PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

ミュータントメッセージ その5


写真はオーストラリアの友人、イアン家の牧場

イアンみてるかな?
イアンは昔、アボリジニと3ヶ月暮らした。

【ミュータントメッセージ その5】

「自らそれを受容する場合をのぞいて彼らに苦痛を与えることは望まない」
という考え方はとても印象的だった。

<魂の女>の説明によれば、私たちの最高レベルにある個々の魂は
自らが触れる生命に教えと影響を与えるためにやってくる。
むかし殺された部族の仲間たちは、生まれる前は命をまっとうする道を選んでいた。
だが、ある時点でほかの魂を高揚させる試練の一部となる道に進んだのだ、と
<魂の女>は言った。

彼らが殺されたとしたらそれは永遠の契約にもとづくものであり、
彼らが永遠という意味を真に理解していたことを示すものだ。
殺害者はそのテストに落伍したことになり、将来どこかでまた試されることになる。
関連記事

| 日記 | 18:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://cocorofeel.blog.fc2.com/tb.php/16680-1c9fdc13

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT