PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

WHO、バイデン就任式の日にPCR検査に関するガイダンスを変更


たまたまなんですが、
今日は3人にいんちきコロナの話をしました。
一人は医師の卵。あとは知り合い。

私の読みは当たるでしょうか。

動画を書き起こししました。

https://twitter.com/KDystopia/status/1354739825455239170

WHOはPCR検査に関する変更を発表。検査を見直した結果、偽陽性が高すぎると判断。ワン・アメリカのピアソン・シャープによるレポートです。ジョー・バイデンが大統領就任直後、WHOはすみやかにコロナ計算法の修正を行った。水曜日、WHOの発表によると、これまでのPCR検査法は不正確な検査結果を生み出すことがあり、コロナ感染者の数字が劇的に膨れ上がった可能性があるとのこと。その結果、WHOは世界中の研究所に向け、新たなガイドラインを発表。PCRのCt値値を引き下げることで、より正確な検査結果が得られるのではという。WHOの話によると、「陽性がハッキリしない結果には慎重な判断が必要」とのこと。それは検査の増幅回数の設定を体内のウィルス量を測る目的で、高くしすぎたことを意味し、いかなる断片でも陽性結果になっていたことになる。WHOの警告によると、体内のウィルス量が少ないほど、検査の結果陽性となるリスクが高まるという。WHOの説明では、陽性結果の実際の正確性はこれまで考えられていたよりもずっと低いとのことある。WHOの報告では、PCR検査はあくまでも診断の補助的手段であり、診断をPCRだけに頼るべきではないと警告している。その代わりとして医師に促しているのは、患者の病歴や臨床所見である。この発表はほとんどの医師にとって驚きではない。この9ヶ月間、PCR検査は詐欺だと警鐘を鳴らしてきたからである。その主張は大手メディアによって馬鹿にされ、非難されてきた。ある医師がワン・アメリカ・ニュースに答えたところによると、WHOの発表により、コロナ陽性結果は、今後数ヶ月で徐々に減っていくだろう、とのこと。


不正選挙をやりやすくするためにコロナを利用した米国民主党、次はいんちき手法でコロナを収束させるか。
http://cocorofeel.blog119.fc2.com/blog-entry-22128.html

PCR検査は増幅回数を変えれば陽性でも陰性でも自由自在にできる。
http://cocorofeel.blog119.fc2.com/blog-entry-21773.html



関連記事

| ニュース  | 21:35 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT