PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

フェイクコロナパンデミックに勝利したスェーデン


どうしてもスウェーデンを悪例として扱いたい日本のメディア。

Tomoya Yoshizawa/吉澤智哉@livinnovation

日本のテレビ局から度々取材を受けるが既に筋書きが出来でおり、どうしてもスウェーデンを悪例として扱いたいようだ。私がこちらの状況をフラットに説明すると「今回は無かったことに」と連絡が来る。仮に収録となっても私から欲しい回答が出るまで誘導尋問の繰り返し。これが偏向報道の裏側。

私からのへの提言
https://www.youtube.com/watch?v=lsiqCKMrthI&feature=youtu.be


鈴木敏仁@bingsuzuki

スウェーデンに対して閉じていた周辺諸国が開けはじめたと現地のドクターからツィしてましたね。死者数は、人口あたり総死者数だとスカンジナビア周辺諸国並み、超過死亡は昨年のマイナス分と足し引きするとほぼ例年並みになる、といったところです。

WHOがスタンスを変えた模様。「厳しいロックダウンをしないような政策を取ることを各国に勧める。スウェーデンのアプローチがそれだと考えている」キングスカレッジや西浦氏の強行戦略が否定された。スウェーデンの影響は大きい。
https://twitter.com/aginnt/status/1290756915933458435

スウェーデンでは1-15歳までの学校を休校としなかったが、全180万人中に一人も死者は出なかった。先生も他のプロフェッショナルな仕事が有しているリスクと同程度だった。
https://folkhalsomyndigheten.se/contentassets/


Kark@Kark9221

本当にスウェーデンやベラルーシがなかったら今頃どうなっていたのだろう。当人達は自信があったのだろうが、ある意味壮大な社会実験をしてくれて、それも素晴らしい結果をもたらしてくれて、本当に感謝。



///////

You@You3_JPさんのツイート資料保存させていただきましょう。

You@You3_JP

有害な政策を辞めるようにと見識者から意見が寄せられた
「スウェーデンの実績を見て見ないふりをするのはやめよう」
「ロックダウンに意味がないことが研究で解明された」
「NYタイムズは、日本のマスクが有効だと勧めたけど結局効果はなかった」
「マスクしてる国は全滅だ」


End harmful policies that don’t work
https://alachuachronicle.com/end-harmful-policies-that-dont-work/

もう、スウェーデンの例もあるし、イランの例もあるし世界中のデータで確信した。北半球では、数か月以内にいくら感染者が増えようともほとんど人の死なないウィルスになる。それで終わる。亡くなる人は他の病気が原因で、その時、単に陽性だったというだけのこと。あくまで素人の見解だが。
https://twitter.com/You3_JP/status/1290865435693297664

以下、ブルームバーグのオピニオンの概要です。

スペインやフランスは、コロナを抑え込んだといえず、リバウンドなく、コロナを抑え込んだといえる国は、イタリアとスウェーデンである。
https://twitter.com/bopinion/status/1290677484443271168

Bloombergもスウェーデンを推しているね。イタリアの厳格なロックダウンが上手くいったと主張する人がいるかもしれないんだけど、スウェーデンの政策はマラソンタイプで長期的に持続可能な政策と評価している。
https://twitter.com/bopinion/status/1290684844670885889

スウェーデンはロックダウンもマスクもなしで収束しているのに、米国はマスクを着用しはじめたら感染者が増えたことで研究者が疑問を呈している。ロックダウンやマスクを推進する人々からの説明を歓迎しているとのこと。日本のマスク愛好家の人達からマスクの効果を説明してあげられないだろうか?
https://twitter.com/daniellevitt22/status/1291138691880988672

・マスクを義務化することもなく、
・ソーシャルディスタンスを推奨しているものの、無理強いすることはなく、
・国民は、体調が悪いときに自宅で休養するように言われている。

スウェーデンは、「ウィルスの拡大を放置した」のではなく、人々の行動様式は変化した。
https://twitter.com/bopinion/status/1290681332922748933
aaEelr0QyX0AARAzh.jpg

インドの学者も徐々に欧州の研究内容を理解し始めた模様。スウェーデンの実績が欧州の研究内容の裏付けとして世界の学者の眼に映っている。集団免疫に達するための裏技「ダークマター(T細胞の交差免疫)」のおかげで遠いように思えた集団免疫も真近である。都市 Ahmedabadにおける感染者も減少中

https://twitter.com/ExpHealthcare/status/1290198508968935424
aaEep441GUEAAmSSN.jpg

イギリスBBCの報道だと、
スウェーデンの経済に対するコロナの影響は他国よりも小さかった。
「第2四半期の経済の収縮
スペイン -18.5%
フランス -13.8%
イタリア -12.4%
スウェーデン -8.6%
被害はあったものの他国と比べると遥かに良い。」

byノルデア銀行主任アナリスト
https://bbc.com/news/business-

aaEeqQJkuVAAA0DnW.jpg


スウェーデン、イタリア

You@You3_JP

イタリアによるウィルスの制圧は、官僚的に規則を実施し、国民にそれを守らせることで成り立っている。これに対し、スウェーデンは、死者数や感染者数が多いと批判を浴びたものの、政策の一貫性を保ち、変更しなかった。
https://twitter.com/bopinion/status/1290681051539546113

イタリアは徐々に経済を再開している一方でスウェーデンは政策を変えていない。イタリアもスウェーデンもウィルスと共生しようとしている。
https://twitter.com/bopinion/status/1290678203640696832

イタリアとスウェーデンは、次のような特徴がある。
・イタリアは厳格なロックダウンを行って命を救ったとされているがロックダウンは間に合わなかつた。
・スウェーデンはロックダウンを全く行わなかった。

両方との死者の規模は同じ
https://twitter.com/bopinion/status/1290678025898655746

スウェーデン(Sverige)の経済損失は欧州では最低レベルである。欧州委員会のEUROSTATによると、今までのところ、リトアニアの次にGDPの経済損失が少ないことが判明。ロックダウンをしたスペインは、スウェーデンの2倍以上経済損失が大きい。https://cornucopia.cornubot.se/2020/08/sverig

aaEeqW4s9UwAA2tq2.jpg



スウェーデンの成功を妬む米国のメディアもスウェーデンを認めてきた。ロシアメディアは米国は失敗、スウェーデンは成功と冷静に判断している。ドイツのメディア、フォークス もスウェーデンを評価。

You@You3_JP

米国のメディアがスウェーデンの成功を妬み、目の仇にする理由をロシアメディアは次のように表現している「メディアを所有する上級国民は、ロックダウンが人の命を守るものではなく、権力の行使、人々の統制に効果的であり、利益を得る手段だとさえ考えている。スウェーデンのモデルは邪魔である。」
https://twitter.com/You3_JP/status/1290598221127888896

米国のメディアもスウェーデンを認めてきたようだ。CNBCの報道だと、「スウェーデンの経済は欧州の多くの国に勝っている」「欧州経済は第3四半期は持ち直すと思われるが、スウェーデンの経済は、欧州圏での優位性を保ち続けるだろう」
by SEB 銀行 チーフエコノミスト
https://www.cnbc.com/2020/08/05/sweden-coronavirus-record-gdp-fall-still-outperformed-some-in-europe.html?__source=sharebar|twitter&par=sharebar

ロシアメディアは米国は失敗、スウェーデンは成功と冷静に判断している。「世界のまだパンデミックの最中だというのに、スウェーデンの人々は元の生活に戻ってスポーツも楽しんでいる。その一方で、米国は自滅的な危機の中に深く突き進んでいる。」by svpressa

aax82iEFsF.jpg
https://svpressa.ru/world/article/271912/

ドイツのメディア、フォークス もスウェーデンを評価

「スウェーデンは独自の路線を進んだ。当初は批判が多かったが、その独自路線はうまくいったようである。第2波の恐れもなく感染者数は減少している。」

aaMFLM6kGp.jpg

https://m.focus.de/gesundheit/news/von-zweiter-welle-keine-spur-grosse-schweden-analyse-corona-solo-war-vielleicht-doch-der-richtige-weg_id_12270776.html







関連記事

| ニュース  | 23:16 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT