PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

風・舵・梶


本来なら、地上での生活も海の民のように、
風を見ながら舵をとるような生活だったんでしょうね。

梶川泰司@synergetics_jp
https://twitter.com/synergetics_jp

この瞬間に、
風の吹かない場所はないが、
目的がなければ、
どんな風も方位をもたない。
風と舵の語源は同じであった。
風向きで目指す方位が決められなかったのだ。

風に逆らう時も受容する時も、風の方位は局所的だが、風は予測的に周期的に移動する。風は、風と相補的な舵によって全方位のテクノロジーとなる。

https://earth.nullschool.net/jp/#current/wi
aaEaYt5yoVAAER0P7.jpg



風と舵の語源は同じ。
梶川さんの梶も同じく。

沖縄では風のことを「かじ」と言います。

「風」の虫とはへび・龍のことなんでしょうね。

古代人は風は龍の姿をした神が起こすと考えていました。

「舵」の「它」は蛇を意味します。
「它」の音読みは「タ」
訓読みは「 へび」

「它」のウィキには
へび(特に毒蛇)を象ったもので「蛇」の原字とある。

中国語の「它(ta)」は日本語の「それ」の意味。

舵をとる時、
水面を泳ぐ蛇のようにくねくねする。

ご存知のように
仏陀にも「它」がありますよね。

蛇はプラズマでもあります。

///////

私は龍と縁があるからか自然に手が動いて
よく蛇をよく描くんですが、いつも可愛くなってしまう。

まゆみ絵へび

空に浮かぶ巨大な白龍の夢をみたときは
1週間後に中国で7クラスの地震が起きました。

1996年1月22日(月)の夢日記。
空に浮かぶ巨大な白龍の夢

///////

蛇といえば、「ナーガ」
「ナーガ」のことを最初に書いたのは2008年。

7つの頭を持つナーガ。
ナーガImage of a Seven-Headed Naga be2

こちらも7つの頭。
ラオスの公園の像。ナーガに守られたブッダ
ラオスの公園の像。ナーガに守られたブッダBuddha_Park_Nagas

つづく



関連記事

| 未分類 | 15:42 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT