PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

言葉が盗まれ続けている


昨日のハム太郎さんのコメントで
また言葉が盗まれていることが判明した。
これが本当なら悪用に値するので告発として書いておきましょう。
ハム太郎さんご紹介のサイトの管理人は協会の体験会に参加されたそうで
そこにコメントされていた方が書かれているある言葉。

…若い女性にチャネリングさせて(したと言っている)その意識存在がS氏を『神にもできぬ、人間にもできぬ、神人しかできぬ・・・』と言っており、要するに自分が神人だと・・・


これって
私のチャネリング詩のパクリじゃないですか。
私のチャネリング詩をそのまま使っているのか
それとも私の後に受信者にチャネリングさせたのかは分かりません。
若い女性とあるので受信者かなと思います。
そうなら悪質なパクリ、悪用でしょう。

ということは、私のチャネリング詩の評価が高いんだね。

しかし、チャネリング詩では”神人である”とは言ってません。
これがチャネリング詩の難解なところでもあります。

以下、私のチャネリング詩の抜粋です。
日付は2006/11/08 (水)

「神にも出来ぬことがある
神人にしか出来ぬことがある」


コメントにも書きましたが
神人ですが、別に特別なものではありません。
私も沖縄に越してきた時に高い能力があるMさんに
「まゆみさんは沖縄で昔でいう神人だ。」と言われました。
(今はもうなくなったとか言われていた。)
最近名を上げてきたY丸さんは私のことを宇宙神と言いました。
Y丸さんのことは私はまったく評価をしていません。

他にも書ききれないほど、もっと凄い褒め言葉?を色んな方から言われてきました。
だけどこのことを言いふらしたり、利用したことはありません。
何とも思ってません。
え~、そうなの?って笑ってます。

だけど、自分でわかっていること、
たとえば、祝詞で雨を降らせたり、
土地や人を浄化したり、
事を実現化させる能力があること、その他
これは実際起きた事実です。
だから自分のこと、能力として言います。


神人は会社でいえば、課長さんでしょう。
トップと部下の橋渡し役です。
社長ではできない仕事を課長はできますからね。
神人で騒ぐほうがおかしい。

Sさんにはお会いしたことはありませんが能力がある人だとはおもいます。
こういうのって、紙一重じゃないかと思うのです。
能力の裏には大きな欲が潜んでいます。
いくら能力があっても所詮人間ですから歪みます。
歪む理由は欲です。
課長さんでも部長さんでも平社員になります。
社長でも解任されます。

組織を立ち上げ人とお金を集め体験会を開き支部を作り広めていく。
これはと思う人間をそばにおく。
必要なくなれば、利用価値がなくなれば、削除する。
よくある手です。
新興宗教や、きれいな仮面をつけたマルチ商法と同じです。
宗教と同じで、会員になるとどうしても勧誘する傾向にあるようです。
昔からある宗教はそんなことまずないのに新興宗教はこの傾向が強い。
過去幾度となく繰り返されてきたこの悪いパターンは駄目。

クリシュナムルティの良いところは自分を祭り上げた組織を解体し、
一人で世界中にメッセージを届け続けたところでしょうね。


この記事に関して是非、協会の方、コメントください。
情報(緑色の字)が間違いなら間違いだと言って下さい。
是非、検証したいと思います。



私が批判することを嫌う方へ

陰で他者の批判、悪口いう人がほとんどの世の中で
一人くらい私のような人間がいてもいいでしょう。
表に出さないでやってきたから世の中は、特に日本は狂ってきたのです。
正しい方向に向かうためにも、正々堂々と表に出して議論すべきでしょう。

こういうことこそ、神人がやるべきことじゃないですか。
光、光と言うなら表に出すべきでしょう。
会員ブログを部外者にも自由にコメントさせるべきです。
違いますか?

ホントに嘘だらけ、矛盾だらけの世界だこと。

関連記事

| 未分類 | 11:33 | comments:17 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

あえて神で言うならば慢神という印象です
でなければわざわざ自分の高い評価を伝える大義が見つかりません

| Alt | 2009/04/24 21:03 | URL | ≫ EDIT

Altさんの慢神。上手い表現ですね。

音読みでは心は神になりますよね。中国では神をshinと呼んでいたようです。このshin、インドによくある名ですね。

メモ代わりに書いておきます。
聖書を最初に中国語に翻訳したのは、イギリス人のロバート・モリソンという宣教師だそうで、英語の「God」の訳語をめぐって2つの意見が対立。モリソン訳「神天聖書」は、「God」を中国語の「神(shin)」と訳していた。
http://engbib.hp.infoseek.co.jp/god.html

| mayufuru | 2009/04/24 22:53 | URL | ≫ EDIT

神人と、いえば作家の佐藤愛子氏の長年に及ぶ心霊現象・霊障を救った相曾誠治氏も神人と言われていたようです。佐藤愛子さんは、相曾誠治氏のことを「相曾先生はヨレヨレの服を着てどうやって食べているのかわからないような不思議な人でした。だから、私達は先生にお世話になると、幾らという決まりはないけど気持ちで謝礼を渡した。すると、自分が食べる分だけ取って、あとは伊勢神宮に寄付しておられた。」と言っています。とて立派な方だったようです。
相曾氏については佐藤愛子氏の著書「私の遺言」に詳しく書かれています。

| ハム太郎 | 2009/04/27 22:47 | URL | ≫ EDIT

かみひとと呼んでましたが違うのですね。内容も想像していたのとは全然違いました。

■神人
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E4%BA%BA

神人(じにん、じんにん)とは、古代から中世の神社において、社家に仕えて神事、社務の補助や雑役に当たった下級神職・寄人である。

神人には、神社に直属する本社神人と、諸国に存在する神領などの散在神人とがある。

神人は社頭や祭祀の警備に当たることから武器を携帯しており、平安時代の院政期から室町時代まで、僧兵と並んで乱暴狼藉や強訴が多くあったことが記録に残っている。このような武装集団だけでなく、神社に隷属した芸能者・手工業者・商人なども神人に加えられ、やがて、神人が組織する商工・芸能の座が多く結成されるようになった。

京の五条堀川に集っていた祇園社(現 八坂神社)の堀川神人は中世には材木商を営み、丹波の山間から木津川を筏流しで運んだ材木を五条堀川に貯木した。祇園社には、身分の低い「犬神人」と呼ばれる神人が隷属し、社内の清掃や山鉾巡幸の警護のほか、京市内全域の清掃・葬送を行う特権を有していた。

| mayufuru | 2009/04/27 23:18 | URL | ≫ EDIT

日吉大社の日吉神人は、延暦寺の権勢を背景として、年貢米の運搬や、京の公家や諸国の受領に貸し付けを行うなど、京の高利貸しの主力にまで成長した。

石清水八幡宮の石清水神人は淀の魚市の専売権、水陸運送権などを有し、末社の離宮八幡宮に属する大山崎神人は荏胡麻油の購入独占権を有していた。

上賀茂神社・下賀茂神社の御厨に属した神人は供祭人(ぐさいにん)と呼ばれ、近江国や摂津国などの畿内隣国の御厨では漁撈に従事して魚類の貢進を行い、琵琶湖沿岸などにおける独占的な漁業権を有していた。

| mayufuru | 2009/04/27 23:18 | URL | ≫ EDIT

霊示は同じ波長ならとらえることができます。
周波数は一つでも、聞き手が波長を合わせる事ができるなら可能でしょう。ただ、秋田の電波を群馬で聞こうとすると聞こえたり、聞こえなかったり。ですから、あまり、『わたし』というくくりを入れないほうが霊示の場合良いと思いますが。理解できる範囲で、手をかえ、品をかえ、世界中で似たようなこと降りてきていると思いますよ。

あぶりだした後の姿。目的、目標、ビジョンはあるのでしょうか。そこのフォローがなければただ単に騒動しているだけ。話はそれますが、①トラブルが起きた時、その波紋をを単に自己顕示欲で大きくする、②トラブルをまとめ、良い方向に向けてゆく この二つには未来へのとらえ方が大きく違ってきます。
単に、精○○○会と ふるいちまゆみ の戦争状態がビジョンではないはずですよね。どういうビジョンをお望みなのでしょう。それを伝えた方が早いのではないでしょうか。

| M | 2009/04/28 15:41 | URL | ≫ EDIT

>霊示は同じ波長ならとらえることができます。

チャネリング詩・伝言と通信の話ですか?

| mayufuru | 2009/04/28 16:14 | URL | ≫ EDIT

たとえば、向こうにどうしてほしいのか 聞いてみるとか。

その内容を聞ければ、向こうサイドの目的、目標、ビジョンが見えますよね。相容れなければ(共通点が見出せなければ)お互い、それまでの話です。それぞれ頑張りましょう・・・・と。またの機会に・・・ってこと。
それでも1対多数(組織的)でやらかすなら、普通は悪質でしょう。
天国的な行為とは云えない様です。(優しく書いてます。その逆は地獄的)生きながらにして行っている行為は地獄的。そのまま生涯を終えれば、その延長の世界があると教えられています。⇒何も良い事は無い。まったくの無駄。こちらでのルールです^^

ラジオでも1Hzずれると鮮明には聞こえません。ジャストファインもあるし、周辺で何とか聞こえるものもあれば、盗聴ってものあるからね。
どう捉えどう生かすかは、こちらサイドの問題の様です。
万が一、同じものを受けても、生きている人間の心境、捉え方、使命、努力によって現れ方が違うかも知れません。その後の展開、一生、生き様を見れば一目瞭然です。歴史が物語ってくれますよ。

| M | 2009/04/28 18:03 | URL | ≫ EDIT

ほ~
(笑)

| 龍 | 2009/04/28 21:19 | URL | ≫ EDIT

龍さんと同じく
はぁ~
(笑) ・・・です。

| 白い犬 | 2009/04/28 22:12 | URL | ≫ EDIT

御理解頂いたようで 有難うございます。
圧倒的に周波数があわないと、争いにもならないようです。
近いところがさがさチューニングしてるから問題になるのかもね。
たとえですが、参考に。

| M | 2009/04/29 07:05 | URL | ≫ EDIT

「カミとは何ですか」にコメントしたものをこちらにも書いておきます。

「カミとは何ですか」にも、他のチャネリング詩にも頻繁に出てくる、花、一輪の花、花を咲かせよ、などの言葉、受信者の方がよほどお気に入りられたようで、懲りもせず新しい通信に『はな ひらく、 いちりんのはな、 いちりんのはなさく』と書かれてるそうです。

ということは、やはりブログ公開のあとにコピーされるようですね。

17日公開した「無題その61」は全面、花の言葉だらけです。
http://cocorofeel.exblog.jp/10740609/

なんてこった。もういい加減になされては? 恥ずかしくないんですか? 神の一厘は真似しないでね。

| mayufuru | 2009/04/29 16:14 | URL | ≫ EDIT

ミッシェルさん、龍さんも白い犬さんも理解してるはずないのにそういうことを書くのは失礼ですよ。もちろん私も全く理解していません。ミッシェルさん、大丈夫ですか?

| mayufuru | 2009/04/29 23:47 | URL | ≫ EDIT

ヒツクノカミからアマツヒツクに名を変更された受信者と私が、仮に同じ波長で何かを受け取っているなら、シンクロニシティのように同時に起きるはずでしょう。あるいは私が考えていることを受信するなら分かります。ところが全部、私がブログに公開してからあとです。コピーされた私の考察、言葉、詩、チャネリング詩はすべてブログに公開してからです。

そして何度も書きますが、この逆は一切ない。

波長とか霊だとか考えないで、普通に目に見える出来事としてまず考えることをすべきです。

| mayufuru | 2009/04/30 10:54 | URL | ≫ EDIT

大丈夫ですよ。Mは楽なんですよ、一文字で。
やってると知恵が出てくるものです。
そちらのお家騒動は、こちらからすると、ちょうど透明な防弾ガラスの向こう側で起こっている様相です。音も、声も聞こえませんが何かやってる・・・と言う感じ。これが、素直なところです。

なんでわざわざ、有益でも無い事を記事にするのかわかりません。
出すことで、騒動になるなら、そちらの方が悪質・・・という見方もあります。立場の違い(立ち位置)でみえ方は違いますよね。
認めることも必要でしょう。

悪質ではありませんからご心配なく。が、そちらがそう感じたのなら
止めましょう。騒動は無益なので。

それでは、これから 商談入りますので。。。。

| M | 2009/04/30 11:59 | URL | ≫ EDIT

ご飯食べながらの商談成立。

商談しながら思いました。
相手が変わらなければ、自分の心境を変えてみる。
自分が接する方法を変えてみる。
今まで、似たパターンで問題が起こる。そのたびに、すったもんだする。
相手の傾向性があるので、相手が変わらなければ
自分が接する方法を変えてみる。

同じパターンでやると、『また、いつもと同じだ・・・いつもこうだ・・』となる。

相手が変わらなければ、こちらが変わり、知恵を使うしかないのです。

| M | 2009/04/30 13:24 | URL | ≫ EDIT

Mさん。
わけがわかりません。
なぜまだ書き込みをなさるのでしょう?
とても混乱してしまいます。
躁状態なのでしょうか?
これはまゆみさんのブログなので
私はもうMさんについては書き込みませんが
分裂しているとしか思えません。
大丈夫ですか?

| けいこ | 2009/04/30 13:42 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://cocorofeel.blog.fc2.com/tb.php/2145-73cbe671

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT