PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

コロナウイルスの開発と散布の責任がパスツール研究所にあると暴露した医師が精神病院に監禁されている。


コロナ関係の特許を調査し、ウィルスの人工起源とPCRテストが既に2015年に用意されていたことを発見したフランスのジャン=ベルナール・フルチヤン医師が精神病院に監禁され、電気ショックか麻薬の影響下に置かれている。フルチヤン教授が精神病院に監禁された理由は、コロナウィルスの開発と散布の責任がパスツール研究所にあると暴露したからだ。フルチヤン教授は12月4日にパスツール研究所を告訴、研究所は二日後に教授を逆告訴し、警察による身柄拘束が行われ、教授所有のPC等は没収された。

フランスのことを悪魔と書いたことがありますが、
今回のことで書いたのは間違ってなかったと思います。

ご存知のようにパスツール研究所は体制側で、研究も怪しいどころか命を絶つ側です。下に記事があります。

これを書いておかないと読み手は訳がわからなくなるので書いておきます。パスツールに限らず各地の研究所で人工的にウイルスを作っているのは間違いないでしょうが、それでも新型コロナの存在証明がないのでコロナは存在しないと考えます。追記:パスツールで作られたコロナウイルスが武漢へ送られたのは間違いないとしても、それが撒かれたとは考えていません。


p@OdNezu

フランスのジャン=ベルナール・フルチヤン医師はCovid19関係の特許申請を調査、ウィルスの人工起源とPCRテストが既に2015年に用意されていたことを発見、以前ここでも紹介しましたが、なんと12月10日に精神病院に幽閉された。電気ショックか麻薬の影響下に置かれているという噂が流れている…

aa6_qGdAU6.jpg
Nouvelles du Professeur Fourtillan, le lanceur d’alerte interné contre son gré dans un hôpital psychiatrique
https://www.medias-presse.info/nouvelles-du-professeur-fourtillan-le-lanceur-dalerte-interne-contre-son-gre-dans-un-hopital-psychiatrique/137675/

フルチヤン医師:「SARSウィルスにマラリアの断片と157個のDNAと蛋白を挿入したSars-cov1が2003年に特許申請されている。2011年にSars-cov2が申請されていた。ウィルスの内容は同じだ(…)そして2015年にCovid19用PCRテストの特許が申請されていた。」

(1:46:50から)
https://youtube.com/watch?v=FNzqj8

「フルチヤン教授が精神病院に監禁された理由は、Covid19ウィルスの開発と散布の責任がパスツール研究所にあると暴露したことだ(…)私は教授を個人的に知っており、彼とは多くの神学的対話を行ったが、聖職者の立場からも美しい魂の持ち主と断言する。」(サルナーヴ神父)

「フルチヤン教授の精神病院監禁は明らかに体制側の復讐行為で、最終的には教授を抹殺する目的なのではないかと危惧している。教授は12月4日にパスツール研究所を告訴していたからだ。研究所は二日後に教授を逆告訴し、警察による身柄拘束が行われ、教授所有のPC等は没収された。」(サルナーヴ神父)


p@OdNezu 11月16日

「すべてはパスツール研究所が作ったものだ。そこから武漢の研究所に送られた。」(ポワチエ大学薬剤学毒物学元教授ジャン=ベルナール・フルチヤン)

aaEm8xEeDW4AMXth3.jpg


パスツール研究所の素顔は研究所の仮面を被った利権悪徳業者。

p@OdNezu

フランスはエイズ禍時代にも、米国のエイボット研究所が輸血用血液を熱処理する効果を発見したのを、ライバル状態にあったパスツール研究所が自国でのワクチン発見を優先するために無視して熱処理を怠り、汚染した輸血を続けて多数の死者を出している。(シルヴィー・ベルジャンスキー)

そういえば抗癌物質を含む植物を発見して逮捕されたパスツール研究所のミルコ・ベルジャンスキーの娘が著書『癌との闘いに勝つ』の中で既存の植物の効能を発見しても特許を取れないので、特許を取るために何かしら手を加えなければならずその過程で効能が失われることがあると書いていた。

なんだか続々と出てくる:「感染症の世界的専門医ディディエ・ラウルトが2018年に地中海感染症研究用大学病院を設立した時、ブジン厚生大臣もその夫の国立医学研究所所長レヴィも出席せず、またラベルも与えなかった。旧来からのレヴィとラウルトの対立関係のせいである。」

https://twitter.com/OdNezu/status/1241702013341220864

パスツール研究所で当時の所長でノーベル賞受賞者の説を覆すDNA内の癌発生機能に関する実験結果を得てしまったために抗癌物質を発見しても認められず(ただしミッテラン大統領は個人的要望でこれを使用した)、ミッテラン死後に保護を失って逮捕されたミルコ・ベルジャンスキーの話を思い出す…

こんな私でさえ、先生の説とは異なる事実を観察してしまった時、さぞ興味を持ってくれるだろう思ったらあべこべにたいそう叱られまくって呆然とした経験がある…




関連記事

| ニュース  | 14:43 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

t-mari(@kappel0208)関連はこの程度しかヒットしませんね。

t-mari(@kappel0208)のコメント(4) - Togetter
https://togetter.com/id/kappel0208/comment

t-mari(@kappel0208)のまとめ(5) - Togetter
https://togetter.com/id/kappel0208

週刊事実報道
@jijitsuhoudou
米ツイッター、コロナワクチンに関する批判投稿を削除決定。

健康に有害または批判と考えられる内容を含んだ投稿を削除する決定。21日から実施。速報性や個人発信の容易さからツイッター発の有益情報が多くあったが、接種本格化を前に気になる副作用など一切の発言が出来なくなる。
https://twitter.com/jijitsuhoudou/status/1339849812754137088

| 奇兵隊 | 2020/12/18 20:06 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT