PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

ISISのリーダー アブバクル・アル・バグダディは初代正統カリフの血統?そして…

今日の記事は読むのが大変だと思うので興味のある方だけ読んでください。
あわてて書いたのであちこち修正しました。


////////////

25日に 「ISIS」って「イシス」になるんですね。を書いたばかりなのに
あっという間に「ISIS」から名前を変えてイスラム国家樹立を宣言。
ISISのリーダー アブバクル・バグダディがカリフ即位
まずはそのニュースから。


武装組織、イスラム国家樹立を宣言 イラクとシリアにかけて(CNN)

赤丸がISISの支配下。

上の地図をみると「世界を支配する王(猫)」が頭にあるのでトルコに目がいきます。
4f42440c.jpg


何故「ISIS」を、トルコを気にするか。
98年の夢日記を再掲します。

メッセージ No,4 1998年8月24日

今回は、急ぎのメッセージです。
1月24日(土)朝の夢日記より

子猫を連れて世界を旅する。
猫の頭上には、飾り物のようなものが、あるいは、王冠のようなものが載っている。
まるで王様か凱旋将軍のように、人類の行列の先頭を歩いている。
私は猫に食べ物を与えるのを忘れていて、気がつくと猫はフラフラになっている。
今にも死にそうになっている。
食べ物(日本食)を与えてみるが、全く食べようとしない。
水だけをおいしそうに飲んでいる。
もう死んでしまうのではと思われたが、翌朝になると驚くほど元気になっている。
最後に旅した場所は
"トルコ"

この日の夢の内容は、今年以降、世界にとって大きな出来事になる事を意味します。

::::: :::::

1月24日(土)この時点での分析
・人間ではないものが、人類の先頭に立つ。
・日本食を食べなかったので、日本人以外の人間。
・猫=豹、ライオン、虎とも考えます。これらの動物を象徴する国から出て来る人物、あるいは人物そのものを表す。
・最後に旅した場所は"トルコ"だから、スタート地点は、どう考えてもトルコの近辺になるので、この辺りの国から"猫"を象徴する人物が出て来る。
・子猫と言うことは、まだ目に見える姿が小さい、そして今年から頭角を現してくる。
・この人物には、とてつもない生命力がある。


これでトルコにこだわるのがわかってもらえたでしょうか。
トルコの隣か近辺から出てくるのです。

子猫=子どもと考えれば、現在は何歳くらいでしょうか?
ISIS/ISILのリーダー アブバクル・アル・バグダディは何歳くらいでしょうか。


この夢をみた当時は子猫=オサマ・ビン・ラディン氏かなと思っていました。 
まだほとんどの人が彼の存在を知らない頃だったけれど
新聞で"アラブの獅子"の獅子はオサマを意味するとあったからです。
その後、911が起きて彼ではないとわかりました。

子猫=獅子が頭にあったこともあり、2001年に獅子=イエス?を書きました。

子猫が拒否した食べもので考えるとユダヤ人ではない。

更にその後ブログやるようになって
ダライ・ラマだと思うようになりましたが、これも外れ。

その後も子猫についていくつか記事を書いたのも
それほど強力な夢だったからです。

獅子に関してこういうのもあります。
獅子は征服王のシンボルで、シュメール語でウグ(犬)・マフ(強い)という意味

2013年9月1日に双頭のコブラの夢をみました。

双頭の片方の頭が落ち
残った頭をががぶっと飲みこんでしまう夢。

双頭といえば鷲、これならまだわかりやすかったけれど、コブラは難しい。

再度 「ヤヌス」に目を移すと…
『門の守護神である双頭のコブラの二つの頭が消えてしまったということは
猫(世界を支配する王)によって扉が開かれてしまった?
じゃ戦争が起きるの?』

去年は気づかなかったけれどこれを書きながら
双頭のコブラと双頭の鷲は関係あるかも知れない。

////////////

ISIS/ISILのリーダー アブバクル・アル・バグダディ(Abu Bakr al-Baghdadi)
この人が本当にリーダーなのかわからないけれど調べてみます。

Archivo de la etiqueta: Abu Bakr Al-Baghdadi
https://opinionyliteratura.wordpress.com/tag/abu-bakr-al-baghdadi/

これで見るとまだ若そうですが、二枚並んでるのは別人にみえます。


ISIS指導者・バグダディの生い立ち 古澤襄(杜父魚文庫ブログ)


バグダディを一目見た瞬間、誰もが彼の不思議な力に惹きつけられ彼に従うことになるだろう。ポポ山に祈りを込めて


「アブバクル」で検索してみつかったけれど翻訳が変で意味不明。
アブバクル


次に「Abu Bakr」で検索すると初代正統カリフがヒットしました。
ISISのリーダーと同じ名前です。

アブー・バクル(ウィキ)

アブー・バクル・アッ=スィッディークは、初代正統カリフ。預言者ムハンマドの最初期の教友にしてムスリムのひとりであり、カリフすなわち「アッラーの使徒の代理人」を名乗った最初の人物である。・・・・・預言者であるムハンマドの親友で、ムハンマドの近親を除く最初の入信者であったとされる。ムハンマドによるイスラーム教の勢力拡大に貢献した。娘のアーイシャを9歳の時に、当時56歳だったムハンマドに嫁がせた[1]ため、ムハンマドの義父にもあたる(ただし年齢はムハンマドより3歳程度若い)。632年、ムハンマドが死去した後、選挙(信者の合意)によって初代正統カリフに選出された。・・・・・カリフとなったアブー・バクルは、「ムハンマドは死に、蘇ることはない」「ムハンマドは、神ではなく人間の息子であり、崇拝の対象ではない」と強調した。・・・・・アブー・バクルはスンナ派では理想的なカリフの一人として賞賛されているが、シーア派では本来預言者ムハンマドの後継者であるべきだったアリーの地位を簒奪したとして、批判の対象となることもある[2]。

ムハンマドの親友でムハンマドの近親を除く最初の入信者であり
義理の父なのにムハマンドを崇拝の対象ではないと云ったのが面白いですね。
カリフ在位わずか2年にして病で亡くなったとあるから殺されたのかな?

カリフとは「アッラーの使徒の代理人」の意味なんだ。

初代カリフ、アブー・バクルが上手に管理していた地域。
0bd68c610d.jpg
https://www.awesomestories.com/asset/view/Spread-of-Islam-Under-Abu-Bakr-632-634-C.E.//1

イスラム世界の歴史 2 正統カリフ時代とアラブ帝国

第2代正統カリフ ウマル時代は領域が拡大してますね。
302029ce161d692a6242af69ac7cd730404e0738d22e6688b3c6f79ae3c93b69.jpg


ISIS/ISILのリーダー アブバクル・アル・バグダディは名前が同じ初代カリフの血統なんでしょうか?この人が夢で見た人類の行列の先頭を歩く子猫なら世界は大変なことになりそうです。

今日はあえてISISの背後を考えないで書きました。

関連記事

| 未分類 | 22:52 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

カラー革命とかシリアやウクライナの偽革命のような感じですね

ISIS/ISILはアメリカやイスラエル、サウジアラビアに支援された胡散臭い組織の偽イスラムですね。

ROCKWAY EXPRESS
http://rockway.blog.shinobi.jp/

マスコミに載らない海外記事
CIA/NATOの‘汚い戦争’作戦の匂い漂うイラクISIS
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/cianatoisis-cec.html

| 奇兵隊 | 2014/06/30 23:39 | URL | ≫ EDIT

Re: カラー革命とかシリアやウクライナの偽革命のような感じですね

先日もちらっと書いたようにもちろんそれは考えていますが、今回は今までとは何かが違うと考えています。エジプトの革命騒動のときもネット中で革命だと歓喜の大騒ぎでしたが、私は最初から偽の革命だと書いてきました。偽の革命の言葉は誰よりも早く使ってきたと自負していますが、今回は何かが違う。

記事にも書こうと思っていたのですが、たとえば彼らのやり方はあまりにもオーソドックスです。ISISの支配勢力の拡大の仕方は古代そのもの。シリアの騒乱と米国がイラクから撤退したのを見計らって当地に攻め込み、金目のモノ、武器を徴収し、勢力を拡大し、自分たちの国にしていく。古代の歴史をみているかのよう。

シリアの騒乱と米国がイラクから撤退したのを見計らって当地に攻め込むスタイルを随分前から計画されていたものと考えるのが妥当でしょうが、それでも何かが違う。

そして今後、海外からISISに参加した若者がまた海外へ戻ることが出てきます。欧州から1万人が参加していると数字が出ています。この広がり方は今までにないものになるかも知れません。信仰心のない若者も参加しています。ネット動画でも勧誘しています。ISISに参加した若者の給料が高いことを知った時はやはり背後に米英(本当は国ではないけれど)などが居るなと思いましたが、それでも何かが違うと感じています。

| まゆみ | 2014/07/01 13:30 | URL |

私は世界中で革命騒動が起きるたびに彼ら支配者の目的は世界を混乱させるためだと書いてきました。

今回のISIS/ISILのイスラム国家樹立宣言でそうか、この手があったかと思いました。混乱させて新たな国を作る。分断して統治せよとも違う。

これらが彼ら支配者のの企みとしても仮にそれが発端としても現実は違ってくる。目的通りに遂行しても違う答えが出てくる。

今回は古代の何かを想起させるものを感じます。霊的ななにかも感じる。

| まゆみ | 2014/07/01 14:04 | URL |

「目的通りに遂行しても違う答えが出てくる。」と書きましたが、もちろん宇宙的な視点からみればこれも決まったことと言えるでしょうが。

| まゆみ | 2014/07/01 14:32 | URL |

カルボン酸

私は、ISISは石、意思、酢、酸
ISILは日本三大魚醤のイシリ(イシル)が思い浮かびました。

カルボン酸ですが、ウィキには
>最も単純なカルボン酸にはアリが生合成するギ酸や、食酢の酸味成分である酢酸がある。カルボキシ基が2つ以上ある酸は、ジカルボン酸、トリカルボン酸…と呼ばれる。最も単純なジカルボン酸はカルボキシ基同士が結合したシュウ酸である。メリト酸はカルボキシ基を6個有するヘキサカルボン酸である。この他にも天然に合成される有名なものにクエン酸(レモンなど)や酒石酸(タマリンドなど)がある。

カルボン酸塩とカルボン酸エステルは英語では両方ともカルボキシラート(carboxylate)となるため注意が必要である。

とあります。何かヒントにならないかなぁ、考えてみます。

| ささきこうじ | 2014/07/01 18:27 | URL | ≫ EDIT

イスラム潰し・・・ 最先端科学は何を目指す?

私はパレスチナにイスラエルを捏造したのは、イスラム金融潰しだと思っています。
ナチスの目的は、欧州からユダヤ人を追い出してパレスチナにイスラエルを拵える為で、目的は持続可能な経済システムであるイスラム金融を潰して、既存の銀行屋の天下を続ける算段なんでしょう。

今回のISIS/ISILのカリフ国家樹立宣言は、勝手に中東の広範囲にイスラム僭称国家を樹立して欧米との戦争に突入することで、イスラムの息の根を止めるのだろうと考えてますが、最先端科学と政治の関わりが謎ですね。
最先端科学で何がしたいのか?がそもそも謎です。

| 奇兵隊 | 2014/07/01 21:53 | URL | ≫ EDIT

Re: カルボン酸

こうじさん、こんばんは。最近コメントがなかたので体調が悪いのか心配していました。

> ISILは日本三大魚醤のイシリ(イシル)が思い浮かびました。

私も検索してこれをみましたが、違うと思いました。

| まゆみ | 2014/07/01 22:52 | URL |

Re: イスラム潰し・・・ 最先端科学は何を目指す?

日本でも最先端科学を重要視していますよね。エネルギーから何から何までこれ抜きでは考えられないんじゃないですか。yasuさんに翻訳をお願いしているものがあるのでしばらく待っててください。

| まゆみ | 2014/07/01 22:57 | URL |

ご心配おかけしました。パネェ~ストレスですが精神は安定しております。

>私も検索してこれをみましたが、違うと思いました。

イカが好きなだけかもです(自爆そして撃沈)イシルは飛びすぎですね、でもすんごい美味しいんですよ。何処まで食いしん坊なんでしょう私は(´;д;`笑)

| ささきこうじ | 2014/07/01 23:16 | URL | ≫ EDIT

こうじさん、わたしがイカ料理で好きなのはイカのリングフライとイカそうめん。

| まゆみ | 2014/07/02 17:38 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT