PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

米大統領選挙 その72(タイム誌大スクープ記事大統領選の秘密)


大統領選の本当の秘密ではないけど、
資料としてアップしておきます。


2021.02.06 タイム誌大スクープ記事大統領選の秘密【及川幸久−BREAKING−】
https://www.youtube.com/watch?v=bGMYi4ww6hY&feature=youtu.be

以下、及川さんの説明とそれに対する私のコメント。

「2020年大統領選を救った影の選挙運動の隠れた歴史」

大統領選を盗んだ影の政府の選挙運動。

「フェアな選挙と民主主義を守るためリベラル団体の連合(150ほど)が水面下で動いた」

フェアな選挙と民主主義を守るためは大嘘。フェアな選挙を壊したのは民主党。既得権益を守るため。水面下とは汚いやり方。犯罪。

タイム誌の記者は左翼の記者で左翼(民主党)を称賛するつもりで
書いた記事が結果的にトランプの証明になってしまうかもしれないと。

「彼らは州に投票制度と法律を変えさせた」
「ビックテックのCEOを直接説得している」

フェイスブックのザッカー・バーグの家でディナーの会があって
その場でリベラル団体がトランプ側のフェイク情報を
検閲してくれと説得。
ツイッターのCEOも同じく。

いったい誰がこの戦略を考えて実行したのか?

マイケルポドホルツアー(AFL-CIO 全米最大の労働組合政治局長)
4年前にトランプに負けてその後、ずっと考えてきた。

トランプは投票で負けても重要州の選挙人票で勝つと考え、
リベラル団体のズーム会議を始め何ヶ月も続いた。

最大の戦略として考えたのが、
郵便投票を増やすことに戦略を絞り込んだ。

それは違うでしょう。不正がしやすい郵便投票のために考えられたのがコロナ。

半分の票が郵便投票。
4分の1が事前投票
4分の1が当日投票

郵便、事前、当日の全てにおいて不正をやった。ドミニオンは?

郵便投票を増やすために膨大な資金が必要だったので、
チャン・ザッカーバーグ・イニシアチブから3億ドル寄付など
多くの寄付を募った。

DS側の豊富な資金を書かないと。

共和党の議員にもフェアな選挙にしようと声をかけた。

大嘘。現実はアンフェアな選挙にしようと声をかけた

トランプ側だと思われていた全米商工会議所は左翼側と秘密協定を結んでいた。

たっぷりもらったんでしょう。これからも。

秘密協定
左翼組織
大企業連合
ビックテック


タイム誌の記者”ある意味ではトランプ氏は正しかった”

以上。


関連記事

| ニュース  | 14:52 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT