PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

ベイルート大爆発はやはり核爆発が濃厚


被曝が心配ですね。

TianjinNuclearExplos@NicYyj18

#ベイルート大爆発 「クレーターの直径は124m」(CNN 8月6日)。#核爆発 で決まり!#硝酸アンモニウム 2750トン(1.15キロトン)で出来るクレーターは20m以下。ネバダ核実験場での実験結果(1951年11月19日、Buster Jangle作戦、Sugar実験)では、地表爆発で91.4mのクレーターを作るには83キロトン必要。

aaEetccLwU8AAd7DP.jpg

#ベイルート大爆発 通常の化学爆発で凝縮雲(ウィルソン雲)が出来る場合は、写真(自動車爆弾)のように、必ず爆発ガスの外側に突然出現する。衝撃波の前面は超高圧だが、その直後は負圧で、空気中の水蒸気が断熱膨張で冷却されて凝縮して白く見える。ベイルートは化学爆発ではない証拠だ。

aaEeuEYMTU0AIiVZd.jpg
aaEeuEb9TUEAIHifi.jpg
aaEeuEaLVU4AA1xHv.jpg
aaEeuEb9dUEAEi1cb.jpg


TianjinNuclearExplos@NicYyj18
https://twitter.com/NicYyj18

#ベイルート大爆発 専門家でも、報道されている2750トンの #硝酸アンモニウム (TNT換算1.1キロトン)では、直径124m、深さ43mのクレーターを創ることは不可能だと気づき始めているようだな。3キロトン必要と言っている。
https://twitter.com/sinabooeshaghi/status/1290727092884299778

#ベイルート大爆発 何だろうね、この動画? 8月4日の #ベイルート の #放射線 レベル 27.3μSv/h? バックグラウンドの放射線(ガンマ線)の普段の世界的な平均値は 0.08 μSv/hくらい(東京も)だから、約340倍。アラビア語で"Radiation rate in Beirut after the explosion"
https://www.youtube.com/watch?time_continue=10&v=Wteul6CW92g&feature=emb_title

#ベイルート大爆発 動画:8月4日のベイルートの放射線レベル 27.3μSv/h? 測定器はSoeks Ecovisor F4(ロシア製)。専用の線量計ではなく、食品の成分とか電界強度などのマルチ測定器。線量表示の時の単位はマイクロ・シーベルト/h (画面では分かりにくいが)。

aaEfV8fsPUEAAdprd.jpg

#ベイルート大爆発 現地の空間線量率(EDL)測定値! 0.2から0.3μSv/h というのは全然ノーマルじゃない。#ベイルート の空間線量率の平常値は 0.07μSv/h以下、3から4倍高い。3から6キロトンの小型戦術核兵器の、爆発8日後の残留放射線としては有り得る値。
https://twitter.com/samerkaram/status/1293842630372204547


「倉庫の床に積み上げられた袋詰めの2750トンのアンモニア硝酸塩が爆発して、ベイルートの深さ43メートルのクレーターができたと信じる人々は、2機のジェット機がツインタワーを崩壊させたという911の公式発表を信じる人たちだ。」

Bruce Baird@drbairdonline
https://twitter.com/drbairdonline/status/1292464143954350080

The kind of person who believes 2750 tonnes of ammonium nitrate stacked in bags on a warehouse floor blasted a 43-meter deep crater in Beirut is the kind of person who believes two jetliners caused the Twin Towers to "collapse" & destroyed the rest of WTC on 9/11!
Thread
1/
aaEe-6fArU4AAVPcT.jpg
aaEe-6y8pUwAEXDoY.jpg




関連記事

| ニュース  | 16:12 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT