PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

トビウオとトビイカ


私が夢でトビウオを体験した時は
自分の体は見えないのでトビウオを体験して
気持ちよかったとしか言えません。

生き物は全身を使う。
生き物だから当然といえば当然。

T.OKANO@shirokito

Takeoff
#トビウオ #FlyingFish

aaEgFp8SHUEAI9Jcp.jpg

今回撮れたトビウオの着水、やはり胸ビレや腹ビレは完全に閉じることなく着水してますね。これまで撮れた写真でも完全に閉じていたことはなかったです。

aaEcfaQwuVAAAUXVA.jpg
aaEcfaSsAU0AAEKT4.jpg

トビウオの豆知識
トビウオは海面上に飛び出して滑空するだけじゃ無く、海面を尾鰭で蹴って加速して滑空を繰り返します。飛び出し直後も加速して遠くへ飛んでいくことが多いです。この加速をしやすいように尾鰭の下葉は上葉よりも長くなっています。

aaEa8cZ08UwAAZYcx.jpg
aaEa8cjCaUEAE2LRj.jpg
aaEa8cmBRUcAEbxs8.jpg

トビウオの滑空では、胸鰭や腹鰭の角度や張り具合を変えて飛行をコントロールしています。2枚目は着水前で胸鰭後部を下げ、腹鰭もいっぱいの広げています。あと下半身を下に曲げはじめています。※2枚は別個体

aaEaTtirwVcAEUM9q.jpg
aaEaTt9BvU8AAFl-X.jpg


神 岳 (前歯2本模造品修復中)@takejin009

空気を羽ばたいて加速するより、水を使う方が加速には適してますね。海面加速→滑空→海面加速→滑空 とやりたいのでは。

T.OKANO@shirokito

返信先: @takejin009さん
私が目撃した例では、飛び出し→加速→滑空→加速→滑空→加速→滑空というのがありました。風向きの関係かクルーザーと並走して延々と真横で飛んでいたのを楽しく見たことがあります・・・カメラを手にしてなくて撮れなかったですが(^^;;


T.OKANO@shirokito

今シーズン初のトビイカ飛翔を観察できました。風上方向に旋回しているところを真横から撮影できました。腕で作られた後翼は真っ平らですね。各腕を中央部に集められるんですね。あと分かりにくいですが、眼の上の緑色の構造色がきれいに見えています。(続く)#トビイカ #Flyingsquid

aaEblsuUdVcAEwYfA.jpg

しばらくすると後翼中央の第IV腕、第I腕、触腕を曲げて翼後部を下げています。1枚目の写真と同一個体です。(続く)
#トビイカ #Flyingsquid

aaEblsy8rU0AAzf7b.jpg

滑空中のトビイカの外套膜ってひっくり返した新幹線の先頭車のような感じなんだろうか?
#トビイカ #FlyingSquid

aaEZ0LpNHU8AAvnKF.jpg


神 岳 (前歯2本模造品修復中)@takejin009

返信先: @shirokitoさん
前翼と後翼との角度差が絶妙ですね。主翼(後翼)の仰角と旋回用のねじれが、一度に実現できてる。高速飛翔中ですか?主翼のフラップは上げてますね。

T.OKANO@shirokito

トビイカの飛翔としては、飛翔初期は高速だと思いますが、トビウオと比べるとかなりゆっくり飛ぶ感じですね。外套膜が光を反射して輝く筒が飛んでいく感じに見えました。


T.OKANO@shirokito

伊豆諸島航路では例年は5月くらいから8月前半まで目撃情報がありますが、今年はお盆過ぎにも飛翔が目撃されたのは大きな収穫です。ただ今年は出だしの情報が少なかったのとコロナの影響で航路観察になかなか行けなかったので私が飛翔を撮影できたのは1回だけでした。
#トビイカ #FlyingSquid

aaEhZKltBVkAADI8a.jpg

トビイカの飛翔はとても興味深いです。捕獲者に追われたり船に驚いたりすると、外套膜内に海水を溜め込み漏斗から勢いよく吹き出す反動で海面に飛び出します。ジェットフォイルの推進と同じような感じですね。このジェット噴射は数秒で終わり滑空へと移行します。

aaEhZOPkCUYAAEKlJ.jpg

前翼は通称エンペラとか呼ばれる鰭、後翼は8本の腕と触腕を平らにして、さらに泳膜や腕間膜、保護膜などを使って構成しています。あと飛翔中は外套膜を緊張させて翼を支える胴体としています。

aaEhZO0kZVgAAFbtj.jpg

まだ2回しか観察できていませんが、海面上の部分的な風向きの違いから、群れとは飛行方向が違ってしまった個体が後翼をひねって方向変更することがあるようです。イカ類は眼が良く発達しているので空中でもそれなりに視力があるのかもしれませんね。

aaEhZQYtFUMAIv9vc.jpg

着水は非常に静かに行われる事が多いようです。これは衝撃を避けているのかな?十分に減速して着水直前には外套膜に前翼の鰭を巻きつけ、後翼を畳んで静かに着水することが多いです。

aaEhZRC_FUcAA0qr9.jpg
aaEhZRGBnUwAA63Vo.jpg
aaEhZRJtjUYAESEBg.jpg




関連記事

| ニュース  | 21:21 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

何だろこれ

藤原直哉
@naoyafujiwara
水面を走るヘラジカ
https://twitter.com/naoyafujiwara/status/1310746854116663296

| 奇兵隊 | 2020/09/29 17:33 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT