PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

マスクで子供たちの五感がズタズタにされる


マスクが病気を作り出すことはしつこく書いてきましたが、
今日は子供のマスクについて。

子供が成長して行く過程で
一番重要なのは他者との触れ合い、
遊びを通しての世界との触れ合いです。

相手の声が聞き取りにくく、
表情も読み取れない場合、
どんな大人になるか想像しただけでも恐ろしい。

相手の声を聞き取ることは
自分の声を聞き取ることであり、
相手の表情を読み取ることは
自分の表情を読み取ることである。

それは世界を聞き取り、読み取ることである。

生きるとは世界を直に見、直に聞き、
直に触れ、学ぶことである。

それがマスクによって遮断され、
自分と世界の間にあってはならない壁ができるのです。
鈍感どころでは済まされない。
五感がズタズタにされる。


書き起こししました。

アンドリュー・カウフマン:マスク外による将来世代への影響
https://twitter.com/jimakudaio/status/1364737229633937408

「(マスクの弊害は)子供には顕著に現れます。子供は学びながら育ちますよね。それぞれ違うやり方で、大人になっていきます。社会的行動や社交性、また言語発達など、様々な学習をして成長していきます。ですから、このような発達段階における学習プロセスが、過酷な政策により多大な影響を受けるわけです。つまり、子供への弊害は深刻なのです。例えば、これはマスクが成長に及ぼす悪影響のほんの一例です。

研究論文からは、子供の言語習得においては、話し声などの聴覚情報だけでなく、話し手の口の動きを見ることで視覚情報にも頼ることがわかっています。この現象は様々な場面で見られ、例えば、異なる音が同じに聞こえる場合、初対面の人のスピーチパターンが慣れない場合などですね。この能力獲得プロセスが発達段階で中断を余儀なくされた場合、言語発達とコミュニケーションにおいて恒久的障害となる恐れがあります。一生の問題です。

また、文化的、社会的側面でも影響は子供にとって極めて重大です。子供らは今、機会がないですね、クラスメートとの人間関係の構築など、親しくなる機会がですが、例えばティーンエージャーは、ロマンティックな関係を築くきっかけがないですよね。それも成長段階で学び、結果、恋愛、結婚へとつながっていくのです。そして数年後、次の世代が生まれる。このように(マスク義務化)政策が人類の未来、そして、次世代に与える影響は甚大です。今お話ししたのは氷山の一角です。


可哀想な子供たち。

あーぁ@sxzBSTqVsIquO06

「いただきますの挨拶は口を押さえて」つらい

aaEvWZPv4VoAAwXGH.jpg


You@You3_JP

日本の園児は、給食を食べるときに口を覆う。なるほど、日本の子供たちは幼少より非科学を叩きこまれている。幼児に非科学を強制する保育園、それを疑問に思わないで黙認する親、誤ったことをまるで正しいルールであるかのように報道するメディア、絶妙のコンビネーションだ。
https://twitter.com/You3_JP/status/1366196635580076036


You@You3_JP

愛知県の小学校教育によると、
「保健委員会が「コロナを防ぐ歯のみがきかた」を発表しました。歯をみがく際に、歯ブラシをもたない手で口の前を覆うことや洗面台に近付いて口をすすぐといった注意点をテレビ放送で伝えました。」
意味がわからないけどついていけない。もう自分は社会不適合者だな。

aaEvW1f1CVcAIaPwJ.jpg




関連記事

| ニュース  | 23:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT