2008年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年12月

| PAGE-SELECT |




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

女神の声に励まされ4千メートルから降りてきた私


http://pds.exblog.jp/pds/1/200811/30/62/b0086362_21553597.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

1992年10月9日(金)

エンパイヤステートビルのような形をしたビル
何と地面から4千メートルくらいある
ヨーロッパアルプスと同じくらい

地上に人々がみえる

20~30メートルある(*ジャンプして一度に降りる高さ)
雲の上(*ビルの先端は雲の上にある)

http://pds.exblog.jp/pds/1/200811/30/62/b0086362_2155228.jpg',300,400,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

気がつくといつの間にかビルの頂上にいる
足元がグラグラしていて高さは何と4千メートルくらいある
これからジャンプしながら下へ下へと降りて行かなければいけない
一度目をジャンプしたあと、ものすごく怖くて泣き出してしまう
一歩足を踏み外すと4千メートル真下!

すると今まで聞いたことのないような優しい声(女の人)が
私を励ましてくれるので、泣きながら何とか少しずつジャンプして降りていく
最高のスリルというよりも怖さ!!
でもこんなに優しい声があっただろうか

以上

*夢を少し説明します。
聞いたこともないその優しい声は
「大丈夫、その調子」と
こんなふうに短い言葉で励ましてくれました
大丈夫という短いけれど非常に優しい言葉が印象的でした
そのとき、誰に教えられたのでもないけれど
この短い言葉は”本物”だと感じ、それに従って地上に降りて行ったのです
この世とは思えない信じられないほどの優しい声に驚き
当時は女神か何かかと思いました
しかし後になってこの声は
自分の中にある女神のようなもう一人の自分の声じゃないかと
考えるようになりました
この女神のような声はきっと誰にでもあるでしょう


そして一年後の同じ10月に
今度は2倍以上の高さを私は上っていくのです
舞台は南アメリカです
http://pds.exblog.jp/pds/1/200811/30/62/b0086362_21554996.jpg',300,400,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

1993年10月25日(月)の夢

南アメリカ
古代に
石か氷で
出来た建物の階段を
上がっていく
階段に敷物がある
どうも
この敷物は
国家を表している

この建物の高さは7千メートル以上あって
絵のように雲の上に突き出ていて頂上はみえません
どのくらいの高さまであるのかわからない
建物の下には山があります
雲の上から降りてきたときは一人だったけれど
上る時は見知らぬ数人の人と一緒でした

| 未分類 | 22:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「狂気と霊の存在」 その7


これも山ん中のカフェの写真、
こういうのって撮るのが難しい
http://pds.exblog.jp/pds/1/200811/30/62/b0086362_16143063.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


霊感者スウェデンボルグ 
その心理学的・心霊科学的探究(ウィルソン・ヴァン・デュセン著)より書き写し

....................................................................................................................

『第六章 狂気と霊の存在』

高次元の声

高次元の幻覚は低次元のものよりずっと稀だが、それは性質において全く反対のものである。ただ、このタイプの体験は患者たちの体験のうちの五分の一か、それ以下しかない。それをある一人の男の患者の例で紹介してみよう。

彼は長い間お前をどうやって殺してやろうかと脅しかけてくる低次元の人物たちの声を聞かされ続けた。しかし、ある夜、彼は太陽の光のような光にも出会った。光が低次元の者とは違うものだということは彼にもわかった。光は彼の自由を尊重し、彼がこわがるようなら姿を消すという様子も見せたからだ。低次元の者はこれとは逆に彼の意志に逆らい、彼が恐れるとなお攻撃をしかけてくるものなのだ。

また、稀にしか現れない高い次元の者はあまりしゃべらないのに低次元のほうは休みなくしゃべるのも違っていた。高次元のものはシンボリックで宗教的で彼を助けてくれるタイプで、役に立つことを教えてくれるものでもあった。そしてそれは患者の内なる感情とダイレクトに接触できるのだった。高次元のほうはユングのいう原型に似ていて低次元のほうはフロイトのイドに似ている。私は患者が高次元のほうと接触するのを助けてやるやり方を知った。

この接触は患者に広い価値の視野を開いてくれるものだった。彼を高次元で親切な太陽と接触するように励ましてやると彼は力強く神秘的で守護神に守られたような世界に入れるのだった。そしてこの世界は殺すぞと脅かす低次元の者以上に幾つかの点ではびっくりするような世界なのだった。ある時には彼は長い廊下の端に自分が立っている姿を発見したりした。そしてその廊下の端にはドアが閉まっていてドアの向こう側では地獄の力が怒り狂っているのであった。

このキリスト的で力強く人を感銘させる人物が現れた時には彼は地獄の力を閉め出そうとしていたのだった。そしてその人物は彼の心との直接的な通じ合いによって彼にドアは閉めたままにして自分について別の世界へ来いと指示した。その世界とは彼の病気の治療に効果がある世界だった。

もう一人の男の患者の体験には高い次元の者が一人の優しい女性の姿で現れ、幾千ものシンボルを彼に見せて楽しませてくれた。この患者は高校を出ただけの配管工だったが、幻覚の女性は彼に宗教や神話に関係したいろいろな知識を見せてくれ、それは彼の知っているものではとうていなかった。彼は幻覚の女性と中身の豊かな対話をし、女性が示したシンボルや女性の答えを私に伝えた。そしてその最後になると私に彼女と私がどんなことについて話をしていたのか教えてくれとたずねた。

つぎは、自分はどうせ世間の余計者だとやけになって酔っ払っては盗みを働いていた黒人患者の例である。数週間にわたって彼には高い次元の幻覚の人物が現れ、少数民族に関していろいろなことを教えた。そして彼は自分も少数民族のために何かをしようという気になったのだ。

高い次元と低い次元の両方の幻覚を体験している患者もいる。彼らは時によって二つの別のタイプの体験をするわけで、自分だけの天国と地獄を往来しているのと似ている。ただ多くの患者は低次元からの攻撃だけを体験している。高い次元の者は自分たちのほうが低次元の者より大きな力を持っているのだといい、その証拠を見せたりはするのだが、しかし、それは患者の心を十分に安心させるほどではない。

また、高い次元の者は、低次元からの攻撃も患者の弱点や間違いを教えて、それに気づかせるという役には立っているのだと患者に教えたりすることもある。

・・・つづく
.....................................................................................................................


>高い次元の者はあまりしゃべらないのに

私も夢の体験のときはなぜかこれで判断しています。
例としてあとで夢日記をアップしてみようかな。

昔から自分のみる夢が不思議で不思議で
まずは心理学ということで
過去に心理学関係の本をよく読んだ時期がある。

フロイトはどうも好きになれなくて、
私自身の夢の体験でユングと相性がよく
今では大雑把にしか覚えてないけれど
ユングが書いたもの、国内では秋山さん、河合さんの本も読んだ。
でもやっぱり、ユングの自伝が一番印象に残ってる。
                     

| 未分類 | 16:21 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夜中

突然ブログにアクセスできなくなってしまって
ようやくアクセスできたかと思うとコメント表示が消えていて、コメント開いても中は空っぽ。
そしてまたアクセスできなくなって昼前に確認したらアクセスできた。
ご迷惑をお掛けした方も多いと思います。(ペコリ)
自分のブログなのにアクセスできないって我が家に入れないようで不思議な気分。
大家さんに鍵を変えられた感じになるのかな。
コメント表示が消えてるのは家の形が知らぬ間にかわっちゃった感じだし。

あ、そうか、夢に似てるかも。
夢ってこんなふうだよね。

きょうは沖縄にしてはめったにない日本晴れ。
知らない人多いと思うけれど、沖縄って日本で一番雲が出てるんですよ。
私も沖縄に越してきてから知ったんだけどね。
私は雲がある空のほうが好き。

| 未分類 | 12:17 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

龍さんが

ブログで呼びかけていらっしゃるので私のほうでもアップしておきます。
「高知白バイ衝突事件」というのがあって冤罪の可能性があるそうです。
明日12月1日、京都や大阪の6チャンネルで夜の7時から放映するそうで
是非多くの方に見ていただきたいそうです。
被告とされている方のご家族が龍さんが親しくされている方の元の同僚だそうです。
私はつい先日、飄(つむじ風)さんのところで知ったばかりです。

被告とされているスクールバスの運転手さんのブログです。
http://blogs.yahoo.co.jp/zassou1954

| 未分類 | 00:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |