PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

新型コロナウイルスは「エクソソーム」のことだった。


エクソソームについては実はかなり前に知ったのですが、
なかなか記事にできなくてようやくです。

新型コロナウイルス=エクソソームと断言しても良いでしょう。エクソームとウイルスは区別不可能です。姿形、大きさだけでなくプロセスも新型コロナと全く同じ。

外から侵入してきた敵(新型コロナウイルス)と思っていたものは、実は私たちの体自身から出てきたもの(エクソソーム)で、病気に対する反応なんです。敵どころか外敵から私たちを守ってくれる働きをする有難い存在なんです。

(これを別のことに置き換えて、比喩として考えるととても面白いです。外側からやってきたものは実は内側から出てきたもの、自分で生み出したものっていうふうに色んなことに考えられます。)

さて何がエクソソームを放出させているのでしょうか?毒だけでなくストレスや恐怖を感じてもエクソソームが放出されるんです。考えれば考えるほど、実はどんなウイルスも存在しないんじゃないかとさえ思えてくる。

ウイルスは生き物ですらない!

エクソソームのことが広まってくるとメディアを使ってエクソソームの姿形を改ざんしてくるかもしれませんね。


エエクソーム
エクソソームEZylbGVVcAUiYfj
エクソソームEZpFxg1VcAEBelu

動画から一部書き写しましたが、
ぜひ動画を見てご自分で確認してください。
コッホの原則を一つも満たしていないことは
皆さんすでにご存知だと思うので割愛しました。

アンドリュー・カウフマン:コロナウイルスは存在しない
https://www.bitchute.com/video/CPLyoWIQLsUK/

非常に著名な研究者であり学術的医師ドクター・ジェームズ・ヒルドス「ウイルスとは完全にエクソームである、あらゆる意味においてだ」

アンドリュー・カウフマン「何がよりエクソームを放出させることになるのか?それらを血液循環の中に放出させることになる。そしてわかったことはほぼ全てのタイプの身体の損傷だと言うこと。それがこのプロセスの引き金になる、まず毒性物質、様々な論文でこれを検証していた。いくつかでは環境毒を見ていた。ヒ素のような重金属。あるいは有機化学毒。バクテリアの毒の証拠も見つけた。コミュニケーションの心理学的ストレス、恐怖、世界中の人々が感じているものエクソームの放出の結果ということになる。これが偽陽性を起こすかもしれない。肺がんでは多くのエクソームがある。放射線も。観戦、怪我、ある種類の免疫反応。EMF(電磁場)がエクソームを放出する。」

ヒドロキシクロロキンとビタミンCについても語っています。

・何が起こっていようが、パンデミックレベルの病人は出ていないし、死者もいない。その数は典型的なインフルエンザシーズンよりもはるかに低い。

・一部の人は病気になっているが、この病気というのは何らかの種類の「侵食」で、それによりダメージが起こり、その反応でエクソームの放出が起こっている。

・このウイルスとされているものを検査すると、実際にテストしているのはエクソームで、これが示すのは身体の中に何らかの不健康な状態が起きているということ。

・その可能性としては何らかの毒物。確実な例として、肺炎症状の病気は何らかの毒物の吸引によるものであると。これはストレスや恐怖でもありえる。通常のインフルエンザ、肺炎、悪性の風邪を示すこともある。

最後に電磁波。DNAの損傷。

aaEZpjfG9UMAM3jRB.jpg

・単一的な原因とは思えないのに同じような呼吸器症状を示す。20の異なる病気としてリストできる。だから複数の異なる原因の可能性がある。しかしこれまでにウイルスが存在する何の決定的証拠を見ていない。

・しかし確実にわかることはエクソームとウイルスが基本的に区別不可能であること。

・何らかの種類の「侵食」あるいは毒があり、それに曝露すると病気を起こし、それが自身の細胞を刺激してエクソソームを作るよう強いる。彼らは重要なメッセージを携えている。身体の中でこれをどう処理すべきかを。その過程で彼らはこの毒を水浸しにし、スポンジのように吸い上げる、そうすれば身体から安全に除去できる。回復する。

・コロナは実際は我々のエエクソームであることです。外から身体を侵略してきたウイルスではありません。自身の身体から発しており、役に立つんです。これは本当の病気に対する反応なんです。


///////

サテライトTV@sate_tv

新型コロナウイルスだけでなくウイルスと呼ばれている物は病原体ではなく我々の細胞が放出したエクソソームですから存在しませんね。

エクソソームEZuo9Y2VcAA9lT5

ウイルスは寄生生物だと思い込んでいたが生き物ですらない事を知って驚愕した。ウイルスはRNAの遺伝子を持っているが生物ではないのなら遺伝子は不要であり何かの生物がウイルスを作った事になりそれはやっぱりエクソソームであると言う結論になってしまいウイルスはこの世に存在しない事になるのだ。

ウイルスやエクソソームは生物ではないのだからRNAを伝達するためのカプセルだと考えれば理解しやすい。細胞間伝達物質であるエクソソームは細胞が作っているがそれではウイルスは何が作ったのか?と言う問題になるがその答えは存在せず、ウイルスはエクソソームだとという考え方が自然なのである。

病気の人を調べたら細胞からエクソソームが大量に放出されているのを発見し病原体であるウイルスという名前を付けた可能性が高い。エクソソームは人体を守るために必要な情報を他の細胞へ伝達しており体外へも出て親密な人間同士で免疫交換をしている可能性も考えられ免疫機能に深く関係しているのだ。

ウイルスはエクソソームだと言う考え方なら人のDNAの半分はウイルス由来であると言う事実は納得できる。人と人が密になり関わる事で我々の健康が守られているのであってウイルスという悪魔の概念を作り上げる事により巨大な利権を得るだけでなく人と人を分断する材料としても利用されているのである。


blue-cle@bluecle777

5Gなどで損傷した細胞に発生したバクテリアから出る毒をエクソソームが吸い込んで細胞を守ってくれています。このエクソソームをコロナウィルスと呼んでいました。

aaEZs1kwOU4AAT3YF.jpg


blue-cle@bluecle777

イタリアの医師たちは、検死すると必ずバクテリアがいること、コロナウィルスが死因ではないことをを解明しました。カウフマン博士の理論は、その理由も含めて、コロナの真実を教えてくれます。正体は、ウィルスではなく、エクソソームでした。


「生命維持の要 エクソソーム」サイエンスZERO
https://www.youtube.com/watch?v=8GGihmKHkqs&feature=youtu.be



関連記事

| ニュース  | 22:03 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT