PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

「伝言242」


神のあしきり
神の投げ出し
神のあぶり出し

勢いづくその仲間内の
片割れに我、見間違うばかり
はかりごとわけもなく
勢いづいて
我、戸惑うばかり
我にその端をつかませ
投げ出し、神に見合うものを
呼び出し、それはなかんづく
炎のようであろう

かんから抜け出し、火を点け
振り回しながら進みゆくものよ
一網打尽にせずとも
それはヒをみる勢い
かねてから用意させてある者に
かからせよ
時はすでに過ぎ去り
もうこれしかなかろう
反転、返せよ

2020年5月17日(月)17:02






関連記事

| チャネリング詩・伝言 | 22:42 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT