PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

大和魂と琉球独立総合研究学会


初めて来訪される方に誤解のないように書いておきますが、
過去のブログを読んでもらえばわかりますが、
私は独立賛成の立場です。
何度も独立のことを書いてきました。

経緯がわかればこの記事は削除します。


まゆみ写真IMG_7063

これは書いておかないとダメでしょう。
と言うか誰も書かないと思うので私が書きます。

12日にブログアップした
馬の眼ウマの顔さんのツイッターに上がっている松島泰勝さんの論文を
ぜひ読んでください。こんな謎も珍しいです。

松島さんは琉球独立総合研究学会の設立者で現在は理事。
これは一体どう言うことなんでしょう?
論文の中身は最後まで大日本帝国万歳、大和万歳。
気持ち悪いほどの大和魂の連呼です。

(事実関係はわかりませんが、
この松島さんの論文を独立派の人は
知っているとツイッター上で見かけました。
ところがこれは陰謀論だそうです。
何が陰謀論なんでしょう。
れっきとした論文です。
この論文は日本財団の図書館でも読めます。)

驚くような箇所だけアップしておきます。

「日本とミクロネシア諸国の関係強化に向けた総合研究」松島泰勝
https://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2005/01032/pdf/0001.pdf

自分は幼いころから現在に至るまで大和民族だと意識してきた。これまで世界中で大和民族は立派にやってきており、大変、誇りに思っている。大和民族としての誇りや自信があるから、自分は他のマーシャル人やアメリカ人よりも仕事がよくできた、1 ヶ月 15 ドルの給料が24 ドルという最高の給料になった。現在のマジュロをつくったのは我々であってアメリカ人ではない。 しかし最近の日本を見ていると心配なことが多い。教育が変わった。元に戻すべきである。日本人らしい教育にするべきである。特に婦人に対する教育を重視して、大和撫子を育てるべきである。また日本国憲法、特に9 条を変える必要がある。マーシャル諸島にいると世界の情勢がわかるのであり、たとえ軍隊がなくとも戦争はおきると思う。靖国神社に首相は参拝すべきである。日本のために戦った人を祀ることがなぜ違憲なのかわからない。外国からとやかくいわれる筋合いではない。日本の若者に言いたいことは、大和民族らしく生きてほしいということである。今のままでは日本は駄目になるだろう p13〜14」

「しかし、明治期に日本は沖縄を領有化することで近代国家としての基盤を固めることができた。大東亜戦争では日本民族の生命を守るために沖縄住民自らが戦った。さらにアメリカの軍事占領のなかで沖縄住民のほとんどは日本を母国として慕い本土復帰を希求するという、日本の中で最も激しい民族運動が展開された。沖縄ほど地域として日本民族の生命を維持するために存在した島はない。沖縄の大和魂が潰えない限り、中国は容易に沖縄を支配できないだろう。p39」



幼いころから現在に至るまで大和民族だと意識してきたとか、
元の日本の教育に戻すべきとか、
大和撫子を育てるべきとか、
9 条を変える必要があるとか、
首相は靖国神社に参拝すべきであるとか、

と書かれてありますが、
琉球独立総合研究学会は何のためにあるんでしょう。

>大東亜戦争では日本民族の生命を守るために沖縄住民自らが戦った。

自らですか?

>沖縄ほど地域として日本民族の生命を維持するために存在した島はない。

この文章の解釈が難しいです。
そのまんま受け取ると、沖縄の人の命は日本人のためにあると取れますが、
皮肉とも取れないことはないのですが、
そのあとに「沖縄の大和魂が潰えない限り」とあるので、
やはり前者でしょう。

しかし、謎です。

何かわかったらまた書きます。



関連記事

| 沖縄 | 00:24 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

エミシ化

してるのか?
1,000年以上に亘って被差別民族の立場に堕とされたエミシが明治維新でクーデターを敢行したように、沖縄の一部の人は日本に敵国条項に抵触させて日本再占領・解体から沖縄独立を目論んでいるのかも。
この場合、沖縄も唯では済まないと思いますけど。

| 奇兵隊 | 2021/05/18 13:17 | URL | ≫ EDIT

Re: エミシ化

あまりの謎にスパイ説まで考えました。

| まゆみ | 2021/05/21 12:42 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT