PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

米大統領選挙 その35(ミシガン州のドミニオン投票機のエラー率は68%。)


まゆみ写真IMG_6961

なるほど、もともと人気がなかったカナダのトルドー首相は
ドミニオンを利用していまの地位を築いた模様。


Online voting in 51 Ontario municipalities marred by election-day ‘system load issue’
https://globalnews.ca/news/4585577/ontario-voting-issues/

トランプはまだ負けてない(田中 宇)
http://tanakanews.com/201215trump.htm

・・・しかし、あれを書いた後、まだトランプが勝てる道があることに気づいた。それは、共和党の論客パット・ブキャナンによる分析を読んでいてハタと気づいた。ワシントンDCなどで、草の根の共和党支持者たちが50万-150万人ぐらいの規模で集まってトランプ支持の大集会を開き、民主党(や軍産マスコミ)による選挙不正をとりしまるべきだ、選挙の本当の勝者はバイデンでなくトランプだ、と主張し続けている。共和党支持者の83%が、民主党が開票時に不正して選挙結果をねじ曲げたと思っている。今後、共和党の草の根からの不満表明の動きが拡大していくと、議員など共和党内の上の方(エスタブ)の人々の中から、党内の民意に沿って民主党の選挙不正ともっと強く戦うべきだと本気で主張する勢力が増大しうる。 (Is Our Second Civil War — also a ‘Forever War’?)

ブキャナンによると、連邦議会上下院の共和党議員は220人いるが、現時点でバイデンの勝利を認めた議員はわずか12%の27人しかいない。共和党議員の88%は、バイデンの勝利を認めていない。これは、草の根党員のバイデン勝利拒否の比率83%より多い。しかしそれなら、彼らのうち、民主党が不正をやって勝った疑惑がある接戦州を選挙区とする議員たちが、地元で反逆的なトランプ勝利の選挙人集会をやるように動いたかというと、そんなことはない。

共和党の議員や評論家、財界人などエスタブ層の多くは、表向きバイデン勝利を認めずトランプ支持であるかのような顔をして、実のところトランプが不正の被害を受けたまま負けていくことを黙認する面従腹背をやっている。トランプ当選まで、共和党でもエスタブ層は軍産傀儡だった。トランプが就任して、ロシアゲートなどで軍産との政争に勝ったので、彼らはトランプに面従腹背していただけだ。88%の議員の多くは、トランプを軍産に売り渡した「ユダ」である。

しかし今後、草の根の共和党員たちが何百万人もの単位で「民主党の選挙不正を取り締まれ」「実際に勝ったのはトランプだ」「共和党の議員エスタブどもは面従腹背をやめろ」と要求し続けると、面従腹背をやめて草の根の勢いに便乗してトランプ続投のために尽力した方が自分の政治的将来にとって良いと考えて、軍産側からトランプ側に転向する共和党内の議員エスタブが出てくる。 ・・・


トランプ「ミシガン州の投票機のエラー率は68%。法的に許されるのは1%より小さくなくてはいけない。ミシガン州長官は、法律を破ったのか?引き続き注目してください」

Donald J. Trump@realDonaldTrump

68% error rate in Michigan Voting Machines. Should be, by law, a tiny percentage of one percent. Did Michigan Secretary of State break the law? Stay tuned!


「アライド・セキュリティ・オペレーション・グループによる法科学的監査の報告で、ミシガン州アントリム郡では投票総数のうち68.05%がエラーであり、これは連邦選挙員会が定めた「0.008%」を遥かに上回る異常な値であることが明らかになった。」

高橋 佑幸@日々是学習/データサイエンティスト@yukou_takahashi

アライド・セキュリティ・オペレーション・グループによる法科学的監査の報告で、ミシガン州アントリム郡では投票総数のうち68.05%がエラーであり、これは連邦選挙員会が定めた「0.0008%」を遥かに上回る異常な値であることが明らかになった。

aaHbaJdxvh.jpg
Forensic auditors find shocking 68% error rate in one Michigan county's votes
https://www.washingtontimes.com/news/2020/dec/14/forensic-auditors-find-shocking-68-error-rate-one-/

こちらが、一次資料と思われる「アライド・セキュリティ・オペレーション・グループ(ASOG)」による報告書である
ASOG代表のラッセル・ラムズランド氏は、宣誓供述書を提出し、今回の選挙が科学的に見て不正であるかの性が極めて高いことを宣言していた。
https://assets.documentcloud.org/documents/2042


藤原直哉@naoyafujiwara

今朝、FBI、州、軍が突然家宅捜索を行い、連邦政府が政府機関すべてにその使用を停止等するよう緊急通知したソーラーウインド社、ドミニオン社がこの会社のソフトを使っていていた。やっぱりドミニオンがらみの不正摘発が始まっているね、一気に。これはおとり捜査でしょう
https://www.theepochtimes.com/dominion-voting-systems-uses-firm-that-was-hacked_3617507.html


ドミニオン法廷鑑識報告書。スレッドで読んでください。

Blah大統領選HQ@yousayblah
https://twitter.com/yousayblah/status/1338628350391308290

ドミニオン法廷鑑識報告書
ミシガン州長官が公開を拒んでいた報告書が判事命令により開示されました。
以下、邦訳スレッドです(一部のみ抜粋)。
https://twitter.com/IvanPentchoukov/status/1338505355463188482

注: 報告書の中でドミニオンの問題点について、ぜひコーヒー郡ジョージアの動画を参考にして下さい。読み込んだ投票用紙に頻繁にエラーを出し、人為的に票の行先を”判定(adjudicate)”させる仕組みの実演です。このミシガン調査報告でも同じ現象が問題提起されました。


トランプのこのツイート気にしている人は多い。
暗号を多用するトランプ。

ひろし@hiroshitokyo46

トランプ大統領はワクチン接種する予定はない。何を意味しているのか?これは注目。
https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1338325735778476035


ハンター・バイデン

アーロン大塚@AaronOtsuka

(1/2)ハンター・バイデン。オマンの資源を中共に売ろうとしていたのかな? 自国だけでなく他国(オマン)を売っている書類が出てきたよ。日本もこのようにバイデン政権になれば売られるのかな?
https://twitter.com/JackMaxey1/status/1337660128187867136

(2/2)ハンター・バイデンのオマン取引の書類。その②. 少女も国もなんでも売られるのかな? 売デン。
https://twitter.com/JackMaxey1/status/1337669177864282112


藤原直哉@naoyafujiwara

フリン将軍、ディープステイトは自分を地下6メートルに埋めた、死んでほしいと思った。しかし米国の民衆が私に生き残る酸素をくれたのでここから抜け出すことができた。
IYIにはわかるまい
https://twitter.com/AmThoughtLeader/status/1338663167463972865


バー司法長官が12/23付で退任し、新たな司法副長官にリチャード・ドナヒュー、副長官代行にジェフ・ローゼンが就任するとトランプが発表。

果林&樹林 (Karin & Kirin)@japanawakening
https://twitter.com/japanawakening/status/1338671428959236097

バー司法長官が12/23付で退任し、新たな司法副長官にリチャード・ドナヒュー、副長官代行ににジェフ・ローゼンが就任するとトランプが発表。このAGローゼンは、最近米国の選挙における外国からの違法な影響についての論文を書いたとか。バーが罠を張り、ローゼンが大量逮捕?期待できそうです

こちらのツイートが良いので意訳します

バーは彼のやるべき仕事をした。犯罪者を全員罠にかけるために今回の選挙を行わなければならなかった。全員を捕まえるためには、これが唯一の方法だった。軍事裁判官は、今度の司法省にいる。軍部に引き渡して下さい。

リチャードドナヒューは、2018年から2020年までEDNYの連邦検事だった。彼は、ジェフ・セッションズによって暫定連邦検事に任命された人物。

ジェフリー・アダム・ローゼンは、2019年から米司法副長官を務め、今月23日から米司法長官代理に就任する。現在の役職に就く前は、法律事務所のカークランド&エリスのシニアパートナーだった。

リチャード・ドナヒューは、米陸軍法務隊の裁判官を務め、軍治安判事、検察官、被告側弁護人、契約訴訟担当官を務めた経歴を持つ。また、彼は第82空挺師団にも勤務した。どんな肌が軍事裁判官だと言うのは偶然か!?

また、リチャード・ドナヒューのオフィスは、知的財産の窃盗とイランに対する米国の制裁に違反しているとして、Huaweiを起訴した。また彼はウクライナ関連の調査の調整役を務めた。リチャード・ドナヒューとマイケル・フリンはどちらも、第82空挺師団に所属していた。

Painがやってくる!!


藤原直哉@naoyafujiwara

テキサス州の共和党員の53%は、バイデンが大統領になったら米国から分離独立したいと思っている
https://victory-insights.com/files/TX_Seces



///////

SYようつべ@ニューノーマルに疑問@rsC0recPNWynI0z

中国はスイスだけでなくイスラエルとも関係が深い。中共バッシング勢力は裏方の存在を考慮すべきである。


よーすけ@yoshimichi0409

反中共勢力=親QAnon勢力は、後ろ盾がNSAやアデルソン、ジェイコブ・ロスチャイルド。その影響下にあるイスラエルやシオニストを批判など出来ない関係性に置かれている。中共叩きは、その代償行為であろう。





関連記事

| ニュース  | 00:42 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT