PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

すべての細胞を貫いて流れる単一の知性


昨日の続き

「三つの要素からなる知識のモデルを使うと、私たちの内側の単一の知性が多様化し、無数のものの組み合わせが現れてくる仕組みがよく理解できる。何百もの酵素やタンパク質やペプチドやアミノ酸が集まってできている私たちの体の五十兆の細胞も、一が多になるという信じられないような現象の好例である。しかし、現象の中で道を見失うのは危険である。「知性の誤り」は、心が自分の本当の源、すなわちすべての細胞を貫いて流れている単一の知性を忘れ、多様性の中に迷い込んでどうしようもなくなるときに生じる。(アーユルヴェーダ)」



関連記事

| こころとからだの健康/アーユルヴェーダ/ホメオパシー | 00:17 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT