PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

捏造されたエイズ


何度も同じことを書きますが、「PCR法」を発明したキャリー・マリス博士自身が言ってるように、PCRは遺伝子配列を見るもので、病気を特定するものではありません。PCRを病気の診断に使ってはならないと言ってます。(遺伝子を増幅させる検査だから増幅回数を増やせば増やすほど誰でも陽性になるというインチキ)

そのキャリー・マリス博士とエイズのお話。

WE_ARE_THE_RONIN@Allisvanity2012

「PCR法」 発明者キャリー・マリスについて

キャリー・バンクス・マリス(Kary Banks Mullis, 1944年12月28日 - 2019年8月7日[1])は、アメリカ合衆国の生化学者。ポリメラーゼ連鎖反応 (PCR) 法の開発で知られ、その功績により、1993年にノーベル化学賞を受賞した。

1993年にノーベル化学賞を受賞後、エイズの議論や科学者のありかた、環境保護運動に関して、言いたいことをズバズバ言うようになります。

エイズについては「HIVが原因であるとは断定できない。」環境保護運動のインチキについては、「地球環境というものはつねに変化することが特徴なのに、その変化に文句をつけて何になるのか」という正論です。

マリス博士は、「 私はついに理解した。なぜHIVとAIDSの因果関係を論じた参考文献がどんなに苦労しても見つからなかったかを。それは、両者に因果関係がまったくなかったからである」と語っています。また、「PCR検査を感染症検査に使ってはいけない」とも語っています。

その後、2019年8月7日に肺炎(サワニ)で亡くなることになります。

彼は、病気で亡くなったのでしょうか?
それとも
http://www.feelgood21.net/1641/

デジャヴ?PCR発明者が語る「医学はウソだらけ」
https://jimakudaio.com/yt?v=FJuv1cB0zrI&lang=ja

1981年 WHOが同性愛者、麻薬常習者の免疫不全 、カポジ肉腫などを一括し「エイズ 」と発表。不治の病として世界を震え上がらせることになります。しかし、時間が過ぎるごとにエイズが捏造であるとバレ始める事になります。


フランスのエチエンヌ・ド・アルヴァン医師「エイズは 伝染病ではないし、そもそもウイルスが存在しない」「非常に多くの人々が、抗ウイルス薬の毒性によって死亡したことは、疑いようがありません」

オーストリアの生物学者クリスタル・マイヤー女史「 HIVは存在しません。HIVウイルスに見えるものは、実際には、免疫システムで、これは身体の中で生み出されるものです」「アフリカの人達は、健康な人たちが、有害なエイズ治療薬を投与されています。これは大量虐殺です」

WE_ARE_THE_RONIN

フランスのエチエンヌ・ド・アルヴァン医師は、「エイズは 伝染病ではないし、そもそもウイルスが存在しない」「非常に多くの人々が、「抗ウイルス薬の毒性」によって「死亡した」ことは、疑いようがありません」と語っています。

また、オーストリアの生物学者クリスタル・マイヤー女史は、「 HIVは存在しません。HIVウイルスに見えるものは、実際には、免疫システムで、これは身体の中で生み出されるものです」

「アフリカの人達は、健康な人たちが、有害なエイズ治療薬を投与されています。これは大量虐殺です」と語りました。
つまり、エイズは、単なる「薬害」であり、ウイルスが原因ではないし、伝染病でもない。インチキ検査でHIV陽性とレッテルを貼られ、治療薬と称する猛毒によって殺されたのです。

国際エイズ学会は、世界のエイズ研究者がエイズの真相について告発する極めて重大な会議がオーストラリアで開催される予定でした。国際エイズ会議に出席予定の研究者ら約100人が搭乗して飛行機が、

aa1VWOnghQ.jpg
エイズ会議出席者100人搭乗か、ウクライナで墜落の旅客機
https://www.afpbb.com/articles/-/3020914




関連記事

| ニュース  | 01:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT