PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

カタカムナメモ

金達寿さんの本を書き写している時に「カムナム」の言葉をみて
カタカムナって古代朝鮮語なんじゃないだろうか、ってふと思った。

しかし、ルーツはヘブライかな。
カタカムナの「アマナ」って確かヘブライ語だよね。
関連記事

| カタカムナ | 17:13 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんわ まゆみさん

ヘブライでamanaはfaithfulって意味があるとか。

(amanaは他に多年生の植物perennial、ソロモンの歌(song of solomon)に出てくる山の名前であったりも。)

| ay | 2008/11/22 19:11 | URL | ≫ EDIT

参考迄に Amana

1855年初め、水 か豊富て農業に適し、また建築資材の「焼きレンカ」生産に適した上質の粘土か採れるアマナ地区 に、最初の開拓共同村か誕生した。

各村の教会て毎朝夕、トイツ語による礼 拝か行われていた。たかアメリカ合衆国か不況に喘いていた1920年頃から、アマナ共同体の人々は 生産物を外部の人々に売買することか難しくなり、共同体を去る人々も出た。

なかても電気冷蔵庫の製造てはアメリカ国中てその名か知られている。

現在アマナ地区は観光地として知られている。

by 「アマナ信仰共同体Die Amana Glaubensgemeinschaft」

| イオ | 2008/11/22 19:45 | URL | ≫ EDIT

ayさん、ありがとうございます。
今記事アップしましたが英語四苦八苦でした。間違い教えてくださいね。

| mayufuru | 2008/11/22 22:46 | URL | ≫ EDIT

イオさん、これはアメリカにあるんですね。1855年だと結構最近ですね。ドイツ語による礼拝、

イラクにもアマナ地区がありました。

| mayufuru | 2008/11/22 22:53 | URL | ≫ EDIT

こんにちはmayufuruさん、同じく北極爆発に反対です!
ベンジャミン・フルフォードさんのサイト見ました。

フルフォード家が外交官として中華人民共和国にどっぷり漬かって いる事は、カナダ西海岸に住む香港人コミュでは結構噂になっているようです。(彼は北京語も流暢)

アマナは湾岸戦争ニュースに出てますね。ヘブライ語起源の聖書を読み返して、Ⅱ列王記5章12節にアマナが出てきます。地図上ではヘルモン山の東方、アンティ・レバノンの南東を流れるアマナ川流域ですね。

| イオ | 2008/11/23 15:43 | URL | ≫ EDIT

イオさん、いろんなことにお詳しいんですね。
極の爆発は困りますね。
カタカムナの言葉、結局はシュメールに行っちゃうでしょうね。

| mayufuru | 2008/11/23 20:56 | URL | ≫ EDIT

まゆみさん、破壊の歴史は繰り返されるのでしょうか?
北極圏での爆発に断固反対!!!

まゆみさん起源は奥が深くビジュアル化するとシュメール伝説オアネス神とつながるようですね「アマナとカムナの2つの力反応が物質や生命質になるのである」(楢崎文献6p.82)

| イオ | 2008/11/23 23:36 | URL | ≫ EDIT

シュメールのオアネス神はアヌンナキのエンキになるんでしょうね。

| mayufuru | 2008/11/24 11:45 | URL | ≫ EDIT

まゆみさん、メソポタミア文明のオアンも、人に言語、文字、穀物栽培、都市建設および法律を教授したバビロニア神話のエンキと同一神と考えられていますね。

シュメール語は古代中国語、古代日本語等のすべての古代言語は原始の唯一の原型であるシュメール語からおこった。(C・フォスター牧師著「唯一つの原始言語」)

| イオ | 2008/11/24 17:03 | URL | ≫ EDIT

イオさん、ありがとうございます。つながってきますね。

| mayufuru | 2008/11/24 19:04 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://cocorofeel.blog.fc2.com/tb.php/1259-bc3ba44b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT