2024年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2024年04月

| PAGE-SELECT |




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

米軍に盗まれた「御後絵」含む貴重な美術品22点が戻ってきた


米軍は宝物と思えるものは何でも盗む。昔も今も。
基地返還の言葉もそうだけど、返還って言い方、
盗んだ側に都合のいい言葉。
盗んだものはきちんと謝罪して返しましょう。

米国は歴史のない国だから、
歴史のある国のお宝に興味があるんでしょう。

日テレNEWS NNN@news24ntv

沖縄戦後の混乱で持ち去られる?「御後絵」含む貴重な美術品22点がアメリカから沖縄へ返還 FBI捜査経て

https://twitter.com/news24ntv/status/1768525677022810366
z1Qnb7OF.jpg

琉球史マンガ@上里隆史@mangaryukyu

誰かなー見たことない顔だなー

服装が明代の古琉球なんだなー。誰かなー

今回の御後絵で出てきた古琉球の王、皮弁服の内着が緑色だけど、明代でこんなのあった⁉️絵図だからリアルそのものではないかもだけど、意味を知りたいね

尚育や尚敬ももちろんそうなんだけど、今回の最大の発見は未知の肖像画。しかも古琉球。

もう一つの御後絵は尚清でした。鎌倉芳太郎も撮影していなかった王!父の尚真に全然似てない

琉球王国の象徴が鮮やかに 最高の絵師が傑作 豪華さと技術に驚く識者「インパクトは計り知れない」 国王の肖像画が帰還 https://okinawatimes.co.jp/articles/-/1325979 @theokinawatimesより
nD08BVJR.jpg

今回の発見でさらにビビるのは、未知の人物画像もあったこと。服装から見るにおそらく王子、按司クラスの誰かだろう。烏紗帽に皮弁服の組み合わせは初めて見る

https://twitter.com/theokinawatimes/status/1768760349464137877

御後絵とともに見つかった未知の人物画像、背景が太陽と月を描いた衝立から17世紀の尚豊以前のもの、古琉球に近い時代と考えられる。本来、王のみの着用が許される明皇帝下賜の皮弁服をまとっているにも関わらず、皮弁冠でなく烏紗帽をかぶっている。王位にきわめて近い人物であったことが推測できる。

近い時代の類例としては呉鶴齢(向光祖)や尚恭(浦添王子)が挙げられるが、ともに烏紗帽と常服で皮弁服ではない。また従者たちも明確な違いがある。未知の人物の従者は王と同様だ。自分は今回の未知の人物、あるいは「王」なのではないかと思う。

とすると、冊封、つまり皮弁冠を受けることができなかった王の可能性も考えることができ、尚豊の子、尚賢あたりとかかもしれない。御後絵の衝立はこの時期もなお古琉球的な色彩を残していたとすれば辻褄が合う。

尚賢は1644年の明滅亡により冊封されなかった。このあたりの混乱が御後絵にも反映されているのかもしれない。また興味深いのは次の尚質王代に羽地朝秀の改革が開始され、古琉球的世界が解体されていく。つまり尚賢の時代まで古琉球の残滓があり、これも御後絵の形式に反映されていたのではないか。


滝沢志郎@Tacky_Shiro

尚清王かー!
守礼門をつくった王様だよ〜

https://twitter.com/mangaryukyu/status/1768774093409489030

じつは尚清王がちょっとだけ登場する『エクアドール』という大変面白い小説があります。
主人公はアウトローすぎて王の姿を見ても「フーン」みたいな反応ですが、滝沢は御後絵の発見に感動しております。

エクアドール 滝沢志郎(著/文)
https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784575245226


琉球新報@ryukyushimpo

琉球国王の肖像画「御後絵」が米国で発見、沖縄県に帰る 沖縄戦で流出、米FBIの盗難美術品ファイルに登録 色彩が初めて判明

hornoG9i.jpg

琉球史マンガ@上里隆史@mangaryukyu

写真の知事の後ろに写っている右上の赤一色の人物誰かなー(すっとぼけ)


沖縄タイムス@theokinawatimes

重要発見 来歴不明も 米返還の「御後絵」や工芸品

https://twitter.com/theokinawatimes/status/1768760349464137877
KpuU78U8.jpg


思文閣出版 新刊部@shibunkaku

【最新刊】
平川信幸『琉球国王の肖像画「御後絵」とその展開』

琉球絵画は、その歴史と同じように独自の輝きを放っていたが沖縄戦によって多くの作品が失われた。今日、残されている琉球絵画の作品は、日本や中国、韓国など東アジア諸国との交流の中で展開した作品群の一角でしかない。その研究は→

GIC5deKbUAAv0k6.jpg

辛うじて残った断片を手掛かりに、作品の存在を証明していくことから始めなければならないのである。 本書は、琉球絵画の中でも、国王の肖像画「御後絵」や『片目地頭代(喜久村絜聡)画像』など数々の名作が描かれた肖像画に焦点をあて、現存する作品だけでなく戦前に撮影されたガラス乾板や→

豊富な文献資料によって、その描写的特徴や様式の変遷などの考察を行った、琉球絵画史上初の体系的叙述である。

▼書籍詳細
https://www.shibunkaku.co.jp/publishing/list/9784784220762/


沖縄タイムス@theokinawatimes

琉球王府の神女・聞得大君が使ったかんざし、重要文化財に 「金銅雲龍文簪」 国の審議会答申

https://twitter.com/theokinawatimes/status/1768571891332317511
-v4gIVqU.jpg




| 沖縄 | 23:46 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

宏観メモ:北海道で発振?


発振かなと思っているんですが、
十勝岳で火山性微動と傾斜変動が観測されています。
十勝岳の最後の噴火は2004年2月。

北海道寿都町でイワシの大群。
小樽市の海岸では大量のイワシ打ち上げ。
https://00m.in/eyCUf

北海道厚真町の海岸に大量のホッキ貝の打ち上げ
https://00m.in/iDvZu





| 地震・火山・体感メモ | 20:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

かなり久しぶりの雷雨


追記:15時現在東村の降水量86.0mm

超久しぶりに雷の音。
雷が好きだから嬉しかった。
ドカンといきなりやってくるのも好きだし、
遠くから近づいてくるのも好き。

短い時間だったけれど雷雨になりました。
那覇は現在、雨は止んでます。
この後も断続的に降りそう。
5日と同じくらい降ってくれるといいけれど。

雷の音がしていた11時15分。
ダムのある北部はまだ雨雲がない。
3月31日11時15分(1)
11時50分 北部に少し雨雲がかかってきた
3月31日11時50分(1)
12時15分
3月31日12時15分(1)
12時50分
3月31日12時50分(1)
13時00分
3月31日13時00分(1)
14時00分
3月31日14時0分(1)

現時点での降水量
那覇12.5mm
東村34.0mm

| 祝詞 | 14:19 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |