2021年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2021年05月

| PAGE-SELECT |




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

東京都を提訴したグローバルダイニングを応援します。


「時短命令は違法」
東京都を提訴したグローバルダイニングを応援します。


順調にやってきたのに、
コロナ騒動のせいで去年は15億円の赤字を出し、
借りたくもないお金13億円を借りてなんとか凌いできたわけだから
経営者としてはこんなに腹立たしいことはないでしょうね。

記者の質問を受けて
「一番訴えたいことは表現の自由だ」と社長は答えています。

youtubeを見てたら偶然つながって、
見たらとても良い会見で最後まで見てしまいました。
書き起こししたいくらいのとても良い会見です。
30分ほどのビデオですが是非ご覧ください。

【速報】東京都を提訴 グローバルダイニング会見
https://www.youtube.com/watch?v=tNnzAshzjPk



| ニュース  | 23:56 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

説明一転…空自、流出泡消火剤にPFOS含有認める、国指針の128倍


米軍より自衛隊の方がタチが悪いと、繰り返し言ってきたことが今回も証明された。泡消火剤にPFOSが含まれているなんて100%わかっていたくせに、すっとぼけて、動かせない証拠を突きつけられて1ヵ月以上かけてようやく認めると言う情けない自衛隊。米軍はいつか出ていくけど、自衛隊は永遠に沖縄に居続けるんですよ。米軍ばかりに目を奪われて居る間に、自衛隊基地がどんどん増えて、私はこれを第二次琉球処分と考えます。

f6c2428a4655588d031b02cbdbb2fb42.jpg
説明一転…空自、流出泡消火剤にPFOS含有認める 国指針の128倍 幕僚長謝罪「多くの方に不安」
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1300770.html

美しい辺野古の海だって、こんなことになってしまって、ここも自衛隊が使うようになるんですよ。だから必死なんです。

山岡俊介@yama03024

「アサ芸砲」で河井事件黒幕説の次は、二階幹事長に沖縄・辺野古の工事反社利権疑惑浮上。有料記事部分にチャート図、反社が関わる証拠の「覚書」転載。やはり辺野古工事の利権も本土(やまとんちゅ)の利権の草刈り場で、この件も長崎の会社が。

河井事件の次は――二階幹事長も関わる!? 辺野古工事反社利権
https://access-journal.jp/57674

辺野古の埋め立てには地元「琉球セメンン」の岩ズリが多く使用されているが、株主の宇部セメントの関係で安倍前首相(山口県)、それに二階派で同じく山口の河村氏、古賀誠の名も出ている。ともかく異様な高値で琉球セメントの岩ズリが納入されているとの地元評。

aaExivm4-UYAIo5Kq.jpg


沖縄タイムス辺野古・高江取材班@times_henoko

4月8日午前11時55分、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前では、新基地建設に反対する市民ら約50人が座り込み、「違法工事やめろ」「新基地建設させないぞ」とシュプレヒコールをしています。#沖縄 #辺野古

aaEya40k5VIAEHl2z.jpg


米軍機が入学式中も飛行、那覇では読み上げ中断…要請届かず
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1300864.html

沖縄戦遺骨の発見場所など視察 県議ら、糸満の土砂採掘予定鉱山で
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1300959.html
aalarge-6c629e734002c92df0296aec667020ed.jpg

仁尾淳史@atsushi_mic

本日辺野古新基地建設に使う土砂搬入で南部の土砂を使わない意見書の議決で否決した豊見城市役所前で抗議と署名を集めるための座り込みをしている金城氏のインタビュー
「昨日までで1100筆の署名が集まった」
そして公務終わりで駆けつけた山川豊見城市長「過去を学んで未来にどう繋げるかが大事」

https://twitter.com/atsushi_mic/status/1380101970766098433

今日の沖縄県議会の議員視察に同行した伐採業者の永山氏が照屋守之 沖縄県議会議員に説明している場面
そして本日の土木環境委員会では永山氏は「辺野古新基地に使う事は100%ない」というがこの発言は明日参考人として呼ばれる遺骨収集ボランティアの具志堅隆松氏の主張と大きく食い違う発言である

https://twitter.com/atsushi_mic/status/1380104848499077121



///////

10年前に漂着した体長4.8メートルの死骸、実は貴重な発見だった 骨格標本を展示
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/732530
aaVsoWBbao.jpg

「とっくりそっくり」蜂の巣びっくり 洗濯ひもにぶら下がり
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1300917.html
aaf27929256376237485b9348a650a729c.jpg

「数年に一度の大きさ」380キロ巨大クロマグロ 那覇・泊漁港に
https://ryukyushimpo.jp/photo/entry-1300921.html
aa8adecc5174ff464920daa4631e66c457.jpg

でかい。こんな大きなの釣れたら嬉しいだろうな。

普天間高校生が愛する「点心」の謎に迫った 中華風丼弁当の誕生秘話、店主はどんな人?
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1297875.html
aa8b2d88a712c7236636c2d0c6aa176df7.jpg

///////

ウィリアム・アダムズ『琉球諸島航海日誌』(1614~15年)

琉球史マンガbot@mangaryukyu

ウィリアム・アダムズ『琉球諸島航海日誌』(1614~15年)は那覇滞在中にかかった諸々の経費を細かく書いていて、当時の琉球の物や労働の値段が具体的にわかる貴重な史料。例えば25人の1日の労賃は25000gen(銭、ジン)、木炭5袋分は2000gen、町の大工3人の日当3000genなど。

包装用の8束のわら代6400gen、引網を作る水夫の飲物代30000gen、海へ水を運ぶのに要した6隻のカヌー代、3日の経費30000gen、2つの引網作りの材料を首里から運ぶために雇った27人の労賃27000genなど。

ここからわかるのは、17世紀初頭の那覇において貨幣による経済が相当程度、発達していたということだ。この史料は驚くべき内容で、日本史では当たり前のように見えるかもしれないが、史料がきわめて少ない古琉球直後の賃金や値段について、ここまで具体的に記述してある史料は他にはない




| 未分類 | 23:38 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大祓詞


奏上しました。


| 祝詞 | 15:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |