PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

「それ以外に出口はない」


いんちきコロナ騒動に翻弄される人々、
人類史上最強・最悪の新興宗教「マスク教」の布教、信者を見ていると
ますます世界はボーム が危惧していた
「断片化」に陥っていることがよくわかります。

まゆみ写真IMG_0160

「科学」の本来の意味は「知る」こと。
「数学」は「理解する」とか「学ぶ」という意味で本質的にはアート。
アート(芸術、技巧)の元来の意味は「適合させること」。

科学、数学、芸術は本来同じもので元々は分割されていなかった、
これらは”一つの人間的衝動から生じている”とボームは語っている。

松本丈二先生も、科学とアートは同じものだと言っています。
そしてホメオパシーに関しては『患者と薬のそれぞれの全体像を
適合させることこそ、ホメオパシーの目標だといえる。』と。

いつもの私の好きなボームの言葉を今日は少し長めに引用します。
ボーム「個人の救済は現実にはたいした意味がありません。先に指摘したように、人類の意識は一つであり、本当に分割できるものではありませんからね。個人はそれぞれある責任を持っていますが、それは個人的に”責めを負う能力”(アンソラビリティ)とか罪とかいった意味ではありません。本当は人類全体のためにすること以外は何一つないという意味です。それ以外に出口はないということです。人類全体のためにすること、それこそが絶対にするべきことで、他のことは何の意味もない。」「わたしのこの考え方はまったく間違っているかもしれませんが、わたしが言ったことが正しければ、それ以外に可能な道は何一つありません。」


関連記事

| デイヴィド・ボーム/カール・プリブラム | 12:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT