PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

ウイルスが病気の原因であることは未だかつて証明されていない。ウィルス「22の事実」


ウイルスのお勉強をしましょう。

Germ ‘theory’
https://johnscottconsciousness.com/germ-theory/
aabouquet-scaled.jpg

ウイルス悪者説はルイ・パスツールの詐欺的な研究に基づいており、過去160年間ウイルス学を支配し続けてきた「細菌理論」に反論する医師や研究者からの報告です。

「ウイルスとは、人体の内部で人体によって作成される。100%有機であり、それ自体が体に害を及ぼすことなどない。」「1933年以来、ウイルスと伝染との関連を実証または証明することができた臨床ウイルス学的研究は1つもない。」「ウイルスは皮膚や目から侵入することはできない。」「ウイルスは傷口から侵入することはできない。」「ウイルスは細胞に感染したり侵入したりしない。」「ウイルスの主な機能は、死んだ物質を溶解すること。」「ウイルスに感染する唯一の方法は、直接注射(ワクチン接種)か、またはウィルスを含有する血を輸血すること。」


ウィルス「22の事実」

wake up, stand up@bmdurg

「ウイルスとは、人体の内部で人体によって作成される。100%オーガニックであり、それ自体が体に害を及ぼすことなどない。その真逆。ウィルス(=エクソソーム)は、身体の組織と機能の大掃除をし、健康を維持するために作成されるもの」
https://johnscottconsciousness.com/germ-theory/

ウィルスの、22の事実

1.ウイルスはそれ自体で複製する能力を欠いている。

2. 宿主細胞の複製装置を借りなければ増幅できない。

3.ウイルスは生物ではなく組織化された分子メッセンジャー。

4.人体には何兆個ものウイルスや微生物が存在し、それらは私たちの皮膚、腸、粘膜に生息している。

5. ウイルスが病気の原因であることは、未だかつて証明されていない。

6. 私たちは、ウイルスを呼吸し、食べ、触れている。

7. 1933年以来、ウイルスと伝染との関連を実証または証明することができた臨床ウイルス学的研究は1つもない。

8. ウイルスは皮膚や目から侵入することはできない。粘膜や免疫系がウイルスなどの外来タンパク質を少量廃棄するため。

9. ウイルスは傷口から侵入することはできない。出血は、内側ではなく外側に向かうものだから。

10. ウイルスは、ペトリ皿や生体の外には「存在」しない。

11. ウイルスは、それらを製造してコード化する宿主細胞なしでは機能できず、ウイルスは宿主細胞なしでは複製できない。

12. ウイルスは細胞に「感染」したり「侵入」したりしない。金属毒性が存在するポリオや変性神経系疾患などの特定の状況でない限り、ウイルスが生体組織を溶解することはない

13. ウイルスの主な機能は、死んだ物質を溶解すること。

14. 細胞は、関与する組織の状態に応じて異なるウイルス株を産生する。

15. 人体に固有のウイルス株は32万個あり、各細胞にはウイルスタンパク質の構成が含まれており、体が必要とするときに各株を製造する。

16. ウイルスはRNA / DNAを介して血球によって配列決定/コード化され、特定の死んだ組織や死にかけている組織や老廃物を分解する。

17. 咳・唾液はウイルス感染の媒介物ではない。唾液と粘膜はそのような粒子を分解する。ウイルスは死んだ皮膚の層を越えることができない。皮膚も感染経路とはならない

18. ウイルスに感染する唯一の方法は、直接注射(ワクチン接種)か、またはウィルスを含有する血を輸血すること。でも、そのような場合、体はそれを除去しなければならない異物組織として分析する。タンパク質溶媒(ウイルス)は、生きている微生物が排除できない廃棄物を廃棄するために作られるもの。

19. ウイルスとは、環境によって引き起こされる内部毒性に対する反応であり、ウイルスは動物では周期的です。ウイルスは、血液や組織の老廃物を処理する。季節や気候/気温の変化に応じて、体は大量の毒素を血液に放出して除去する。(続く

続き)水銀、ホルムアルデヒド、その他の化学的副産物などは、本質的に非常に毒性が高いため、生きている微生物は、それらを処理することができない。ウィルスは、微生物が処理できない体内に溜まった有機物質毒素を処理するためのタンパク質である。

21. ウイルスを生物兵器として使用する唯一の方法は、注射である。人工ウイルスを、ワクチンに含ませることは可能であり、さまざまな薬液およびアジュバントを介して、人間に極端な免疫反応を引き起こすように、人口ウィルスを設計することは可能だ。

22. ウイルスは、哺乳類や鳥類や魚類から人類へ、などと異なる種の間で飛び越えて感染することはありえない。人間が動物のウィルスに感染することは不可能だ。なぜなら、ウイルスは伝染性ではないし、動物のRNA / DNAは人間のRNA / DNAと互換性がないから(続く

続き)血液中に、異種の動物の細胞組織を観察できる唯一の方法は、それを直接、注射することだ。注射すれば、ブタの組織、鳥の組織が体内検出されることは可能だ。肉を食べた場合には、消化される過程で人間の組織に変換される。人間の体は動物のウイルスを作り出すことはできない(続く

続き)人間の体で検出されるウィルスは、人間特有のウイルスでなければならず、たとえ動物のウィルスが人間の細胞を「乗っ取った」としても、動物ウィルスは人間の細胞では複製されない。


ってことはさ、

鳥インフルエンザとか、
豚インフルエンザとか、
コウモリ由来のコロナウィルスとか、

全部インチキってことじゃないか!?


アジュバントについてはこの前書いたばかりです。↓
ワクチンは絶対に接種してはいけない。
http://cocorofeel.blog119.fc2.com/blog-entry-21964.html


関連記事

| ニュース  | 00:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT