PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

ニューエイジ、ニュー・ワールド・オーダー、 新生活様式 その3


ディズニー、ハロウインに共通するのは子供の誘拐。
ハロウィンがサタンの祭日だというのは知らなかった。

思いついたことがあるので、明日書きます。

p@OdNezu

「ニューエイジとその派生である様々なスピリチュアリズムはルシファー崇拝、即ちサタニズムだが、彼らは国連、ユネスコ、世界教会協議会、ローマクラブ、ロックフェラーやフォード財団、三極委員会、ビルダーバーグ、フリーメイソン、イルミナティと密接に関係している」(バルドゥッチ司教)

「異常性愛、拷問、麻薬を濫用し悪魔の化身を自認しサタニズムの父と呼ばれたのは19世紀末の英国人アリスター・クロウレイだが、ビートルズ、ツェッペリン、ストーンズ等多くのロック歌手が彼への賛美を公けにし、歌に潜在意識に働きかけるサタン崇拝の言葉を仕込んでいる。」(バルドゥッチ司教)

「スピリチュアリズムやその関連組織の多くが表向き布教している教えは人道的で、無害に見える。しかしそれは人々の信用を得る疑似餌であり(…)実際には理性的な警告を受け入れなくなり、サタニックな考えに惹かれるようになるメンタリティを徐々に養う戦略なのだ。」(バルドゥッチ司教)

「毎年二月ある宗教の大切な祭日があるが、この日の前後は子供から目を離さないよう忠告する。毎年フランスでいったい何人の子供が行方不明になるか正確な数字はわかっていない」(リッセン)

「ハロウィンはサタンの祭日だが、子供の誘拐が増えることでも知られている」(バルドゥッチ司教)




関連記事

| ニュース  | 00:44 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

この時期は要注意って事ですね

>毎年二月ある宗教の大切な祭日があるが、この日の前後は子供から目を離さないよう忠告する。

この「二月」は4/29~5/1のベルテーン祝祭と、10/31~11/1のハロウィーンの2つの事でしょうか。
日本でのハロウィンはこの10~15年くらいで徐々に浸透してきていると言うか、お菓子メーカーの期間限定菓子やマスコミの報道、仮装イベント等で徐々に刷り込まれて来ている感じですが…。

アイク本のに記述があるので以下引用です。引用部分以外はベルテーン祝祭関連の記述が大半です。

=====================================================

「ハイジャックされた地球を99%の人が知らない(上)」
P487・最終行~P488・9行目

もちろん、ベルテーン祝祭のすべてが邪悪な儀式だというのではないし、それぞれの式典に参加している善良な人びとを批判するつもりもない。彼らは春から夏にかけての月に生まれてくる新しい生命を祝福するために祭りに参加している。ベルテーン祝祭自体、メイポール(祭りで立てられる柱)、炎、豊穣、花などにつながる祝祭で、さまざまな名前と形態で、世界中で何千年も前から行われてきている。けれどもこの祭りは、10月31日から11月1日にかけて行われるハロウィーンと並んで、世界中の悪魔崇拝者が特に重要な血と生贄の儀式を執り行う時期でもあるのだ。
 最近になって、ハロウィーンが、特に子どもに向けて、これまでになく宣伝されている事実に注意してほしい。多くの子どもが幽霊や魔女の扮装をして家々のドアをノックしては「トリック・オア・トリート」の決まり文句を口にしているその裏側で、驚くほどの数の子どもが世界中で生贄にされている。ハロウィーンの宣伝は、悪魔崇拝の真の恐怖をごまかすためにやっていることだ。

| xiangwu | 2020/09/28 20:32 | URL | ≫ EDIT

4/30・5/1と言えば

ヴァルプルギスの夜
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%AB%E3%83%97%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%82%B9%E3%81%AE%E5%A4%9C

この単語自体90年には知っていまして、その時点で魔女の集会→悪魔崇拝的な印象だった気がします。
少し検索しましたが、最近はハロウィンと同じで、一般に受け入れられるように遊園地的なイベント化しているみたいですね。

| xiangwu | 2020/09/29 01:32 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT