PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

大いなる秘密(デーヴィッド・アイク) 6


● アメリカのブラザーフッド

現在最も強大な国家アメリカは、ロンドンを中枢司令部とするバビロニアン・ブラザーフッドに実質支配されている。大英帝国の歴史上の衰退も、真の力の在りかを曖昧にするために、意図的に計画された。アメリカ合衆国は、イギリスの創作であり、所有物である。イギリスのバビロニアン・ブラザーフッドはフリーメーソンを通してアメリカ司法を支配し、またCFR外交問題評議会やTC日米欧三極委員会を通してアメリカ政治システムをも支配している。アメリカも実質は一党独裁国家。

コロンブスのアメリカ大陸発見は全くの作り話で、彼以前にも、古代フェニキア人をはじめとする多くの者たちが既にアメリカに上陸していた。ブラザーフッドはアメリカ大陸のことは何千年も前から知っていて、有名なピリー・レースの南極大陸地図も、彼らの知識に由来するもの。

○ アメリカの歴史
初期の入植は多くがカルヴィン派ピューリタンだった。アメリカへ渡ったレプティリアン・ヨーロッパ王家・貴族の血流は、のちの合衆国指導層を形成していく。アメリカにおける金融や土地所有は、1606年の英国によるヴァージニア会社設立以降確立されていく。大統領選においては、王家(=レプティリアン)の遺伝子を多く持つものが、常に最終勝者になる。

アメリカ独立戦争においては、合衆国軍司令官ジョージ・ワシントンはじめ、幕僚の大部分はフリーメーソンで、一方対する英国軍の指揮官も多くがフリーメーソンであり、ブラザーフッドは独立戦争の両側を操作していた。この戦争の目的は、合衆国建国と言う表向きをとりつつ、ロンドンのバビロニアン・ブラザーフッドのアメリカ支配を完成させること。英本国による重なる増税など、意図的に反乱の種がまかれ、エージェントたちが英本国に対しての反乱を煽ることで、戦争を起こすきっかけを創り出した。ボストン茶会事件もフリーメーソンの仕業。また、英国軍の作戦は的外れなものばかりで、自ら敗北を選んだ。

南北戦争もブラザーフッドが画策し、フリーメーソンにより引き起こされた。アブラハム・リンカーンは戦費調達のために、政府による無利子紙幣を発行し、私有発券銀行の創設を拒絶したため、暗殺された。直後、私有発券銀行設立が認められ、今に続く。KKKの前身は、南北戦争の裏で暗躍していた秘密結社。

・ ベンジャミ・ンフランクリン:建国の父、バビロニアン・ブラザーフッド。フリーメーソン指導者で、英国情報部員。ブラザーフッドのアメリカ乗っ取りの中枢にあった。 薔薇十字会グランドマスター。フランスのフリーメーソンネットワークをはじめとする多くの秘密結社や、悪魔主義結社“地獄の業火クラブ”のメンバーだった。(彼の屋敷跡地からは、殺人儀式に使われたと思われる人骨10体が発見されている。)
・ ジョージ・ワシントン:フリーメーソン・アレクサンドリア・ロッジのグランドマスター。英国貴族の血流。初代大統領就任式はフリーメーソンの儀式そのものだった。

○ ヴァージニア会社:1604年アメリカ植民地支配のために設立された。筆頭株主は英国王。現在ヴァージニア会社はアメリカ合衆国と名を変えただけで、植民地支配に関する下記の条項は今に至るまで有効。

・ ヴァージニア会社の土地の所有権は英国王室にあり、相続したり売買されているのは永続的使用権。
・ 合衆国にはUSAとusAの二つがあり、英国王室はusAの土地とともに、USAの土地と機関(“IRS”連邦国税庁や“FRBも所有している。
☆ USA:連邦首都ワシントンDC。ヴァージニア会社そのもののこと。
☆ USA:各州からなる領域、旧ヴァージニア会社筆頭株主としての英国王室の所有。
・ ヴァージニア会社は、アメリカで産出される金銀の50%の権利をはじめとする、様々な権益や徴税権などの特権を持っており、それは英国王室により今も受け継がれている。
・アメリカ人の連邦政府に対する所得税の納付義務を規定した法律はどこにもない。連邦国税庁IRSは私営企業で、現在の所得税徴収は詐欺行為。
・ アメリカ刑事裁判所は、現在に至るまでイギリス海事法に従うよう規定されている。

13世紀にイングランド統治権はローマ法王に譲渡されているため、英王室の持つ莫大な資産の真の所有者はヴァティカンである。
合衆国憲法によれば、紙幣の発行権は、米議会に限られたものではない。
ワシントンDCとは、コロンビア特別区のことで、“州”ではない。紙幣を発行する「私有」中央銀行=“FRB連邦準備制度理事会”は、この中にあるため、合衆国憲法の州に対する規定事項から逃れることができる。FRBは通貨を発行し、政府に貸付け利子を取り、最終的には国民がその利子を税金の形で負担している。FRBはあくまで私有銀行の連合体で、合衆国連邦政府はFRBの株式を所有せず、また一般市民も株式の保有はできない。FRBはクーン・ロエブ、ロスチャイルド、ロックフェラー、モルガン、ハリマンらの共謀により1913年創立。




関連記事

| 歴史/古代史 | 00:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT