2024年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2024年03月

| PAGE-SELECT |




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

スペースXが会社をデラウェア州からテキサス州に移転。そしてイーロン ・マスクが創った学校


速報:日本経済がリセッション入り。
追記:英国も仲間入り
https://twitter.com/spectatorindex/status/1757927040853201109

速報: 日本円、対米ドルで過去33年間で最低水準に下落
https://twitter.com/Top1Rating/status/1757932023954686149
GGVt2bEbgAAIWgO.jpg

///////

少し前からイーロンの本を読んでいます。すごく面白い。

テスラに続き、SpaceXが登記上の本社をデラウェア州からテキサス州に移転した。
ニューラリンクもデラウェア州からネバダ州に登記移転済み。イーロンは他の企業にも、デラウェア州から他の州へ法人登記をすぐに移すよう勧めます、と呼びかけている。

Elon Musk@elonmusk

SpaceX has moved its state of incorporation from Delaware to Texas!

If your company is still incorporated in Delaware, I recommend moving to another state as soon as possible.

GGVm_98aIAAXi6N.jpg


イーロンはテキサス州で「授業料無料の大学」を計画中。すでに土地は購入済みのようです。

少し前に知ったことだけど、イーロンは以前、5人の子どもとスペースXの従業員の子どもたちのためにカリフォルニア州で学校を創っていた。これがそうです。

イーロンのプライベート私学「アド・アストラ」。(ただここに書かれてあることは憶測なのでそのつもりで読んでください。イーロン の考えがその通りに伝わることはまずないから。タイトルが嫌らしい。イーロンは自分も含め兆万長者なんて全く目指していない)

体育、音楽、外国語の勉強はムダ…イーロン・マスクの創設した「兆万長者を育成する秘密学校」で教えること マスク氏の5人の子を含む31人が在学していた
https://president.jp/articles/-/77729?page=1

イーロン・マスクは自分の子どもたちの教育のために、プライベート私学「アド・アストラ」を創設していた。そこではどんな授業が行われていたのか。

・・・・・シリコンバレーの起業家は、皆、哲学を実践している。とくに、人工知能関連企業の経営者であればあるほど、必死で実践している。人間固有の共感能力と創造的発想力を最大化させることができるツール、強力なAIでも打ち破ることができる最高の武器が、哲学だからだ。おかげでいま、哲学はシリコンバレーで新しい全盛期を迎えている。

・・・・・イーロン・マスクが建てたアド・アストラは、初めから哲学者の育成を目的にしているように見える。それくらい積極的に哲学を追究している。一方、他の学校はアド・アストラほどではない。

アド・アストラの話を少ししておこう。この学校は、すべてが秘密に包まれている。イーロン・マスクが、世間に公開されることを望んでいないからだ。

しかし最近、この学校でどのような教育が行われているかが、少し明らかになった。シンギュラリティ大学の共同設立者であり、民間月探査プロジェクトで有名なXプライズ財団CEOピーター・ディアマンテスが、アド・アストラを訪問したあと、メディアのインタビューを受けたのだ。そして、アド・アストラの共同設立者兼校長であるジョシュア・ダーンも、インタビューに答えた。

ふたりが語ったアド・アストラは、次のとおりだ。

「イーロン・マスクの5人の子を含む31人の子どもたちが通っている。子どもたちの年齢は、7歳から14歳までで、平均年齢は10歳。シリコンバレーのIT技術、とくに人工知能技術の発達に合わせて毎年教育課程を作りかえる。学年は存在しない。代わりに存在するのは、チームである。

成績評価はなく、宿題もほとんどない。すべての教育活動は、ソクラテス式対話法で進められる。人工知能中心の未来社会で人類が直面する問題をシミュレーションし、これに対する解決策を哲学的対話と討論で導き出すのが教育の核心だ。

それに加え、起業家精神・リーダーシップ・数学・科学・工学・人工知能・ロボットなどについて学ぶ。そして、経済を学ぶために、校内では『アストラ』という仮想通貨が使われている。体育・音楽・外国語の授業はない」。・・・・・


去年10月頃だったかな、日本のある体育会系若手起業家が哲学の本を買いだめして読んでいるのを偶然見て、それが不思議だったけれど、謎が解けました。シリコンバレーの起業家は、皆、哲学の本を読み、実践しているそうです。ただし、私が知る限り、日本の若手起業家で哲学の本を毎日読んでいるのはたった1人です。哲学といえばロシア。

プライベート私学「アド・アストラ」は2020年に閉鎖されたそうだけど、マスクの残した遺産は、ジョシュア・ダーン氏が全世界の10〜14歳の子どもたちを対象にした実験的なオンラインスクール、アストラ・ノバを創設して受け継がれているようです。


1ページ目だけアップ。全文はリンク先でどうぞ。

イーロン・マスクが創設した学校のその後!「アストラ・ノバ」の実験
https://forbesjapan.com/articles/detail/50631

Screenshot 2024-02-15 at 22-50-32 イーロン・マスクが創設した学校のその後! 「アストラ・ノバ」の実験 Forbes JAPAN 公式サイト(フォーブス ジャパン)(2)

2014年、イーロン・マスクがスペースX内にアド・アストラという学校を創設したことが話題になったが、その後をご存じだろうか?

アド・アストラは、Ars Technicaの記事によれば、マスクが5人の息子を地元ロサンゼルスの私立学校から引き上げ、その学校の教師のひとりジョシュア・ダーンを引き抜いてスタートした学校で、主にスペースXのスタッフの子どもたちや地元に居住する子どもたちが科学技術を中心に学んでいた。

2020年、詳細は語られていないが同校は閉鎖され、マスクは学校運営から離れたが、そのレガシーは、ダーンが全世界の10〜14歳の子どもたちを対象にした実験的なオンラインスクール、アストラ・ノバを創設して受け継がれている。同校では、どんな考え方の下で、どのような実験的教育が行われているのか? ダーンと同校で教鞭をとるローズマリー・ロード博士に話を聞いた。

“Make it great”

これはイーロン・マスクが学校を運営するうえでよく口にしていた言葉だ。ダーンも常に自問している。“Is this great?”。そこから生まれてきたのが、アストラ・ノバが提供している実験的な教育法だ。それは明らかに通常の学校のカリキュラムとは異なっている。生徒が、学校側から与えられるカリキュラムに従って受動的に学ぶものではなく、生徒がリードして選択し、思考し、判断することを通して能動的に学んでいるからだ。

まず、6〜12人で行われる授業は、選択肢が多い。生徒は、各時間帯で、3〜12の選択肢のなかから好きな授業を選ぶことができるのである。科学の授業を中心に取ることもできるし、10歳の生徒でも12歳の生徒が受ける授業を受講できるなど年齢制限もない。「多数の選択肢を提供することは、生徒に主体性を与える機会になる」とダーンは話す。

“コナンドラム”というユニークなプログラムも提供している。コナンドラムとは一言でいえばクイズのこと。生徒にあるクイズを出し、その解答を3〜7つの選択肢のなかから選ばせ、なぜその解答を選んだのか議論させるのである。それにより、論理的思考力や決定する力を養うことができるという。・・・・・




| ニュース  | 21:48 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |