PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

万里の長城の「修復」はちゃんとした修復だった。そしてコンクリートではなく三和土。


私も勘違いするところでした。

いつものようにデマが拡散されている。

NHKもデマの報道。

万里の長城 道を平らに塗り固めた責任者処分へ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160928/k10010709821000.html


万里の長城の「修復」がちゃんと修復だった話し
向こうさんは向こうさんでちゃんと色々と考えてやっているよ。という話し

http://togetter.com/li/1030246

Rynax ‏@Rynax_zxc
前日の万里の長城のニュースまた続きがあったよ
設計者が本当の同じ箇所での修復前後の写真をアップして説明した
あれは廃墟化した箇所を固めただけ(見栄えは良くないが固めないと数年のうちに消えてしまうため)
マスコミが写真を間違ったらしい(・_・;
写真は真・修復前

#万里の長城

CtLSECLVYAAcsTF前日の万里の長城の

Rynax ‏@Rynax_zxc
全部通訳するにはスペース的に無理なので、要するに ブログの作者は修復設計の担当者
図1はニュースにあった比較図、左は前、右は後
図2もニュース、修復後
図3は図1左の現状(2016/9/23時点、修復なし)
図4は図2の修復前の様子(2011/9/2時点)

#万里の長城 #修復

CtL_yIgUEAEwVVv全部通訳するには

CtL_yIhUkAA5OTr全部通訳するには

CtL_yIkUAAA8m0t全部通訳するには
CtL_yIiVUAAfphi全部通訳するには

Rynax ‏@Rynax_zxc
@Rynax_zxc つまり、比較されている写真は同じ箇所の写真ではない

Rynax ‏@Rynax_zxc
図4→図2の修復理由について
ここ数年観光客が激増し、野長城の維持管理が難しいので、人が歩くとレンガの位置が変わったり、崩落したりすることがある
#万里の長城 #修復

Rynax ‏@Rynax_zxc
@Rynax_zxc 固めないと、観光客や融雪の影響で、あと数年で完全に崩れるおそれがある
図2の見栄えは良いとは言えないが、これからも技術を改善して、長城を保護していきたい
(図は図4測量当時の状況、かなり危ない)
#万里の長城 #修復 pic.twitter.com/9PrZyNsTEv

CtMGBytVYAAw7-nl固めないと

Rynax ‏@Rynax_zxc
@Rynax_zxc ちなみに記事によると、使われているのはコンクリートではないよ 散らばっている石などを、昔ながらの白灰:黄土を3:7で混ぜたもの(日本語の言い方わからない…)を使って固定や防水処理等の緊急処置をやったらしい

Rynax ‏@Rynax_zxc
@winecology いろいろ調べ中ですが、表面の三和土は風化で少なくなっていくらしいです。数年後はもっと自然の姿になると言われてます。(専門知識がないので、不確かな情報です

Rynax ‏@Rynax_zxc
@takivictory 長城の保全は国からもお金を出しますが、地方財政に頼ることが多いので、貧困地域だと経済的にも保全が難しい現状です 写真箇所はすでに廃墟なので、レンガも石も殆ど残ってないようです。最初の姿に戻すためには建て直すしかないので、それも遺産じゃなくなる気がします…

Rynax ‏@Rynax_zxc
@emilyantony2011 人民日報の中国語記事に「抢救性加固」の記述があって、「応急(緊急)的な固定措置」という意味です。

Rynax ‏@Rynax_zxc
@Exp1oDe_ コンクリートではなく三和土だそうです!私も最初はコンクリートだと思ってました…

Rynax ‏@Rynax_zxc
@Exp1oDe_ 数年経てばもっと自然な姿になるかもしれません。でもこの箇所は元のレンガや石など殆ど残ってないので、復元はどうすれば良いのか難しいですね




関連記事

| ニュース  | 23:04 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

三和土でも固くなる気がするんだが
実際叩きを家の地面としてみんな使ってないか?
つまり事実上あれば固定されたってことのような気がする
実際に他の画像ではコンクリートの中にレンガが混ざってバラバラに入ってるのような画像を見つけました。これについてはどうですか?
ちゃんとした工事ならレンガも積み上げるはずです
これは逆にオリジナルになってしまっています。修復したいなら昔のレンガをバラバラにして粉レベルにしてから最新のレンガの材料と混ぜてちゃんと積み上げたりするか現地の材料で一から作った方が良いと思うんですよね
http://blogc.fujitv.co.jp/simg/blogimg/db2cd/90119/517938_pcl.jpg

| | 2019/02/14 00:46 | URL |

追加

固定措置か緊急措置かそのうように言ってるらしいですがこの状態からどのように元に戻せるんでしょうね

| | 2019/02/14 00:48 | URL |

Re:

長城の保全は国はお金を出すけど、地方財政に頼ることが多いので、貧困地域だと経済的にも保全が難しい現状だとあります。保全と言ってもどこからどこまでを保全というかですが、例えば、レンガを新しくした場合、それは保存とは言えないですね。宇宙からも一目でわかる長城の距離、観光客の多さを考えると保全自体が難しいと思います。

中国はわかりませんが、日本の三和土(たたき)は「赤土・砂利などに消石灰とにがり」をを混ぜて作るようです。三和土なら自然に風化していくのでこれくらいならいいかなと思いますが。。。

こちらのリンク先に三和土の見本があります。
http://www.kuichi.net/053sekoujirei.html

| まゆみ | 2019/02/15 14:41 | URL |

Re:

恒久的な処置ではなく、より良い保存方法がわかるまでの一時的処理だとありますね。応急処置なら三和土もざっくりじゃないでしょうか。

日本の家屋で使われている三和土のほとんんどは屋根があると思います。長城の場合は屋外だから風雨に晒されるし、日本より乾燥もしているでしょうし、形状も違うので風化が早いと想像されます。

| まゆみ | 2019/02/15 15:09 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT