが「やぶにらみ」の記事を書かれた。
龍さんによると
米メイン州(ブースベイハーバーの異常な波)、
オレゴン(シンプソン海岸の異常な高波)、
北テキサス(非常に珍しい地震)、
この三つで冬の三角形になると
その真ん中(コロラド)に火球が落ちたとみる、と書かれた。

その後の内容は上手く説明できないので龍さんのブログで読んでください。
そしてその龍さんの記事を読まれたayさんが気になって調べたら、
メインとオレゴンはほぼ同じ緯度、
そして北テキサスはほぼ33°だそう。
その後ayさんが33を検索したら
以前ayさんが教えてくれたこの33が出てきたそう。
これね。
http://pds.exblog.jp/pds/1/200811/06/62/b0086362_17422376.jpg',160,114,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

「秘密のLHC青写真」
http://cocorofeel.exblog.jp/8779807

テキサスはブッシュさんの出身地だよね。

これら一番最初のきっかけは何だろう?
地下で何かが起きているのは間違いないとは思うけれど他にないかな?
私は天体も数字も疎いのでよくわからないけれど…

あ、これはどうだろう?
27日に太陽の向こう側で何かが爆発したでしょ。
この画像ね。
http://pds.exblog.jp/pds/1/200811/06/62/b0086362_1742503.jpg',160,76,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


そのあとは皆さんで考えてください。

・・・・・

http://pds.exblog.jp/pds/1/200811/06/62/b0086362_1743108.jpg',160,107,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
今週始めヨーロッパを通り抜けた強い嵐で沿岸では巨大な波が発生
死亡者も被害も出ている、イタリア(ジェノバ)ではフェリーが転覆

http://pds.exblog.jp/pds/1/200811/06/62/b0086362_17434062.jpg',100,75,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
エチオピア 北東アファール地域の火山、月曜日に噴火

・豪雨
ベトナム 1960年以来の大雨でハノイとHa Dong Townの幾つかの地域で電力供給停止
スペイン イビサその他のバレアレス諸島で10月の降雨量は二倍に

・寒波
アメリカだけでなくロンドンも早い冬のスタート
70年以上ぶりの10月の雪、先週、米国の180箇所で10月の低温記録

アイルランド 季節はずれの北極気流で15年で最も寒い10月
先週木曜日には74年間の最低気温記録

英国の自然(四季)は再び混乱している

・干ばつ
南オーストラリア 10月の最も低い雨量記録
ビクトリアの農民は群れをなして土地を放棄している

シリア 40年で最悪の干ばつで100万人が食糧不足
2週間前に援助要請を出したが一つの国も応じない

カンボジア Kratie行政区の早植え稲の収穫高の激減予測

| 未分類 | 17:51 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

久しぶりの鍼


http://pds.exblog.jp/pds/1/200811/05/62/b0086362_1334571.jpg',289,400,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

               やっぱりこれにも王冠が、つい描いちゃうんですよね



風邪も良くなってきたことだし
土曜日の朝に夢でおへその辺りにすこし汚血があるよ、とメッセージがあって
昨日は久しぶりに中医学の先生の鍼を受けてきた。

過去に何度か最近も鍼に関する夢をみて
もう鍼は必要ないかなと思うんだけど、たまに受けたくなります。
本当に私って、頑固というか天邪鬼というか、逆らいます。(笑


「風邪も良くなってきたので鍼に来ました」と先生に言ったら
「風邪の時こそ鍼に来なきゃ、漢方もあるんだよ」と言われてしまった。

風邪のときは鍼を受けないほうがいいと思ってたし、
先生に風邪を移してもいけないなと思ってたんだけど、

(過去に人に風邪を移したことは実はないんですけどね、
でも今後移さないとは限らないし、私って妙に遠慮しちゃうところがあります。)

あ、そうか、
漢方があることをすっかり忘れていた。
漢方(抽出した漢方ね)飲んで
一気に熱を出して一気に下がる、そして一気に治る、だらだら続かない、
そうなんです。
そんな先生の心強い言葉に
今度、風邪になったら漢方試してみよう。

先生に夢の汚血の話もして、
五回分の漢方を作って頂いて昨夜煎じて飲み始めてます。
苦甘だけど、まあまあ、イケル味です。

沖縄だけかは知らないけれど
年間8回(一回に800円引き)の治療費の援助があって鍼を安く受けれるんですよ。
だから2200円で受けれるの。

内地にいたころにとても仲良しだった中医学のK先生が
医師会の圧力で鍼になかなか保険が適用されないと言ってましたよ。

このK先生が鍼を学んだきっかけが面白くてね、
若い頃に東京でたまたま道案内をした人の縁で
そのまま直ぐ中国に渡っちゃったんですって。
そして大学病院で中医学を学び、働いて、
その後、日本に戻ってきて鍼、漢方の中医学治療を開業されたそうなの。
中国の大学病院の顧問でもあり中国からも生徒がやってくるんですよ。

K先生の仕事は順調すぎて忙しくてとっても大変そうです。
一時期気功も併用してされてたそうだけど途中で止めたそう。

私は夢で見知らぬ女性から外気功を受けたことがあって
その話をK先生にしたら合ってると言われた。

鍼を受けるとね、とっても元気になるでしょ、
だからその元気を一気に使わないで、ゆっくり使うようにと、
よくK先生に注意されました。

私が沖縄に越すのを非常に悲しがられ、引越しの前日まで一緒でした(笑
内地に戻るとK先生は大喜びだろうな。

K先生とカフェでお茶してる時にこんなことを言われたことがある。
「まゆみさんは端と端の人だね、そこが魅力になってるんだろうな」と。
間がないそうなんです。
K先生の端と端の話は独特で上手く伝えられない。

歯科医のS先生にも口の中をみられてちょっと似たようなことを言われました。
確か「まゆみさんは超敏感と超鈍感が同居している」って言ってたかな(笑

内地に比べ沖縄では鍼治療に馴染みがないらしく
今診てもらってるような腕のいい先生がいても腕の発揮の仕様がない。
中国と縁が深い場所なのにね。



さて世界の気象ニュース
今日もほんの少ししかない。昨日はゼロ。
LHC実験が中止になってから驚くほどの激減ぶり。
http://pds.exblog.jp/pds/1/200811/05/62/b0086362_1335896.jpg',100,75,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
6月14日の岩手・宮城地震が巨大なトランポリンだったとの報告が海外でも

スリランカ 月曜日に偽の津波警報で人々はパニックに

中国南部からの洪水で境界の両側で少なくとも119人が死亡、
広い地域で洪水を悪化させベトナム北部で川の水位レベルが更に上昇

フィリピン 異常な風でマスバテから3km先でフェリーが転覆、40人死亡

ドイツ北部の自動車道路でバス炎上、20人死亡
インド北部 バスががけから2百メートル転落、多数死亡 
100年前に死去した清朝末期の光緒帝、死因はヒ素中毒

雨量が増えると自閉症が増える?(英語)
http://news.bbc.co.uk/2/low/health/7703072.stm


追記
■オバマ氏当選、米史上初のアフリカ系大統領誕生へ

私はこの人には良い印象がないけれど、この先、どうなることやら

| 未分類 | 14:14 | comments:15 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

黒点1007のちっちゃなフレアで電離層攪乱


http://pds.exblog.jp/pds/1/200811/04/62/b0086362_20563314.jpg',306,320,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

太陽黒点1007 昨日(3日)、B8クラスの小さな太陽フレアが発生
小さくても突風は地球でも感じられ、スロバキアのRudolf Slosiarで観測された。
イオン化された波がヨーロッパ上の大気に送られ、
電離層が攪乱され、VLF無線信号の伝播が中断した。

| 未分類 | 21:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

目を閉じる


2~3週間前にすぐそばの駐車場で地鎮祭があり
風邪が治るのを待ってたかのように今朝から工事が始まった。嫌だな。
”宇宙土木建設課?”のジンクスは止まらない。
http://cocorofeel.exblog.jp/7579436



http://pds.exblog.jp/pds/1/200811/04/62/b0086362_1353272.jpg',285,400,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

             これも3年ほど前にフォトショップで描いた落書きっぽいもの
    フォトショップの使い方がよくわからないので飽きてしまって最近は全然描いていない



ころぼっくるさんのコメントがヒントになって
目を閉じることについて書いてみました。



「目を閉じる」


不思議だね
そういえば
嬉しい時って
どうして目を閉じるんだろう

悲しい時や怒ってる時、辛い時は目を閉じないのに
嬉しい時だけ目を閉じるのって何故なんだろう

きっと
嬉しさを幸福感を
体いっぱいに感じたいからなんだろうね

嬉しさが逃げていかないために
目を閉じて抱きしめようとしているのかな

好きな人を抱きしめる時に目を閉じるようにね

目を閉じると
深いところへ
水のように
何かが浸透していくのがわかるでしょ

目を閉じるって
しばしの間
世界を閉じることなのかも知れない、ね


| 詩/写真 | 14:04 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT