PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

「プーチンにベラルーシに介入させないようにナヴァルニー事件を起こした」


確かにそう言えます。
難解なことほどシンプルに考えれば見えてくる。
失敗するようなことは決してしないでしょう。
プーチンに不利になることをわざわざするはずがない。
これを仕組んだのは本人、ナワリヌイ側、
プーチン潰しを企んでいる連中と考えるほうが理解しやすい。

川流桃桜@AgainstEmpire@kawamomotwitt

支持率1〜2%の超小物のファシストを暗殺するのに、こんな足の付き易い方法を使ってしかも失敗し、ロシア国内で医師達に確実に殺させるチャンスも逃してむざむざ出国を許したのだとしたら、プーチンは余程の阿呆だ。「自分は無能だ」と世界に触れて回っているに等しい。>

ロシア野党勢力指導者 神経剤使用疑いで欧米とロシア対立激化
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200905/k10012601721000.html


アジア記者クラブ(APC)@2018_apc

なぜロシアに野党指導者やプーチン大統領の「政敵」を殺害すがるという「事件」が集中して発生するのか考えることができない邦字メディア。証拠主義に基づけば、いずれも紙芝居であるこに気づく。露がナワリヌイ殺害を計画的に実行したのなら出国させない。

aae8I5uKZw.jpg
ロシア野党勢力指導者 神経剤使用疑いで欧米とロシア対立激化
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200905/k10012601721000.html

ナワリヌイが今世紀前半、ロシア政界で野党から排除された理由は過激な民族主義者として政治スタイルからだ。その彼をNATO(西側)がリクルートして反プーチンの野党指導者に仕立てた経緯を調べれば、「プーチンの政敵」でなければならない理由は明白なのだ。


ロイターって嘘が多いですね。

川流桃桜@AgainstEmpire@kawamomotwitt

ロシア最大野党は共産党。ナワリヌイ(NEDに支援された新自由主義的極右)の「未来のロシア」なぞ現在未登録な上に党員僅か18,000ぽっちの超弱小で、支持率も1〜2%止まり。ロイターがこんな基本的な事実を間違えるとは考え難いから、恐らく故意に嘘を吐いているのだろう。

aanQFDZGj7.jpg
ナワリヌイ氏入院、ロシア野党に指導者の空白
https://jp.reuters.com/article/russia-politics-navalny-idJPKBN25O0BQ


mko@trappedsoldier

ベラルーシのメディアが、ドイツとポーランドの会話を公表した!

「やあ、ニック。うまく行っているか?」
「すべて計画どおりだ。 ナヴァルニーに関する資料の準備ができ、ドイツ首相府に転送される。彼女の声明を待っている」

https://ria.ru/20200904/navalnyy-1576801535.html

「服毒は、明確に断言されているか?」
「マイク! もうそれは重要ではない。これは戦争だ。戦争では、あらゆる手段が正当化される」
「その通り。プーチンがベラルーシ情勢に手を突っ込むことを思いとどまらせることが必要だ。最も効果的な方法は、ロシア内の問題で彼を溺死させることだ。

国内問題はたくさんある。さらに近い将来、ロシアで選挙がある」
「これは我々の仕事だ。ベラルーシは大丈夫か?」
「正直言って、うまく行っていない。ルカシェンコは解任するのが難しいことが分かった。彼らは専門的で組織化されている。ロシアが彼らを支持していることは明らかだが。

ベラルーシ政府職員と軍は大統領に忠実だ。私たちが働いている間は。残りは電話ではなく、会議で」
「はい、分かった。ではまた。バイ」

以上、ドイツとポーランドの間でやり取りされた電話内容。プーチンに、ベラルーシに介入させないように、ナヴァルニー事件を起こした! 当人たちが言っている!


mko@trappedsoldier

盗聴電話

ポーランド:ハイ、ニック。うまく行ってる?
ドイツ:計画通りだ。ナヴァルニーの資料を独首相府に送付する。メルケルの声明を待っている。
ポ:毒について断言するのか?
独:マイク、それはもう重要ではない。これは戦争だ。戦争では手段がすべて正当化される。

Hello, Nick! Lukashenko’s Scandalous Recordings Unveiled
https://southfront.org/hello-nick-lukashenkos-scandalous-recordings-unveiled-video/

ポ:プーチンがベラルーシ情勢に手を突っ込むのを阻止する必要がる。最善の方法は、ロシア内部の問題で彼を溺死させることだ。近い将来ロシアで選挙が行われる。
独:そのために我々はやっている。ベラルーシはどうなっている?
ポ:正直、うまく行っていない。ルカシェンコを解任するのは難しい。

彼らは専門家で、よく組織されている。ロシアが支持していることは明らかだが。当局と軍は大統領に忠実だ。残りは電話ではなく会議で。
独:はい、わかりました。


mko@trappedsoldier

「最後通告はためにならない。しかし数日中にロシアがナヴァルニーについて明らかにしなければ、パートナーとともに対処法について議論する」―ドイツ外相ヘイコ・マアス。ロシア検事総長がドイツの病院の診断書と検査データを要求しても逃げ回っているドイツが!

aaqQ2eZZ4K.jpg
Germany Expects Russia to Act on Navalny Case in Coming Days, Foreign Minister Says
https://sputniknews.com/europe/202009051080378551-germany-expects-russia-to-act-on-navalny-case-in-coming-days-foreign-minister-says/

2017年に人を蹴りつけるナヴァルニー! 普通の市民はこんなことする?
https://twitter.com/leon_elk/status/1302496292455710720


mko@trappedsoldier

ナヴァルニーはノボシビルスクとトムスクを訪問しており、ロンドンの実業家マリア・ペブチッチ(33歳)を伴っていた。彼女は8月11日に到着し、8月22日に出発。ナヴァルニーが、飛行機の中で具合が悪くなり、オムスクの病院に救急搬送されたのが8月20日。ふ~ん。何か匂うぞ
https://twitter.com/sbobkov/status/1301598752235384832

ロンドンの実業家マリア・ペブチッチの写真は、インターネット上で見つけるのが非常に難しく、彼女がナヴァルニーと一緒の写真は存在しない。また彼女はSNSカウントを持っていない。マリアはアスリートであり、武道の訓練を受けている。ナヴァルニーの助手たちは彼女を知らない。
https://twitter.com/sbobkov/status/1301611377228824576

この美人は8月15日に、モスクワで誕生日を祝い、それからナヴァルニーとともに出張に出かけた。またマリア・ペブチッチは、ナヴァルニーがモスクワに戻る便に同行し、彼の状態悪化でオムスクに緊急着陸しなければならなかった。彼女はロシアへの旅行中、習慣的にVPNを使用している。
https://twitter.com/sbobkov/status/1301610447980822528

マリアは2009年に、ナヴァルニーの「反汚職財団」に非公式に雇われた。当時ほんの22歳だったが、彼女はすでに英国議員の助手だった。ナヴァルニーが海外の情報を入手できたのは彼女のお蔭だった。マリア・ペブチックは個人的にナヴァルニーとだけ連絡を取り、他の助手は彼女の存在も知らなかった。




関連記事

| ニュース  | 21:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT