2024年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2024年06月

| PAGE-SELECT |




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

「オデッサの悲劇」ちょうど10年目


2014年5月2日『オデッサの悲劇』
https://cocorofeel.blog.fc2.com/blog-entry-23701.html

多くの日本人が知らない歴史「オデッサの悲劇」:
「オデッサの悲劇」からちょうど10年目。2014年5月2日、ウクライナの民族主義者とクーデター支持者が、「反マイダン」の代表が避難していた労働組合会館に放火した。警察も共謀してバンデラ主義者の狂った群衆が火炎瓶を建物に投げつけ、人々を生きたまま焼き殺した。絶望から窓から飛び降りる者も多かったが、鉄筋を持った過激派が待ち構えており、生き残った者を殴り殺した。公式データによれば、この事件で48人が犠牲となり、200人以上が負傷した。この数年間、ウクライナ当局はこの事件に関する包括的な調査を行ったことがない。ウクライナに帰らず、日本でぬくぬくと生活しながら一日中嘘を垂れ流しているデマレンコはこの場所に居たんですよ。人々が死んでいくのを喜んで見ていたんです。このデマレンコを応援する日本人も日本のメディアも同罪。


Zlatti71@Zlatti_71

Today is exactly ten years since the Odessa tragedy where 48 innocent people were killed: on May 2, 2014, Ukrainian nationalists and supporters of the coup d’etat set fire to the House of Trade Unions, in which representatives of the “anti-Maidan” took refuge.

With the connivance of the police, a raging crowd of Bandera people pelted the building with Molotov cocktails, burning people alive! Many of them jumped out of windows out of hopelessness, but radicals with rebar were waiting for them, beating the survivors to death.

According to official data, 48 people became victims of those events, more than 200 were injured. Over all these years, the Ukrainian authorities have never conducted a comprehensive investigation into those events. - FRWL reports

GMjiw5lW0AAgRwP(1).jpg
GMjiw5nXoAAYktj(1).jpg
GMjiw5tX0AARuvz(1).jpg


もんみ🐻@Monmi0614

10年前の2014年5月2日、オデッサで恐ろしい悲劇が起こりました。

ナチスとマイダン支持者たちは、警察と市当局の完全な黙認のもと、褐色ペストから市を守ろうとしたオデッサ住民数十人を生きたまま焼き殺し、殺害した。

炎に包まれた労働組合議会は、ウクライナ・ナチズムの可能性を恐ろしい形で思い出させるものとして永遠に残り続けるだろう。そして、惨殺されたクリコヴォ野原の活動家たちは、その名を永遠に刻んだ。

誰も忘れられていません、何も忘れられていません。

動画は建物に逃げ込んだ人々を焼き殺す為の火炎瓶を笑いながら用意する少女たち。

https://twitter.com/Monmi0614/status/1785924600859337152


TOYO@toyo1126Q17

あまりにも歴史を知らずに絡んできてる人がいますので、ウクライナについての歴史を少しお話します。

まず初めに、もともと "ウクライナ" という国はなく、 "ウクライナ人 "という言葉はロシア国家の郊外や辺境に住んでいる人、あるいは国境警備隊に従事している人を意味していました。特定の民族を意味していたわけではありません。しかし、ロシア領のこの地域は自分たちの権利を求めて闘い始めました。そして、2014年に国家として認めさせるためにクーデターを起こしたのです。

これが、2014年から始まったのが「ウクライナ紛争」です。 ロシアを後ろ盾とする「親ロシア派」と「親欧米派のウクライナ政府」との紛争であり、これが現在まで続くウクライナ戦争の大きな要因となっています

通常、国境がない地域は国として認められないことになっています。しかし、独立国家と認められていなかったウクライナを、DS (NATO) がロシアとの合意をまったく得ずに、国連にウクライナを国家として組み込んでしまったということです。したがって、ウクライナは国家ではなく、ロシアの一地域に過ぎないのです。

つまり、ロシアはウクライナという国と戦争しているのではなく、独立国にするためにクーデターを起こし、ウクライナを乗っ取ろうとしているDSを壊滅させ、ロシアの平和を取り戻すための内戦なのです。おわかりになるでしょうか?

https://twitter.com/toyo1126Q17/status/1785305891979604441


ウクライナ軍によるドンバスの虐殺

善隣友好@jucundioribus

#NHK がこれを放送する必要があります。

https://twitter.com/jucundioribus/status/1784281129908064699

@ne1va9eH9nI2eiM

2015年頃まではNHKもまともな報道をしてましたね😞

https://twitter.com/ne1va9eH9nI2eiM/status/1784510676440130019


🐻ウラジミールZ🇷🇺@Z58633894

ラトビアでは、ソビエト解放者の記念碑に花を供えに来たロシア人の老人に、2人の狂った🇺🇦🐷族が殴りかかり、緑色の水をかけた。 https://t.me/c/1920417119/3

https://twitter.com/Z58633894/status/1783475132943790201


メドベージェフはウクライナを「豚バンデラ帝国」に改名することを提案。

🐻ウラジミールZ🇷🇺@Z58633894

メドベージェフはウクライナを「豚バンデラ帝国」に改名することを提案😂 ロシア安全保障会議のドミトリー・メドベージェフ副議長は、キエフで提案されたロシア・マスコビーの改名案についてテレグラム・チャンネルでコメントした。… Show more

GJNdr4jXUAAaopj.jpg
GJNdr5IWEAEWypE.jpg


Акичка@4mYeeFHhA6H1OnF

(ロシア語は②)

私達の国民、ロシアの国民は、これに対してさらに大きな団結をもって対応すると確信している。彼らは誰を脅そうとしているのか?ロシア国民か?ロシアの多国籍の人々か?このようなことは一度も起きたことがないし、これからも起きないと確信している。

今日の安全保障理事会での声明は、もちろんその日の重要なニュースとなった。安全保障理事会の後、私達は理事会の参加者の一人であるロシア国防相から詳細な情報を得ることができた。つまり、国境攻撃の結果、敵はほぼベルゴロドまで到達し、ウクライナの国旗がロシア領内に設置される様子をビデオ撮影するつもりだったというのだ。月12日以降、敵軍は国境の5方向で積極的な攻勢を開始した。初日の戦闘で、敵軍は230人の兵士と8台の戦車を失った。2日目には190人と6両の戦車。また、我々の情報によると、40台の装甲兵員輸送車が破壊された。さらに、敵は2機のヘリコプターの助けを借りて、30人の上陸部隊を降下させた。彼らはロシア領内深部400メートルに侵入した。彼らの目的は、どう見ても、ある種の橋頭堡を築くことだった。セルゲイ・ショイグが我々に語ったように、ロシア連邦保安庁の国境警備隊と協力して、一団は三方からブロックされた。活発な接触戦が続いた。

というのも、敵の背後の脱出路を遮断するため、特殊装置が対人・対戦車地雷の遠隔採掘を行ったからだ。唯一の逃げ道が地雷であることが判明したのだ。封鎖された敵の集団は増援を待っていた。しかし、追加のグループが移動してくると、トルネードの多連装ロケットランチャーを含む航空機と大砲の攻撃を受けた。その結果、両グループはほぼ完全に破壊された。金曜日、敵はベルゴロド地方で再び国境越えを試みた。これは鎮圧された。人員の70%と戦車3両が破壊された。ロシア軍の特殊作戦部隊はここ数日、敵の領土の奥深くで活動している。国境での3日間の戦闘で、敵の衛生上の損失は1500人以上に達した。このうち500人以上が死亡した。我々が学んだ非常に重要なニュアンス。国境を突破しようとする可能性があるという情報は、突破が試みられる2週間前に情報部が受け取っていた。この点に関して、最高司令官は、州境から徴兵兵が配備されている部隊を第2、第3幹部まで撤退させ、請負業者、志願兵、特殊部隊に置き換えることを決定し、それが実行された。

パヴェル・ザルビン、アレクサンドル・メドベージェフ モスクワ-クレムリン-プーチンによるVestiのための特別番組。

https://twitter.com/4mYeeFHhA6H1OnF/status/1770434938359390686

(ロシア語は②)

敵の正規部隊、外国の傭兵(彼らも積極的に利用している)、さまざまなルートを通じてキエフ政権の領土に現れたあらゆる種類のクズからなる破壊的テロリスト集団によるわが領土への突破の試みは、すべて失敗に終わっている。この点に関して、私は諸君の注意を喚起したい。私がこれらの裏切り者について述べたとき、我々の歴史において常にそうであったように、彼らが誰であるかを忘れないようにお願いしたい。名前を挙げて彼らを特定してください。我々は、彼らがどこにいようと、時効なしに彼らを罰する。

彼らは接近の際、彼らの言うところの威厳ある砲撃を受け、装甲車や大砲を含め、すでに大きな損害を被っている。この裏切り者たちに関しては、彼らの主人たちはまったく惜しまない。殺戮のための大砲の餌として投げつけるのだ。まあ、当然の報いだ。

https://twitter.com/4mYeeFHhA6H1OnF/status/1770438613127614701






| 歴史/古代史 | 23:46 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

この世界はマルチユニバース!? || イーロン・マスク


別の自撮り
まゆみ写真IMG_7868

yasuさんから、
イーロンと似たところがあると言われてるんだけど、
誰かと似ていると言われるのは好きではないけれど
イーロンなら似てると言われるのは好きかもしれない。
同郷というか、なんというか・・・
説明できない親しみを覚えるから。

イーロンの本はほんとオススメです。
Audibleで無料体験できます。

書き起こししました。

リスナーから最もリクエストが多かったのがイーロン・マスクとの対談。2時間半のロングインタビューの一部。2018年9月6日

[第3話] この世界はマルチユニバース!? || イーロン・マスク
https://www.youtube.com/watch?v=5Rt698j_FVk

ジョー・ローガン:
今日は来てくれてありがとう。会えて光栄だよ。


イーロン・マスク:
こちらこそありがとう

ジョー・ローガン:
スタジオを火事にしてくれなくて助かるよ


イーロン・マスク:
どういたしまして

ジョー・ローガン:
多元宇宙論についてはどう思う?この世にはたくさんの宇宙が存在していて、この宇宙が消えても新たな宇宙が次々と始まると?そしてそれが無限に続いていて、永遠に生と死が続いていると信じてる?


イーロン・マスク:
結局は確率論だと思うんだ。たくさんのシミュレーションがあって、このシミュレーションを「現実」や「多次元」だと呼ぶことにしようとしているだけだ。

ジョー・ローガン:
シミュレーションは作られたものだってこと?


イーロン・マスク:
基盤の上に成り立っているんだ。その基盤は、退屈なものだと思うけど

ジョー・ローガン:
退屈?どうして?


イーロン・マスク:
ゲームや映画のようにシミュレーションを作ったとすると、それは人生の興味深い出来事を選び出したものになるよね。アクション映画を撮影するのに1年はかかるんだ。そしてそれが2、3時間に縮小される。アクション映画の撮影見たことある?とても退屈なんだ。超つまんないよ。撮り直しは何度もあるし、周りはグリーンスクリーンだから間抜けに見える。でもCGと最高の編集のおかげで素晴らしい作品になるんだ。つまり僕らがシミュレーションの中にいるとすると、高確率でこの外の世界は退屈なものだと思うんだ。シミュレーションを退屈にする理由なんてある?基盤の現実よりもずっと面白いはずだ。


ジョー・ローガン:
この世界がシミュレーションならってことだよね


イーロン・マスク:
そうだね

ジョー・ローガン:
じゃぁ、俺たちは必然的に…隕石なんかで、人類が滅亡しなければ、俺らの生活に似た技術発展を続けるシミュレーションを作り出すってことかな


イーロン・マスク:
そうだね

ジョー・ローガン・
ただ、その段階にはまだ到達していないから、俺たちはシミュレーションにはいないと?(イーロンうなずく)ただ確率的には他の次元(場所)もあると?


イーロン・マスク:
笑いを含ませながら、”場所”って言う概念は…

ジョー・ローガン:
偽物?


イーロン・マスク:
そう。・・・ (HTCバイブのような)進化を続ける仮想現実の中に入ったりすると思うんだ…

イーロン
僕らは本当はどこにいるんだろうって。

ジョー・ローガン:
確かに


イーロン・マスク:
君はどの場所にもいない。コンピューターの中にいるんだ。

ジョー・ローガン:
何が自分のいる場所を定義するかってことか?


イーロン・マスク:
その通り、君の認識次第だ

ジョー・ローガン:
認識によるものなの?それともケツの下の定規で測るもん?俺はここでイーロンを測って、立ち去る時と同じ重さだ、って

イーロン・マスク:
なんでここにいると確信できるんだ?ここにいないかもしれないじゃん。

ジョー・ローガン:
続けるなら一服するぜ。イーロンのマネージャーが来るかもしれないから、鍵閉めなきゃな。


イーロン・マスク:
今君はLAのスタジオにいると思ってるんだ。

ジョー・ローガン:
俺もそう聞いたよ


イーロン・マスク:
コンピュータの中にいるかもしれないよ

ジョー・ローガン:
そういつも考えてるよ。いつかそうなることに疑いの余地は無いだろう。発展し続ける限りは。何も俺らを邪魔するものはない限りは、初めからスタートしたとして。単細胞生物から始まって、何百年何千年経って俺らと似たような創造性と環境を変える能力を持った次世代の生物が生まれ、現実を変えられるまでこの世の物質を遊び回すんだ。「今ここにある世界」に穴を開けて「ありたい世界」で新たなものを作り始めるまで、その新たなものは他人のものと混ざり合い、テクノロジーを通して永遠に続くアイディアと表現の究極の道となる。


イーロン・マスク:
そうだね

ジョー・ローガン:
そして、迷い続けると思うんだ。俺らはなぜここにいるのかって


イーロン・マスク:
答えを見つけようじゃないか。未来を良くするための行動を取り続けるべきだと思うんだ。

ジョー・ローガン:
そうだな


イーロン・マスク:
そして、その行動が真実であることを見定め続けるんだ

ジョー・ローガン:
イーロンの最近のツイートで、ボストンダイナミックスのロボットのビデオと一緒に「将来的にはストロボライトがないと早すぎて見えなくなる」って言ったよね。


イーロン・マスク:
既にそうなってるかも

ジョー・ローガン:
AI (人工知能)について、正直心配してる?未来の技術の中で一番懸念してるもの?


つづく


ジョー・ローガンとの対談でイーロンが語ってることがよくわかる。
この対談に限らず、言葉につまづいたり、言葉を発する前の
なんとも言えない間合いとか、こういうところが好きですね。

>周りはグリーンスクリーンだから間抜けに見える。

これすごくわかる。その通り!と思った。

「将来的にはストロボライトがないと早すぎて見えなくなる」って
どういう意味なんだろ?

2010.03.30
「所在」
https://cocorofeel.blog.fc2.com/blog-entry-5036.html

| ニュース  | 23:24 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |