PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

東村高江などの周辺住民、工事差し止め提訴へ


大雨が降ったり止んだりの中、
あえてじゃじゃ降りの雨の時に出て見たくなった。

フライフィッシング用の長靴は内地で友達にあげてきたし
迷彩色のゴムのシューズがあるけれど
くるぶしまでだから用を足さない。

100円ショップで買った濡れても平気な
ベランダ用の男性用の履物を履いて出かけた。

サイズが大きくて足の指がはみ出る。
皮膚が薄いのもあってすぐ足が痛くなった。

さっき、気づいた。
両足の小指が水膨れになってる。
触ると痛い。反省。

雨で昨日から涼しい。

////////

本島各地で100ミリ超える雨 南城市、八重瀬町に土砂災害警報(琉球新報)
http://j.mp/2cjdQf4

かなり降りました。
首里末吉町で「道路陥没」のニュースも。

Crt3EfBUsAAAhG沖縄に早くも秋風
沖縄に早くも秋風 伊江島でハゼノキ紅葉(琉球新報)
http://j.mp/2ciyoEt

////////

工事差し止め提訴へ 着陸帯建設 高江住民「人格権を侵害」(琉球新報)
http://j.mp/2cqoEFo
『東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設を巡り、東村高江などの周辺住民が国を相手に工事の差し止めを求める訴訟を那覇地裁に提起する方針であることが6日、分かった。早ければ今月中旬にも提訴する。差し止めを求める仮処分も併せて申請する。住民側弁護団によると、建設によりオスプレイなどの訓練が激化することで騒音被害が発生し、日常生活に支障が生じるという「人格権」侵害を主張する。米軍機墜落への不安や、建設の必要性などについても主張する方針だという。』

沖縄ヘリパッド移設「危機感共有を」
沖縄ヘリパッド移設「危機感共有を」 現場描く記録映画(朝日)
http://www.asahi.com/articles/ASJ924H4LJ92OIPE00N.html
『沖縄県東(ひがし)村の高江地区周辺での米軍ヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)移設工事をめぐり、反対の住民らを描く記録映画が近く完成する。機動隊が住民らを排除する中で続く工事に、制作者は「多くの人に現場の『いま』を知ってほしい」と急ピッチで撮影を進めた。上映に加え、個人や団体が上映会を開ける「上映権付DVD」も販売する。映画は、三重県四日市市出身で北海道新得町在住の藤本幸久さん(62)と、札幌市在住の影山あさ子さん(52)の共同監督作品。2人は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設計画をめぐるドキュメンタリー映画「圧殺の海」などを撮影してきた。今回のタイトルは「高江―森が泣いている」(仮題)。約60分の作品になる予定だ。・・・』

img_a1b60cc30a9760e0a6bc447fee529d5088238.jpg
「沖縄は一人じゃない」 元米兵、高江で座り込み参加(沖縄タイムス)
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/60980
『米退役軍人らでつくる平和団体VFP(ベテランズ・フォー・ピース)のメンバーが、沖縄県東村高江周辺の米軍ヘリパッド建設に反対する市民らとともに、工事車両を止めようと道路上に座り込み、警察機動隊と激しくぶつかっている。「私たちは戦争がどういうものか知っている」。ベトナムやイラク戦争を経験し、むしろ米軍が世界各地で紛争を巻き起こしていることを肌で知るメンバーが、米軍基地の機能強化に向けた工事に「ノー」を突きつける。・・・』

////////

沖縄戦の特異性強調 国賠訴訟控訴審 戦争孤児ら証言(琉球新報)
http://j.mp/2cr4F9O

////////

「陸自配備 住民投票を」 宮古島市 市民、条例制定求め陳情(琉球新報)
http://j.mp/2cqoIVx
>・陳情書では「今後50年、100年先まで市民の生活に影響を及ぼす陸自配備計画の民意を問う作業もなく、民意を反映させる余地もない状況を市長が作り出している状況は憲法に違反している」などと批判した。来年1月には市長選挙が行われるが、楚南共同代表は「市長選だと他の政策も争点となったり、賛成派が陸自配備を争点にしなかったりする可能性がある」と話した。

小さな島の市長選は民意が反映されない。
誰が誰に投票したってわかるし、親戚同士が多いし、
それこそ地元に根付いた利権があるでしょう。

////////

Osamu Tomori ‏

このフランスの牛乳の買い上げ価格闘争のケースは、国による買い上げですらなく、市場を独占的する私企業を相手としたもの。思い出すのは、宮古島で1965年、複数製糖工場合併が独占状態を生むとして、砂糖キビ農家が激しく抵抗し阻止行動に出て、騒擾罪適用にまで発展した事件。

この事件、立場によって「宮古農民騒動」「宮古農民弾圧事件」と呼ばれる。Wkpdに立項されているが、極めて偏向した内容。記述は「後に指導者の8人も逮捕された」で終わるが、1975年に高裁で無罪が確定したことに一言も触れていない。 https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E5%8F%A4%E8%BE%B2%E6%B0%91%E9%A8%92%E5%8B%95

この日本語Wkpdの「宮古農民騒動」項目、この媒体の沖縄史(だけではないが)についての右翼的歴史的修正主義の典型例の一。今年初めに50周年(無罪確定40周年)の記念誌が発刊された。が、高露出度のWkが関係者の努力を一挙に無効化する。 http://miyakoshinpo.com/news.cgi?no=14135&continue=on

指導者として逮捕された方の一人は今年の初めに他界された。その前に記念誌の発行が間に合ってよかった周りでは言っていたが、この世代の関係者が偏向に満ちたネットの世界の記述を読んだら無罪確定前、40年以上前に引き戻された思いを抱き、その不公正に憤然とするだろう。

80代になって、半世紀前の過去の闘いにけりをつけた気持ちになっている方々に、でもネットでは違うことになっていますよと残酷な言うことが私にはなかなかできない。彼らがネットの日常的なユーザーでないことは一種幸せなことかとも思う。彼らにまた新たな闘いを負わせることができようか。



//////////

浦添市の松本哲治市長、市長選出馬に前向き(沖縄タイムス)
http://goo.gl/kYNDeZ

日本会議は沖縄を穢し破壊するだけだから出馬しないで。

//////////

CruICDjVMAAGz台湾・宜蘭県
台湾・宜蘭県、那覇に事務所 漁業者の交流促進へ(琉球新報)
http://j.mp/2crkflN
『台湾東北部にある宜蘭県は6日、観光、経済、文化や漁業者間の交流促進のため、那覇市久茂地に沖縄事務所を開設した。関係者によると、台湾の自治体が沖縄に事務所を構えるのは初めてという。開設に当たって沖縄を訪れた台湾琉球協会の理事長で宜蘭県の林聰賢県長(知事)は「経済、教育など各方面で交流を深める拠点としたい」と狙いを語った。同日、県庁に翁長雄志知事を訪ね、事務所設置を説明した。林県長らによると、事務所には当面、委託の職員を1人配置する。

台湾地震予測研究所の所長さんの予測ツイートに
宜蘭県が良く出てくるので名前を覚えました。

//////////

津波想定、基地内通り避難訓練
津波想定、基地内通り避難訓練 北谷町のキャンプ・フォスター(沖縄タイムス)
http://goo.gl/YptXV7

////////

img_ff28061a42609d89a962f95a72139b8e43784.jpg
立体映像に手をかざし操作 沖縄の企業が技術確立、商用化(沖縄タイムス)
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/60992
『国建システム(那覇市、幸地長秀社長)は、センサーに手をかざして立体映像を自由に動かす技術を確立し、全国で初めて商用化している。物体をデータ化し、立体映像として映し出す「3Dホログラム」の技術と、指先の動きをセンサーで読み取る「リープモーション」の技術を独自のプログラムで組み合わせた。中城村護佐丸歴史資料図書館に導入。つぼや皿など村内で発掘された遺物を全角度から見ることができる。今後、他施設への応用、普及を進めたい考えだ。・・・3Dホログラムの立体映像はマウスなどの端末でも動かせるが、同社は新たな操作方法として、リープモーションの機能追加を考案。独自に制御プログラムを構築し、センサーに手をかざすと、指先の動きに応じて立体映像の角度が変化。正面や側面、底面などを見ることができる。全国初の商用化の事例として、5月末にオープンした同図書館に導入。現在、8種類の遺物データが登録されており、段階的に増やしたい考えだ。・・・』

////////

沖縄市「マイナス」続く ライカム開店1年(琉球新報)
http://j.mp/2criSDo

特支生に技能検定 県教委 就労支援へ11月初実施(琉球新報)
http://j.mp/2cqpC4w

八重瀬町が子の貧困調査 小中3000人 施策に生かす(琉球新報)
http://j.mp/2cqp0Mf

////////

CrsnWrvUEAAIX親泊次郎展
技術巧み、沖縄大工 「親泊次郎展」が開幕(琉球新報)
http://j.mp/2cqoVrO
「沖縄大工(ウチナーセーク)親泊次郎の仕事展」(同展実行委員会、南風原文化センター主催)が4日、南風原町喜屋武の同センターで始まった。社寺建設や木造住宅など数々の建築に携わった親泊さんの巧みな建築技術を部分模型や写真、映像などで紹介。沖縄の歴史的な木造建築を分かりやすく解説している。18日まで。

CrsnU14VMAAcIl大琉球写真絵巻
軍属事件もテーマに 21日から石川真生さん「大琉球写真絵巻」(琉球新報)
http://j.mp/2cqoxts

<闘牛>牛若丸
<闘牛>牛若丸、復活狙う大一番 中部老人クラブ連合会50周年大会(沖縄タイムス)
http://goo.gl/IQLNck


関連記事

| 沖縄 | 20:12 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT