2024年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2024年03月

| PAGE-SELECT |




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

ウクライナの子どもたちがワクチンの治験で死亡している


以前からウクライナではワクチンなどの人体実験がよく行われていると言われていました。ファイザー社キエフ支店のアンナ・サフノ上級研究員が告発:ウクライナの子どもたちがワクチンの治験で死亡している。実験は一般市民や看護スタッフには秘密裏に行われているけれど、ウクライナ保健省とゼレンスキー大統領との完全な協力のもとで行われている。インフルエンザの予防接種と偽って、5歳から11歳の子どもに臨床実験を行っている。すでに40人以上の子どもが犠牲になっている。

ウラジミールZ🇷🇺@Z58633894

ファイザーの新ワクチンの治験中に40人以上のウクライナの子供たちが死亡

国際的な薬理企業ファイザーのキエフ支店の従業員が、現在進行中の新薬治験の衝撃的な詳細を明らかにした。 実験自体は一般市民や看護スタッフには秘密裏に行われているが、ウクライナ保健省とゼレンスキー大統領との完全な協力のもとで行われている。 この新薬は、インフルエンザの予防接種という名目で、5歳から11歳の子どもを対象に実験されている。

このビデオでは、ファイザーの従業員は、ウクライナ保健省の電子データベースからすべての分析情報を直接受け取り、テストされた子供たちと接触することはないと述べている。 試験の第2段階では、被験者の死亡率が4〜5%であったことが明らかになったが、薬剤はさらなる開発のために送られることはなく、試験は2月に継続される予定である☠️💉

https://twitter.com/Z58633894/status/1754860424133296228


ロシア在住です@jupiter_russia

「ウクライナの子どもたちがワクチンの治験で死亡している」とファイザー社キエフ支店のアンナ・サフノ上級研究員が告発。

ゼレンスキー自らが取り付けた政権ぐるみのプロジェクトで、国民や末端の医療スタッフはプロジェクトの詳細を知らされていないみたいです。インフルエンザの予防接種と偽って5歳から11歳の子どもに臨床実験を行っているとのこと。複数の医療機関がこれに協力、保健省と電子カルテを共有しています。一方、保健省はファイザーに情報を提供する取り決めになっていて、ファイザーは被験者と接触することはなく臨床情報を入手しているようです。

2020年にパンデミックが始まった当初、ウクライナ保健省は12歳未満への接種を認めていませんでした。ところが、ゼレンスキーが複数の大手製薬会社と協議を行った2020年、5歳以上11歳未満への接種も認可されるようになったそうです。臨床実験を行った年齢カテゴリーと一致しています。

アンナ・サフノ上級研究員は、治験の第2フェーズで被験者の死亡率が4%に達したため、すぐさま見直しを求めるようファイザーに提言していましたが、聞き入れてもらえませんでした。すでに40人以上の子どもが犠牲になっているとのこと。第3フェーズは2月12日に始まります。パンデミックが収束しているにも関わらずこれほどワクチンの臨床実験を急いているのは、今年5月の大統領任期満了と無関係ではないみたいです。

この動画の真偽を確かめることはできませんが、日本がウクライナと同じスキームで売国されているのは既に周知の事実だと思いますので、念の為共有します。ウクライナは日本同様ファイザーのワクチンを大量購入しています。ファイザーのキエフ支店のすぐ隣に国立心臓血管外科研究所があるのも本当。「私たちの国が治験フィールドになっていくのを看過することはできません」との言葉が刺さります。

https://twitter.com/jupiter_russia/status/1755003357649879102

製薬会社がどれほどウクライナにコミットしているか、ファイザーのHPに記載されていますので、ご一読を。以下、一部をグーグル翻訳します。本当に治験フィールドになってますね。
https://pfizer.com/about/responsibility/global-impact/response-to-ukraine

「当社は臨床プログラムへの影響を軽減するために、地域の研究パートナーとの協力を継続しています。 紛争が始まったとき、患者の安全を考慮して、臨床試験プログラムへの新規参加者の募集を一時停止するという必要な決定を下しました。 その代わりに、私たちは進行中の治験に積極的に参加している患者の治療の継続を維持することに重点を置いています。

私たちは、ウクライナのすべての臨床試験施設と協力して、患者をサポートし続け、医学を進歩させることができるよう、可能な限り支援を行っています。 私たちは、ウクライナの治験施設、医療専門家、患者、そして関係者全員の回復力に本当に驚かされます。彼らの多くは、困難な状況にも関わらず計画通り臨床試験を継続しています。

また、私たちは周辺諸国の適切なルートと協力して、避難民となった参加者と連絡を取り、選択した場所の治験会場への登録を促進しています。」等など…


「2023年、フィンランドではおよそ13人に1人の赤ちゃんが、少なくとも1つの奇形、変形、染色体異常を持って生まれている。1歳未満の患者は毎年75%ずつ増加している。5年間で16倍。1歳未満の奇形で最も多いのは舌、口、咽頭のその他の先天奇形(Q38)で、Q00~Q99の診断を受けた1歳未満の患者全体の62%を占めている。現在の患者増加率が年1.8倍= 5年間で19倍だから、このまま患者の増加が続けば、舌・口・咽頭奇形は1歳未満で一般的になると考えられる。・・・」

Ilkka Rauvola@jukka235
https://twitter.com/jukka235/status/1753878485217472975

In 2023, roughly 1 in every 13 babies in Finland was born with at least one malformation, deformation, or chromosomal abnormality (Q00-Q99). The number of <1 year old patients is increasing at a rate of 75 percent annually (16 times over five years).

GFWCjM6XsAAWS6F.png


@purplep76858690

恐怖イメージで商業的大成功:ポリオワクチン‼

映画『ザ・ヴァイラル・ディルージョン』
ペストからポリオ、エイズ、コロナまで、病気の真の原因を追究するドキュメンタリーシリーズ

『第2話 モンキービジネス、ポリオ、はしか、全ての始まりは?』より

第1話無料公開中↓
http://paradigmshift.uscreen.io/?via=lihsia

https://twitter.com/purplep76858690/status/1558194133075824641?cxt=HHwWgsCokd7T6J8rAAAA




| ニュース  | 23:20 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

タッカーカールソン、妨害を乗り越え、ようやくプーチンにインタビュー。そしてイーロン・マスク


タッカー・カールソンがロシア入りし、プーチンにインタビューした。

イーロン・マスクが、タッカー・カールソンのプーチンへのインタビューは誰でも見れるようにするし、検閲もブロックもしないと約束してくれた。前回、米政府に妨害されプーチンにインタビューできなかったけれど、今回も妨害されたけど、困難を乗り越えようやくロシアに来れた。

ドミトリー・ペスコフ報道官は7日、タッカー・カールソンが昨夜、プーチンにインタビューしたと認めた。…

怒ったCNNは、”タッカー•カールソンはロシアに行ってないし、プーチンとも話していない”と嘘つき呼ばわりしている。

訪露中のカールソン氏逮捕を求める声が高まる米国、マスク氏が援護射撃「逆逮捕せよ」


タッカー・カールソン、ウクライナのピースメーカー(殺害リスト)にも掲載される。

Tucker Carlson@TuckerCarlson

Why I'm interviewing Vladimir Putin.

https://twitter.com/TuckerCarlson/status/1754939251257475555


Pa!Pa!Pa!@PaPaPa80755851

爆弾発言:モスクワでのタッカー・カールソン氏とウラジーミル・プーチン氏の独占インタビュー – 全文転写公開!
https://amg-news.com/bombshell-tucker-carlsons-exclusive-interview-with-vladimir-putin-in-moscow-full-transcript-released/

驚くべき出来事の中で、著名なジャーナリスト、タッカー・カールソンは歴史的規模の任務に乗り出した。

EjSGB2oa.jpg


matatabi@matatabi_catnip

日本語字幕つけました!

フル動画
タッカー・カールソン プーチン大統領にインタビューする理由 Tucker Carlson 2024/02/06
https://youtube.com/watch?v=kHOejl


及川幸久【X NEWS】YouTube永久バンにつきXで毎日発信中!@oikawa_yukihisa

タッカー・カールソンがモスクワでプーチン大統領にインタビューする直前に、これまでの経緯の赤裸々に語っている動画をアップ。このインタビュー実現がいかにリスクが高く、困難だったかがわかります。内容は以下の通りです。

私たちは今、モスクワにいる。この後すぐ、プーチン大統領にインタビューするために。このインタビューを行うのにリスクがある。だから、私たちはここ数ヶ月慎重に検討してきた。それでもここモスクワにきた理由は、これが私たちジャーナリストの仕事だから。私たちの仕事は人々に情報を伝えること。

ウクライナ戦争の2年間で世界全体が変わった。そんな戦争なのに、ほとんどの米国人は情報を伝えられていない。ロシアとウクライナで本当は何が起きているかを知らない。しかし、米国人は知るべきだ。多額のお金を払っているから。ウクライナ戦争は多大な犠牲を出し、若い世代がなくなり、欧州で最も人口の多い国の人口が激減した。しかし、長期的な視点では、もっと重要なことが起きている。この戦争は世界的な軍事と貿易の同盟関係を完全に変えた。結局、世界経済をひっくり返した。

戦後80年間、西側諸国の経済繁栄を保障してきた経済システムは急速に崩壊しつつある。それと一緒に米ドルの覇権も。この大変化をアジアや中東の人々は完璧に理解している。実際に見ているので。しかし、英語圏の人々はほとんどわかっていない。何も変わってないと思っている。なぜなら、真実を伝えられていないからだ。

主要メディアは腐敗し、視聴者、読者に嘘を言っている。たとえば、この戦争開始以来、ゼレンスキーのインタビューばかりが伝えられた。そのインタビューとは、ゼレンスキーに媚びへつらい、ゼレンスキーの要求通り、米国が東欧での戦争にさらに深く入り込み、その代償を払うようにという、激励会だ。こんなものはジャーナリズムではない。これは政府のプロパガンダだ。人々を殺すための、最も醜いプロパガンダだ。同時に、ジャーナリストは誰も、もう一方の当事国の大統領、ウラジミール・プーチンにインタビューしようとしなかった。

ほとんどの米国人は、なぜプーチンがウクライナ侵略したのか、目的は何かを知らない。これはおかしい。米国人はそれを知る権利があり、私たちジャーナリストはそれを伝える権利がある。なぜなら、私たちも米国人だからだ。言論の自由は、私たちが生まれながら持つ権利だ。自分たちが信じることを言うことができる。この権利は、ホワイトハウスに誰がいようと、絶対に奪われてはならない。しかし、彼らは奪おうとしている。

過去3年、バイデン政権は私たちのテキストメッセージに不法にスパイ行為をしてきた。その内容を彼らの配下のメディアにリークしてきた。目的は、プーチンのインタビューをさせないためだ。先月も同じことをやっていたのに気づいた。しかし、今回はモスクワに来た。

私たちがここに来たのは、プーチンが大好きだからではない。米国を愛しているからだ。米国に繁栄した、自由な国のままでいてほしいからだ。私たちは旅費を全て自分で出している。政府からも団体からも金を受け取っていない。このインタビューをするのに金を使ってもいない。このインタビューを皆さんにご覧いただくのに、有料ではない。誰でもこのインタビュー全てを一切の編集なしで生のままの内容を私のウェブサイトで見ることができる。

イーロン・マスクは、私たちが彼のプラットフォームであるXに、このインタビューを掲載した後、彼の信用にかけて、このインタビューを抑圧したりブロックしたりしないと約束してくれた。反対に、西側諸国の政府どこも、この映像を他の、信念のないプラットフォームで検閲することに全力を尽くすだろう。彼らは自分たちがコントロールできない情報を恐れている。私たちは、皆さんにプーチンがインタビューで言うであろうことに賛同してくれと言っているのではない。とにかく見ることをお勧めしている。出来るだけ多くのことを知るべきだ。その上で、皆さんは、奴隷ではなく、自由な市民として、自分自身で判断できるはずだ。


タマホイ🎶🍃🗻🧷@Tamama0306

🇷🇺ロシアを訪問しているタッカー・カールソンについてどう思っているか、モスクワ市民に街頭インタビュー

https://twitter.com/Tamama0306/status/1754847966907740550

🇺🇸タッカー・カールソンがウクライナのピースメーカー(殺害リスト)に載りました

GFvKF-UaMAAtDsJ.jpg


TOM🕶️@tomtomtom0121

機械翻訳です
モスクワでのウラジーミル・プーチンとのタッカー・カールソンの独占インタビュー - 全文が公開されました

タッカー:アメリカを動かしている人たちに何を伝えたいですか?…
Show more


TOYO@toyo1126Q17

タッカー・カールソン独占プーチンインタビュー

タッカーがプーチンにマスク、トランプ、中国、イスラエル、アメリカ南部国境について質問する。

タッカー:中国に話を移そう。中国との関係はどうですか?

プーチン:習主席と私は特に親しい。ロシアと中国は現在、良好な関係を享受しており、これは我々にとって明らかな財産である。我々は今後も友人であり続けるだろう。

タッカー:中国がウクライナの戦争であなたを助けたという非難があります。それは本当ですか?

プーチン:それは私が議論できることではない。ロシアは孤立した大国ではないとだけ言っておこう。その戦略は失敗した。戦争が始まる前よりも同盟国も貿易相手国も増えている。

タッカー:ロシアと中国が手を組んで米国に対抗するような事態を想定することはありますか?

プーチン:経済的な意味ですか?それとも軍事的な意味ですか?どちらも望んでいない。米国と衝突することは私たちの利益にはなりません。

タッカー:紛争といえば、ガザ情勢についてどうお考えですか?

プーチン:本当に残念なことだ。パレスチナ人は壊滅的な打撃を受けている。イスラエルは傍若無人に振る舞っている。世界のひどいダブルスタンダードを示している。イスラエルに対する制裁はどこにあるのですか?

タッカー:ロシアは、特にイランとの同盟を通じて何らかの形で関与しているのですか?

プーチン:いいえ、もちろん違います。私たちはイスラエルの存在に反対しているわけではありませんが、同時にパレスチナ人の自己決定権を支持しています。我々は公平でありたい。

では、アメリカを敵視しているのですか?

プーチン:それは単なる言葉ですが、現政権は間違いなく友人ではありません。

それは変えられるのですか?

プーチン:だから選挙があるんだ。

タッカー:ロシアは国境の状況を何か利用していますか?

プーチン:いいえ。何もする必要はない。アメリカは自滅している。ナポレオンが言ったように、敵が自滅するのを邪魔してはならない。

致命的?どういう意味ですか?

プーチン:もちろん、致命的に深刻だ。無秩序に国境を越えて毎日人が死んでいる。まさにフリーフォーオールだ。このような無謀なことをする国は、現代では見たことがない。

タッカー:アメリカ南部の国境で起きていることをフォローしていますか?

プーチン:実はそうだ。毎日のブリーフィングの一部だ。私たちロシア人は、議会が外国の国境を守るために何十億ドルも費やすのに、自国の国境はおろそかにしていることを皮肉にも面白く思っている。笑い事ではないが、致命的だ。

アメリカのスポーツはご覧になりますか?もうすぐスーパーボウルがあります。

プーチン:実はそうだ。ロシアはスポーツ大国です。つい最近も冬季オリンピックとワールドカップが開催されました。私たちはすべてのスポーツが好きです。

タッカー:ロシアは反同性愛法でLGBTQ+に不親切だと批判されてきました。

プーチン:私たちには子どもたちを守る法律があります。大使館に虹色の旗を掲げたりはしません。その通りだ。そうでなければ、成人市民の私生活に干渉しません。

タッカー:その通りです。ご覧になりますか?

プーチン:この試合はロシアでは放映されない。

タッカー:じゃあ、テイラー・スウィフトも見られないんですか?

プーチン:いいえ。いいえ、猶予が与えられました。

プーチン大統領、ありがとうございました。

アメリカンフットボールをどう思いますか?

プーチン:面白いスポーツだ。しかし、ボールはほとんど手でプレーするのに、なぜフットボールと呼ぶのですか?不必要に暴力的なところもある。

タッカー:そうですね。ご覧になりますか?

プーチン:この試合はロシアでは放映されない。

タッカー:じゃあ、テイラー・スウィフトも見られないんですか?

プーチン:いいえ。いいえ、猶予が与えられました。

プーチン大統領、ありがとうございました。

https://t.me/toyo_y1126/153


morpheus🪖Reloaded⚔️地滑り的勝利への覚醒🏆@Reloaded7701

🇺🇸タッカー🎙イーロンがウクライナにスターリンク機器を供給し始めたとき、あなたは彼の事を恐れませんでしたか?

🇷🇺🐻プーチン🗣️もし誰かがインターネットアンテナでロシアの力を打ち負かす事ができると本気で信じているのなら、まあ何と言えばいいか。しかし我々はマスク氏を恐れたり非難したりはしなかった。政府は彼に選択の余地を与えなかった。

🇺🇸タッカー🎙世界は大きく変わりました。イーロンについてどう思いますか?

🇷🇺プーチン🗣️マスク氏はビジネスマンとして見ています。彼は莫大な財産を築き多くのファンを持っている。彼はユニークな思想家であり強い個性を持っている。それを恐れる人もいる。

🇺🇸タッカー🎙イーロンに何かアドバイスはありますか?

🇷🇺プーチン🗣️私はこう言いたい。怖気づくな。でも、もし難しくなったら、いつでもロシアがある。私達は喜んであなたに門戸を開きます。私達は以前にもアメリカのビジネスマンを受け入れた事がありマスク氏のような人物を高く評価している。

🇺🇸タッカー🎙トランプ氏に話を戻しましょう。まず現在の状況についてどうお考えか、また再選の可能性はどの程度あるのか教えてください。

🇷🇺プーチン🗣️少し奇妙で不適切な事だが、我々は十分に準備している。彼はウクライナでの戦闘を終わらせると約束しており我々はこの考えを支持している。

🇺🇸タッカー🎙どうしてそんなに早く戦争を終わらせる事が出来るのでしょう?

🇷🇺プーチン🗣️彼は決して我々を侮辱していないからだ。私達は友好と信頼の立場から出発する。そうすれば全ての問題は解決できる。私を信じてください。🐸


Sputnik 日本@sputnik_jp

言論の自由はどこに... カールソン氏の帰国禁止を求める呼びかけにマスク氏が反対
🇺🇸米実業家、#イーロン・マスク氏 はロシアを訪問しているFOXニュースの元司会者、#タッカー・カールソン 氏が #プーチン…Show more

GFnQEMXaYAAlQ7O.jpg


Акичка@4mYeeFHhA6H1OnF

タッカー・カールソンのプーチン大統領へのインタビューを嫌がるのは、これを暴露するためだからだ。カールソンの視聴者は膨大で、数百万人にのぼる。数百万人のアメリカ人は、戦争とアメリカ国民に盛られた嘘について多くのことを学ぼうとしている。ネオコン(新保守主義者)たちは、もちろん、自分達のシナリオを覆すことになるため、この全てを恐れている。

今日の午後、タッカー・カールソンはウラジーミル・プーチンと対談し、大統領官邸に行き、クレムリンの中に入り、1時間ほどそこにいた。その後、ケバブ屋に行ったようだが、このケバブ屋では10年間、アメリカ人はケバブを食べられなかった。

ウクライナの戦争がいかに米国を破壊してきたか、そして戦争の結果として米国がどのような苦しみを味わっているかを、彼が語り出すことを恐れているんだ。プーチンがいかに和平を推進してきたかも暴露するだろうね。 そう、和平協定を推進している。米国と英国が介入してくるまでは、和平協定という署名入りの紙があった。そしてそれを窓から投げ捨てた。それはこのインタビューで明らかになる。

また、クリミアが投票で併合される前に、クリミアに向けて行われた民間人への攻撃の害悪についてもだ。彼らは、ロシアは侵攻しなかった。ウクライナのSBU兵士がクリミアを攻撃するのを防いだのは、実はすでにクリミアにいたロシア兵だったのだ。統計によると、クリミアに駐留していたウクライナ兵の60~80%がロシア軍に引き渡され、「もう攻撃したくない。我々は決して攻撃したくはなかった。俺達の家族だろ?」ドンバス地方もロシアへの加盟に票を投じ、ロシアに入ってきて彼らを守ってくれるよう頼んだという事実、彼らは10年間恐怖の日々を送っていた。このようなことは、絶対に見てほしくないことだ。プーチンは不合理だと思わせたいのだ。バイオラボについて話すことを望む。ぜひバイオラボの話も聞きたい。

GFpQPsYacAAxHD_.jpg

なぜなら今、米国のメディアを支配しているのは戦争屋であり、彼らはもちろんネオコン(新保守主義者)のディープ・ステートの一員であり、永久に続く軍産複合体の戦争を推し進めているからだ。CNNやMeet the Pressを見ればわかるが、そこには将軍たちがいて、さまざまな報道機関のスタッフに軍人がいて、戦争についての物語を押し付けている。

| ニュース  | 00:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |