PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

米大統領選挙 その24(バイデンは不正でないことを証明しないとホワイトハウスに入れない)


パリが凄いことになっているけれど、
中にはアンティファぽい集団が暴れたりしてて、
見極めが難しいですね。

フェイスブックやツイッターで
トランプ側のリンクが貼れない現象が多発してます。
パウエル弁護士が裁判所に提出した訴状のPDFも貼れないんです。
ディープステート側も必死ですね。

カリフォルニア州の下院選挙でも
共和党が議席をひとつ取り返したようです。

aaEn-tJQmUcAEkxlP.jpg
トランプ「バイデン側は8千万票の得票が不正で非合法ではないことを証明しない限りホワイトハウスに大統領として入れない」

藤原直哉@naoyafujiwara

トランプ大統領、バイデン側は8千万票の得票が不正で非合法ではないことを証明しない限りホワイトハウスに大統領として入れない。
https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1332352538855747584

要するにトランプは民事ー>刑事ー>軍事の3段構えでバイデン陣営だけでなく影の政府全体を壊滅させようということだね。バイデン側はまんまとトランプの罠にはまったということだ。

URLはフェイスブックがリンクさせないのでParlerへ
https://parler.com/profile/Fujiwa
aaEn82fZIUwAA1vXa.jpg

5州で票がトランプからバイデンに入れ替えられる瞬間がテレビの映像に残っている

aa9hFNGYen.jpg
Five Videos – Five States Where Votes Were Switched Live on TV Away from President Trump to Biden –Updated
https://www.thegatewaypundit.com/2020/11/four-videos-four-states-votes-switched-live-tv-away-president-trump-biden/

米情報機関で教育を受けてきた米国の有名なサイバーセキュリティーの専門家が宣誓証言。バイデン側の不正選挙は議論の余地なし。

Prominent expert: votes flipped for Biden – “overwhelming and incontrovertible”
https://www.independentsentinel.com/prominent-expert-votes-flipped-for-biden-overwhelming-and-incontrovertible/

CIA元将校のケビン・シップらは今回出てきたサイバーセキュリティーの専門家は信用ならないと最初から言っている。

Uncorroborated “Hammer” and “SCORECARD” Appear in Michigan Election Lawsuit Affidavit
https://www.thepostemail.com/2020/11/27/uncorroborated-hammer-and-scorecard-appear-in-michigan-election-lawsuits-affidavit/


「パウエル弁護士、バイデン側の投票買収の金銭移動の証拠を握る」

藤原直哉@naoyafujiwara

シドニー・パウエル弁護士、バイデン側の投票買収の領収書というか金銭移動の証拠を握ったみたい

DEVELOPING: Attorney Sidney Powell: We’ve Got Pictures of Check Stubs Paid to People to Ballot Harvest (Audio)
https://www.thegatewaypundit.com/2020/11/developing-attorney-sidney-powell-got-pictures-check-stubs-paid-people-ballot-harvest-audio/


選挙分析のシンクタンクによると選挙結果が容易に覆る規模の不正があった。「ドイツで米軍がCIAのサーバーを押収した際、軍とCIAで銃撃戦となり、軍に死者が出たという。トランプ側の作戦の指揮はフリン将軍が行っているという」

藤原直哉@naoyafujiwara

選挙分析のシンクタンク、今回の選挙は不正があったとさまざまな分析結果を提示。不正は選挙結果が容易に覆る規模
https://www.youtube.com/watch?app=desktop&v=atkp6fnwk9w


藤原直哉@naoyafujiwara

トランプ大統領が軍の特殊部隊を直接指揮する刑事事件の逮捕はすでに始まっている可能性がある
選挙後にトランプが行った国防総省の注目人事が意味すること
https://notionalvalue.blogspot.com/2020/11/with-m

ドイツで米軍がCIAのサーバーを押収した際、軍とCIAで銃撃戦となり、軍に死者が出たという。トランプ側の作戦の指揮はフリン将軍が行っているという
https://notionalvalue.blogspot.com/2020/11/situat

フリン将軍が復活し、国防総省が隊列を整え、いよいよとなれば軍が出動して反乱を鎮圧する体制が整っているという
https://notionalvalue.blogspot.com/2020/11/situat


フリン将軍の追い出しをやっていたマクマスターが去年からハドソン研究所の日本部長に

藤原直哉@naoyafujiwara

フリン将軍が復帰した。フリン将軍追い出しをやっていたマクマスターが去年からハドソン研究所の日本部長になっているが、果たしてどうなるかね?

マクマスター氏、日本部長に就任 米シンクタンク
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47657240T20C19A7000000/


この短期間でドミニオン社の社員数が激減している。240人から89人に。

高橋 佑幸@日々是学習/データサイエンティスト@yukou_takahashi

現在分かっているドミニオン社員数の推移は次の通りである
---
11/06:約240人
11/15:●司法省スタッフ、トロントに到着
11/17:●約140人【激減】
11/18:●司法省スタッフ、米国へ帰国
11/27:約91人【激減】
---
●⇒司法省スタッフのトロント滞在期間の印


ペンシルバニア州議会は2020年の総選挙(大統領も議員も)は係争中であると宣言する決議を提出。

藤原直哉@naoyafujiwara

ペンシルバニア州議会、2020年の総選挙(大統領も議員も)は係争中であると宣言する決議を提出
この決議が通ると同州の選挙結果の認証はすべて覆される。

Pennsylvania State Legislature Files Resolution — Disputes Statewide 2020 Election Results
https://gellerreport.com/2020/11/pennsylvania-state-legislature-files-resolution-disputes-statewide-2020-election-results.html/


「バイデン票が600,000票急増した時、トランプ票は3,200票しか増えていなかった」

お賽銭マン@OSAISENMAN

【爆笑】ペンシルベニア州公聴会で証言する米陸軍サイバー戦担当退役将校フィル・ウォルドロン氏「バイデン票が600,000票急増した時、トランプ票は3,200票しか増えていなかった」
https://twitter.com/OSAISENMAN/status/1332837367502184449


果林&樹林 (Karin & Kirin)@japanawakening
https://twitter.com/japanawakening/status/1332889106766909441

とても面白い情報が出てきました!数日前からインターネットで見かけましたが真偽のほどがわからなかったのでツイートしませんでしたが、実際にあった情報だと言うことが確定したのでツイートします!このビデオの内容(英語)です。スレッドで訳していきます

以前もスティーブ・バノンにインタビューされていた元米空軍参謀次長で太平洋空軍司令官も務めたパトリオット、ジェネラル・トーマス・マキナニーのインタビュー。WVWブロードキャストネットワークより↓
シドニーパウエルとトランプ大統領は、ジェネラルフリンを経由して、彼らと共に働いている

クラーケンの組織 305ミリタリーインテリジェンス部隊から情報を入手していると、私は理解している。今回の作戦にはDOJ(司法省)、FBI、CIAなどのディープステート側の組織は関与していない。シドニーパウエルが使っているクラーケンと言う言葉の意味は、305ミリタリーインテリジェンス部隊の

ニックネームであり、それがシドニーの情報源だった。他にも情報源があるが、今は話せない。重要な事は、これらの情報源によると、中国、イラン、ロシアが今回の票の操作に関与していた。さらに米軍の特殊部隊はドイツのフランクフルトにあるサーバーファームを押収した。5つ、または6つの州から

データをインターネット回線でスペインへ送り、そこからドイツのフランクフルトにあるCIAの施設に送っていた。特殊作戦部隊はこれらの施設を押収したので、サーバーを確保している。データも確保している。

押収の際に事故はなかったのかと言う司会者の質問に対しては、事故がなかったとは聞いていないが、ここで言及する事は避けたい。当初の報告では、作戦実行中に米軍の舞台に複数人の死者が出たと聞いている。

と、語っています。なんとCIAが運営している施設で票の操作が行われていたとは!そして予測してましたが、やはり司法省も真っ黒けのディープステート側だったんですね

昨日の段階で私が目にしていたのはNatural Newsというサイトで、有益なニュースが載っています(リンク貼れず汗マーク)こちらの記事によると、今回のフランクフルトでの戦いはDOD(国防総省)とDIA(国防情報局)対 サーバーファームを守るためにアフガニスタンから緊急派遣されたCIAの民兵部隊との戦い

だったそうです。CIA側の兵士1人が死亡し、特殊部隊側の兵士5人が銃撃戦で死亡したそうです。主要メディアではCIA職員はソマリアで殺害されたと、また米軍兵士5人はエジプトでのヘリコプター墜落事故で死亡したと報道されているそうです。また、スペインのバルセロナとカナダのトロントでも

サーバーファームの押収が米特殊部隊によって無事に完了したとの事。

トランプの言うようにこれから1、2週間いろいろな情報が怒涛のごとく押し寄せるのかもしれませんね
同時に今も世界中でパトリオットたちの命がけの戦いが水面下で行われているようです。安全を祈ります



藤原直哉@naoyafujiwara

ソ連末期に起きた91年8月クーデターも同じだが、クーデターを壊滅させるには最後は民衆力が欠かせない。民衆力で最後の壁を倒すというのが聖書のエリコの壁以来の定石である。トランプはちゃんと定石を踏んでいる。


elfcomeback2020@elfcomeback2020

この宣誓供述書は、ドミニオン有権者システムとエジソンリサーチがアクセス可能であり、イランや中国などの不正な攻撃者によって確実に侵害されたという明白な証拠を示しています。」
https://twitter.com/PandaTribune/status/1332169061829062656




関連記事

| ニュース  | 00:17 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT