2008年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年12月

| PAGE-SELECT |




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

ま~だ翻訳中

やはり、氷河は世界中で成長しているようです。
それをまだ翻訳中なんだけど、凄い量なのでざっと訳してアップしようかと思って
最後にリンクの中を確認しだしたら、内容が濃い、あ~どうしよう。
苦手な英語だから四苦八苦なんだけど、
驚くことが書いてあって、アップせずに一人で読んでるには面白い。

ちょっと、とりえず一つだけ。

新しい研究によれば、温暖化でも氷河が増えるらしいです。
どうも違うようなので一旦消しておきます。

最近、気になってるのが、何度か書いた行過ぎた禁煙ブーム。
そしてまだ思考中で今日はじめて書くけれど
実は海外のサイトで最近見かけるのが温暖化防止のため菜食運動。
菜食は構わないけれど、何か奇妙な流れだなとチェック中だった。
やはり裏があるようです。
今翻訳中の中に出てきた。

菜食主義ヒンズー教徒のRajendra Pachauri博士(国連気象変動政府間パネルの議長)は
自分の目的を達するために、非常に偏向的な図(数値)を使用したとある。
それは、全世界の輸送より牛から排出されるメタンガスのほうが
温室効果ガスに多く寄与するという理由で、菜食を薦めているらしい。
なのに4億頭と言われるインドの神聖な牛については何も触れないんだって。
この「国連トップの気象学者」は経済学とエンジニアリングの博士号を持っているが、
単なる政治局員以外の何者でもないとある。

そうか、こんな理由だったんだね。
他の理由で、しかも個人の判断で始める菜食は賛成だけれど
こんな形で利用されるのはね。

はじめてこのブログを訪れる方へ
私は最初から二酸化炭素温暖化説を嘘だと書いてきています。


昨日まで夏日の陽気だったけれど
気象画像の雲の影響で一気に涼しくなって、ちょっと寒いくらい。

| 未分類 | 23:47 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |