PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

世界中が中国になったかのよう


<4日追記>引用ツイートの画像が間違っていたので貼り直しました。

世界中で起きているロックダウン、PCR検査、マスク、検温、透明のビニールシートの壁、消毒、ソーシャルディスタンスなど、ありとあらゆるものが中国から始まった。世界中が中国を見習っているどころか、そっくりそのままをやっている。まるで世界が中国になったかのよう。中国が嫌いな人も全員が中国の真似をしている。そう考えると武漢で起きたコロナは本当はなんだったのかも見えてくる。

///////

崎谷先生のブログより一部引用。

『ロックダウンは最も死亡率を高める政策』
https://ameblo.jp/nomadodiet/entry-12608525279.html

私は当初から、なぜロックダウンを継続して、一気に人口削減して、アジェンダを達成しないのか不思議だったと過去記事でお伝えしていました。その理由がここに来て、明確になりました。

ロックダウンを少し緩和して、すぐにクラスター発生を創作して、またロックダウン、自粛を繰り返すためだったのです。

実際に、日本でも東京でまた新型コロナウイルス感染クラスターが発生したとマスコミに騒ぎ立てさせています。

米国でも、ニューヨーク、カルフォルニアを含む22州でクラスターが発生したと報道させています。やはり、外出禁止やロックダウンが必要と喧伝し始めました・・・

トランプちゃんもマスク着用を言い出しましたね。

そして中国でまた新しい豚インフルエンザウイルスが発生(Proc Natl Acad Sci U S A. 2020 Jun 29;201921186)・・・・・・

これを第二波にするつもりかも知れません(中国もグルということです(^_−)−☆)。

ロックダウンなど無茶苦茶な政策をフェイクサイエンスで強要するには、大衆には通用しますが(普段からうっぷんが溜まっている不健全な人間は逆に密告できるチャンス到来(^_−)−☆)、まだ正気を保っている人たちには通用しません。

したがって、ロックダウン→部分的に開放→ロックダウン→部分的に開放→ロックダウン・・・・(この間に新しいウイルス発生を入れる)を繰り返すことで、正気を保ってシステムに対抗している人の心理状態をゆさぶって隷属させるためだったのです。

さて、またまた驚愕するような研究論文が『ネイチャー』誌に掲載されていました(Nature. 2020 Jun 8;1-8)。・・・



///////

新型コロナウイルスは世界を支配するためのウィルスだ、と発言した英国系パキスタン人医師が停職に追いやられています。

David Icke @davidicke

UK suspends British-Pakistani doctor’s licence after he called the ‘Covid-19 virus’ a ‘hoax’ to control the world – this is what happens when you speak truth to a system run by liars, cheats and psychopaths http://ow.ly/UgDI30qV6jy


狂犬病はないという説がありますね。

續池均(Kin Tsuzuike)@MTR Lab@Kin_Tsuzuike

ワクチンについてはその概念を考案した"パスツールの功績"を検証する必要がある。最初に作られた"狂犬病ワクチン"驚くことにパスツールは狂犬病ウィルスを単離どころか発見すらできず、狂犬病を発症している犬の体で培養してワクチンを開発したとされる

#ワクチン史
https://satehate.exblog.jp/13607835/
aaEb2dwJJUYAAoge1.jpg



///////

誤嚥性肺炎に限らず、全ての病死を都道府県別に毎日告知すればいいんですよ。そうすれば自分たちの愚かさが見えてくるかもしれません。

すべすべ銀行@SubeSube_Ginko

深い哲学を感じる表。
誤嚥性肺炎:3万8千人
と書いてある。
毎日、誤嚥性肺炎の死者を速報でお伝えしてみたらどうだろう?。都道府県別に。
「ご飯ヤバい」「唾液怖い」「岩手のパンと富山の米が特に危険」
「ベストセラー書籍、自分の唾液で死なない50の方法」

いろんな情報が飛び交うだろうな。

aaEbhxDmgU8AUkDIo.jpg



///////

Forest Partners@F1024yama

Qの最新投稿。全米でニューヨーク州など5つの州において、ナーシング・ホーム(高齢者が多い)がコロナ感染者の受け入れを拒否することを禁止した。その結果、ナーシング・ホームのおける全米死者の半分がこの5つの州から発生した。これは事故ではない。システム的殺人である。

https://twitter.com/cjtruth/status/1276217849204350976


サテライトTV@sate_tv

生物は情報伝達のため伝令RNA(mRNA)をカプセルに入れてエクソソームを作っておりウイルスも構造はエクソソームと同じでカプセルにmRNAが入っているがそれでは人に感染するウイルスはどの生物が作ったのでしょうか?そんな事は考えられないからウイルスは存在せずエクソソームだと考えるのが自然です。

コロナ エクソソームEalmTdOU8AEt1ZL

ウイルスは生き物でないから自分でmRNAを書き換えて変異する事はあり得えません。エクソソームだと考えれば細胞が情報伝達の内容を変える事は当たり前でmRNAの変化(変異)は常識なのである。自分の細胞が作ったエクソソームに対するワクチンという考えが間違っており効果もなければ意味もないのである。

表現を変えれば細胞同士で手紙のやりとりをしていると考えられる。細胞が手紙を書いて封筒に入れ宛名を書いて送ったのがエクソソームです。ウイルスも手紙が封筒に入っていて宛名も書かれていますが他の生物がそんな手紙を書くとは思えないのです。細胞間での免疫などの情報交換は必要な事なのです。

エクソソームは1987年に名前が付けられ当初は細胞に不要な物を捨てるためと思われていたが1996年頃から免疫に関わる事が分かり2007年にmRNAを利用して情報伝達している事が判明したのである。このようにエクソソームの事が解明できて来ると同時にエクソソームがウイルス自体を脅かす事になるのである。

エクソソームの事が判明して来ると結果としてウイルスはエクソソームではないのか?という疑問が生まれてウイルス自体が否定されてしまうと巨額な利益を生むワクチン業界にとってはどうにかしてウイルスの存在を決定的にしておかなければならないと考える事は自然な成り行きだと考えられるのである。

ワクチン業界とすれば今後もウイルスは人類の脅威であり非常な危険な存在であり続けなければならない訳であり世界中にその事を刷り込み信じ込ませておく必要があったのだ。そのために新型コロナウイルス騒動が起されて感染が広がりパンデミックになり世界中がその恐怖におののく必要があったのである。

昨年の熱中症による死亡者数は厚生労働省によると1,581人と新型コロナによる死亡者数よりかなり多いので新型コロナの感染よりも熱中症に対する注意がより必要ではないかと思います。




関連記事

| ニュース  | 00:41 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT