PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

「方法の啓示」


「私たちを破壊している勢力は、カルマが自分達に戻ってこないように、自分達が何をしているのかをあなたに知ってもらわなければならないというオカルト的信念を持っています。・・・エリートは本や出版物、映画やニュースを通じて、彼らがしていることを私たちに伝えています。 これが「方法の啓示」です。 あなたが愚かすぎてそれを認識できない場合、それは彼らの観点からすると、あなたの問題です。 それは犠牲者(あなた)に対する儀式的な嘲笑の一形態です。」彼らがいつだって予告するのはオカルト的信念。エリートはオカルトそのものです。最先端科学のCERNだってそう、オカルト。彼らエリートは愚かな民衆をあざ笑っている。

ユー子@カンジダ情報発信中@yuko_candida

”私たちを破壊している勢力は、カルマが自分達に戻ってこないように、自分達が何をしているのかをあなたに知ってもらわなければならないというオカルト的信念を持っています。 彼らはハリウッドにテレビや映画を通してそれをやらせさえします。「方法の啓示」を調べてください。”
https://twitter.com/yuko_candida/status/1451571623375474696

私たちが向こうに「私たちを奴隷にする許可」を与えなければ、それでokってことですね。「奴隷にする許可」とは、マスク着用義務に従ったり、接種義務に従ったり、ということと解釈しました。

aaqh6RpwS0.jpg
デイビッド・ウィルコックによる、イルミナティの”ルール”とは
https://yatsulog.com/illuminatirules/

”エリートは本や出版物、映画やニュースを通じて、彼らがしていることを私たちに伝えています。 これが「方法の啓示」です。 あなたが愚かすぎてそれを認識できない場合、それは彼らの観点からすると、あなたの問題です。 それは犠牲者(あなた)に対する儀式的な嘲笑の一形態です。”


進行中の異常な世界をこうまでしてみせられているのに、しかも予告まで出ているのに、それでも全く気づかない大多数の愚かな人間たち。わかりやすい例を出すと、2019年10月にジョンズホプキンス、世界経済フォーラム、ゲイツ財団がイベント201を開催しているでしょ?そこでコロナパンデミックによるロックダウン、情報提示などの予行演習が行われている。ロックフェラー財団はさらに前から予告をしている。

これもそう。ちゃんと予告している。

aaEUNgOqvUMAEpogH.jpg

これは次の気候変動ロックダウンの予告でもある
ビル・ゲイツ夫妻、パンデミックに備えかなり前から食料を確保
https://jp.sputniknews.com/20200421/7384346.html

↓こんなのばっかりみせられて頭が変になる人もかなりいるのではないだろうか。

森井啓二@keijimoriiVet

アメリカ疾病予防管理センターは米国人に枠珍接種率の高い国は危険なので渡航しないことを推奨。枠珍接種した人が多い国は感染拡大が酷い。

aaFGNCIYaUcAAMenv.jpg


ここに強力なイエスマンが。しかしそうまでして命にしがみつくのはなんでしょうね。ま、こういう人に限って普段、健康のことなんて何も考えていないと思いますよ。
https://twitter.com/EliseiNicole/status/1468496471649570819
aaFGElwaIX0AEuGem.jpg


関連記事

| ニュース  | 01:17 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

面の割れた

クライシスアクターを使うのは一種の方法の啓示なんでしょうね。

| 奇兵隊 | 2021/12/23 15:34 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT