PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

トンボ


monjyaさんが教えてくれたトンボのロボット。
大きなサイズでみるといいですよ。


スローモーションでみるトンボは泳いでいる。
鳥や昆虫など飛んでいるようにみえるけれど
本当は一生懸命泳いでるんだよね。

関連記事

| 未分類 | 00:12 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

もどる、と決めたわけじゃないけど、面白い事がヒラメイタから。

体積と体重の比率。
つまり、比重。


空を飛ぶ、泳ぐ事が出来るモノは、ある一定以下の比重なのではナイカ。


人間も、水に浮く事は出来る。つまり、比重は1よりは小さい。
だけど、空に浮き、飛び、泳げる程の比重ではない。


この地球上で、空を飛び、泳ぐ事が出来るモノ達は、ある一定以下の比重を保ち、なおかつ、浮力を得る羽、翼を保つ(もつ)。
(人間も、水には浮く浮力(=体積)は保っているのだが。)

(昨日、水槽の中の白エビの動きを見ていたら、脚の動きが水中を走っているように見えた)

(魚も、水中を飛んでいるのでしょうね!)

| あかとんぼ | 2013/04/04 13:51 | URL | ≫ EDIT

わたしが何を言っているのか。

主観の視点・視線を変えるだけで、
飛ぶ鳥が、泳いで見えたり、

泳ぐ魚が、飛んでいるように、見える、という事です。


その本質は何か、と考える事が出来るのが人間だと思っています。

| あかとんぼ | 2013/04/04 14:09 | URL | ≫ EDIT

空中の場合、
浮力ではなく、揚力でしたね。
訂正しておきます。

| あかとんぼ | 2013/04/04 14:28 | URL | ≫ EDIT

トンボのホバリングなんか神業にしか見えないけど、


人間様は、ヘリコプター等で実現させている。人間様侮るべからず

| あかとんぼ | 2013/04/04 14:42 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

随分前なんですが、航空力学の先生のお話を読んだことがあって、昆虫などが優雅に飛んでいるようにみえるけれど、実際はねっとりした空間を必死に泳いでいるそうです。水中を歩くと抵抗力があって早く歩けないじゃないですか。あんな感じみたいです。もっといえば泥沼を泳ぐよう感じかな。

何もないようにみえる空間ですが、夢の体験では粒子がびっしり詰まった物体でした。だから毎回ではないけれど、夢で飛ぶときに最初助走してペダルをこぐようにするときがあります。

少し前に書いたまゆみノートより。「空飛ぶ船は沈まないね。海を走る船は墜落しないね。でもね、沈むことは墜落するとことと同じだよ。」

| まゆみ | 2013/04/04 14:52 | URL |

粘性をもちだすと、空中と水中では比較にならない。

原子密度(分子密度)の小さい空気中で泳ぐ飛ぶ事は、水中の次元とは別の話になる(人間の御都合ですが)。


大気成分の百分率がありますが、あくまでも、それは、大気構成成分分子数の割合です。


固体>液体>気体

この順番で密度(粘性)は決まっている。

| あかとんぼ | 2013/04/04 15:19 | URL | ≫ EDIT

固体の中を泳ぐのが電子です。

(飛ぶカナ。ワープするヤツがいる鴨(お遊びです))

| あかとんぼ | 2013/04/04 15:33 | URL | ≫ EDIT

電子様にとっては、固体の中を自由自在?に動き回る(飛ぶ泳ぐ)事がフィールドワークなのでしょうが、差にありなん、液体気体中でも御活躍あそばれる。


まさに、電子宇宙論ですね。
(わたしはまだかじった事ナインです。残念)

| あかとんぼ | 2013/04/04 15:47 | URL | ≫ EDIT

固体相と液体相の境界相は、なんとなくイメージできそうなのだが、

液体相と気体相の境界状態はイメージしづらい。
液体が限りなく気体に近づく、その逆の気体が限りなく液体状態になる。
(これは、ある閉じられた系で、水を加熱すると、液体である水と水蒸気である気体が混在する事とは別次元の話だ)

ある幾つかの液体(もちろん未知の液体も含まれる)を混合していくと、ある条件で液体とも気体とも呼べない状態が発見される鴨。

気体とも液体とも言えない状態を、気体と液体に分別できるのか。

面白い可能性が発見できましたネ

| あかとんぼ | 2013/04/06 13:21 | URL | ≫ EDIT

この発想を発展させると、時間と空間の境界相という概念が生まれるの金(カナ)。

| あかとんぼ | 2013/04/06 14:06 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT