PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

闇は光


http://pds.exblog.jp/pds/1/200903/11/62/b0086362_14364737.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


「ヤミ」と「カミ」で姫さんがこうコメントされています。

......................................................................................................................................
Commented by 姫 at 2009-03-11 12:50 x

”闇と光”のブログ読ませて頂きました。
捉え方として・・・対とはタイ、対とはツイ・・・解りますね~。
と同時に、ヤヌスを思い出し調べてみると
ローマの古い神。 門の守護神とあり
門は前後にむいた二つの頭を有する姿で表されるという。
で、闇の字のこと書かれてましたね。
私は、門は二匹の蛇で螺旋を想像し、モノを生み出すイメージ。
中に同じくオトですね!
闇=音(光)=言葉=神。。。も在りかなと想いました。

まゆみさんの”闇と光”は、解り易く、イメージし易くていいですね。

.......................................................................................................................................


姫さんのコメントを読み驚きました。

実は「閃き」の流れで新たに「闇」を考えていたからです。
前に闇の字は「門」と「音」と書いたように

閃きに関して何度か(つい最近も)書いたように
漢字の「閃き」では「門」の下に境目に「人」が立っているように
「闇」は「門」の下に境目に「音」があります。

門の下に境目(絶対界と相対界の境目)に音がある。
これをどうやってもっと上手く説明しようと考えていました。
この音をうまく説明できたら記事にしようと思ってたので本当にびっくり。
記念にとりあえずアップしておきます。

こちらが過去記事です。
闇と光 その2 (2007-04-21)
http://cocorofeel.exblog.jp/6760477
闇と光 その3 (2007-04-22)
http://cocorofeel.exblog.jp/6764194/
闇と光 その4 (2008-01-15)
http://cocorofeel.exblog.jp/7940745


姫さんに従って、門を二匹の蛇とラセンと考えれば、
まゆみ的にはDNAを想起。
DNAに刻まれた闇の本当の意味は?

二本のDNAの交差するところに情報があることで考えれば
交差する場所を門として考えることもできそう。


>前後にむいた二つの頭を有する姿

これがまた妙に気になる。
何だろう・・・
出てきそうで出てこない。
思い出しなさい、まゆみ。

普通に思考すれば
前後だから、やはり二つの世界の両方を向いている、見張っている?
二つの世界とは色々に応用できるでしょ。
一番単純に内側と外側ね。
やっぱり、DNA?

あ~、面白し。

行き詰った時はまゆみぶっ飛び。
今度は「音」の漢字。
日の上に立つ。
日を光と考えれば光に立つ。
闇は門の下に境目に光立つことだね。

じゃ結局、過去記事に書いたことと同じだね。
「闇は光に抱かれ、光は闇に抱かれ」とも書いたように
闇は光のことだ、同じだ。
な~んだ。

やたら執拗に「闇と光」を口にし、
二つを悪と善にして分け、
人の目を注意を引きつけ、
身勝手な論理で人々を導こうとする彼らは
やっぱり洗脳してるんだよ。

過激発言でした。

でもこの過激発言をある時期から言いたくて仕方なかった。
もしかしてこれも一連の危険なムーヴメントじゃないかと、
ある時期に気がついたからです。

だって多くの人が流行語のように見事にあっさりと使ってるんだもの。
この氾濫は一体なんだろう?
気持ち悪いなってずっと思ってました。

私が日常的に
闇と光の言葉を使わない理由はこれだったのかも知れない。
もちろん風景的な太陽の光とか暗闇とかは使いますよ。
記憶に間違いがなければ、人にあてはめて「光と闇」を使ったことは一度もないです。

光の漢字はまたこの形そのものだね。
太陽が水面で屈折してるようにみえる。

例のノートシリーズの最後のほうのページに
言葉遊びで「光は太陽を借りること」
「太陽のハンター?」と書いています。(笑

おかしいでしょ。


セカイッテ イッタイ ナンダロウネ

アナタモ ワタシモ ナンダロウネ


一連の騒動は
「闇と光」を執拗に使う人間と使わない人間の揉め事ともいえるね。


関連記事

| ぶっ飛び考察 | 13:12 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

これですっきりしました!
二つと見せ掛けて実は一つ。 二元論を使い「分断して統治する」・・・
歴史的にもよく使われてきましたね。
やはり、日本的には「闇と光」とする考えは、受け入れにくい様に思います・・・。

私には「光」という字は・・・
何か、人間がバンザイをして喜んでいるような感じ、明るい感じがしますね。
また、「光」の字が6画で、言われている様に「6」という数字が
人間を意味するのであれば、面白くないですか?!

| 姫 | 2009/03/11 17:37 | URL | ≫ EDIT

この「闇は光」の記事はほとんどの方が拒絶反応を起こしそうです。(笑)なかなか理解できないでしょう。

>やはり、日本的には「闇と光」とする考えは、受け入れにくい様に思います・・・。

外来のもの、宗教に詳しくないですが、これはキリスト教的ですか?
光と影なら受け入れやすいですが。影と闇は全然、違いますからね。

「6」という数字が人間を意味するというのは初めて聞きました。そうなら面白いですね。マヨさんがいうようにやっぱり、姫さんは先生ですね。

悪魔という言葉も馴染みがないので日常ではまず使いませんが、(サタンは皆無)世間ではよく666を悪魔の数字といいますが、私が持っている数秘術では555が悪魔で666は神だったと思います。6が人間なら3人で悪魔になるんでしょうか。三位一体との3とこの666の3はどうつながるのでしょう。

| mayufuru | 2009/03/11 19:10 | URL | ≫ EDIT

光だ!
闇だ!
と言っている間に、大事なものは見えなくなる・気付かなくて済むのでしょうね。
気づかないままにさせるには、とてもいい方法かもしれません。
両方を同じように見ないようにさせるのは・・・

| まつ | 2009/03/11 20:16 | URL | ≫ EDIT

まつさん、そうですね。
またこのあたりを掘り下げて書いてみたいと思います。

| mayufuru | 2009/03/11 20:59 | URL | ≫ EDIT

こんばんは。
あくまでも、人間を意味するのであれば、ということですね。
読んだところによれば、キリスト教は7を神聖な数として完全数となし、
神によって造られた人間は、それより1つ少ない6ということになっているらしいのです。
だから、6という数が人間を意味すると・・・。

肉体を外観から観察すると(頭が一、足は二、胴と両手を加えて三)
天と地・・・1+2=3
我々人間は、こうして三の世界、天と地との合体した世界にいるのだと。

『黙示録』の十三章には、666が悪魔の数字として記録されているという。
ならば、6という数字が人間を意味するとした聖書の表現は
よく心に留めて置く必要があるという。

「闇と光」と同じく、悪魔も666にしても理解出来ない。
やはり、馴染みがないのだと思う。












| 姫 | 2009/03/11 23:00 | URL | ≫ EDIT

人間三人寄れば何とかとか言いますが、三人寄れば悪魔になっちゃいますね。
ちなみに私は3人でお茶するのが好きです。二人で間が持たないときとかもいいし、会話の内容も変わるし、安定感があるのかな、好きですよ。縁がある数字は2が多いです。

| mayufuru | 2009/03/12 11:11 | URL | ≫ EDIT

3てバランスがとりやすいのかなって思います。
私の子供は男3人の兄弟なのですがそれぞれに違う個性が合って上手い具合にバランスがとれています。
楽器のトライアングルも三角形だから素敵な音が出るのかなと・・・
私は3という数字好きです。3月生まれというのも関係してるかもしれないです。

| 圭 | 2009/03/13 21:06 | URL | ≫ EDIT

そうですね、3はバランスがいいと私も思います。

私は誕生日に2が入ってるせいか、住所はいつも2に縁があります。でも部屋番号は3が結構ありますね。数字を書くときは3と5が好きです。微妙に違って面白いですね。

| mayufuru | 2009/03/13 21:17 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://cocorofeel.blog.fc2.com/tb.php/1996-13eb3743

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT