PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

デイビッド・アイクからビル・ゲイツへの質問


分離されてないもので
どうやって検査をするのか?
どうやってワクチンを作るのか?

埋め込みたいものを入れるためのものがワクチンだから
分離されてなくても関係ないと言うことですね。

インタビュー動画を書き写しました。

デービッド・アイク:ミスター・ゲイツへの質問
https://www.bitchute.com/video/lyshBLzVUWIc/

デービッド・アイク「ところでミスター・ゲイツ。サー、質問してもよろしいでしょうか?ウィルスを分離しておらず、純粋化していないなら、そして、医療システムのあるべきように、分離したウィルスを生きているホストに入れねばなりません。そして、病気を起こすわけです。このウィルスが起こす病気です。他にも様々ですが、どれ一つとして行われていません、新型コロナには。もし分離してないなら、ミスター・ゲイツ、そのワクチンをどうやって見つけるんでしょう?もう一つの質問です。ウィルスを分離してないなら、どうやってその検査をするんでしょう?そして両方の質問の答えは、不可能です。

ブライアン、前に言いましたね。最初のインタビューだと思いました。ワクチンについて話したときの。すでにあるんです。こういったすべての事、ワクチンを見つける云々は。。。マット・ハンコック、英健康省が先日何と言いましたか?ワクチンの人間での臨床試験?普通は数年だが、数週間でやると。連中がやるべき事は、なぜなら、ワクチンを最初からですからね。マット・ハンコックじゃありませんよ、やつはただのチンピラです。しかし、カルトは知ってます、存在を。ゲイツもです、もちろん。ワクチン開発には数年かかりますから、人々の巨大なダメージを与えるものでさえですね。信頼性問題があるんです。そんなに早くは作れません。ワクチンがOKと言う人でさえ、ちょっと待ってよと。早すぎないか?2年だろう?と。ですから、少しは時間をかけるわけです。しかし、出来る限り少しにしたいんですね、ワクチンを持ってくる時間を。

さて、ワクチンの中身は、初めから準備されてます。なぜなら、ワクチンは作れないからです。なんであっても信じませんけどね、ワクチンは作れません、分離もしてないものに対して。しかし、これが詐欺であれば、地球上のすべての人間に何かを入れるためのワクチンだとしたら、ウィルスに対するワクチンなど開発の必要がありません。なぜなら、ワクチンはそういうものでは無いからです。ワクチンの考え方とは、人々に入れることです、埋め込みたいものをです。




///////

ナカムラクリニック@nakamuraclinic8

"デジタルタトゥー"などというと陰謀論の雰囲気が漂うけど、ゲイツ財団の指示のもとライス大学で開発された実在の技術だよ。ワクチンと一緒に注入する"量子ドットタグ"で、皮下に埋め込まれてバーコードのように機能する。
https://bioengineering.rice.edu/news/quantum-d
aaEW9-Ac9U4AAyiAq.jpg

「このタグは、主に糖でできたミクロ針の中に組み込んで体内に注入される。2分ほどで針が溶けワクチン成分が吸収されるが、同時に皮下にタグが残存し、これがバーコードタトゥーとして機能する。
https://bioengineering.rice.edu/news/quantum-d

量子ドットは銅がベースで、微小サイズのカプセルに埋め込まれている。もはや紙カルテとインクではなく、この量子ドットが医療記録となる。近赤外線の染料が入っていてこれは目に見えないが、埋め込んだデータは特殊なスマホで読み取り可能である。
https://bioengineering.rice.edu/news/quantum-d




関連記事

| ニュース  | 00:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT