PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

新型コロナワクチンとは遺伝子組換技術を使ったRNAワクチンのこと。彼らは人類を遺伝子組み換えしたい


とんでもないことになってきました。

ワクチンによって消えたとされる全ての病気は実はワクチンが利用可能になる前に消えていた。そこで策略が行われ、ワクチンで消えたと信じ込ませるそうなんです。驚くことにワクチンではほとんどランダム化プラシーボコントロール臨床試験が行われていないんです。製品の法的責任も証拠も全て免除されてて、フリーパスなんです。彼らの目的は・・・

昨夜アップしたアンドリュー・カウフマン博士の
連中はCOVID-19ワクチンで我々を遺伝子組み換えしたい」より。
aa9_mxuJn3.jpg

アンドリュー・カウフマン博士が多くのリサーチを行なった結果、病気を起こすウイルスの存在が証明されていないのであれば、ワクチンは私たちを守ってくれるものではないことがわかると言ってます。全ての疫学的証拠を見てみると、ワクチンによって消えたと主張される全ての病気はワクチンが利用可能になる前に消えていると。そこである種の策略が使われる、ワクチンによって消えたと信じさせること。これには多くの例があると。

一部書き起こししました。

アンドリュー・カウフマン博士「ワクチンではほとんどランダム化プラシーボコントロール臨床試験が行われていないんです。いかなる治療学においても黄金標準なんです。FDA承認を受けるためには。しかしワクチンにおいては基本的には免除されているんです。ですからワクチンの承認を得るために唯一やることは、誰かに注射して抗体ができることを見せるだけです。先ほど説明したことは非常に非特異性のもので、免疫については何も示さないんです。ですから、彼らは製品の法的責任を免除され、ランダム化コントロール臨床試験も免除され、そしてまた、基本的には何の証拠も免除されてるんです。主張するようなことが本当にできるのかを証明することです。ですからこれは完全に別の目的のためです。

さてCOVID-19用に開発されているワクチンにいきますが、これらは以前のワクチンとは異なるテクノロジーです。これは非常に驚愕だと思うんですが、これらの企業、例えばInovioですが、数時間で新たなワクチンを開発したと主張してるんです。このウイルスの偽の遺伝子配列からですね。彼らのしてることとしては、基本的に、我々に遺伝子を注射したいんです。これは、電気穿孔法というやり方を使います。2本の針に電流を流すんです。ワクチンと共にです。それが我々の細胞に小さな穴を開け、細胞の中にDNAが入るようにするんです。それが異種タンパク質を作ることになっています。これが免疫を作り出すんだそうです。

しかし、私の説明できるところとしては、彼らは我々を遺伝子組み換えされた生体にしたいということです。これは正確に同じやり方なんですよ、他の遺伝子組み換え生物を作る場合のです。私にはわかりません。彼らが我々にどんな特性を授けたいのかは、疑惑はありますが。例えば、不妊が主なゴールではないかと、このプログラムの。これはビル・ゲイツによって極めて明確に述べられていますね。多くの機会にです。ともあれ、彼らは我々を遺伝子組み換えされた生物にしたいんです。私の意見としてはそれがこのワクチンプログラムの目的です。


///////

これも同じ内容でしょうか。

ナカムラクリニック@nakamuraclinic8

彼らはずいぶん昔からこの計画を温めていた。僕は内部事情には通じてないけど、僕が"全員強制ワクチン"の計画を初めて聞いたのは2008年。教えてくれた人は1996年にはもう知ってたって。昔からある麻疹ワクチンなんかの話ではない。現在彼らが開発中なのは遺伝子組換技術を使ったRNAワクチンで1/6

aaEaqmmrdUYAEUY4R.jpg

これは体内の全ての細胞をいわば"ハイジャック"する。陰謀論の類ではない。ビルゲイツは公の場でこの話をしている。普通のニュースでも報道されている。隠すどころか、すごい技術だと誇っているような具合だ。結局この技術の目的は、特許取得済みのDNAをワクチン経由で我々の細胞に挿入することだ2/6

僕は90年代から裁判の経過をフォローしていた。僕は大学でヒト発生生物学を専門にしていたから、彼らがいつ頃からヒトゲノム配列の研究に何十億ドルと費やし始めたのか知っている。彼らはバカじゃない。それだけ多額の研究資金を突っ込むということは、それ以上のリターンが見込めるということだ。3/6

そんな頃から裁判経過をずっと見守っていたわけ。当初裁判所は"自然に発生したDNA配列については、たとえその配列を発見/特定しようとも、特許取得することはできない"としていた。DNA配列を"創造"した場合にのみ特許取得できるとされて、以後GMO研究が猛プッシュされることになった。4/6



関連記事

| ニュース  | 23:19 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT