PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

「フランス政府はフルチヤン教授の抹殺を決意した」


想像するだけでとても怖いんだけど、
こういうのって氷山の一角なんでしょうね。

「暗殺では情報の信憑性を認めてしまうため、フリーメイソンは黒ミサで話し合った末、教授を精神病院に監禁し白痴化した上でTV出演させ、分裂症患者として紹介する手段を選んだ。」「フルチヤン教授は精神病院で知性を破壊された上、世界のマスコミに紹介され ”covid19がフランスのパスツール研究所で製造された”という発言は彼が精神分裂症のせいだと報道される。白痴化と暗殺双方を提案する者もいる。サタンに奉仕する人々は実に残忍極まりないことを知っておいていただきたい。」

新世界秩序と秘密結社の関係について調査していたカナダのジャーナリスト、セルジュ・モナストもフリーメイソンの指示の下、カナダ政府によって抗精神薬漬けにされ暗殺された。セルジュ・モナストは1993年にcovid19が準備されていることを突き止めていた。


再掲:これを書いておかないと読み手は訳がわからなくなるので書いておきます。パスツールに限らず各地の研究所で人工的にウイルスを作っているのは間違いないでしょうが、それでも新型コロナの存在証明がないのでコロナは存在しないと考えます。パスツールで作られたコロナウイルスが武漢へ送られたのは間違いないとしても、それが撒かれたとは考えていません。

p@OdNezu

フランスでコロナウィルスの人造起源などを暴いたフルチヤン教授が精神病棟に強制隔離され、命の危険に曝されています。

https://twitter.com/Mcreveilorg/status/1339719700113219584
aaEpeiQs2XIAMM6jM.jpg

「みなさん、ジャン=ベルナール・フルチヤン教授が死の危険に曝されています。フランス政府は教授の抹殺を決意しました。教授はコロナが天然sars-covウィルスをベースにフランスで製造された後武漢に持ち込まれ、フランスのパスツール研究所職員達が流出させたものであることを突き止めたからです。」

aaEpiVp4zWwAEPeDL.jpg

「コロナ詐欺を操っているのはフランスのサタニズム勢力です(…)フランスを支配しているイルミナティ/フリーメイソン勢力は、彼らの人類虐殺計画を暴いたフルチヤン教授の抹殺を決定しました(…)暗殺を提案する者もありましたが、それでは人目を引き過ぎるということになったのです(…)」

[フルチヤン教授は人造Sars-cov2が2011年に特許申請されたこと、パスツール研究所製造であることを突き止めていたが] 「暗殺では情報の信憑性を認めてしまうため、フリーメイソンは黒ミサで話し合った末、教授を精神病院に監禁し白痴化した上でTV出演させ、分裂症患者として紹介する手段を選んだ。」

「フルチヤン教授は精神病院で知性を破壊された上、世界のマスコミに紹介され ”covid19がフランスのパスツール研究所で製造された”という発言は彼が精神分裂症のせいだと報道される。白痴化と暗殺双方を提案する者もいる。サタンに奉仕する人々は実に残忍極まりないことを知っておいていただきたい。」


「フルチヤン教授の運命を深刻に受け止めてほしい。神のご加護のない限り、暗殺されるか白痴にされるだろう。24年前にセルジュ・モナストを襲った運命に酷似している…」

セルジュ・モナスト:新世界秩序と秘密結社の関係について調査していたカナダのジャーナリスト。抗精神薬漬けにされ暗殺された。

「カナダのジャーナリスト、セルジュ・モナストはイルミナティ/フリーメイソンの悪魔的計画を付きとめ、1993年既に全人類にIDチップを埋め込むためにCovid19が準備されていることを暴露していた。『黙示録』で警告されているいわゆるサタンによる”獣の刻印”だ。」

あ、フルチヤン教授はsars-cov2の前身sars-cov1が既に2003年に特許申請されていたことを付きとめ、このような操作には十年はかかるため、このウィルスの開発は既に1990年代に始っていたはずだと発言していた。

今世の中で起こっていることを多くの人は新しい事件と思っているが、実際には数十年も前から闇の世界で準備されてきた計画なのだ。Covid19なる似非パンデミーは新事件でもなんでもない。イルミナティとフリーメイソンが古来から推進している計画が最終段階に達したものであるに過ぎない。

1993年既にcovid19が準備されていることを突き止めていたセルジュ・モナストは96年12月5日フリーメイソンの指示の下、カナダ政府に暗殺された。暗殺前家族も破壊された。現在フルチヤン教授の身に同じことが起こっている。教授の夫人も行方不明だ。フランス政府は教授の抹殺を決定したわけだ。

「フルチヤン教授を救うため、キリスト教徒の方は断食し、祈って下さい。これは超自然界の闘いです。キリスト教でない方はあらゆる手を尽くしてこの暗殺計画を阻止してください。サタニストという連中は教授の行ったような極秘事項を暴露される恥を決して許さないことを頭に叩きこんでください。」

「また神の子であるキリスト教徒の方々はフルチヤン教授ばかりでなく、間もなく全人類に強制されようとしているサタンのワクチンの危険について警告しているあらゆる医師や科学者のためにも祈り、この超自然界の闘いを続けてください。彼ら全員がサタンに狙われているのですから。」


white@white55938901

教授は「hold up」というコロナパンデミックを捏造だと糾弾するドキュメンタリーに出演。多くのフランス人の目を覚まし、疑問を問いかけました。どうか、教授が闇の手から守られますように。





関連記事

| ニュース  | 22:52 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT