PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

おじいと柿と総理大臣


近所の仲良しのおじいとお惣菜やさんの前で
バッタリ出会って手招きするのでそばに行ったら、
鯖の煮たのとじーまみー豆腐のどちらがいいかと尋ねるので、
いくらなんでもおじいに買ってもらうわけにはいかないので断った。
お店の人もお客さんも成り行きをみている。
おじいはどうしても持ってけというので、じーまみー豆腐を買ってもらった。

一緒に家まで帰ろうかと何度言っても、
足が遅いから先に戻って僕の家の前で待っててと言う。
渋柿の渋を取り除いた柿をあげたいからって。
やわらかい柿は好きじゃないと断ってもおじいはどうしても私に食べさせたい。
一旦家に戻り、おじいが戻ってきたころをみはからっておじい家に出かけた。

おじいは冷蔵庫から柿を二つ取り出して硬いほうをくれた。
甘くなってるかどうか食べて、と言う。
「え?ここで食べるの?」
「うん」
「家に持って帰って食べるよ」
「ううん、ここで味見して」
「このままガブリと?」
「うん」
仕方なくガブリとかじったら冷たくて甘くてとっても美味しかった。
「じゃ、帰るね」
「うん、また明日」

家に戻る途中、
前に月下美人をくれた人が「月下美人持っていかない?」と声をかけてきた。
この前の蕁麻疹を思い出してとっさに「今日はいいです」
「あ、そう」

http://pds.exblog.jp/pds/1/200811/07/62/b0086362_1830962.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


この写真の柿がそう。
おじいは前にも書いたけれど病気なの、
いつもチューブをつけていてあまり歩けない。
この前、「何のチューブなの?」と聞いたら、「酸素だよ」って。
肺が悪くて一日7時間、酸素吸入しなきゃいけないそう。
病気で一人暮らしなのにいつも家の中がきれいに整頓されている。
この前、おじいが育てているネギをもらったんだけど、とてもきれいなネギだった。

「何か手伝えることない?何でも言ってね」と何度声をかけても
「ううん、いい、大丈夫」と気丈なおじい。
一人暮らしだからつい気になって声をかけるんだけどいつも断られる。
懲りずに私も毎回声をかける、変な二人。
静かで優しいおじいです。

私が総理大臣だったら、一人暮らしの老人のことを一番に考えたいと思う。

子供の頃よく
大人になったら何になりたいですかと先生に質問されたでしょ。
私は何と答えていたか知ってますか?
知ってるはずはないですよね。

総理大臣なんです。
子供心に総理大臣になれば皆を幸せに出来ると本気で信じていたからなの。
クラスで総理大臣になりたいなんて私だけだった。
子供っていいな。


関連記事

| 未分類 | 18:46 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

まみちゃんがいなくなると、おじいはさみしくなるね。

| kenshin | 2008/11/07 20:26 | URL | ≫ EDIT

kenshinさん、「ちゃん」なんて言わないでください。そうでなくても文体が幼稚だから読者の方から若く勘違いされちゃうのに。。。もうはるか昔に「ちゃん」ではありません。おじいからみるとどうなんだろう?あ、そういえば、少し前に、ごみ収集の人に私のこと、彼女だって言ってましたよ(笑)そうそう、ごみ収集の業者の方、男女二人でされてたんですが、女性の方がカッコよくて感じの良い方でした。体力的にもきついし汚れるし、それを女性がされてるなんて尊敬しちゃいます。あと、ダンプの運転手の女性も尊敬しちゃいますね。その次にトラック、その次にバス、ですね。

風邪でしばらく家を出れなかったので、おじいからなかなか会えないねって声かけられました。引越しのとき挨拶に行くのがいまから辛いです。夏に荷物を出し入れした時も引っ越すと勘違いしておじいが心配そうに声をかけてきました。いま家探し中なんですが今年中には無理な雰囲気です。引越し先を探し始めたら家の周囲でバタバタと何箇所も工事が始まってます。一体、何の駆け込みなんでしょう。(笑

| mayufuru | 2008/11/07 21:14 | URL | ≫ EDIT

もちろん沖縄だから、近所の方も皆さん、おじいを気遣っておじいが出来ないこと手伝われています。シークワーサーを木からもいであげたり、何か配達したりとか手伝ってあげてるようです。沖縄の良さですね。

近所によく吠える犬がいるんですが、その犬がおじいのことが好きで毎日おじいから食べ物もらってます。たまにおじいが散歩に連れて行くのですが、いつもは飼い主をぐいぐい引っ張って歩く犬が、おじいを気遣ってゆっくりゆっくり歩くんですよ。これにはビックリでしたね。

そういえばむかし、私のことを「まみ」と呼んでいた人が一人いましたね。病気で亡くなられました。

| mayufuru | 2008/11/07 21:15 | URL | ≫ EDIT

まゆみさん、温かいです。
おじいは、まゆみさんに買ってあげることが出来て嬉しかったと思います。
ありがとう。

| 石玉 | 2008/11/08 22:51 | URL | ≫ EDIT

石玉さん、私、このおじいがとっても好きなんですよ。
一度カフェに誘ってみようかなと思ってます。

| mayufuru | 2008/11/08 23:06 | URL | ≫ EDIT

石玉さん、おはようございます。

私が今住んでいる家から通りまでほんのわずかな距離なんですが、その通り道におじいの家があって、玄関が開いてると中を覗きながら、おじいは何をしてるんだろうと想像します。姿が見えると声をかけます。鍵がかかっていると何処に出かけてるんだろうとまた想像しちゃいます。夜玄関が閉まって中からテレビの音が聞こえるとまたその姿を想像してホッとします。小さな中庭からなにか音がすると、何をやってるんだろうとまた姿を想像します。

おじいに会わなくてもそばを通らなくても、時々おじいのことを考えて涙することもあります。病気なのに一人暮らしでしかもいつも家の中はきれい。愚痴なんて一度も聞いたことがない、本当に静かで優しいおじい。心から尊敬しちゃいますね。

| mayufuru | 2008/11/09 11:24 | URL | ≫ EDIT

思い出したことがあります。月桃を根っこから切ったものを二本持って歩いているおじいに後ろから追いついた時、月桃を持たせてもらえました。はじめて手伝わせてくれました。結構重かったですね。おじいによると月桃はゴキブリよけになるそうで、お惣菜やさんにあげるために持っていくところでした。そのお惣菜やさんもおじいを気遣っておじいの姿がみえないと電話をかけてくるといってました。優しいおじいだから、みんなに好かれてるんでしょうね。

| mayufuru | 2008/11/09 11:25 | URL | ≫ EDIT

このおじいページは、まみちゃんでいこう。
だって、おじいがきっと喜ぶから。
まみちゃん「おじいによろしく」と、おじいがいっていましたとおつたえください。

| kenshin | 2008/11/09 12:29 | URL | ≫ EDIT

気に掛けてくれる人がいるっていうのは本当にありがたいことですね。
おじいを是非カフェに誘ってあげてください。

| 石玉 | 2008/11/09 21:59 | URL | ≫ EDIT

なにげない人との触れ合い、温かいお話をありがとう。
そこにお互いが思いやる気持が通い合ってるのが、映像となって見えてくるようです。

おじいとまゆみさん、そしてご近所の人たちの昔ながらの風情というか
この忘れかけている、お互い思いやる気持の輪を広げていかないとなりませんね。

| shige | 2008/11/09 22:12 | URL | ≫ EDIT

>なにげない人との触れ合い、
>そこにお互いが思いやる気持が通い合ってるのが、

shigeさんのこの言葉に凝縮されてますね、この通りだと思います。
これを意識するだけでも世界はかなり変わってくると思うんですよ。

| mayufuru | 2008/11/09 22:20 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://cocorofeel.blog.fc2.com/tb.php/1230-e09a4c8d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT