PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

「2022年とは何ですか」


それは怒り狂う神の姿であり
個々人の姿である
ぬかうち続ける底の人に
依頼したものを返すときでもある

時に怒りを鎮め
時に華々しく浮上し
夢見の果てから突き落とす

ことのはのめめの中に
ときにはをきせて
震え続けて見よう見真似で走り続け
狂わされてきた人のように
神の怒りに見間違う底の人に
生きとし生ける屍のように
華を持たせて歩かせるがよい

そのとき神は神々に
生き通し続ける技を見せるであろう

ー邪魔が入って終了ー

2022年1月13日 19:16

「2022年とは何ですか」

その胸の内にしまいこんで
肌身離さず持ち堪え
時に花を持たせ
時に怒りの鉄拳を持たせ
神は神々の怒りに身を任せ
透き通るような花の弁に
これみよがしに月の舟を浮かべる

君の中にあるその命より輝ける
意志にみえる宝は
いずれ行方不明になるであろう

トッテンポーロの夢のはて
いらかの上のトッテンポーロ
アヌのアネ無き アヌ無しきも在らず

アイチから始まる引き戻しの波は
大きかろうが小さかろうが
全て神の計らいにて
故に見間違うことのなきよう
すべては神の計らいにて

とてつもないことがおきるであろう
故に一から始めよ
やり直せよ
くすぶり続けるものに蓋をせず(抑圧せず)
開け放てよ
龍が如く立ち昇る

2022年1月20日 17:21


関連記事

| チャネリング詩・伝言 | 19:32 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

とてつもない

最後の方の「とてつもないことがおきるであろう」ですが、つい良いことなのか、悪いことなのかといった具合に考えがちですが、そんな単純なことではないんでしょうね。

とてつもない
https://kotobank.jp/word/%E9%80%94%E8%BD%8D%E3%82%82%E3%81%AA%E3%81%84-584160

| まゆみ | 2022/02/07 20:19 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT