PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

レバノン大爆発から、神の杉と呼ばれるレバノン杉へと、そして太陽の船、ニビル、二つの太陽


昨日、出先でニビルのことを聞かれ、
今度また詳しく話すねと言って簡単に話した。
神であるアヌ、エンキ、エンリルのこと、
そして核戦争、ノアの洪水なども。

その何時間後に
アヌンナキとゆかりがあるレバノンで大爆発が起きた。

神の杉とも呼ばれるレバノン杉、そのレバノン杉は松なんですよね。クフ王の太陽の船にも、ソロモン王の神殿にも、ペルセポリスの宮殿にもレバノン杉が用いられた。メソポタミア神話に登場するレバノン杉を守る森の番人「フンババ(フワワ)」は、至高神エンリルに生を受け、太陽神ウトゥにより育てられた巨人 。そしてギルガメッシュ(紀元前シュメルの都市国家ウルクを治めていた半神半人の王)につながってゆく。。。

100 bahram@100bahram

神の杉とも呼ばれるレバノン杉の森へ。カディーシャ渓谷には、古代から良質な木材として名高いレバノン杉が今も自生する。クフ王の太陽の船にも、ソロモン王の神殿にも、ペルセポリスの宮殿にもこのレバノン杉が用いられた。

aaEDW9c17U8AA66Ph.jpg
aEDW9c19U4AEptXf.jpg
aaEDW9c1-UYAAzcAf.jpg


有軌@Fe6xbfIdeR7OUMe

歴史的にもかなり凄くて旧約聖書にも100回近くソロモン王の神殿建築の際などに登場し、古代のエジプトにも深く関わっていて

⚪︎ピラミッドから見つかった「太陽の船」
⚪︎ピラミッド近くから見つかった「クフ王の船」
⚪︎ツタンカーメンの金張の棺

などにレバノン杉が使われているみたいです。


Hiroshi Onishi@HiroshiOns

「かごめ唄」関連で「太陽の船」。
発掘場所:大ピラミッド南面の立坑
推定年代:紀元前2500年頃
材質:レバノン杉製の外航船
排水量:約40トン
全長:43メートル
考察:紀元前5世紀頃、アスワンのユダヤ教神殿が廃棄。
「契約の箱」及び至聖所内堂の金製装飾約20トンの運搬に使用?

CwDc93cUIAAgvVT.jpg
CwDc4C2UMAAJXoK.jpg
CwDcuH6UsAA63in.jpg


NYMH@NYMH_BRN_NW

【太陽の舟】古代エジプト王の墓所に埋葬された舟。王の死後、霊界と現世を往き来するために作られた。レバノン杉が用いられた。レバノン杉は神木であり、究めて高価だった。


八丁𒐜@hachi_SB6

意識が高すぎて杉の森になった
フンババ(アッカド語:Humbaba、シュメール語:Huwawa フワワ)は、メソポタミア神話の『ギルガメシュ叙事詩』に登場するレバノン杉を守る森の番人[1]。その命は至高神エンリルによって受け、太陽神ウトゥにより育てられた巨人 (伝説の生物)


世界の妖怪@sekaiyoukai

フンババ:メソポタミア神話に登場するレバノン杉を守る森の番人。至高神エンリルによって生を受け、太陽神ウトゥにより育てられた巨人 。「恐怖」「全悪」「あらゆる悪」などと呼ばれるがその姿は様々である。一説では巨人であり、恐ろしい怪物でもあり、森の精霊、自然神。その容貌は異形である。

aaDZp4RaFUMAETtJ8.jpg
aaDZp4Rz2UQAAOipb.jpg
aaDZp4ScAVQAAx8wh.jpg
aaDZp4S8IV4AEmjHJ.jpg


偏見で語る世界の英雄bot@eiyu_bot

ギルガメッシュ(B.C.2600頃?)ギルガメッシュ叙事詩に登場する古代メソポタミア・ウルクの伝説の王。半神半人で怪力の持ち主。当初暴君として恐れられたが、親友エンキドゥを得て名君に成長した。フンババ討伐、レバノン杉の獲得、ウルク城壁建設等の功績を遺す。不死を求めるも叶わず


まろたん for Christ@marotan1026JC

104:13 主は天上の宮から山々に水を注ぎ 御業の実りをもって地を満たされる。
104:14 家畜のためには牧草を茂らせ 地から糧を引き出そうと働く人間のためにさまざまな草木を生えさせられる。
104:15 ぶどう酒は人の心を喜ばせ、油は顔を輝かせパンは人の心を支える。


104:16 主の木々、主の植えられたレバノン杉は豊かに育ち
104:17 そこに鳥は巣をかける。こうのとりの住みかは糸杉の梢。
104:18 高い山々は野山羊のため。岩狸は岩場に身を隠す。
104:19 主は月を造って季節を定められた。太陽は沈む時を知っている。


ウルク=ウル=私の名前「フル」です。

2010.03.30 ちょっと「ウル」
http://cocorofeel.blog119.fc2.com/blog-entry-5039.html
2010.03.29 「ギルガメシュ叙事詩」で遊んでみた。
http://cocorofeel.blog119.fc2.com/blog-entry-5031.html
2011.11.01 「ウルのフルのみこと」
http://cocorofeel.blog119.fc2.com/blog-entry-8028.html

///////

2012年12月1日

大槻シン Shin. Ohtsuki🎸@o2key_shin

すでにネットの中では
話題となっている…
つい先日に
西アジア・中東に位置する
レバノン共和国において
「太陽が2つ出現する」
という現象が起こった…

aaA8-mXU8CQAEUVkC.jpg





関連記事

| 歴史/古代史 | 00:20 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT