2009年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年11月

| PAGE-SELECT |




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

検証5


23日 20時18分ごろ 新潟県中越 深さ ごく浅い 1.8
    18時31分ごろ 新潟県中越 深さ 10km 3.2 震度4
23日 10時28分ごろ 茨城県沖 深さ 40km 5.0 震度3
22日 20時56分ごろ 千葉県東方沖 深さ 30km 2.3

22日 16時25分ごろ 滋賀県北部 深さ 10km 3.2


新潟の発振は
朝鮮半島から富山方面へ発射されたような光の玉でしょ。
光の玉が19日だから4日後になる。

774さんが「拡大して確認したら 大韓民国江原道(カンウォンドウ)南から
新潟の柏崎あたりに向けて飛んでいます。」とコメント。
ぴったし、新潟で発振


滋賀県北部の発振は
関西の途切れた輪
こちらは同日。


茨城沖、千葉沖の発振は
頻繁に出る茨城沖、太平洋側の大きな三日月
三日月の場所的には東北も入るし、
頻繁に出ているから日付は書きません。
やっぱり「J-PARC」は外せない。


昨日の七里ヶ浜の真っ赤な夕焼け(奇兵隊さんから)
雲も地震雲っぽい。


HAARPのことよくわからないから本当はアップしたくないけれど
希望される方がいるので今回は載せます。
下の記事に書いたように、太陽風磁場が強くなっているのでその影響かも知れません。
忍者さんにチェックしてもらったら、MIMICは変化がないとのことです。


http://pds.exblog.jp/pds/1/200910/23/62/b0086362_23591966.jpg',400,259,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
http://pds.exblog.jp/pds/1/200910/23/62/b0086362_23593694.jpg',400,271,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
http://pds.exblog.jp/pds/1/200910/23/62/b0086362_23594898.jpg',331,400,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>








| 未分類 | 19:34 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雲を作る人


地震雲といえば今朝、
くっきりとした黒色の巨大な断層雲の夢をみた。

地震雲が国内で観測されても国内とは限らないけれど、
断層雲なら近場で発振になる。
これを書き終わったら大祓い祝詞しましょう。

お二人の方から知らされた国内の地震雲ですが、
過去記事に似たような、それ以上の凄い雲があるのでそれを載せてみます。
今から書くことはすべて過去記事からです。

http://pds.exblog.jp/pds/1/200910/23/62/b0086362_13494638.jpg',320,239,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

こちらは2007年6月18日にオホーツク海上で観測された雲です。

巨大な雲に当時は巨大地震雲と思って記事にしたけれど、
その後、この周辺では大きな地震は起きていません。
該当しそうなのはこれだけですが雲の大きさからいえば大きくはない。
23日 7時20分ごろ 日高支庁西部 M5.1 最大震度3

HAARPに詳しい人によると
この雲は”ケムをHAARPで操作”したのではないかという話でした。


偶然にも同じ頃に
英国最大の軍事産業会社BAEシステムがアラスカのHAARP施設を完成させ、
6月27日に式典が行なわれたのですが、
これを知って、やはりオホーツクの雲はHAARPかと思った。

HAARPがいまだに苦手で粗いことしか書けないけれど
HAARPが動いたからといって、イコール地震とは限らないと思います。
私は地震よりもまだ気象操作のほうを考えます。
しつこい?(微笑


その5ヶ月後の11月7日にビデオで撮られたブラジルの雲は凄いです。
一本で高度が低い、時間も長い。これも再掲。
Fenmeno na bacia de Campos! Com Legendas e Fotos




8日後に発振
15日 0時40分ごろ 南米西部 マグニチュード 7.7

「人工地震?」と題して
この数日前に二度、『体感で大きな地震が起きそうな予感がする。』とも書いた。


3週間後に今度は中米で発振
30日 4時0分ごろ 中米(カリブ海) マグニチュード 7.4

これは不思議な地震で記事にこう書いた。

『震源はマルティニク島と北側のドミニカ島の間の海峡で、震源の深さは
143.1キロ。 カリフォルニア州でも地震計が作動し、当初は同州チコ
近郊でM6.0の地震があったと思われたが、カリフォルニア州で地震は
発生しておらず、マルティニクでの地震が記録されたことが判明。
揺れはおよそ20秒間続き、アンティグア島民は30秒間続いたという。
数百マイル離れたベネズエラ、スリナムでも感じられた。』

インドネシアでは6クラスの発振が続いた。


23日にはキング市(カナダでこんなものがみられた。
http://pds.exblog.jp/pds/1/200910/23/62/b0086362_14443388.jpg',360,239,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>



これらが全部、HAARPくんの仕業なら
パワーアップしたHAARPくんを試してみたかったのかも知れない。

検証したいなら過去記事で探してください。
気象関係は特に情報満載です。

・・・・・

いま、ふと、変なことを想像しました。
仮にHAARPでケムを操作して変わった雲ができるなら
楽しそうに自由自在な形の雲を作っている科学者の絵が浮かびました。
アートだ!なんて言わないでね。(笑


地震の噂とインフルの噂がいつも同期しているのは何故?
これで余計にあやしいと思っちゃいます。
恐怖のダブル。



宇宙天気ニュース 2009/10/23 08:40 更新
『太陽風磁場が10nTに強まり、活発なオーロラ活動を起こしました。現在も影響は残っています。』
http://swnews.nict.go.jp/

HAARPの異常はこれだったらいいけれど。





| 未分類 | 15:55 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

免疫補助剤「アジュバント」 追記


この「アジュバント」騒ぎがどうしても気になる。
昨日検索した中で「新型インフルエンザ・ウォッチング日記」さんの
何で今頃?という言葉で余計、気になる。

昨夜書いた以外に何かあるとしたら、何があるんだろう?


スクアレンアジュバントが仮に100%毒ならそんなの入れないと思う。
いまネットで噂されてる感じでは100%毒っていう雰囲気だものね。
スクアレンアジュバントばかりに気をとられているうちに、
別のことがこっそり進行するかも知れないから、
だからこそ離れてみないとね。


ついでに検索したもの。
製薬会社のある研究者のブログ見ると副作用で痛みが出るとあった。
アジュバントは免疫細胞の働きを活発にするので炎症が起こり痛みがでることがあるとか。


アジュバントの話は専門的な話になるから人に伝えにくいと思います。
だから私は勇気ある二人の医師のビデオ(ワールド・ブロガー協会)を勧めます。
一般の人でもお二人の医師の話は分かりやすいし受け入れやすいでしょう。
特にお年寄りなどはそうでしょう。



・・・・・

話はそれながらもつながるけれど

昨夜というかとっくに日付が変わった夜中に
色がオレンジと緑に真っ二つに分かれた
田辺市上秋津の「キメラ」みかんのニュースをみつけて
忍者さんに知らせたらその後忍者さんが「キメラ」を検索したら
「キメラインフルエンザを作る」っていうのをみつけたそう。
このウィルスの再現を成功させたのは日本人だって。


この「キメラ」みかん、紅白のみょうがと通じるところがあるね。
数字的には2。
夫婦岩を想起させるニュース。


| 未分類 | 12:31 | comments:21 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |