2010年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年02月

| PAGE-SELECT |




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

地震予想?

私の夢とumeちゃんのコメントで
地震が起きる可能性があるかも知れません。
umeちゃんのコメントと私の返事です。

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

こんばんわ~(^^;

さきほど亭主殿が、
「寿太郎(亭主の部屋にいるナマズの名前です。)の様子がおかしい!」
と言うので見にいきましたら、いつも土管の中で、
じ~っとしている寿太郎が、ヒラヒラと東?の方を向いて
水槽にツンツン当たっていました。
どうしたんでしょう?

ps
亭主殿が、コメントするなら、寿太郎はpdで買った、天然の日本ナマズです!と書くのだと言っているので追記させていただきます。 pdというのは有名な観賞魚屋さんらしいです。 (わざわざ東京まで行って、ナマズ一匹だけ購入って何? と妻は思っているのだった。)

ところで、動物って馬?

| ume | 2011/01/27 21:31 | URL | ≫ EDIT


Re: こんばんわ~(^^;

umeちゃん、こんばんは。

動物は見た目はヤモリみたいな感じでした。その話をyasuさんにしたら、ナマズのことを言いました、するとumeちゃんのコメントにナマズ。 ナマズの様子がおかしいなら地震かも知れない。東の方角で地震?

私の夢、変な夢ですよね。

| まゆみ | 2011/01/27 21:55 | URL |


,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,


| 未分類 | 23:29 | comments:14 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「境目」、そして北極の氷の増大

kirishima-volcano-eruption-26-jan-2011.jpg

昨日からはじまった霧島連峰『新燃岳』の噴火
昨日の朝の夢ともつながるような気がします。
地震が放り投げられた場所は境目だったので
構造線の境目・鎹で諏訪かとも考えましたが
宮崎と鹿児島の境目ともいえるかも知れない。

元伊勢80社さんが22日から宮崎、日向、アマテラスについてコメントされてますが
新燃岳の噴火とリンクしてるような気がします。

口蹄疫のときに宮崎・鹿児島の歴史的考察記事を書きましたが
鳥インフルも火山噴火もまた両県ですね。

新燃岳の噴火はこちらでみれます。

今日の未明に福岡県や長崎県など広い範囲で、
住宅の窓ガラスやふすまが揺れる現象が発生。
「空振」現象が起きた可能性が高いそう

この図は下の記事の海外のサイトでみつけたものですが
『新燃岳』はプレートの境目の真上にあるんですね。
kirishima-volcano-location.jpg
ますます夢に似てきました。

さてまた今日も氷です。

北極の氷がこんなに厚く、増えています。元記事はこちらです。
70 Trillion cubic feet of New Arctic Ice
70兆立方フィートの新しい北極氷


arctic-sea-ice-thickness-2009-to-2011.gif

米海軍Polar Ice Prediction Systemより

北極海地域の最高500,000平方マイルを、
2009年1月と2011年1月を比較すると
厚さ5フィートから10フィートまで厚くなっているようです。

おもしろいことに磁北のポール移動が
氷床の厚さの増加とほとんど同じなんだそうです。
magnetic-pole-drift-direction.jpg
自然のシステムは面白いですね。


| 未分類 | 13:50 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

闘うことは悪か?

1月7日にいただいた33さんのコメントの紹介です。
返事をすぐ書いたのはいいけれどアップするタイミングを失ってしまいました。
33さん、ごめんなさい。
遅くなりましたが、未完成ですが当時のままの原稿を公開します。
皆さんの意見もお待ちしています。

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
名前:33
タイトル:戦争について

こんにちは

気のせいかもしれませんが、最近特に〇ジTVやテレビ東〇で、非常に遠まわしにですが戦争の煽りを始めているように見えたので、記事とはつながっていないかもしれませんがいまのうちに?書いてみようと思いました。

ある人が言っていました。私達は、自分の内側で自分と、そしていろんなものと戦っている。内側の戦いがなくならないかぎり、外側の戦争もなくならない、と。

また別の人が言っていました。男性と女性の間には長い歴史に渡る深い確執がある、と。

(私事ですが自己治癒をやっていて最近、父と母としゅうと(父の家族)の代理戦争が私の中で行われてきたのではないか?と感じることがあります。)

このお二方に共通するのは、私達が「自分に」働きかけることで世界は変わる、 ということです。外にではなく。「戦い」を内側から洗い落としていく必要があるのかもしれません。

残念ながら、私達の内側は無意識のままに、自分との関係のなかで、良くも悪くも世界に影響を与えていまがあるのなら、いまのうちに、少しずつ方向転換を図る必要があるのではないだろうか?と思います。

感覚的ですが、タイミング的にも世界は切羽詰まっているように見えます。救世主のように時空の壁がゆるくなっているようにみえます。いまが変わるとき?変えるとき?

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,



>私達は、自分の内側で自分と、そしていろんなものと戦っている。
内側の戦いがなくならないかぎり、外側の戦争もなくならない、と。


これを悪とする考えは私は好みません。
自分の内側で闘うことはある程度、必要なことだと思います。
問題があるとしたら『闘いの質、方向』ではないでしょうか。

戦争はまったく別のことだと考えています。
戦争は金儲け、権力拡大のための権力者の企みです。

仮に内側の戦いが外側の戦争になるなら
その逆もあるのではないでしょうか。


>男性と女性の間には長い歴史に渡る深い確執がある、と。

どういった確執なのかよくわかりませんが
権力者たちがそうさせてきたのではないでしょうか?
私の日常においては男女の確執は記憶にないですね。


>(私事ですが自己治癒をやっていて最近、父と母としゅうと(父の家族)の代理戦争が私の中で行われてきたのではないか?と感じることがあります。)

鍼の先生が仲の悪い両親の子供は分裂になりやすいと言ってましたが
私の知り合いで一人思い当たる人がいます。

家族の問題を抱えている人は多く(特に両親と)
私はまず乗り越えるべきものは「家族」だと思っています。
家族とコミュニケーションが取れている人は
ほとんど誰とでもコミュニケーションが取れると思うのです。
一番難しいのが家族だと思ってます。


>私達が「自分に」働きかけることで世界は変わる、 ということです。外にではなく。

内側にも外側にも同時に働きかけるべきだと思います。
ボームやフラーの言葉を借りるなら
全体性、人類全体のためを意識して働きかけるべきでしょうね。


>「戦い」を内側から洗い落としていく必要があるのかもしれません。

”洗い落としていく”の意味がよくわかりません。


>残念ながら、私達の内側は無意識のままに、自分との関係のなかで、良くも悪くも世界に影響を与えていまがあるのなら、いまのうちに、少しずつ方向転換を図る必要があるのではないだろうか? と思います。

世界に影響を与えながら同時に影響も受けています。

また同じことを書きますが、
今この瞬間にふと浮上する感情は地球の裏側の誰かの
あるいは過去の誰かの思いかも知れません。

同時にこうも思うのです。
私という存在ははたして存在しているのだろうか、
世界は存在しているのだろうか、
これは夢じゃないだろうか、と。


<追伸>
前に書いたことですが
神話での神々の戦いに疑問を持ち続けていたある日、
アヌンナキの兄弟の戦いを知って
その遺伝子を人間が受け継いでいるのではないかと考えました。
今回このことを抜きにして返事を書きました。


| 未分類 | 10:21 | comments:11 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |