PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

夢でみた「二つの太陽」はやはりベテルギウス?



写真は AstroArtsから拝借。

,,,,,,,,,,,,,,,,

地球を間もなく2つの太陽が照らすThe Voice of Russia
間もなく千年に一度の天体ショーを目撃するチャンスが訪れる。ハワイのマウナケア天文台の内部情報によれば、赤い巨星ベテルギウスがここ16年間球形を保てなくなっている。極と極とは急速に圧縮され、赤道は遠心力のためかろうじて維持されている。数週間あるいは数ヶ月以内に超新星爆発が起こる明白な兆候である。地球からは次のように見える。夜空の一角が突如輝きを増す。その明るさは最低でも満月と同等、もしかしたら太陽と同程度になる。その状態が6週間続く。つまり一ヶ月半の間、地球の一部区画に「白夜」が訪れるということだ。残りの区画でも「昼」が数時間延長する。やや誇張した。爆発から2、3週間後、光は衰えはじめる。地球人が最後にかような天体ショーを目撃したのは1054年のこと。

宇宙でおきることは距離に関係なく、地球に影響がある。
もちろんすべての生き物にも影響を与える。
肉体よりも精神に及ぼす影響に興味があるかな。
人類が良い方向に向かうようになればいいけれど。。。

以前書いた記事です。

太陽がひっくり返る、二つの太陽(2009.10.18)
ベテルギウスが爆発して太陽が2つになる?(2011.01.25)
太陽がひっくり返る、二つの太陽 その2(2011.02.27)

ベテルギウスの和名は平家星と源氏星の二つあるようですが
滋賀の虎姫(現・長浜市)では金脇(きんわき)の方言。

★中国では参宿第四星

太陽が二つになる意味を考えてみよう。

関連記事

| 未分類 | 23:56 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

ノストラダムスの予言の第2巻41に2つの太陽の記述があります。

| ササダ | 2013/09/27 05:24 | URL |

Re: タイトルなし

ササダさん、こんにちは。

2006年の記事なんですがこれでしょうか?

第2の太陽
http://cocorofeel.blog119.fc2.com/blog-entry-142.html
>ノストラダムスの『諸世紀』より
「大きな星が七日間燃え、雲が二つの太陽を現わすだろう」

| まゆみ | 2013/09/27 12:06 | URL |

それですね。

その他にもう1つ「聖マラキの予言」でローマ法王はベネディクト16世の次の法王の時代で終わるとしており、終わる時期は「空に太陽が2つ見える12月に法王はローマから逃げ出すであろう」と記してます。

| ササダ | 2013/09/27 15:28 | URL |

Re: タイトルなし

ローマ法王の話は以前何かで読みましたが、そこにも二つの太陽が出てくるのですね。

| まゆみ | 2013/09/27 22:50 | URL |

まゆみさんこんばんは。

ベテルギウスのニュース(ツイート?)に限っては、つっこみどころが多く、デマの可能性があるようです。
ttp://rocketnews24.com/2013/09/27/373127/

形が歪んでいるのは日本の天文台が発表しているので、その通りの様です。
ttp://www.nhao.jp/

爆発はそのうちすると思いますが、恒星レベルの話で数週間~数か月と特定できるものでは無さそうです。

あまり報道されてませんが、11月後半にアイソン彗星が近くに来ます。
早朝などに肉眼で見えるくらい明るいかもしれません。

(名前をミスしたので訂正させていただきました、すみません)

| なつはな | 2013/09/28 01:19 | URL | ≫ EDIT

見落としてました。
同じ記事既出でしたね。

| なつはな | 2013/09/28 01:33 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

なつはなさん、こんばんは。アイソン彗星の核の直径が5キロあるそうで大きいですね。この動画で見ると、彗星なのに細長い3本の物体が見えますが何でしょうね。

http://www.youtube.com/watch?v=eRlzuLtLDaM#t=96


| まゆみ | 2013/09/28 17:48 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT